イヤホン 片耳 聞こえ ない iphone。 iPhoneでイヤホンが聞こえない原因と対処法!片耳が聞こえない時は?

イヤホンが片方(片耳)が聞こえない時の直し方! iPhoneの場合は?

イヤホン 片耳 聞こえ ない iphone

実はこのイヤホン、形状からして、 合う人と合わない人が居るようなのです。 居るようなのですと言うのは、 僕は純正のイヤホンがデフォルトのままでも、 全然外れたことがないので^^; しかし、合わない人は普通に歩いてても、外れるレベル…。 というわけで今回は、 そんなiPhoneの純正イヤホンを外れなくする改善策について、 紹介しますね^^ 目次• iPhone純正イヤホンが合わない…外れる場合の改善策!! iPhoneの純正イヤホンが外れる場合の改善策は、 今のところ2つ存在します。 イヤホンを耳から掛ける• イヤホンカバーを使用する この2つですね^^ では早速、解説していきます! 1. イヤホンを耳から掛ける これはイヤホンメーカーのSHUREというメーカーが、 イヤホンを付けるときの最適な掛け方について、 説明した「シュア掛け」という方法です。 この方法は、イヤホンを耳の裏から通して掛けるというもの。 このシュア掛けをすることで得られるメリットは、 落ちないこともさることながら、• 服と擦れる時のタッチノイズが軽減される• 耳にフィットするため、音質が良くなる というメリットも有ります。 ですが、アップル製品だとシュア掛けはできるものの、• LとRが逆になる• イヤホンカバーを使用してイヤーフックを付ける 個人的なオススメは、イヤホンカバーを購入して、 イヤーフックを付けることです。 これにより、iPhoneの純正イヤホンが外れにくくなります。 ただ、この方法には1つだけ欠点がありました。 それは・・・。 無線の「Apple AirPods」の場合、フタが閉まらないため、 収納が一手間掛かって面倒なところです。 まあ、形状からして耳に掛ける部分が出っ張ってるため、 閉まらないのは当然ですね^^; 有線なら無くても必要ないのかもしれませんが、 無線だと保管場所が無いとなくす危険性があるため、致命的ですよね。。 なので、これを買う場合はケースが必要なのですが…。 実はこの商品を探した結果、嬉しいことにケース付きのものを発見しました! それがこちらの『pods hanger』という商品。 ですので、色々と知らべた結果、 もし無線でイヤーフックを買いたい場合は、 こちらの商品が一番おすすめです! スポンサーリンク 3. イヤホンカバーを使用してカナル型に イヤホンカバーを購入して、カナル型イヤホンにしてしまう方法もあります。 iPhoneの純正イヤホンをカナル型イヤホンにするには、 市販のシリコンカバーを購入して取り付けることで、 簡単にカナル型イヤホンになります。 が「400円?なにそれ高い!」という人向けに、 もっと安くカナル型イヤホンにする方法があります。 それが、ダイソー先生のお力を借りることです(笑) まず、ダイソーのカナル型イヤホンを裏返します。 その後、裏返したのを元の形に戻して、 イヤホンにはめれば完了です。 やってみた感想としては、かなり切って大丈夫でした。 というか、かなり切らないと上手くはまりません。 サイズは大と中は入ったものの、小はさすがに・・・(笑) まあ、やってみて難しくはなかったので、やる価値はあるかと。 キッチリとしたのが好きだったとしたら、この方法はオススメしません。 市販のものを購入しましょう。 まとめ 今回はiPhoneの純正イヤホンが合わない場合の、 外れないようにする改善策について、書いていきました! これで心置きなく動き回れますよ^^ ではでは、今日はこの辺で! イヤホンに関する記事で、以下の記事もあわせてどうでしょうか?•

次の

iphoneのイヤホンが片方だけ聞こえない時の3つの対処法!

イヤホン 片耳 聞こえ ない iphone

目次 クリックでジャンプ• プラグ部分の接触不良 イヤホンを差し込む角度なんかで聞こえ具合が変わるということはありませんか?そんなときは、 プラグ部分の接触不良が原因かもしれません。 イヤホンやヘッドホンのプラグ 接触部分 にゴミがつくことがあります。 これがオーディオ機器やiPhoneなどの機器からの信号を通さなくしているのです。 また、長年使っていると酸化膜ができて、接触部分に膜ができてしまうことがあります。 この対処法は簡単で、 乾いたティッシュなどで拭いてやるだけです。 これだけで聞こえがぐっと良くなる可能性があるので試して見てください。 特に、ずっと使っているイヤホンはこれが原因であることが多いです。 接触復活材とは、金属部品などの酸化膜を取り除き、スムーズに電気を通すためのものです。 使い方はとっても簡単で、プラグ部分に軽くスプレーして、グリグリするだけです。 もし酸化膜があるとティッシュには黒い汚れがつきます。 終わって完全に乾いたらもう一度聞いてみてください!元に戻っているかもしれません。 また、この方法は「 音質を元のクオリティに戻す」のにもオススメの手段です。 音質が悪くなる原因がこの接触不良や小さなゴミだった場合、圧倒的に音がよくなります。 接触復活材は、ホームセンターなどだと車のメンテナスコーナーやスプレー類の所に置かれていることもあります。 見つからなかったら店員さんに聞いてみるか、ネットで探してみるといいでしょう。 スポンサーリンク 2. 接続機器の設定間違い 次に疑うべきは、機器の設定です。 特に iPhoneを使っている人はデフォルトの設定がモノラル仕様になっていたりするので確認してみてください! 対処法は、以下の通りです。 イヤホンも、 内部の抵抗線の違いや劣化具合などでどうしても左右の聞こえのバランスは狂いが出てきてしまいます。 そんなときはこの設定を使って調節してみるといいと思います。 ただし、イヤホンをいくつか使い分けたりする人にとっては、毎度毎度設定をしなおすのも面倒かもしれません。 iPhone 以外の人も、「オーディオのバランス」などを検索してみてください。 断線してしまっている 最後に考えられる点としては、 コードの断線や接触不良です。 イヤホン内の抵抗線が一部ちぎれてしまったりすると左右の片方だけの音が聞こえにくくなってしまうことがあります。 また、内部が少し錆びてしまったりしても、音の聞こえは悪くなります。 完全に聞こえなくなっているのではなくて、「片方だけ聞こえづらい」という人もこのパターンが多いようです。 断線の原因としては、イヤホンコードを強く巻いたり、ぐちゃぐちゃにしてしまっていたり、プラグの部分を角度をつけて折り曲げたりするとこうなってしまいます。 対処法は、• 半田付けでコードをまた繋ぐ• 修理に出す という選択肢がありますが、半田付けは素人には難しいというのが現状みたいです。 経験のある人はやってみたらいいと思います。 半田付のYoutubeを探せば動画解説なども上がっているみたいです。 気をつけたいのは、修理に出すものは自分でいじったりしないようにすることです。 もし自分で半田付けや改造などをしていた場合にはメーカーに受け付けてもらえない場合があるので注意してください。 もしどうしても治らない時は… 以上のような、はっきりとした原因がわかっている時には、「こうしたらいい!」という対処法はあるのですが、たまに「なんかよくわからないけどスマホの不具合」みたいな理由で片耳だけ聞こえない時があると言います。 そんな時にするべきことは1つ。 それは… 電源をOFFにする ことです。 スマホも電子機器なので、静電気が溜まっていたり、プログラムの不具合などの予期せぬトラブルがつきものです。 そうしたものが原因の場合、どうしようもなくなった時は一回シャットアウトして、少し時間を置いてもう一度電源を入れてみましょう。 この「一旦電源を切る」という対処法は、電化製品全般において有効であることが多いので、ぜひ試してみてください! それでも直らなかったら買い替えどきかも 上記の方法をすべて試しても治らなかった場合は、 単純に寿命ということが考えられます。 イヤホンもAV機器なので、経年劣化を起こしますし、それなりにいいものでなければダメになってしまいます。 100均で買ったものや、ずっと音楽を聴いている人のイヤホンなんかは短くて半年くらいで聞こえづらくなったりするようです。 そうなった場合には、もう 買い換えるのが一番スマートな解決策だと思います。 色々悩んだり方法を考えるよりもすぐに新しいものを買ってしまった方が時間もお金もかからないものです。 今では、Amazonを除けば高性能で安いイヤホンはたくさんあります!僕が今使ってるコレなんかは、ノイズキャンセル、Bluetooth接続可能でこのお値段か!ってくらい安いです。

次の

ワイヤレスイヤホンが片側だけしか聞こえない時の対処法|@DIME アットダイム

イヤホン 片耳 聞こえ ない iphone

イヤホンコードを鞄などの中に入れている人は、つい、適当にコードを巻いて鞄の中に入れてしまうという人も多いと思います。 しかし、それだといざ使おうとした時に、コードが片耳だけ断線して片方聞こえないという事になってしまう可能性があります。 また、鞄の中や狭い場所に収納しているという場合には、それだけプラグが曲がってしまったりする懸念もありますので、乱暴に扱わないというのは、片方聞こえない、片耳だけしか聞こえないという結果にならない為にも大前提になってくると思います。 イヤホンやヘッドホンを使って音楽を聴いているという場合、音響機器によっては左右の聞こえ方を設定できる物も多くあります。 特に、スマホを使って音楽を聴く機会も増えてきたので、タッチパネルであらゆる操作が出来てしまうのも事実です。 その為、鞄の中などに入れている間に設定が変わってしまっている事で、タッチパネル式の音響機器を使用しているという場合には、片方聞こえない、小さいという問題の原因の一つに入れておきましょう。 イヤホンは、機器との接続部分であるプラグ部分にゴミが付く事があります。 機器の接続部分は、金属でできており、長年愛用すれば、酸化してしまい、その部分に膜を張るような形になってしまいます。 一見、錆のように見えますが、実はそれはただ、酸化しているだけなので、拭き取るだけで解決する事も期待できます。 その為、片方聞こえない、聞こえにくいという場合に、プラグ部分が汚れていそうならまず、拭いてみましょう。 こちらは、音楽をスマホで聴く機会が多い人に多く見られるのですが、スマホのアプリなどの数が多い場合や写真や動画によりスマホの負荷が大きくなっている懸念もあります。 また、端末を再起動させる事により改善する事があります。 これは、端末を再起動させる事により負荷がリセットされる事を見込んでの方法で、これにより改善する事も期待できます。 もし、スマホで音楽を聴いていて、イヤホンが片方聞こえない、片耳しか聞こえず、小さいなどの問題が発生した時には、試してみて下さい。 ここに、イヤホンが片方聞こえないという原因が断線しているのが原因という風にわかっている場合には、自力で修理する方法をまとめた記事があるので、断線が原因だというのがハッキリ分かっている場合には、参考にしてみて下さい。 原因の見極め方1つ目は、iPhoneであれば、設定を確認するです。 iPhoneなどのスマホで音楽を聴いているという場合、先程も説明しましたが、無意識に設定が変わっている事も十分、考えられます。 断線やプラグの異常により起こったというわけではないので、設定を元に戻すだけで解決する事がほとんどです。 イヤホンジャックは、金属でできているという事もあり、それだけ汚れが溜まりやすくなっているというのは明らかです。 もし、これが原因という場合には、拭き取る事で改善できる期待も持てます。 ここに、イヤホンから音が聞こえない、片耳しか聞こえない時のそれぞれの対処法や直し方をまとめた記事があるので、この記事を参考に、なぜイヤホンから音が聞こえなくなるのか、片耳しか聞こえないのかというヒントを見出してみて下さい。 イヤホンが片方聞こえない・小さい!原因別の直し方4選 断線している場合の直し方ははんだごてを使用して修理する 原因別の直し方1つ目は、イヤホンが断線している場合には、半田ごてを使って修理するです。 はんだごては、ホームセンターをはじめ、ネットでも購入する事ができます。 まず、断線したプラグを切断します。 ニッパーや切れ味の良いはさみであれば、簡単に切断する事ができますよ。 そして、導線をむき出しの状態にすると、3本の導線で構成されたものが出てくると思います。 そして、事前に購入していたプラグを開封し、プラグカバーを導線に通していきます。 事前にメタルカバーとチューブカバーの順でケーブルに通していく事を忘れずに行いましょう。 はんだ台にセットし、スポンジに水を軽く含ませます。 そして、プラグによってどちらに何を繋ぐのかは、使用するプラグによって違ってきます。 その為、古い端末やメーカーなどの物は、事前に一度突起に線を巻き付けて、どちらが正しいのかを確認した状態でプラグをオーディオ機器などに接続して確認する事をおすすめします。 音響機器の設定が間違ってる事で聞こえにくい時の直し方は設定を確認 原因別の直し方2つ目は、設定を確認するです。 イヤホンが片方聞こえない、片耳しか聞こえないという場合、イヤホン側に何の問題も見受けられない時には、もしかしたらステレオの設定や左右の音量バランスの設定が変わっているのかもしれません。 その為、正しく設定されているかを確認する事は大事なポイントです。 片方しか聞こえない場合のプラグの接触不良の直し方は酸化膜を取り除く 原因別の直し方3つ目は、プラグの接触不良である場合には、酸化膜を取り除くです。 イヤホンのプラグ部分にゴミが付いていると、必然的にイヤホンが片方聞こえない、片耳しか聞こえないという事になってしまいます。 また、時間と共に、酸化膜が出来る事もあるので、定期的に掃除する事も直し方のポイントです。 iPhone内の負荷が原因なら再起動や起動しているアプリを終了する 原因別の直し方4つ目は、iPhone内の負荷が原因である場合には、再起動してみたり、今起動しているアプリをすべて終了するです。 バックグラウンドで起動しているアプリをすべて終了させる事により、イヤホンが復活する事もあるようです。 メモリの使い過ぎにより、ミュージックアプリや通話アプリの負荷が掛かっている事もあります。 また、スマホで音楽を聴いている人の間では、一般的にまずやってみる方法として、あるのが再起動してみるという方法です。 再起動する事で解決するというのは、よくあります。 その為、一度再起動させてから次の解決方法を模索するという事でも遅くはないと思います。 ぜひ原因別に見る解決方法を学んで下さい。 ここに、おすすめのイヤホンを紹介している記事があるので、どうしても改善しない時に買い直す際のヒントにしてみて下さい。 こちらの商品は、こて部と温度調節などをするステーション部分が分離しているので、そういう意味でも高機能のはんだごてと言えます。 そういう意味でも、こちらのはんだごては、ステーションタイプの中でも比較的、コストの掛からないアイテムと言えます。 もちろん、5段階の温度設定ができるので、素材に合わせた温度で使用できるという意味でも使い勝手抜群です。 20秒で使えるようになるので、一時的ですが、大きな熱量が必要になる物にも使用可能となります。 その為、コストが低い割に多用に使えるという事もあり、コスパの良いアイテムとも言えます。 はんだごてはもちろん、こて台やこて先、はんだ吸い取り器などこれだけ揃って2,000円以内で購入できるというのは、ちょっと使いたいけど、なかなか購入に踏み切れない方にもおすすめです。 替えのこて先が豊富なので、用途に合わせて選べるという事もあり、作業効率が格段に上がったという口コミも多く見られます。 ここに、実体験を基に、おすすめのはんだごてを紹介している記事があるので、この記事により、自分に合ったはんだごて選びのヒントにしてみて下さい。 また、こて先が可燃物と接触するのも危険なので、使用する際には、こて台に固定して使用しましょう。 はんだが溶ける際には、煙が出ます。 煙には、人体に有害な物質が含まれているので、煙はできるだけ吸い込まないように注意が必要です。 また、はんだごてによっては、煙を吸い込んでくれる物もありますので、そのようなアイテムを使用するのもいいでしょう。 作業中には、小さなはんだが飛んでしまう事もあります。 その為、それを避ける為にも防護眼鏡を使用するなどの工夫が必要でしょう。 防護眼鏡は、今では、100均でも購入する事ができますので、できるだけ使用するようにして下さい。 精密機器にはんだごてを使用する際には、熱を与えすぎる事により、破損してしまう事もあります。 また、周りの部品を誤って溶かしてしまう懸念もありますので、注意しましょう。 はんだをする際には、場合によっては、手についてしまう事もあるでしょう。 そうなれば、体に有害な物でもあるので、万が一、付いてしまった場合には、すぐに洗い流し、むやみに体に触らないようにする事も大事なポイントです。 ここに、初心者にも使いやすいおすすめのはんだごてを紹介している記事があるので、この記事を参考に、はんだごてを使用する際の注意点も参考にしながら安全に使用する方法を模索してみて下さい。 片方聞こえないイヤホンはまずは設定を見直す所から始める 今回は「片方聞こえないイヤホンの原因」をテーマに、自分でできる直し方や断線した時の対処法を紹介してきましたが、いかがでしたか?iPhoneで音楽を聴いている人も多いので、その分、イヤホンを使って音楽を聴いている人も多いと思います。 また、使ったイヤホンを乱暴に鞄の中に入れて、断線している事も多いです。 断線してしまうと、どうしてもイヤホンの買い直しなどの手間となってしまうケースがほとんどですが、唯一、自分で直す方法がはんだごてを使用した方法でした。 その為、初心者にもおすすめのはんだごてから使用する際の注意点も紹介してきました。 はんだごてを使用する際には、火傷に注意して、安全に使用しましょう。 はんだごてを使用するのは、初心者にとっては大変な事もあるかもしれません。 しかし、音が小さい、片方聞こえないイヤホンを買い直す手間を省く事ができるというだけでなく、DIYをする際にも何かと重宝すると思いますので、ぜひこの機会に、片方聞こえないイヤホンを修理する為に、はんだごてを使用してみて下さい。

次の