ワイ モバイル スマホ ベーシック プラン。 Yahoo!モバイル

【ワイモバイル新プランへ変更してみた】「スマホプラン」から「スマホベーシックプラン」への変更方法

ワイ モバイル スマホ ベーシック プラン

スマホベーシックプランM データ容量1GB増量、速度制限後の速度が最大1Mbpsに緩和• スマホベーシックプランR 速度制限後の速度が最大1Mbpsに緩和 スマホベーシックプランMに対して、基本料金はそのままでデータ容量を9GBから10GBに1GB増量しました。 以前よりもお得に利用できます。 スマホベーシックプランMとスマホベーシックプランRの両プランを対象に、速度制限後の通信速度を最大128kbpsから最大1Mbpsに変更しました。 制限が緩和されることにより、以前よりも快適な通信が期待できます。 各プランの料金内訳と詳細内容 2020年7月1日改定後の各プランの内容について見ていきましょう。 今回はスマホベーシックプランSに対して変更はありません。 スマホベーシックプランなどの対象プランへの加入が必要。 データ容量と速度制限 プラン名 スマホベーシックプランS スマホベーシックプランM スマホベーシックプランR データ容量 3GB 10GB 14GB データ増量オプション適用後 4GB 13GB 17GB 速度制限後 最大128kbps 最大1Mbps 最大1Mbps 速度制限後は、スマホベーシックプランSのみが最大128kbpsになります。 通話料について 通話料はいずれのプランも10分以内の国内通話は無料で利用できます。 10分超過後は30秒につき20円が発生します。 10分を超える通話が多い方には、24時間国内通話が無料になるオプション「スーパーだれとでも定額」が提供されています。 オプション料は月額1000円で追加できます。 UQモバイル「スマホプランR」と比較 UQモバイルの新料金プラン「スマホプランR」とワイモバイルの「スマホベーシックプランM」を比べてみます。 両プランの大きな違いは通話料にあります。 ワイモバイルは10分以内の国内通話が無料に対し、UQモバイルは無料時間がなく30秒20円発生します。 とは言え、UQモバイルには10分間無料になる「かけ放題」オプションが用意されています。 オプション料は月額700円。 なので、スマホプランRにかけ放題オプションを付ける場合は、スマホベーシックプランMと同じ基本料金になります(割引含まない場合)。 source:.

次の

ワイモバイル「スマホベーシックプラン」徹底解説。2020年7月のプラン変更内容・特徴は?

ワイ モバイル スマホ ベーシック プラン

2019年10月1日からワイモバイルが新プランの提供を開始しました。 ワイモバイルの新プランが発表されました。 今、契約している人が新プランに変更することはできるのかといった疑問や、プラン変更するときに違約金はかからないのか?プランを変更すると機種変更時の割引がなくならないのか。 そんな疑問を直接電話してオペレーターの方に聞いてみました。 — らくだけどうし ビーフの情報屋 beef58s 新プランでは従来のプランより、基本となる料金が値下げされていますので、古いプランのままだと損をします。 そして、契約期間の途中でプラン変更すると「契約解除料」がかかると思っていませんか? 実は条件が整えば「契約解除料」をかけずに新プランに変更が出来ます。 今回 「スマホプランM」から「スマホベーシックプランM」への変更を「契約解除料」なしで実際に行えましたので、新旧プランの比較、手続きの方法と条件などをお伝えします。 新規申込(乗換)やプラン変更、機種変更はこちらの公式サイトから• 旧プラン「スマホプラン」と新プラン「スマホベーシックプラン」の比較 まずは新旧各プラン毎の料金、高速データ通信量、契約解除料の違いを表にまとめましたのでご覧ください。 2年契約の縛り、契約解除料あり。 全てのプランにおいて基本となる料金が300円値下げされています。 また、高速データ通信容量については旧プランに「データ増量オプション」をつけた容量がベースに、そこからさらに「データ増量オプション」となっているものが多いですね。 新プランから2年契約のしばりといったものもなくなりましたので、それに伴い「契約解除料(いわゆる違約金)」もなくなりました。 私の場合は「スマホプランM」から「スマホベーシックプランM」への変更でしたので、 料金は300円下がり、高速データ通信量も3G増え、「契約期間の縛り、契約解除料」もなくなりました。 私の場合は料金自体が安く利用できるので、他社への変更もすぐには予定していないですが、契約期間の縛りがなくなり「契約解除料」が免除されたことにより、契約期間を気にせずに他社への乗り換えがしやすくなりますね。 基本の料金は軒並み安くなるので、高速データ通信容量に問題なければ、プラン変更はしておくべきです! ワイモバイルの各プランに割引を適用した料金、サービス例は次の通りです。 従来の新規契約者向けの「ワンキュッパ割」初年度 1000円割引きがなくなり、6か月間 700円割引きされる「新規割」が新しく適用されるようになりました。 ここ重要ですが、『1回10分までの国内通話料無料は引き続き適用されます。 』 これって私にとってはとても恩恵をうけていて便利なサービスです。 他社は通話無料がオプション契約で別料金になっていますが、ワイモバイルの場合は基本料金に含まれています。 短時間の通話でも、細かな電話をちょくちょくする方はかなりの節約になりますよ! 「スマホプランM」から「スマホベーシックプランM」への変更は可能 私の場合は「契約解除料 9,500円」も免除の形でプラン変更ができました。 「契約解除料」を免除される条件がいくつかあります。 プラン変更時の「契約解除料」免除の条件 現在ご契約中のお客さまがベーシックプランへプラン変更される場合、 以下のいずれかを満たす場合は、契約解除料9,500円を免除いたします。 ワイモバイルを継続して2年以上ご契約していること• 『機種変更と同時に変更後対象プランにプラン変更すること』も条件としてありますので、機種変更の際プラン変更も「契約解除料」免除の対象となりますので、合わせて機種変更をしてみても良いですね。 機種変更はこちらの公式オンラインストアから• さらに、今回の問い合わせした「151」は有料窓口ですが、10分超過分は通話料金がかからないようすると向こうから言ってくれました。 今回は質問だけして、本当は後でオンラインの手続きをしようと思ってたのですが、オペレーターの方があまりにも丁寧で、このまま電話で変更の手続きも受けてくれるということなので、早速プラン変更をしてしまいました。 なお、ワイモバイルのホームページにも掲載がありますが 『データ増量無料キャンペーン(新規・のりかえ向け)は2019年11月28日(木)をもって新規受付を終了いたします。 』 引用: とあるので、次回の機種変更の際は「データ増量無料キャンペーン」は適用されないということになります。 それでも今回のプラン変更に伴い、データ通信量は旧プラン「スマホプラン」の増量分が基準となっているので「データ増量オプション 2年間無料」が適用されている間はさらに増量された状態になります。 また、有料なら「データ増量オプション」は不要という方は、無料期間が切れた際にはオプションの解約手続きを忘れずにしましょう。 追記: 新しく「データ増量無料キャンペーン2」が開始されました。 1年間無料で「データ増量オプション」が利用できます。 参照: プラン変更の方法 プラン変更の方法は以下の3つの方法があります。 My Y! mobile• 自動音声応答サービス(通話料無料)• ワイモバイルショップ プランの変更は「My Y! mobile」からが簡単。 「自動音声応答サービス」も音声案内の性能がよくなっているので以外と簡単にできますよ! プランの変更が適用されるのは翌月からの適用になります。 また、「スマホプラン」から「スマホベーシックプラン」へ変更すると、元の「スマホプラン」は受付が終了しているので戻すことはできなくなりますので注意してください。 「My Y! mobile」からの変更 STEP1:My Y! mobileにログインして、画面右上の[契約確認変更]か[料金プランの変更] STEP3に飛びまず)をタップします。 STEP2:[料金プランの変更]をタップします。 STEP3:料金プラン変更 1 変更希望の料金プランを選択します。 2 お手続き内容をあとで確認する方法を選択します。 3 [変更内容を確認する]をタップします。 STEP4:[申し込み]をタップし、完了画面で適用日をご確認します。 「自動音声応答サービス(通話料無料)」からの変更• ワイモバイルの電話から:116• 音声ガイダンスも途中まで試してみましたが、私の場合契約から2年8カ月が経過していたので「スマホプランM」から「スマホベーシックプランM」への変更で「契約解除料がかからない」ことも音声で案内してくれました。 正直、音声案内は苦手意識がありましたが、最近の音声案内はサービスの質がずいぶんよくなっているんだなと感心してしまいました。 受付時間:9:00~20:00(年中無休) 私はこの総合窓口でプラン変更を行いました。 (ホントは質問だけする予定があまりにも丁寧で感激したので、そのままプラン変更してしまいました。 ) 平日の14時台に「151」にダイヤルして「0」を押して、待つことなくすぐにオペレータの方につながりましたよ。 本人確認で「電話番号」「名前」「生年月日」を聞かれます。 オペレーターの方に要件を伝えて、確認で保留されるときに、10分を超える通話料については無料にしますと案内されました。 (本来、ワイモバイルの「誰とでも定額」は10分までの通話は無料、超過分は通話料金かかります)え~そんなサービスしてくれるの~!?普通に通話料は有料でかまわないと思って電話しましたが、うれしい誤算でした。 今回、こちらが聞きたかったことにプラスアルファをつけて回答いただけてとても関心しました。 「ワイモバイルショップ」での変更 お近くの「ワイモバイルショップ」でプラン変更の手続きが可能です。 オンラインも音声案内での手続きも不安、お店で店員さんに説明してもらいながら、手続きしたいという方は直接 「ワイモバイルショップ」に行って手続きしましょう。 手続きの際、以下のものが必要です。 1.本人確認書類 以下のいずれか1点• 運転免許証• 日本国パスポート• 顔写真付マイナンバーカード(個人番号カード)• 住民基本台帳カード(QRコード付)+住所確認書類• 身体承認依頼/療育手帳/精神障害者手帳• 本人確認書類の詳細については本人確認書類をご覧ください。 2.印鑑 3.ご契約中の通信機器(お電話/Wi-Fi端末 等) 引用: 新規申込(乗換)やプラン変更、機種変更はこちらの公式サイトから まとめ• ワイモバイル契約から2年経過していれば「スマホプラン」から「スマホベーシックプラン」に変更しても「契約解除料」はかからない。 「機種変更の割引」と「データ増量オプション」「故障安心パックプラス」は引き継がれる。 基本の料金は軒並み安くなるので、高速データ通信容量に問題なければ、プラン変更はしておくべき。 プランの変更は予想外によかったのが「総合窓口」に問い合わせて変更する方法• 「総合窓口」の営業時間外からなら「My Y! mobile」からが簡単。 「自動音声応答サービス」も音声案内の性能がよくなっているので以外と安心。 今回、プラン変更を 「総合窓口」に電話して行いましたが、随分誤解をしていました。 最近は調べたり手続きもネット上で済ませてしまうことが多いので、普段、電話で問い合わせすることがなく、知りたいことを調べるためとはいえ、電話で問い合わせるのが少し面倒だと感じていました。 それがワイモバイルの「総合窓口」へ問い合わせしたことで、自分の認識がガラっと変わりました。 電話もすぐにつながりましたし、こちらの質問にプラスアルファをつけて回答してくれるしでとても感激しました。 サービス窓口の品質は向上してるんですね、時代ですかね~ たまたま電話がスムーズにつながっただけかもしれませんが、みなさんも知りたい情報がないときは電話で問い合わせてみてはどうでしょうか。 関連記事.

次の

【新プラン!ワイモバイルのスマホベーシックプランS/M/Rを解説】契約期間なしでお得!

ワイ モバイル スマホ ベーシック プラン

トップ画像引用元: 新料金プランは「スマホベーシックプラン」 画像引用元: 格安スマホの中でもトップクラスの知名度と人気度を誇るワイモバイルですが、この度2019年10月1日より電気通信事業法の改正に伴い新料金プランがスタートします。 具体的に現在のメインプランであるスマホプランの料金との比較を下記の表にまとめました。 (月額料金) 項目 スマホプラン 2019年9月末まで受付 スマホベーシックプラン 2019年10月から S 2,980円 2,680円 M 3,980円 3,680円 R 4,980円 4,680円 L 5,980円 無し 次にスマホベーシックプランの詳細を表にまとめてみました。 ワンキュッパ割は終了 これまでワイモバイルのメイン料金プランであるスマホプランに契約すると、月額料金が1年間1,000円割引になる「ワンキュッパ割」が適用されてきました。 しかし、 ワンキュッパ割は今回の料金改正でスマホプランが廃止されるのに伴い、終了してしまいます。 1年間とはいえ月額料金が誰でも1,000円割引となるメインの割引だったので、ユーザーからすれば残念な決定といえます。 そうなると気になってくるのがワンキュッパ割に代わる新たな割引です。 新料金プランへ移行後は新たに初めの6ヶ月間で月額700円割引となる「新規割」が適用されるようになります。 格安スマホにおいて最大のメリットはやはり安さですので、新料金プランに移行して従来の割引が廃止されても、新たに割引が入るというのはユーザーにしてみれば安心といえます。 スマホベーシックプランのデータ容量 格安スマホの最大のメリットはやはり安さですが、その反面 データ容量が少なめになってしまうという問題があります。 今回ワイモバイルの料金改正に伴う新料金プランにおいても例外ではなく、現在利用しているユーザーはもちろん、これから利用しようと考えているユーザーも気になる情報といえます。 そこで新旧プランのデータ容量を下記の表にまとめました。 項目 スマホプラン スマホベーシックプラン S 2GB+1GB 2GB+1GB M 6GB+3GB 6GB+3GB R - 10GB+3GB L 14GB+7GB 無し データ増量条件 データ増量キャンペーン適用で2年間適用 SとMプランでの基本的なデータ容量は新旧で変化はありません。 また、 スマホベーシックプランは「データ増量オプション」(月額500円)に申し込めば「データ増量無料オプション」が2年間適用されてこの間、実質無料となります。 したがって3年目からは月額500円が加算されるのでそのままお金を払って増量するか、オプションを外すかの選択が必要となります。 この点は現行のスマホプランと同様ですが、気をつけておきたいポイントです。 ワイモバイルの新スマホベーシックプランの注意点 料金プランが改正されるとユーザーからしてみればお得な情報を集めるのがメインとなりますが、逆に気を付けなければいけないこともあります。 ワイモバイルの新料金プランで最も大きい注意点は、 新料金プランがスタートしても、現在契約しているプランから自動的に切り替わるわけではないということです。 現在のメインとなるスマホプランは2019年9月30日をもって新規の受付を停止するということになります。 そのため、現在スマホプランを利用している人はプラン変更を行わない限り現行のままとなり、料金はそれほど変わらなくても違約金や縛りがないというメリットは受けられません。 また、2019年9月30日をもって終了するプラン及びにサービスは以下になります。 スマホプラン S/M/L• スマホベーシックプラン L• ケータイプラン SS• データプラン S/L• Pocket WiFi プラン 2 普段見掛けるような料金プランの見直しではなく、電気通信事業法の改正に伴い行われる大型改正なだけあって終了するプランやサービスは多くあります。 そのため、 ワイモバイルのユーザーは一度確認してみる事をおすすめします。 大容量プランの廃止 料金改正に伴う新料金プランであるスマホベーシックプランは、従来のメインプランであるスマホプランと比較するとデータ容量という点では物足りないものになってしまいます。 もちろん、料金的な面においてはこれまで紹介してきたようにほぼ同等となっているのですが、 データ容量が21GBの『スマホプランL』を引き継ぐプランがありません。 スマホベーシックプランは最大でも13GBと実に半分近いデータ容量となってしまいます。 これはデータを大量に消費するヘビーユーザーにとっては死活問題といえ、スマホベーシックプランのメリットを差し引いても無視できないデメリットといえます。 もちろん、1ヶ月で13GBを超える利用をするユーザーはそれほど多くないと考えられますが、現状 大容量データ通信をしているユーザーはWi-Fiを併用するなどの工夫を要求されるため注意が必要です。 違約金と新プラン移行での違約金免除 ワイモバイルにおけるこれまでのプランの場合、プラン適用が2年間の定期契約だったため 期間内での解約やMNP転出は違約金として9,500円が掛かる状態でした。 しかし、今回新たに料金プランが改正され、下記の条件をクリアした場合は 期間内での途中変更でも違約金が発生することはありません。 ワイモバイルを2年以上継続して契約している• 機種変更と同時に「スマホベーシックプラン」または「ケータイベーシックプラン SS」を契約する 機種変更の多くは2年縛りが終了した段階で行われることが多いためあまりメリットはありませんが、上記の条件の中でも「ワイモバイルを2年以上継続して契約している」というのは魅力的といえます。 その他キャンペーンや割引適用の変化 現在、ワイモバイルにとって大きな割引といえるワンキュッパ割が廃止となり、新しく新規割が適用されますが、その他の 現在適用されている割引でも変化が生じます。 現在ワイモバイルでは光セットまたは家族割引といった様々な割引がありますが、2019年10月以降はこれらの割引率の料金が変化します。 例えば、 おうち割光セットAは一律500円割引となってしまいます。 おうち割光セットAは現在だと容量の大きなプランに合わせて割引額が変動していきますが、一律500円となったことで上位の料金プランを選択した場合実質値上げとなってしまいますので注意が必要です。 スマホプランの廃止は新規受付が終了するだけなので、2019年10月を過ぎても適用される• データ大容量プランが廃止となるのでヘビーユーザーは工夫が必要• 途中プラン変更における違約金も条件をクリアすれば免除される ワイモバイルでの端末が買いやすくなる! ここまでワイモバイルの新料金プランを紹介してきました。 今回の料金改正は電気通信事業法の改正に伴う大型の変更のため、直接的にプランに関係していなくても変更点は多くあります。 中でも大きな変更点といえるのが、• 端末購入の際の支払回数の追加(36回払いが追加)• 端末の販売価格の見直し 端末購入の際の支払回数の端末本体の価格の見直し です。 現在、ワイモバイルでは端末購入代金の支払い方法が一括と24回払いの2種類ある状態ですが、今回の料金改正に伴い新たに36回払いが追加されました。 また、端末本体の価格も大幅に値下げされています。 価格改正については上記の2機種しかアナウンスされていませんので、今後は他の機種にも適用されるかはもう少し、待ってみたほうが良いですね。 MNP転出手数料が一律3,000円に 料金改正において影響を受けるのはプランや本体価格だけではなく、 MNPを行う際に掛かるMNP転出手数料も対象となっています。 これまでのMNP転出手数料は契約してからの年数によって料金が変動するもので、現在のMNP転出手数料は下記になります。 契約から6ヶ月以内:6,000円• 契約から7ヶ月目以降:3,000円 上記でも分かるように、MNP転出手数料は最低でも半年が経過しなければ比較的高額となってしまいますが、 2019年10月以降は一律で3,000円に固定となります。 機種変更やプラン変更と違い頻繁に行うようなものではありませんが、こうした費用というのは決して無視できないため今回の変更による料金固定はお得な変更といえます。 プラン見直しで新たなるワイモバイルへ 画像引用元: 電気通信事業法の改正に伴うワイモバイルの新料金プランの概要や注意点を、現行のプランとの比較も合わせて解説してきました。 現在、スマホ業界では2年間の期間契約が当たり前となっていて、乗り換えは出来るといっても違約金のことを考えるとどうしても気軽にお得な方へと流れにくいというのが実情です。 しかし、今回のワイモバイルの料金改正でこれまで身軽に動けなかったユーザーも十二分に動くことができるようになるでしょう。 もちろん、身軽に動けることが必ずしもお得に繋がるわけではないのですが、選択肢が増えるというのは決して損はありません。 電気通信事業法の改正はもちろんのこと、2019年10月より開始される消費増税という大きな転換期です。 この中で、これまでよりもさらにお得にスマホを利用したいというのはどのユーザーでも共通の思いでしょう。 今回のワイモバイルのプラン見直しは、現在利用しているユーザーもこれから利用しようと考えているユーザーもよく考えなければいけないものとなっています。 今回紹介した内容を元に新たなるワイモバイルをより有用に利用していきたいものです。

次の