タイピングミスが多い。 タイピングで指が付いていかない!速く打ててミスを減らす方法を紹介

【設定で解決】タイピングミスが多くても気にするな!原因を探るな!病気でもない!

タイピングミスが多い

ローマ字入力で入力をしています。 パソコンはノートパソコンです。 (写真に類似機種) 2010年に買ったPCが壊れてしまったので、 予備機にしていた2007年購入Windows Vista機をWindows7にアップグレードして使っています。 古いパソコンなのに、私の用途ではそれほど遅いとかトラブルがありません。 HDDは昨年交換しました。 (ここで た を打つつもりが や になってしまいました。 ) このところミスタイプがとても増えた気がします。 東京 とうきょう と打ちたいのに yぷきょう のように ひとつ右のキーを打っていたり 名古屋 なごや が なおや と g(子音)が抜けることがあるのです。 しかし・・・この質問を書くときはひとつ右を打ってしまうミスはでますが、 子音抜けが出ません。 とにかく ・ひとつ右を打ってしまうこと ・子音ぬけ これはどうしようもないのでしょうか? 間違えるとイラっときます。 いらっと来るとまた間違えが増えます。 (また、ひとつ右を打ってしまった・・・)。 ブラインドタッチをしていますが、加齢で「指」と「脳」の連携機能が衰えてきているのでしょうか? 年齢は還暦前後です。 ・・・ 最近のノートパソコンに多い、右側にテンキーが付いたタイプ これには少し不安を感じています。 DELキーが一番右上でないので・・・さらに右にほかのキーがある。 修正時にイライラしそうな気がします。 Q 昔PCスクールにてブラインドタッチを習得し、 そこそこのスピードで打てるようにはなったのですが (日商キータッチ2000検定の記録によると10分間で1600文字程度でした) 最近明らかにミスタイプが目立つようになり、 タイピング速度も遅くなってきました…。 毎日仕事でPCは使うものの 特に速度を要求されるような業務でもないので それに慣れてしまったのに加え、 変なクセがついてしまったのだと感じています。 もう一度スピードアップと正確さをアップさせるには どんな練習をすればよいでしょうか? タイピングソフトが各社からいろいろ発売されていますが、 あんなゲームのようなものでも効果あるでしょうか? アドバイスよろしくお願い致します。 A ベストアンサー シェアウェアの紹介となりますが QWERTY LESSON というソフトを使われたタイピング練習がお勧めです。 私はこれで結構タイピングに自身が持てるようになりました。 LESSON 別に扱うキーが増えていくのが特徴で、基本的なホームポジションの扱いから始まり、ブラインドタッチ(キーボードを見ずにタイピングできる事)を目指します。 方針としては、当面は「入力の正確さ」を重視されたほうが良いと思います。 「速さ」は正確さがあってこそです。 市販のタイピングソフトは各種ありますが、基本的には実践形式のゲームなので、ソフトによって善し悪しはあると思います。 個人的には SEGA から発売されている Typing of the Dead がおすすめです。 基本的なブラインドタッチ習得のトレーニング機能もはじめ、もちろんゲームも楽しめる内容になっています(入力する文字の例が面白いのが特徴) とりあえず QWERTY LESSON のダウンロードされる事をお奨めいたします。 vector. html シェアウェアの紹介となりますが QWERTY LESSON というソフトを使われたタイピング練習がお勧めです。 私はこれで結構タイピングに自身が持てるようになりました。 LESSON 別に扱うキーが増えていくのが特徴で、基本的なホームポジションの扱いから始まり、ブラインドタッチ(キーボードを見ずにタイピングできる事)を目指します。 方針としては、当面は「入力の正確さ」を重視されたほうが良いと思います。 「速さ」は正確さがあってこそです。 市販のタイピングソフトは各種ありますが、基本的には実践... A ベストアンサー トレモロはなかなかツブが揃わないですね。 各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。 運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。 まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。 大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。 またその必要もなかったというのです。 その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入れられ前腕にまとめられてしまったというのです。 そのため、指を独立して動かす場合は、楽器の練習の前にそれらの筋肉の分離独立を促すストレッチをすれば効果が高いということです。 具体的な方法は簡単です。 2種類あります。 1.右腕を、床に対して水平に前方に出します。 手のひらは天井に向けます。 2.そのまま右手首の力を抜きダラリとさせます。 3.左手全体で、右手の薬指1本だけを握ります。 薬指の関節が曲がらないように棒のような状態にしてしっかり握ります。 ゆっくり棒状の薬指をそらしてストレッチします。 4.薬指をストレッチしたまま、他の指をゆっくり曲げて、無理やり握りこぶしを作ります。 このとき前腕の筋肉が痛くなります。 痛い場所が引っ張られている腱鞘です。 ようはこれを分離するストレッチ体操です。 5.ゆっくり握りこぶしを締めたり緩めたりを10回くらい繰り返します。 これがAという柔軟体操。 もう一つは、説明が簡単です。 「Aの逆」です。 と言えば分かると思います。 Aの練習とは逆に、人差指・中指・小指をまとめて、左手で棒状につかんでそらせます。 ゆっくりと薬指と親指で握りこぶしを作るのです。 これがBという柔軟体操です。 次に、中指を対象にして同じことをやります。 これも10回くらい。 この両方を練習前にやればウソのように手が独立して動きます。 応用練習 このAとBを左右のすべての指(親指以外)で行ないます。 毎日やれば、ゆびがバラバラになったのかと思うほどに独立して動くようになります。 左手小指のトリルのときなども自分でも驚くほど速く動きます。 あと効果的なのは、右手の薬指と中指で、ピアノのトリルのような交互打鍵動作で机の上をカタカタカタカタと叩きます。 出来るだけ速く、自分の限界でやります。 10秒くらい続けて5秒のインターバルです。 これをヒマさえあれば実行します。 電車の中でも、仕事中でも、運転中でも、テレビを見ながら、読書しながら、彼女と映画を見ながら、とにかく目立たないように自分の体の一部をコトコトコトコト叩くのです。 (変なヤツと軽蔑されないように他人に見られないように気をつけてやって下さい。 ) 以上お試しください。 ただし、ストレッチは急にムチャクチャすると当然指が壊れます。 軽く少しずつ続けてください。 これと並行に、他の人の回答にあるような基本練習もしっかりやればスグにうまくなります。 トレモロはなかなかツブが揃わないですね。 各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。 運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。 まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。 大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。 またその必要もなかったというのです。 その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入...

次の

タッチタイピングでミスタイプを減らすコツ

タイピングミスが多い

適切なキー荷重である• キー間が狭すぎない• 標準的なキー配列 それぞれザックリ説明しますね。 適切なキー荷重である キー荷重とはキーを押すために必要な重さのことです。 よく何g(グラム)と表記されます。 適切なキー荷重のキーボードだと、 指への負担軽減が期待できます。 しかしこのキー荷重、会社や学校に置いてある一般的なキーボードは、 50gから60gと重めに設定されています。 そのため指への負担がかかりやすいんです。 おすすめのキー荷重は45gと30gです。 中指や人差し指など力を入れやすい指で打つキーは45g。 逆に小指など力を入れにくい指で打つキーは30gがおすすめになります。 キー荷重が軽いと指にかかる負担は少なくなります。 しかし、全キー30gなど極端に軽いキーボードは、ちょっと触れただけで反応してしまい、ミスタイプが増えてしまうので注意が必要です。 キー間が狭すぎない.

次の

タイピング速度を劇的に向上させるとっておきの方法 : www.cryptonode.co

タイピングミスが多い

タッチタイピングに習熟している方は、キーの配列を聞かれても咄嗟に答えられません。 以外に思われるかも知れませんが、実は覚えていないのです。 その代わり、指の動かし方を身に付けています。 キー配列ではなく指の動かし方そのものが文字なのです。 タッチタイピングは文章を思い付いたり、耳から聞いたり、または、目で文字を確認したと同時に、何の思考も伴わないで 押すべきキーが頭に浮かばないで 、「瞬時に指が動く」と云う世にも不思議な世界なのです。 それ故、各文字に対して、身に付けている操作手順は必然的に一通りしか存在しません。 下記のサイトで、タッチタイピングの不思議な本質が解説されています。 参考にされては如何でしょうか。 タッチタイピング習得のコツですが、「決められた指で決められたキーを打鍵すること」を常に守ることです。 「常に」と云うことは、少しきついですが、練習、実務を問わずと云うことです。 私達の手足は不思議なもので、同じ操作を繰り返し繰り返し行っていると、いざと云う時に意識する事なしに咄嗟にできるようになります。 これこそがタッチタイピングの本質です。 なお、蛇足ですが、速さを鼓舞するような練習用のソフトはお勧めできません。 折角身に付いた指使いが乱れてしまい、「百害有っても一利も無い」ものです。 確実な指遣いを常に守って操作していれば、必ずタッチタイピングに習熟することができ、また、入力速度も向上します。 その上で、十二分に指使いが身に付きましたら、各種の公開ソフトに挑戦し、腕を磨いて下さい。

次の