ライフ ライン オクタン。 自分で描く未来予想図 ライフプランシミュレーション

【APEX】オクタンがスペイン語喋ってるのは分かるんだが 【エーペックスレジェンズ】

ライフ ライン オクタン

同一店舗で同時購入したパナソニック製新品バッテリーと同時にお取り付けください。 ハイブリッド車(補機)用バッテリーには装着できません。 ・LifeWINKは、同一店舗で同時購入していただいたLifeWINK対応のパナソニック製カーバッテリーと同時に取り付けてください。 ・一度使用した本品は、他の車両および他のカーバッテリーに使用できません。 (使用した場合は正しく判定しません) ・LifeWINKは、自動車のエンジン始動時のカーバッテリーの状態を判定しているため、自動車のエンジン始動用途以外のバッテリーに使用した場合は判定しません。 ・初回のエンジン始動特性を診断するものでアイドリングストップ中の始動特性を診断するものではありません。 ・本品は、エンジン始動時のカーバッテリーの状態を判定しているだけでなく、エンジン停止中のカーバッテリーの状態も判定しています。 カーバッテリーに常時取り付けた状態で使用してください。 常時取り付けた状態でも消費電流が少ないため、カーバッテリーにはほとんど影響を与えません。 ・LifeWINKは パナソニックカーバッテリー専用オプション品です。 他社製品に取付けた場合は、動作保証はいたしかねます。 ・ハイブリッド車、電気自動車、バッテリー2個搭載車にはお使い頂けません。 ・(保証について)製品保証期間は本品と同一店舗で同時購入し本品を取り付けたバッテリーに準じます。

次の

「Octane(オクタン)」日本版を発行する理由

ライフ ライン オクタン

オクタンとは主にヴィンテージカーやスーパースポーツカーを扱うカッティングエッジな自動車雑誌。 僕はオクタンの写真の美しさや特集のユニークさに魅了されることが多く、ヨーロッパに出掛ける度に空港のスタンドで手に入れていた。 ページをめくっているだけでホッと気持ちを落ち着かせてくれたり、逆に妙に高揚させてくれたり。 Octaneには、何か大切なおもちゃに囲まれて遊んでいるような、そんな愉快な気分を味合わせてくれる不思議な魔力がある。 僕のクルマ好きは子供のころからの筋金入りだ。 街で見掛けるクルマの車名は、グレードまで含めてほぼ正確に覚えていた。 友人たちもマニアックな愛好家が多く、ホイールキャップの写真を見ただけでインパネのデッサンを描くことができる、目をつぶってエンジン音を聞くだけで車名・エンジン形式を的中させる、などなど、まぁ完全なクルマオタクとして育ってきてしまった。 新卒で入社したリクルートではすぐに異動願いを出してカーセンサー編集部に潜り込む。 当時はインターネットがない時代で、メディアは分厚い情報誌のみだった。 表紙は大切に乗られている旧車と実際のオーナーを海外で撮影するという贅沢なもので、そのインタビュー記事は「カバーストーリー」として巻頭に収められる。 ラッキーなことに僕はその取材を担当する機会が多く、様々な国で素敵なクルマ生活を目の当たりにすることができた。 実際カーセンサーの広告にはそれほど旧い中古車が載っているわけではなかったものの、読者に夢を抱いてもらうというコンセプトのもと、取材ターゲットはボディラインの美しいレアなヴィンテージカーばかり。 この取材、クルマ好きとしては盛り上がらないワケがない。 あるときロンドン郊外にあるコレクターの邸宅を尋ねた。 14世紀に建てられたという納屋は今にも崩れそうな外見だったが、一歩中に入ると室内は異常なほど明るく、最新鋭の設備が整っていた。 どうやら数カ月もの時間を掛けて伊ミッレミリアに出走する車両を整備する拠点らしい。 部屋毎に数人の職人が配置され、皆黙々と手を動かしている。 やや張り詰めた雰囲気のなか、機関系の匠に話を伺うことを許されたのだが、彼はシワだらけの顔をさらにくしゃくしゃにして嬉しそうに話しはじめた。 「エンジンをこんなふうにバラしていくと、当時の開発者の想いが手に取るようにわかる。 一つ一つのパーツのカタチに、次の世代へのメッセージが託されている、そんなもんだ」。 クルマは、いつの時代でも技術の粋が詰まった最先端の工業製品。 エコだって安全だって、もちろんスピードだって、連綿と続いてきた開発者のこだわりが育んだ工夫の賜物。 特に自由な発想が許された時代に生まれた恵まれたクルマからは、我々現代人でも学ぶべきことはまだたくさんあるはずである。 デニス社で発行契約を取り交わす直前、雑誌作りにおいて最も大事にしているポリシーをOctane編集長のデイビッド リリーホワイトに尋ねてみた。 彼は何の迷いもなく「ストーリー」だと答えてくれた。 「高額で希少なクルマだけを取り上げているわけではない。 そのクルマを、誰が、どのように愛してきたか、それがすべてだ」と。 良いこと言うね、デイビッドさん! Octane日本版は3月26日に創刊します。 クルマにおける温故知新を楽しみつつ、日本にもこんな素晴らしい自動車文化があるということを、僕は世界に発信していきたいと考えています。

次の

「Octane(オクタン)」日本版を発行する理由

ライフ ライン オクタン

また、サニベルグリーンハウスの代表・間室照雄さんに、 シンビジウムやコチョウラン、オンシジウムなど初春の蘭の種類を紹介していただくとともに、長く楽しむためのアドバイスを伺う。 この晩餐でイエスは弟子たちに何を伝え、何を教えようとされたのか、その意味を探り、解説していく。 活動の様子を紹介するとともに、代表の岩永敏朗さんに、NPO設立にいたるまでの様々な出来事について、お話を伺う。 コンサートの様子とともにメンバーにお話を伺う。 〜喜びあふれる…ゴスペル演歌〜」演歌フレンズ・2(原 美由紀さん) クリスチャンの音楽グループ「演歌フレンズ」は、演歌のスタイルでゴスペルの心である聖書のメッセージを歌い、教会や老人ホームなどでコンサート活動を行っている。 前週に続く2回目は、リーダーの原美由紀さんの「音楽や演歌との歩み」また「聖書との出会い」についてお話を伺う。 病院や公民館などでの育児指導の様子や、教会で行われている絵本の読み聞かせの会「二ひきのさかな文庫」の様子などを紹介しながら、この活動を始めたきっかけと、現在の思いについてお話を伺う。 神への信仰によって絶望しなかったという紅粉さんと、祈りながら帰りを待ち望んだ妻の峰子さんのお話を、現在の生活とともにお届けする。 紅粉さんは、北朝鮮での真実と自分を支えたキリスト教信仰を多くの人に知ってほしいと、本の出版や講演活動を行っている。 1月に神戸市で行われた講演会の様子とともに、北朝鮮での生活ぶりや家族との手紙のやりとりのエピソードなど、紅粉さんを支えた信仰についてのお話を伺う。 なぜイエス・キリストは「十字架」にかけられたのか。 また「十字架」とはいったい何だったのか。 その意味を探り、解説していく。 アメリカ留学の後、ヨーロッパでも研鑽を積み、帰国後は幅広いレパートリーを持ってコンサート活動をしている。 クリスチャンになってから、自分にとっての音楽の意味が変わったという菅野さんに、演奏を交えてお話を伺う。 このコンサートは、「命の灯火を消さないで」というテーマで、飢餓や貧困などで苦しむ世界の人々に心を留めてほしいという願いで開催された。 日本を代表するゴスペルシンガーたちの歌声とメッセージを紹介する。 自分の作品を手に取ってくれる人たちが、あたたかい気持ちになってくれたら……との思いを込めて制作をしている宇田さんの作品を紹介するとともに、お話を伺う。 「人はどのようにして新しい人生をスタートさせることができるのか?」また、「死を乗り越えた永遠の希望はあるのか?」などについて、新約聖書に記されているニコデモとイエス・キリストの対話から考えていく。 青葉ぶどう園にやってくる人々の活動の様子を紹介しながら、園長の古里靖さんにお話を伺う。 その作品を紹介するとともに、日々わき出る感動を作品に込めているという小菅さんにお話を伺う。 シリーズでお届けする1回目は、家庭における夫婦関係の大切さや、父親が持つべき心構えなど、自身の体験談を交えて語る。 現在は牧師として聖書のメッセージを伝えている武井さんに、ご自身にとっての「大切な命綱」とは何かを伺う。 「地球から見たら、自分の農地は針の先の一点かもしれないが、そこを輝かせたい」と語る中野さんにお話を伺う。 KiKiさんの日本人離れしたソウルフルな歌声は多くの人を魅了してきた。 また、ライブ活動の傍ら、ゴスペルクワイアの指導をしたり、ロイズチョコレートのCMソングを歌うなど幅広く活躍している。 また、この春、新しいアルバム「Pray Like The Rain」をリリースした。 1週目は、そんなKiKiさんが信仰を持つまでの経緯とゴスペルを歌うようになったきっかけを紹介する。 そんな中でもKiKiさんは、変わらない神の愛に生かされ、音楽活動を続けてきたという。 治療を受けながら収録した新しいアルバムを紹介するとともに、発売記念ライブの様子をお届けする。 シリーズの2回目は、「夫婦が互いに励ましあうことの大切さ」について語られた講演をお届けする。 つどいの様子とともに、音楽ゲストの演歌フレンズの歌と、村上宣道牧師による聖書のお話「ひとりも失われることのないために」をお届けする。 ヴォイストレーナーの世界的大家、アンドレア・バランドーニ氏が絶賛したその歌声は、聴く人の魂を揺さぶる。 2006年には中学生用の英語教科書にその半生が掲載、2007年にはドラマ化され大きな反響を呼んだ。 1週目は、生後間もなく不慮の事故によって失明し、複雑な家庭環境で育った新垣さんを救ったキリスト教との出会いについて、また、歌うようになったきっかけなど、お話を伺う。 そして、クリスチャンになってからもずっとゆるすことができなかった、自分を捨てた両親を、心からゆるすことができたという。 今、新垣さんが伝えたいメッセージをインタビューと歌でお届けする。 複雑な問題に直面することの多い子育ての中で、何を大切にし、どこに目を向けて取り組んでゆけばよいのか? 聖書を土台として個性の違う3人の娘を育てた体験を元に語られた「子育て論」をお届けする。 押し花という優しい作品に触れてもらうことで、多くの人の心がいやされたらと願っている。 そんな佐藤さんがキリスト教の信仰を持ったのは、子育てで悩んでいた時だったという。 作品を紹介するとともにお話を伺う。 夫婦関係や子育てについて、長年、PTAや一般企業などで講演を行ってきたマケリゴットさん。 しかし、幼い頃は母親から盗みを教えられ、親子で万引きを繰り返すような家庭環境の中で育ったという。 そんなマケリゴットさんが、いかにして牧師の道を歩むまでに変えられていったのか、波瀾に富んだ人生を熱く語る。 西山さんは大学で教鞭をとりながら科学技術史を研究し、特に第二次世界大戦で軍事動員された科学技術者たちの倫理観や心の思いに目を向けている。 西山さんの研究内容とともに、戦争が人の心に与える影響や苦悩、そして、そこからの解放などについて伺い、戦争の愚かさ、また平和について考える。 船上では、関西で活躍するミュージシャンのコンサートや、アコーディオン奏者・檜山学さんの演奏、また番組でおなじみの村上宣道牧師による聖書の話など、盛りだくさんのプログラムが催された。 そのクルーズの様子をお届けする。 ベーさんは「アジアのオペラ史上最高のテノール」と称され、ヨーロッパを中心に活躍していたが、2005年に甲状腺がんが見つかり、摘出手術の際に声帯と横隔膜の神経を切断し、完全に声を失ってしまった。 その後、機能回復手術、厳しいリハビリを経て奇跡的に復活を遂げたベーさんは、「新しい声を授けてくれた神様に感謝している」と語る。 お話を伺うとともに、5月に行われたリサイタルから、歌声をお届けする。 1テノール歌手、ベー・チェチョルさんを紹介する。 べーさんは甲状腺がんにより声帯と横隔膜の神経を切断し、完全に声を失いながらも復帰に向けて厳しいリハビリに取り組んでいた。 そして、2008年にCD「輝く日を仰ぐとき」をリリース、またリサイタルを開催するまでとなった。 「新しい声を授けてくれた神様に感謝している」と言うベーさんにお話を伺うとともに、5月に行われたリサイタルから歌声をお届けする。 今年は、放送20周年を記念して、演歌フレンズのコンサート、聖書の講演会、そして番組に出演した芸術家たちによる作品展が行われた。 その様子を2週にわたって紹介する。 1週目は、講師の一人で「ライフ・ライン」には初登場、ラジオ番組「世の光」でおなじみの岩井基雄牧師の聖書のお話をお届けする。 「演歌フレンズ」はゴスペルの心である聖書のメッセージを演歌というスタイルで歌い、教会や老人ホームなどでコンサートを行っている。 キャンプ中に行われた放送20周年記念コンサートの様子をお届けする。 現在は教会で英会話や聖書の学び会などを開いている。 また18年前から、子供たちの日常や、いわき、ノルウェーの風景を水彩で描いている。 作品展の様子などとともにお話を伺う。 2006年からは、故郷である横浜に戻り、草木など自然の素材で染めた糸で織った布を用いて、独自の作品作りに取り組んでいる。 作品を紹介するとともにお話を伺う。 バイブルコーナーでおなじみの村上宣道牧師がパウロの生涯を2回にわたって解説していく。 第一回は、キリスト者を迫害していたパウロがどのように回心していったのかを見ながら、人生の新しい発見について考える。 1979年には安井賞(文学界でいう芥川賞にあたる賞)を受賞している堀江さんの作品は独特の世界観をもち、見る者の心をとらえて離さない。 堀江さんの多くの作品が展示されている淡路城・萬翠美術館、またアトリエを訪ね、作品を紹介するとともにお話を伺う。 作品を作る中で、どんな小さなものにも「いのちの輝き」があることを知ったという市川さんの作品を紹介するとともにお話を伺う。 その二回目は、パウロの伝道旅行の足跡をたどり、パウロが何を語り、何を伝えようとしたのか、そして、パウロの人生を支え、生かしたものは何かを考えていく。 ふっくら炊いた玄米ご飯と天然酵母の手作りパンがおすすめ。 毎日感謝をしながら、心を込めて料理を作っているという工藤元貴さん、亜紀子さん夫妻にお話を伺う。 また、作曲、音楽プロデュース、ラジオ番組DJなど多岐にわたる活動の傍ら、2007年よりキリスト教会の牧師としても働いている。 この夏に行われたライブから歌をお届けするとともにお話を伺う。 スタッフの木内真理子さんをスタジオに迎え、アフリカのルワンダで今年始まった地域開発プログラムについてお話を伺う。 2009年の「ライフ・ライン」クリスマス特集は「クリスマスキャロルでキリストの誕生を祝おう」というテーマで、クリスマスキャロルにちなんだものを紹介する。 現在公開中の映画「クリスマス・キャロル」や、このクリスマスにぜひ聞いてほしいCDの紹介、また、恵みシャレー軽井沢で行われたシンギング・クリスマスツリーとイルミネーションのオープニングセレモニーの様子をお届けする。。 その脚本をもとにイラストレーターのみなみななみさんが絵を描いた絵本『したきりすずめのクリスマス』が発売になった。 10月に千葉県の教会で行われた絵本の原画展の様子と三浦文学研究の第一人者、森下辰衛さんの講演会からお話をお届けする。 陣内さんは、1988年に「いと小さき君の為に」でメジャーデビューをし、昨年デビュー20周年を迎えた。 また、現在は音楽活動とともに、キリスト教会の牧師としても働いている。 コンサートから歌とお話をお届けする。

次の