幸福 の 科学。 大川隆法総裁

学校法人幸福の科学学園

幸福 の 科学

新型コロナウイルスの感染が世界で拡大する中、 幸福の科学の教祖・大川隆法総裁が、オウム真理教による「 ポア思想」を彷彿とさせるメッセージを「霊言」の体裁で発信している。 オウムの同等の殺人教義とまでは言えないものの、注意が必要だ。 大川総裁は今年1月以降、 コロナ関連の霊言や法話を連発し書籍化している。 7月5日現在で発刊予定のものも含めて14冊。 呼び出された霊は、複数の宇宙人、国之常立神、エドガー・ケイシー、北里柴三郎、釈尊、イエス・キリスト、松下幸之助、天照大神、ローマ教皇、P. ドラッカー、長谷川慶太郎と言った調子だ。 「ポア思想もどき」は、その中の1つ、『 大恐慌時代を生き抜く知恵 松下幸之助の霊言』に登場した。 〈 神様・仏様を信じない人を護る必要はないから。 無神論・唯物論を広めて、それでガチガチになってる人は、死んであの世で地獄に行く人達ですけど、早く死なせてあげたほうが、罪が浅くなって天上界に上がれる率が増えるので、早く罹ったほうがいいかもしれない。 〉(同書より) オウム真理教教祖・麻原彰晃による1989年の説法と比較してみよう。 〈 例えば、Aさんという人がいて,Aさんは生まれて功徳を積んでいたが慢が生じてきて,この後悪業を積み,寿命尽きるころには地獄に堕ちるほどの悪業を積んで死んでしまうだろうという条件があったとしましょう。 (略)ここで,例えば生命を絶たせた方がいいんだと考え,ポアさせた。 大変な功徳を積んだことにならないですか〉(平成16年2月27日東京地方裁判所判決) 死後に地獄に落ちるような人たちは早く死んだ方が本人のためという論法は、大川総裁も麻原も同じ。 しかし麻原によるポア思想は積極的に殺すことを奨励するもので、坂本弁護士一家殺害事件でも地下鉄サリン事件でも、麻原は「ポア」という言葉を用いて犯行を指示し、実行犯たちにとって自己正当化の論理となった。 単なる思想ではなく、信者に殺人を実行させる道具だった。 一方で大川総裁の「ポア思想もどき」は、殺すことを奨励してはいない。 「死んだらいい」という願望を述べているだけだ。 とは言え、いままで「無神論者」「唯物論者」を適ししてきた大川総裁が、人々の死と具体的な死に方を期待する発言をしたケースは、筆者自身、記憶にない。 これまでにない変化のように感じる。 もっとも、思想だけでは人は殺せない。 ポア思想も重要ではあるが、こうした諸々の要素の一角にすぎない。 そもそも、あらゆる宗教は教を広める(あるいは人々を教えに従わせる)ことで幸福や救済を目指しているのだから、広義に解釈すればそれも「支配者志向」と言えなくもない。 神や開祖を絶対視することも宗教ではむしろ当たり前だし、終末論ならキリスト教にだってある。 「イスラム法」のように教義が世俗の法律以上に重視されるケースもある。 ポア思想も、オウムが曲解しているとの指摘もあるがもとはチベット仏教からの流用だ。 教義や思想の個別の要素だけをあげつらって「はいカルト!」などという判断をしていては、あらゆる宗教が「カルト」になりかねない。 そうではなく、実際の行動の有無や、教義がそれと結びつく構造があるかどうか、あるいはその度合が、「カルト」「カルト性」の判断基準だ。 その点で言えば、幸福の科学はすでに、テロや殺人といった凶悪犯罪以外の小さな違法行為を繰り返し、さらにはそれを「信教の自由」や教義を口実として正当化している。 教義が反社会的な行動に結びついている教団だからこそ、「ポア思想もどき」の出現には注意が必要だ。

次の

幸福の科学 人気ブログランキングとブログ検索

幸福 の 科学

2時間近くにわたる長時間の対談の中で、 (みずにゃん)立花さんは幸福の科学の信者なんじゃないかっていう (立花)うん、信者やで (みずにゃん)ホントなんですか? (立花)エル・カンターレ!やん (みずにゃん)いや、そこだからネットでまた変なことになるんで (立花)なんで? 俺幸福の科学の信者やで。 信者ていうかあそこは、別に入信の何か手続きをしないから (みずにゃん)儀式みたいなのは (立花)ないないない。 だから俺、お布施も払ってないし、会員証もらってないけど、エル・カンターレっていって、ああいう集まりにも行くし、みんなと一緒にお酒飲むし、釈量子(しゃくりょうこ)代表とか、党首とも直接お話したこともあるし、仲良いし、釈さんの後援会長からはいっぱいお金もらったこともあるし () と、自ら幸福の科学の信者であると発言し、幸福実現党の後援会長から多額の金銭も受け取っていたことを告白しています。 以前から立花氏が幸福の科学に入信している可能性を感じていたという宏洋。 立花氏とみずにゃんの対談前日、みずにゃんに会い、立花氏が幸福の科学に入信しているか聞いてはどうかと提案していたそうです。 宏洋は もう終わりですよ、あなた。 あなたの政治生命はもうおしまい。 暴力団みたいなね、あんな団体とお付き合いがあったりとかね、お金もたくさんもらったって言ってますよね。 もうアウトですよ。 終わりですよ。 と立花氏を批判しています。 19:15追記 宏洋「何も下調べしないで物事を喋ってる」 宏洋は、同日「【N国党】【幸福の科学】立花さんの発言の中にいくつか誤った情報があるので、幸福の科学元理事長の宏洋が訂正しておきます。 」という動画を公開。 みずにゃんとの対談での立花氏について「何も下調べしないで物事を喋ってる」として、「幸福の科学の元理事長」として訂正する話しました。 まず、立花氏が「入信の手続きはしていない」と言ったことを、「嘘」だと指摘。 幸福の科学には、入会信者と三帰(さんき)信者の2種類の会員があり、どちらにしても入会の手続きは必ず必要であるとのこと。 次に、幸福実現党の職員と「一緒にお酒飲む」という発言について。 宏洋によると幸福実現党の党員は、幸福の科学ではお坊さんという存在で、お酒を飲めない「不飲酒(ふおんじゅ)」という戒律を守らなければならないということです。 お酒を飲むということ自体が宗教上、問題となるようです。 名ばかりの信者? 立花氏の「霊言を信じていない」という発言については、幸福の科学の教義では、大川隆法総裁の考えをそのまま受け入れなければならないと説明し、霊言を信じていなければ信者ではないと断言。 立花氏は実質的には信者ではなく、名ばかりの信者とだとしました。 それでも幸福の科学が入信を許可したのは、立花氏が「数字」を持っており、「幸福実現党と協力してくれそうだから」と推測、 立花さんも信者になっているにもかかわらず霊言を信じてないって言ってるのもおかしいし、それに対して指導をしていない職員さんたちも(中略)おかしいし、んなもん宗教じゃないですよ幸福の科学なんていうのは。 利益を追求したいだけでしょっていう。 票が取りたいからお互い利用しあってるんでしょ として立花氏、幸福の科学の双方を批判しました。 立花孝志氏が入信した背景には、何らかの政治的な理由がある可能性が高そうです。

次の

大川隆法

幸福 の 科学

幸福の科学は、世界を目指す華やかなエリート宗教でしょうか? 幸福の科学という新興宗教は、世界を視野に入れてアクティヴに活躍できるエリートだけが会員となることが出来るのでしょうか? 幸福の科学は、あまり地域や地元に根差した宗教ではないように思って、次のような質問をしました。 幸福の科学は、地元密着型の宗教でしょうか? 幸福の科学は「お祭りを催して地域と交流したり、災害時に退避所として開放したりトイレを開放したりしています」とのことですが、具体的なことを教えて下さい。 「世界」を舞台に、ひとりひとりの庶民ではなくて「政府なり、世界の要人に情報が伝わればいい、もう、それしかない」という、個々の信仰というより「世界」をダイレクトに動かすことをメインにしているエリート集団が幸福の科学の実態でしょうか? 宗教や信仰って、日々の生活の中で感謝したり、隣人と共に助け合ったり、連帯したり、互いに悲しみや喜びを分かち合うことを大切にするように感じていました。 個人的な悩みや相談があるとお寺の住職や教会の神父に相談したり、嬉しいことがあるとお寺や教会で喜び合ったしながら、そんな些細な日常生活を感謝して、そして守られることを願い祈ること・・・それが個々の信者の信仰の原点だと思っていました。 その日々の信仰が世界に広まることが平和へつながると、布教や伝道をしている・・・まあボトムアップ的なものかと思っていました。 ただ幸福の科学は『一般の神社仏閣さん等と運営者の方とは見解が異なっている』とのことで、伝統宗教とは違って、「教団や総裁がダイレクトに政府や世界の要人を相手にする」という「華やかに世界を相手」というトップダウン式であるのでしょうか? 幸福の科学の信者の使命は、あくまでもトップダウン式に「総裁からの情報収集に余念がなく、その情報を受けた段階で、また新たに使命感を感じる」ことに集中することでしょうか? 寺や神社、教会で、檀家や氏子、クリスチャンが共に集って、共に祈って、互いに助け合って地域や地元で信仰共同体をつくり、その輪を広げることが布教であり伝道というのが伝統的な宗教では多いですが、幸福の科学では地域や地元と言う観念がなくて、あくまでも教団本部を中心として政府なり世界の要人に情報が伝えることを第一義的にしている宗教でしょうか? ・・・なんとなくエリート集団のようで、近寄りがたいですね。 地元とは無関係で、足下の地元ではなくて、はるか「世界」に常に視線が向いている宗教でしょうか? 補足幸福の科学は「世界」を目指すという大風呂敷を広げていますが、実態としては「世界」に目を向けているだけに過ぎず、逆に絵空事でしかないのでしょうか? 実際に、幸福の科学は公称の会員が10年前に1000万人を越えて、幸福実現党を擁していますので、日本国内では有力な勢力になっているはずですが、国政に参与することすら出来ず、僅かに地方議員がいる程度で、「世界」どころか「日本」にも影響を及ぼすことが出来ず、地方で僅かに声を出す程度に留まっています。 広げた大風呂敷と実態とが、あまりに乖離しているように思います。 幸福の科学は、新型コロナを打ち祓う「電撃一閃」サウンド『THE THUNDER ザ・サンダー -コロナウィルス撃退曲-』を、大川総裁が作曲して発表ましたが、新型コロナを打ち祓うことが出来ず、第2波が現在、日本だけではなくて世界を襲っています。 「世界」に寄与することができなかったということでしょうか? 幸福の科学は、威勢だけが良い空振りが多いように思えてしかたがないです。 エルカンターレ宣言以降は、なんとなく「エリート集団」や「世界を舞台とする宗教」のようなイメージを教団として醸し出そうとしているように思います。 ただ一般の会員は、そんな教団のイメージに惹かれながらも、心満たされないような気持ちを持っている方も多いようで、それが教団からの離脱者の増加となっているようです。 幸福実現党の不振や、幸福の科学大学の不認可等々、教団が目指すイメージに対して現実がかなり違うことが多く、日々の信仰生活のフォローがしっかりしているわけでもないので、自然に離脱する割合も増えているようです。 その結果として、支部や拠点が、ここ最近、かなりリストラされているようです。 「教団として目指したいイメージ」 と 「会員が求めているもの」との距離が大きくなっているように思います。 幸福の科学の教義云々ではなくて、教団としての組織の在り方が、あまりひとりひとりの信仰者に寄り添ったものではないのが問題だと思います。 それが地域軽視、地元と関係の希薄となって、「信仰共同体」となっていないのが一番の問題でしょうね。 お寺の檀家制度が良いとは思いませんが、会員が「じぶん達の支部」という意識がないのが、信者同士や信者と教団職員との絆が生まれない結果だと思います。 教団本部は景気の良いことを言って煽っていますが、ほんとうはひとりひとりの信者の祈りの力で教団が成り立つべきでしょうね。 このご質問の場所を記憶するため、 最後の一分の部分についてのみ、ですが、 >幸福の科学は、 >威勢だけが良い空振りが多いように思えてしかたがないです。 現時点では、そのご指摘通り、 というしかないかもしれません。 しかしながら、 大川総裁の個性、趣味嗜好、というものもあります。 年齢層の高い日本人は、 ドラマの「水戸黄門」を知っていると思います。 まぁ、あんな感じでしょう。 その力を知る人は恐れるけれども、 そうじゃない場合、あなどる。 一定以上の実力と自信、そして、経験、 そうしたものがないと、 大川総裁のようなやり方はできないと思われます。 普通の人であれば、 失敗してすでに消えていなくなっているんではないでしょうか。 エリートとはむしろ逆で、瞑想をして、霊がどうだとか、霊意識を高めるだとか、もやは「だめだこりゃ」というエリートとは逆行している感じがあります。 そもそも、世界の要人は、大川隆法の本などまともに読む人はいません。 若し逆に、世界の要人に情報が伝わっているなら、日本でそうとうな勢力、創価学会以上の教団になっているはずです。 つまり、そんな常識すら分からないほど、この幸福の科学という教団はモウロクしているというか、とにかく情報発信力が、めちゃくちゃになっています。 仏教といいつつ、仏教の情報すら、整理されていません。 つまり、中身として、ただ人間には仏性=霊があるといっているにすぎないからです。 内容としてはこれだけで、あとは、幹部、職員たちは、大川隆法にはさからえないので、教えを体系化したり、整理したりする(よけいな仕事)は絶対にしないのです。 与国氏ですら仏教に対しては、ごまかして説くというように、まあ「悟りの挑戦」(上下)「沈黙の仏陀」「心の挑戦」などという欠陥本をなんとかしないと、体系化はできないのです。 ですからあまりにも情報がとっちらかって、何を捨て、何をとるかが、もはや弟子はおそろして手が出せない状態であるので、本当は世界伝道すら、まったく出来ない状態なのです。 ですから、30年経った今もまったくすすむどころか、なにも手を付けていない。 大川隆法は、なぜ新たな英語説法するかも、そうした理由からです。 ただ混乱しているだけです。 ですから、トランプ、プーチンなど、高級な人が愛読するはずもなく、むしろ、創価学会や、浄土宗、禅宗など、そちらのほうの影響を受けていますので、すべて妄想とみてまちがいないです。 まあ大川ワールドとして、彼は非常に勉強はされているので、論文として、興味のある方は、読むべしという感じにとどめておいたほうがいいということでしょう。 つまり鵜呑みだけは危険だということです。 まちがっている箇所が多すぎますので。 >幸福の科学という新興宗教は、世界を視野に入れてアクティヴに活躍できるエリートだけが会員となることが出来るのでしょうか? 支部にくる信者さんのほとんどは一般サラリーマンか主婦、年金暮らしの方なのでエリート「だけ」ではありません。 >個々の信仰というより「世界」をダイレクトに動かすことをメインにしているエリート集団が幸福の科学の実態でしょうか? 幸福の科学、幸福実現党が世界を導いてきたとは言ってます。 しかしながら具体例の提示を依頼すると回答がこないのがこれまでです。 >宗教や信仰って、日々の生活の中で感謝したり、隣人と共に助け合ったり、連帯したり、互いに悲しみや喜びを分かち合うことを大切にするように感じていました。 個人的な悩みや相談があるとお寺の住職や教会の神父に相談したり、嬉しいことがあるとお寺や教会で喜び合ったしながら、そんな些細な日常生活を感謝して、そして守られることを願い祈ること・・・それが個々の信者の信仰の原点だと思っていました。 その日々の信仰が世界に広まることが平和へつながると、布教や伝道をしている・・・まあボトムアップ的なものかと思っていました。 幸福の科学も昔はそういう印象でした。 教団が変容したように思いますが、それに疑問を呈した退会者は変化についてこれない脱落者、悪魔にやられたとみなされます。 それがそうだとも違うとも申し上げませんが、教祖や教団としてはそういう考えみたいですね。 >幸福の科学の信者の使命は、あくまでもトップダウン式に「総裁からの情報収集に余念がなく、その情報を受けた段階で、また新たに使命感を感じる」ことに集中することでしょうか? 一部熱烈信者や職員はそうですね。 一般信者はそこまでの意識はない印象です。 >あくまでも教団本部を中心として政府なり世界の要人に情報が伝えることを第一義的にしている宗教でしょうか? 本当かどうか確認しようがありませんが、自民党の政治家やプーチン大統領なども愛読書らしいのでそうなんじゃないですかね? >・・・なんとなくエリート集団のようで、近寄りがたいですね。 地元とは無関係で、足下の地元ではなくて、はるか「世界」に常に視線が向いている宗教でしょうか? 視線だけは向いてるでしょうね。

次の