楽天カード 紹介 8000ポイント。 【7000ポイント開催中!】次の7月楽天カード8000,7000ポイントキャンペーンは2020年いつ?新規入会&利用特典の確実な受け取り方法は?

クレジットカードの還元率とは|楽天カードのポイント還元+お得情報

楽天カード 紹介 8000ポイント

楽天カードを持っている方が、 楽天カードを友達や家族、同僚などに紹介すると、1,000ポイント貰えるというキャンペーンです。 紹介した人、紹介された人、二人両方とも1,000ポイントずつもらえます。 紹介の仕方は、で紹介しています。 紹介ポイントの対象上限人数は、1ヶ月9人までなので、どんどん紹介しましょう。 紹介された側の人は、新規発行キャンペーン分のポイントに加えて1,000ポイント多く貰えますよ。 まわりに楽天カードを持っている人がいない方は、 年会費がずっと無料で、発行手数料も無料なので、自分で申し込んでからお友達に紹介&発行してもらってポイントをゲットしましょう。 詳しくはこちらの記事で紹介しています。 特典ポイントが付与される時期・ポイントの利用有効期限 ポイントが付与される時期は、紹介された方がカードを申し込んだ日から2ヶ月後の20日頃です。 付与されるポイントは、 利用有効期限(進呈日の翌月末まで)がある期間限定ポイントなので、付与されたら出来るだけ早く使ってしまいましょう。 楽天カードの申し込みに関するお問い合わせ先 楽天カード株式会社コンタクトセンター 0570-66-6910(営業時間9:30~17:30) 上記電話番号が利用出来ない場合092-474-6287 紹介方法・紹介されたらやる事 当然ですが、紹介ポイントを貰うには、 紹介された方が楽天カードを新規申し込み&発行する必要があります。 URLを送信するだけでポイントが貰えるわけではありません。 また、紹介された側の人が既に楽天カードを新規申し込み&発行していると、 あとから紹介してもポイントは付与されません。 紹介された方が下記の場合、 ポイントが貰えない場合があるので注意が必要です。 過去に楽天カードを発行した履歴がある• 過去に楽天カードを発行して退会している• 楽天カードの発行申し込みが重複している• 他人の楽天ユーザIDを利用してカードを申し込んだ• カードを発行したけど審査に落ちた• カードを発行したけど受け取らなかった• クレジットカードではなく銀行カードのみ発行した• 届いたURLを開いた端末とは別の端末でカードを発行した• 届いたURLを開いた楽天ユーザIDとカードを発行した楽天ユーザIDが違った 詳細についてもっと知りたい方は公式サイトで確認してください。 公式サイト() おすすめの記事.

次の

次の楽天カード8000ポイントキャンペーン2020いつ?8000ポイント受け取り方法、もらい方、条件を解説

楽天カード 紹介 8000ポイント

理由は簡単で、紹介特典を受けるのは紹介する側ですが、入会キャンペーンのポイントをもらうのは紹介される側だからです。 つまり、それぞれポイントをもらう人が違うわけです。 両方同じユーザーが受け取るなら併用不可となることもあるでしょうが、別々の利用者なので併用できるわけですね。 このため「紹介特典を受けることで、自分が紹介する友人などが特典ポイントを受けられなくなるのではないか」などの心配をする必要はありません。 楽天カード入会は紹介された側には特典がない? 楽天カードについてのインターネット上の口コミ・評判を見ていると「楽天カードの紹介キャンペーンは、紹介された側にはメリットがない」ということがたまに書かれています。 こうした評判・クチコミは間違いではないのですが、少し誤解を招くでしょう。 こういう意味では「ポイントは併用できない」と言えますが、「1人の人間に併用できないだけで、紹介する側・される側のそれぞれにポイントがある」という意味では、併用可能といえます。 楽天カード入会時の紹介者IDは、紹介された時だけ書く 楽天カードの入会審査に申し込む時、フォームの記入事項の中に「紹介者ID」というものがあるでしょう。 これは、誰か友達や家族などに紹介された場合のみ記載すればOKです。 誰からも紹介されていない場合は書かなくてかまいません。 クレジットカード審査に関するクチコミ・体験談を見ていると「クレジットスコアが高い人物からの紹介だと、審査に通りやすくなる」という情報があります。 これが事実かはわかりませんし、クレジットカード会社にもよるでしょう。 しかし、楽天カードでのクレジットヒストリーが良好なユーザーの紹介なら、楽天側も配慮する可能性はあると私は考えます。 自分の法人に楽天ビジネスカードを紹介しても、特典ポイントがある? 法人経営者の場合、法人カードとして楽天ビジネスカードを発行することもあるでしょう。 この時「自分個人が法人を紹介する」という形で紹介ポイントをもらえるのか、気になると思います。 基本的には、クレジットカードの審査では法人と代表者は別人と見なされているため、法人を紹介してポイントをもらうことは可能です。 状況・条件にもよりますし、楽天カードではどうなるかわかりませんが、一般のクレジットカードでは「自分の法人を紹介して特典ポイントを受け取る」ことは可能なのです。 私のメインカードはアメックスですが、少なくともアメックスユーザーの経営者は皆そうしてポイントをもらっています。 もちろん紹介された法人側も「入会ポイント」が付くので、事実上の二重取りが可能です。 楽天ビジネスカードでもほとんどのケースでは、そのように特典ポイントが併用されると考えてください。 楽天カード入会の紹介キャンペーン、2018年の期間は? 楽天カードの入会者の紹介キャンペーンは、2018年にどのような期間で開催されるのか、ポイントを獲得したい場合は気になるでしょう。 2018年に関わらず、毎年楽天カードのキャンペーンがいつ始まるかはわかりません。 紹介キャンペーンでも入会キャンペーンでも、予定がわかってしまったら話題にならないので、楽天カードの宣伝効果が失われるのです。 2017年も2016年も、キャンペーンの直前までは告知されなかったので、2018年も同様だと考えてください。 開催時期はわからなくても、入会特典を8000ポイントもらえるレベルの大型キャンペーンは、大体1年に5回~6回程度はあります。 私が思うに、これだけの回数8000ポイントレベルのキャンペーンがあるなら、時期がわからなくても「始まったら申し込む・紹介する」くらいの感覚でいいと言えます。 楽天カードの新規発行でなく、再入会でもポイントがもらえる? 楽天カードの入会ポイントや紹介特典は、新規発行でなく再入会でも受け取ることができるのか、楽天カードに戻ってきた時には気になるでしょう。 結論を言うと、再入会では一部の例外を除いて、すべての特典ポイントが適用されません。 紹介する側もされる側も特典ポイントがないということです。 ただ、私の経験からいうと、クレジットカードの審査や利用のルールにはあらゆる例外があります。 たとえばインビテーションがないともらえないプラチナカードも、空港で勧誘を受けた時に「プラチナカードなら欲しい」と言えば、担当者が審査の申し込みの手続きをしてくれることがあります。 誰でもしてもらえるわけではなく、担当者がその場で簡単なヒアリングをして「十分なクレジットスコアがある」と判断した場合のみです。 楽天カードでもその他のクレジットカード会社でも、がんじがらめのルールで動いているわけではなく「最終的にユーザーとカード会社がWin-Winであればいい」という発想で動いています。 年会費10万円以上などのステータスカードでも「年会費が高いので解約する」というと、「年会費無料でいいので持ち続けてほしい」と言われることもあります。 これもやはり「ショッピングなどの利用金額が多い人」という条件ですが、クレジットカードの世界はこのように「かなり柔軟に動いている」ものなのです。 このように随所に例外や特例があるので、楽天カードに再入会する場合でも、条件によっては特典ポイントの対象になることもあるでしょう。 しかし、基本的には初めて入会する人、新規発行するユーザーのみが対象だと考えてください。 何にしても最大10000ポイントなどの入会特典をもらえるのは楽天カードくらいなので、タイミングを見計らって申し込むメリットが大きいクレジットカードだと私は思います。

次の

楽天カード入会の紹介特典!ポイントのキャンペーンは併用可能?

楽天カード 紹介 8000ポイント

クレジットカードの還元率という言葉を見聞きしたことがある人も多いでしょう。 還元率とは、クレジットカード利用で得られるポイントの割合を示したものです。 クレジットカードを利用した分だけポイントや現金・商品として還元されるという意味で、還元率と呼ばれています。 ポイントの利用方法はカードの種類によって異なりますが、ほとんどのカードでは楽天スーパーポイントやAmazonギフト券、Tポイントなどのポイントに交換可能。 中には現金としてキャッシュバックされるものや、商品と交換できる場合もあります。 三井住友VISAカードやセゾンカード、ライフカードなどの年会費無料カードの還元率は0. 5%が一般的。 1万円で50円のポイント還元率なので、大きな買い物をしない人はあまり恩恵を感じないかもしれません。 それでも、大手銀行の普通預金金利が0. 001%の時代に、クレジットカードで買い物するだけでポイントが得られるのはありがたいものです。

次の