ヘキサギア ガバナー。 ヘキサギア アーリーガバナーVol.3 レビュー

ヘキサギア ガバナー エクスアーマータイプ白麟角のレビュー

ヘキサギア ガバナー

ヘキサギアを楽しむ上で絶対に外せない、それはガバナー! 8cmにも満たない小さなキットですが、圧倒的な可動と人間臭いスタイルが魅せる動き。 数を揃えたくなる魅力を醸しだしています。 このキットはコトブキヤ様からいただいたサンプルとなっています。 素組レビューをどうぞ。 四方からグルッと。 簡素な作りと人間臭いスタイルが魅力を感じる造り。 パーツ数は非常に少なく簡潔な構成になっていますが可動箇所、範囲は驚きのすごさ。 またポロリなども少なく遊びやすい印象。 小さいながらも頭部や腹部などに塗装済みパーツがあったりも。 素材がABS、PVCなど若干塗装しにくい素材になっていますが、その分ガシガシ遊ぶ楽しみがあります。 どちらかというと「組み立てられるアクションフィギュア」といった印象。 膝立ちとか楽勝。 開脚も大きく。 かかと落としも。 バランスがとりやすく接地性がいいので片足立ちも楽々です。 肩周り、腰回りも大きく動かせます。 肩の位置を上下させることも可能。 わずかですが腕を前に出せる関節だったりと、かなりすごい作りになっています。 装備を全て載せてみたところ。 ポージングで何枚か。 こいつには粗野なポージングがバツグンに似あいます。 なんというか足の短さが本当丁度いいんですよね。 ダル夫リスペクト。 本当人間臭いポーズが似合う・・・! 残りポージングも何枚か。 ハンドパーツは3種6パーツ。 拳、握り手、開き手。 形状が大変素敵・・・! ポーンA1と。 FAGと並べてみるとサイズ差が際立ちますね。 最後はボルトレックスと。 組立時間は概ね30分前後とパチ組であれば非常に簡単かつ早めに組み立てられるガバナー。 1600円とリーズナブルな価格帯なので数を揃えて遊びたくなりますね! 以上、素組レビューでした! ,.

次の

ヘキサギア アーリーガバナー Vol.3

ヘキサギア ガバナー

アーリーガバナー (密林戦仕様)レビュー 箱 ちょっと敵キャラっぽい威圧感のあるボックスアート、箱はかなり小さいです。 アーリーガバナー(密林戦仕様) フロントビュー 大きさは8cm程とかなり小さめ。 小さい中にかなりの密度でディティールが詰め込まれています。 リアビュー 背中側もシンプル、基本の兵士って感じいいですね。 アーリーガバナー(密林戦仕様) リアビュー 武器類 非常に豊富な武器種 豊富な武器類、すべて1パーツで分割はなしです。 ナイフはケースに入ったver、ハンドガンはホルスターに入ったverがあり、それぞれ武器を抜いた後の空のケース、ホルスターverが付属 背中にはバックパックを装備可能、ミリタリ感マシマシです。 サムズアップがいい感じ 可動域 かなり広いです、肘肩ともに1軸ですが十分な可動です。 腕部可動域 膝も1軸ですが開脚、膝たちもできます。 脚部可動域 その他いろいろ フェイスパーツは小さいですが塗装済みのものが2種、無塗装のもの3種と5パターンもあります。 フェイスパーツ5種 塗装済みのものは肌色の塗装はされているものの瞳ははいっておらず、かなり小さいパーツなので塗装は結構骨が折れそうです。 尋常じゃない量のハンドパーツがついています。 ハンドパーツいろいろ 基本的なグーから武器やレバーの握り手、軍隊のハンドサインみたいなものまで豊富です。 腰パーツは2種からの選択式です。 可動域を取るかカッコよさをとるか フル装備の方は地味に弾倉が足に干渉して可動域が狭まります。 胸と太ももに一部武器を装備できます。 これが「ヘキサグラム」というらしいです。 アクションポーズ ナイフ装備 ハンドガン装填中 サブマシンガン アサルトライフル ハンドパーツが多いのでいろいろできます 休憩中 フル装備 アーリーガバナー(密林戦仕様)まとめ.

次の

ヘキサギア アーリーガバナー Vol.2 レビュー

ヘキサギア ガバナー

ヘキサギアを楽しむ上で絶対に外せない、それはガバナー! 8cmにも満たない小さなキットですが、圧倒的な可動と人間臭いスタイルが魅せる動き。 数を揃えたくなる魅力を醸しだしています。 このキットはコトブキヤ様からいただいたサンプルとなっています。 素組レビューをどうぞ。 四方からグルッと。 簡素な作りと人間臭いスタイルが魅力を感じる造り。 パーツ数は非常に少なく簡潔な構成になっていますが可動箇所、範囲は驚きのすごさ。 またポロリなども少なく遊びやすい印象。 小さいながらも頭部や腹部などに塗装済みパーツがあったりも。 素材がABS、PVCなど若干塗装しにくい素材になっていますが、その分ガシガシ遊ぶ楽しみがあります。 どちらかというと「組み立てられるアクションフィギュア」といった印象。 膝立ちとか楽勝。 開脚も大きく。 かかと落としも。 バランスがとりやすく接地性がいいので片足立ちも楽々です。 肩周り、腰回りも大きく動かせます。 肩の位置を上下させることも可能。 わずかですが腕を前に出せる関節だったりと、かなりすごい作りになっています。 装備を全て載せてみたところ。 ポージングで何枚か。 こいつには粗野なポージングがバツグンに似あいます。 なんというか足の短さが本当丁度いいんですよね。 ダル夫リスペクト。 本当人間臭いポーズが似合う・・・! 残りポージングも何枚か。 ハンドパーツは3種6パーツ。 拳、握り手、開き手。 形状が大変素敵・・・! ポーンA1と。 FAGと並べてみるとサイズ差が際立ちますね。 最後はボルトレックスと。 組立時間は概ね30分前後とパチ組であれば非常に簡単かつ早めに組み立てられるガバナー。 1600円とリーズナブルな価格帯なので数を揃えて遊びたくなりますね! 以上、素組レビューでした! ,.

次の