仏壇 飾り 方。 宗派別のお仏具の選び方・飾り方 どんな違いがある?

ご宗派別の飾り方:真言宗|お仏壇の浜屋

仏壇 飾り 方

お仏壇の場所 お仏壇は、その家で一番いい部屋である仏間の、奥の真ん中に安置されます。 お仏壇は、「 宮殿(くうでん)」と「 須弥壇(しゅみだん)」に分けられます。 上の楼閣(屋根)がある部分が宮殿で、その土台のようになっている部分が須弥壇です。 本願寺派の屋根は一重で柱は金箔ですが、大谷派は屋根が二重で柱は黒塗りで金具が打ってあることが多くあります。 屋根がなければ、厨子の場合もあります。 家庭用仏壇には、これに扉と、内側の扉である「 金障子(きんしょうじ)」がついています。 お仏前の立ち居振る舞い そして、仏さまの前をみだりに横切ったりしてはいけません。 気を張って静かに歩きます。 お仏壇の前で作業したり、物を置いておいたりもしません。 お仏壇の中に大変なお客様が座っておられると心得れは、その前を通る時はどうすればいいか分かります。 お仏壇の掃除も、体操服ではなく、正装のほうが望ましいです。 御本尊の御安置 宮殿の中央にを御安置します。 正しい浄土真宗の御本尊は、です。 世間の掛軸と違いますから、自ら大切に取り扱うと同時に、見ている人達にも尊く思われるように両手でお取り扱いします。 お持ちする場合はお納めした桐箱などの入れ物を風呂敷などに包みます。 置く場合は、床に置かずなるべく高いところに置きます。 お仏壇に御安置する時は、お仏壇の他の準備がすべて整ってから、最後に御安置します。 その時、画鋲などで打ち抜いてはいけません。 上にひもがあるはずですので、お仏壇に掛金具を固定して、そこにおかけします。 御安置する時は、まず、両手でたてにお持ちして、押し頂いてから風呂敷をといていきます。 その場合、当然ながら御本尊を転がさないよう、風呂敷を動かします。 桐箱のふたをはずしたら両手で一度おし頂いてから、取り出し、両手で頂きます。 御安置したら、さっそく合掌礼拝して、周りを片付けます。 また、に向かっての礼は、人に対する挨拶より深くなります。 人に対して45度で短いとすれば、阿弥陀如来に対しては90度で長くなります。 角度を見ただけで相手が分かります。 万が一火事が起きた場合は、まず第一に御本尊を安全な場所にお移ししなければなりません。 瓔珞、灯籠、輪灯 お仏壇は「 瓔珞(ようらく)」、「 灯篭(とうろう)」または「 輪灯(りんとう)」などを吊るして荘厳します。 本願寺派の輪灯は細かい装飾が施され、大谷派の輪灯はシンプルなことがあります。 また大谷派では、瓔珞と輪灯が一体になっていることもあります。 お仏飯・飾り香炉 大きな須弥壇には上卓(うわじょく)などを置いて、仏飯(おぶっぱん)を置けるようにします。 お仏飯は、仏器(ぶっき)に盛り付け、仏器台(ぶっきだい)の上に置いてお供えします。 その時は、手で直接お供えせず、「 仏器差(ぶっきさ) し」に挟んで、仏器台に置くようにします。 仏器の下の段に上卓(うわじょく)を置いて、火舎(かしゃ)を飾ることもあります。 火舎は飾香炉(かざりこうろ)、金香炉(きんこうろ)ともいいます。 三具足と五具足の違い 前卓(まえじょく)には、香炉(こうろ)を置き、線香を立てます。 前卓の足は、本願寺派は内側に曲がり、大谷派では外側に曲がっていることが多くあります。 前卓は、金箔加工したものでなく、大きいものは、木枠に水引を懸ける場合もあります。 前卓の上は、平生は三具足(みつぐそく)ですが、法話や大きなの時は、五具足(ごぐそく)にするのが一般的です。 三具足というのは、左に花瓶、真ん中に香炉、右側に燭台お灯明を置くことを三具足といいます。 五具足というのは、一番外側に花瓶を1対、その内側に燭台を1対、真ん中に香炉を置くことを五具足といいます。 お仏花とお灯明 お仏花は「 花器」に生けて前卓の上に置きます。 花器は「 華瓶(かひん)」ともいいます。 前卓が汚れないようにか花器受けを置くのがいいでしょう。 仏花の高さは花器の三倍以上が目安です。 お灯明は、木蝋(もくろう)または電気蝋燭を蝋燭立てに立てて、前卓(まえじょく)の上に置きます。 お仏壇が汚れたり、火事の危険もありますので、現在では、木蝋よりは電気蝋燭にした方がいいでしょう。 蝋燭立ては燭台(しょくだい)ともいいます。 お供物のお供えの仕方 果物やお菓子などのお供え物は、大きなお仏壇では三方(さんぼう)に盛りますが、家庭のお仏壇は供笥(くげ)と方位(ほうだて)が一体になっているものが多くあります。 また、高坏(たかつき)に盛ったり、三段盛りに盛って供笥に載せたりすることもあります。 家庭用の小さなお仏壇なら銘々皿の場合もあります。 お供えする場合には、それらの器の上に懐紙を敷いてお供えします。 なければ半紙でもできます。 経机、おりん 前卓の前には、お聖教を置くための経机(きょうづくえ)、おりんを置くためのりん台、りん布団等を並べる場合もあります。 お聖教とは、の説かれたをはじめ、親鸞聖人や覚如上人、蓮如上人の書かれたものをいいます。 のことです。 一般的には経机といいますが、浄土真宗では和讃卓(わさんじょく)ともいいます。 なお、おりんを前卓に置く場合は、りん台は必要ありません。 「 りん棒」は「 うち棒」とも「 撥(ばち)」ともいい、おりんの中には置かず、経机または前卓の上に置きます。 りん棒の台を使う場合もあります。 仏具の向き 仏具には、必ず前後、左右の向きがあります。 向きをよく心得て、間違わぬように置く事が大切です。 三本足、五本足の仏具(香炉や仏器台など)は、一本足を前にします。 花器や蝋燭立てに獅子をかける時、顔が前に向くようにします。 上卓、前卓の打敷(うちしき)押さえ板を載せる時も、前後があるので気をつけます。 供笥や高杯に果物など下段に三個を三角に並べて、上段に一個載せて盛りつけます。 手前に1個、向こうに2個並べるといいでしょう。 その時、下に敷く半紙の置き方は、前の方に折り目が来るように仏様の方に折った先が向くように敷きます。 鶴亀のろうそく蝋燭立ては、鶴のくちばしが内側に向くように置きます。 浄土真宗の正しいお仏壇の中 親鸞聖人の教えを、浄土真宗といいます。 浄土真宗は、「 」とも言われますように、一仏に向かいます。 それはなぜかというと、お釈迦さまが、仏教の結論として、『 大無量寿経』にこう説かれているからです。 一向専念 無量寿仏 (大無量寿経) 「 無量寿仏」とは阿弥陀如来のことです。 「 一向専念」とは、阿弥陀如来一つに向きなさい、阿弥陀如来だけを信じなさい、ということです。 私たちのを解決し、この世から未来永遠の幸福に救ってくださる仏は、阿弥陀如来以外にはおられませんから、阿弥陀如来以外の諸仏や菩薩やには一切、手を合わせたり、拝んだりはしないのです。 このことを蓮如上人は『 御文章』に、こう教えられています。 一心一向というは、阿弥陀仏において、二仏をならべざる意なり。 (御文章) ですからお仏壇の中は、親鸞聖人も覚如上人も蓮如上人も教えられているように、 「 」の正しい御本尊のみにして、雑行の対象になるようなものは置かないのがよいのです。 例えば、亡くなった方のや写真などは、お仏壇の中ではなく、別の場所に置くようにします。 仏教に関する掛け軸なども、同様です。 また親鸞聖人や蓮如上人の御影は、お仏壇の外の両側にお掛けするのがよいでしょう。 浄土真宗のお仏壇に入れてはいけないのは、位牌や故人の写真、御名号以外の掛け軸などです。 お仏壇の中は浄土真宗の正しい御本尊である南無阿弥陀仏のみでスッキリするのが、親鸞聖人の御心にかなったお仏壇の中です。 お仏壇を飾ったら お仏壇の飾りができたら、それで終わりではありません。 朝晩のおつとめをきちんとさせて頂きましょう。 朝晩の勤行は、親鸞聖人、蓮如上人の教えを毎日聞かせて頂き、阿弥陀仏の救いに遇わせて頂き、変わらない幸せになる大切な聞法のご縁です。 朝晩欠かさず励行するようにしましょう。 ではどうすれば生きている時にに救われ、変わらない幸福になれるのかということについては、以下のメール講座と小冊子に分かりやすくまとめてありますので、今すぐお読みください。

次の

仏壇のまつり方

仏壇 飾り 方

葬儀後に用意される 中陰壇 ちゅういんだんとは? 葬儀後に「遺骨・遺影・白木の位牌」を自宅へ持ち帰った時に、 それらを安置するための棚のことを「 中陰壇 ちゅういんだん」と言います。 「 後飾 あとかざり」とも言いますが、当記事では 中陰壇 ちゅういんだんで統一させていただきます。 白木で作られたもの• 中陰壇 ちゅういんだんは49日法要後に撤去する お仏壇が無いご家庭にとっては、 中陰壇 ちゅういんだんが「仮のお仏壇」の役割をする形になりますが、 この 中陰壇 ちゅういんだんは、葬儀後~49日法要の期間だけ使用するもので、49日法要を済ませたあとは撤去してしまう「仮の棚」です。 お仏壇の購入について お仏壇のないご家庭では、49日後の仏事を行う上でお仏壇が必要となってきます。 購入時期に決まりはありませんが、 中陰壇 ちゅういんだんが撤去される49日法要の前後にお仏壇を購入されることが多いようです。 遺骨の保管について 遺骨についてですが、お墓などへの納骨がまだ先になる場合、しばらく遺骨を自宅で保管するようになると思いますが、 特に段ボール紙製の 中陰壇 ちゅういんだんは使い続けると、重みや湿気で曲がってくるので、別の場所に改めて置き換えることをおすすめします。 中陰壇 ちゅういんだんの飾り方・お仏壇が無い場合 お仏壇の無いご家庭の 中陰壇 ちゅういんだんには、「 阿弥陀如来 あみだにょらいのご絵像」または「 南無阿弥陀仏 なもあみだぶつ」と書かれた 六字名号 ろくじみょうごうといった ご 本尊 ほんぞんを最上段の中央に安置します。 一番上に「ご本尊 ほんぞん 」• 次に「遺影・遺骨・白木の位牌 法名 」• お仏壇の無い場合にはご 本尊 ほんぞんを安置します ご 本尊 ほんぞんというのは、浄土真宗の礼拝の対象となる1番大切なもので、 まだお仏壇の無いご家庭には必要となりますが、 本山からのご 本尊 ほんぞんが正式なものなので、どうすればいいかお寺さんに相談してみるといいでしょう。 中陰壇 ちゅういんだんが何段であっても、最上段の中央にご 本尊 ほんぞんを安置して、遺骨や位牌で見えなくならないように工夫しましょう。 中陰壇 ちゅういんだんの飾り方・お仏壇がある場合 お仏壇があるご家庭の 中陰壇 ちゅういんだんの役割としては、 シンプルに「遺影・遺骨・白木の位牌 法名 」を置くだけの棚でいいと思います。 中陰壇 ちゅういんだんの基本的な置き場所は、お仏壇の横 ご 本尊 ほんぞんの側 で、 普段のお参りやお給仕はお仏壇の方で行います。 もしお仏壇の横にスペースが無い場合には、お仏壇の前に 中陰壇 ちゅういんだんを置いてもいいと思います。 「花瓶・香炉・ろうそく立」はすでにお仏壇にあるので、 中陰壇 ちゅういんだんには無くて大丈夫です。 お寺さんが法要のお勤めをされる時には、お仏壇の前に座られて読経される形となります。 中陰壇 ちゅういんだんは自分で用意しても大丈夫 もし葬儀プランで 中陰壇 ちゅういんだんを付ける・付けないが選べるなら、 お仏壇がある方は 中陰壇 ちゅういんだんを注文せずに、ご自分で用意しても大丈夫です。 「遺影・遺骨・白木の位牌 法名 」が置ける大きさの台を用意して、 白い布を掛ければ 中陰壇 ちゅういんだんができあがります。 置き場所は先ほどお話ししたように、お仏壇の横(ご 本尊 ほんぞんの側 がいいでしょう。 まとめ.

次の

法事の時の仏壇の飾り方をお坊さんが解説【浄土真宗】

仏壇 飾り 方

そもそもお盆とは、どのような行事なのでしょうか。 ここでは お盆について、由来や時期などを中心に簡単に説明していきます。 お盆の由来 お盆は、ご先祖様や故人の霊をしのび、供養するための行事というのが一般的です。 正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言い、古代インドの言葉が元で、「逆さづり」の意味を持っています。 お盆の正式名称である 盂蘭盆会ですが、由来はお経の説話です。 お釈迦様の弟子の一人が、死後の世界で逆さづりにされて苦しむ母親を助けたいとお釈迦様に相談したところ、旧暦の7月15日にたくさんのお供え物を用意して供養するようにとの教えを受けます。 そこで、弟子が言われた通りに供養したところ、母親を苦しみから助けることができました。 この行いを元にして誕生したのがお盆です。 たくさんのお供え物でご先祖様の霊を迎えることで、苦しむことなくあの世で過ごせるようにという願いが込められています。 お盆はいつからいつまで? お盆の時期は地域によって異なります。 旧盆であれば7月13日~7月15日がお盆の時期であり、新盆であれば7月15日もしくはその前後の土日がお盆の時期です。 また、 月遅れの盆であれば8月15日前後がお盆の時期となります。 浄土宗のお盆の流れ 一般的にお盆と言えば、ご先祖様の霊が住んでいた家へと帰ってくる時期であり、供養をするための行事というイメージが強くあります。 しかし、浄土宗では捉え方が異なり、供養は行いません。 浄土宗ではお盆を「歓喜会(かんぎえ)」とも呼び、ご先祖様の霊を通してお経や法話を聞き、念仏の教えに感謝するための行事として捉えます。 そして、お盆の捉え方が一般的なお盆と異なれば、当然お盆を迎えるための準備や流れも異なります。 そこで早速、 浄土宗のお盆の特徴について詳細を見ていきます。 お盆を迎える準備 浄土宗では、お盆を迎えるにあたって以下の準備を行います。 仏壇の掃除 まず、自宅にある仏壇や仏具を丁寧に掃除します。 汚れやほこりを毛ばたきで払い、 布で拭ってきれいにしましょう。 仏壇専用の掃除用具が販売されているため、使用すると便利です。 精霊棚の飾り付け 仏壇の前に精霊棚と呼ばれる祭壇を用意し、飾り付けを行います。 浄土宗では、お盆期間中は ご先祖様の霊が精霊棚に泊まると考えます。 そのため仏壇からすべて飾りを出して閉め、仏壇の前に飾り付けをするようにします。 ただし広さの関係で厳しい場合などは、精霊棚にお供え物を置くだけでも問題ありません。 迎え火 迎え火は、 ご先祖様の霊が迷わずに来られるための目印とされており、お盆初日の夕方くらいに、玄関先で行います。 折った芋殻を井桁の形に積み、燃やす方法です。 ただし、現在でも慣習として残ってはいるものの、住宅事情などから迎え火を行わない家庭も多くあります。 大切なのはご先祖様の霊をお迎えし、おもてなしする気持ちであるため、迎え火を行うのが難しい場合は無理に行う必要はありません。 お経・棚経 棚経とは、お盆の期間中に僧侶を招き、お経をあげてもらうことです。 丁重な供養が行われる初盆の際に行われることが多くあります。 地域によってはお布施を包むことがあるため、あらかじめ確認し、必要があれば用意するようにしましょう。 送り火・精霊流し お盆の最終日に、 ご先祖様の霊を送り出すために送り火を焚きます。 迎え火のときと同じように玄関先で火を焚きますが、住宅事情などから送り火を焚かない家庭も多くなっています。 また、地域によっては、送り火の代わりに精霊流しを行うところもあります。 精霊流しは、小さな船にお供え物を乗せて川や海に流す方法です。 灯籠流しを行う地域もあります。 浄土宗のお盆のときの飾り方 続いて、 浄土宗におけるお盆の飾り方を見ていきます。 詳細は以下の通りです。 精霊棚 一般的に、精霊棚は仏壇の前に置きます。 小さな机を用意し、その上に ゴザを敷いてお花や菓子、果物などをお供えします。 地域によっては、ご先祖様の霊が乗り物として使用する精霊馬をお供えすることがあります。 また、水の子や閼伽水(あかみず)を用意する地域もあります。 飾り付けの配置は、地域によって決まりがある場合もあれば自由な飾り付けが行われる地域もあります。 風習が異なるため、あらかじめ確認しておくと安心です。 盆提灯 盆提灯は、 精霊棚の左右に飾るのが一般的です。 基本的に1対となっていますが、スペースの関係で1つしか設置できない場合は1つだけでも問題ありません。 数に決まりはないので当然上限も無く、2対、3対と多めに飾ることも可能です。 通常のお盆では絵柄入りの提灯を飾りますが、初盆の際は白提灯を飾るようにしましょう。 精霊馬 精霊馬は、 ご先祖様の霊があの世とこの世を行き来する際に使用する乗り物とされています。 馬に見立てたキュウリと、牛に見立てたナスを精霊棚にお供えします。 作り方は簡単で、つまようじや割りばしを足に見立て、ナスとキュウリに刺して立たせます。 帰って来るときは、早く帰って来て欲しいから馬に乗って来てもらい、送り出す際は牛に乗ってゆっくりと帰って欲しいという願いが込められています。 ただし地域によっては、丁寧におもてなしできるよう牛にのってのんびりと来てもらう、と逆に考える地域もあります。 水の子 地域によっては、 水の子や閼伽水(あかみず)を精霊棚にお供えする地域もあります。 水の子は、深さがある器の中に、洗米と賽の目に刻んだナス・キュウリを盛り付けます。 閼伽水は、同じく深さがある器の中にきれいな水を入れて、みそはぎの束を添えます。 お団子 お団子はお盆のお供え物として定番の品です。 一般的なお盆では、送り団子や迎え団子といった風習があります。 しかし、浄土宗の場合はお団子に深い意味を持たせず、 一般的なお供え物の一つとして扱います。 用意するお団子の数や種類にも決まりはありません。 お膳(精進料理) お膳は、ご先祖様の霊に食べていただくために用意するおもてなしの食事です。 お盆期間中はずっと毎食後に用意するのが基本ですが、1日1食に省略されることもあります。 肉や魚を避けた精進料理が基本で、野菜などの植物由来の食材を用います。 白米のご飯・汁物・お漬物・煮物・おひたしの5種類を用意するのが基本で、浄土宗の場合は右上に煮物、左上におひたしを並べます。 お供え物 お供え物には、ふさわしいとされるものがあります。 具体的に下記のようなお供えが用いられるのが一般的です。 盆花 浄土宗の場合、盆花にはホオズキ・ガマの穂・枝豆がよく使用されます。 花瓶に挿すのではなく、 精霊棚に吊るして飾り付けます。 野菜・果物 ナス・キュウリ・トウモロコシ・スイカ・桃など、 季節の野菜や果物がよく選ばれます。 ナスやキュウリは精霊馬でも使用するため、お供えしやすいでしょう。 お菓子 お盆の時期になると、 お供え用の和菓子が販売されるようになります。 そのような和菓子をお供えしても良いですし、亡くなられた方が好きだったお菓子を用意しも問題ありません。 故人が好きだったもの 故人が好きだったものも定番のお供えとして選ばれます。 ただし浄土宗では、 お酒やタバコなどの嗜好品はお供えしないと説いている地域もあるため注意しましょう。 浄土宗のお盆に塔婆を建てる場合 お盆の時期にお坊さんに来てもらい、お経を読んでもらう際には気持ちとしてお布施をお渡しします。 浄土宗でもそれ以外の宗派でも変わりはありません。 そこで、 金額の相場やお布施の書き方について見ていきます。 お布施の金額相場 お布施の金額相場ですが、 初盆の場合は3万円~5万円程度が目安とされています。 通常のお盆であれば、5千円〜2万円程度包む方が多いようです。 また、自宅まで来ていただいた場合は、お車代として5千円〜1万円程度をお渡しする地域もあります。 お布施の書き方 お布施をお渡しする際は、 無地の白い封筒に包んでお渡しするのが一般的です。 表書きの書き方ですが、「御布施」と記載するか、何も書かず無地のままでも問題はありません。 ただし裏側には、名前と住所を書くようにしましょう。 浄土宗のお盆に関するまとめ• 浄土宗におけるお盆とは、ご先祖様の霊を通してお経や法話を聞き、念仏の教えに感謝するための行事。 浄土宗のお盆で必要な準備は、仏壇の掃除と精霊棚の飾り付け。 浄土宗のお盆の流れは、迎え火でご先祖様の霊をお迎えし、棚経を行い、送り火や精霊流しで送り出すのが一般的。 お盆の飾りとしては、精霊棚・盆提灯・精霊馬・水の子・お団子・お膳・お供え物などを用意し、飾り付ける。 お供えには、盆花・旬の果物や野菜・お菓子・故人が好きだったものなどを供えるのが一般的。 塔婆を建てる場合は、あらかじめ霊園や菩提寺に依頼し、用意してもらう。 僧侶を招いた際のお布施の相場は、初盆であれば3万円~5万円程度、通常のお盆であれば5千円〜2万円程度が目安。 お布施の書き方は、表書きは「御布施」もしくは無地のままで、裏側には名前・住所を書く。 浄土宗のお盆には、他の宗派のお盆とは異なる様々な慣習・特徴があることが分かりました。 この記事が、浄土宗のお盆の準備をされる皆様にとって、少しでもお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の