取引 先 新年 挨拶 メール。 新年の挨拶メール【ビジネス編】取引先や上司への例文は?

取引先への年末年始の挨拶マナーとメール例文3つ

取引 先 新年 挨拶 メール

こちらのページでは、年始のビジネスシーンで使える、取引先への新年の挨拶時に使う新年挨拶メール例文を紹介しています。 新年に送る年始挨拶メールでは、昨年の感謝の意をひと言伝えるメールを送ることで、相手との関係性を再認識し、受け取った側にもその気持ちが伝わります。 メールを送る際には、年内に相手と共に行った案件や内容をさりげなく明記し、引き続きご愛顧をお願いする旨を伝えておきます。 また、年末の仕事納め・年始の仕事始めの業務予定も必ず記載し、緊急連絡先なども併せて知らせておくと親切です。 年始の仕事初めに送る挨拶メールには、新年のあいさつをひと言添え、引き続いてのご愛顧・ご支援をお願いし、改まった気持ちを表現しましょう。 昨年は、大変お世話になり 誠にありがとうございました。 より一層のご指導ご鞭撻をいただければ幸いです。 何かご相談・ご要望等がございましたら、 いつでもお気軽にお申し出ください。 最後になりましたが、 貴社の益々のご発展とご健勝をお祈り申し上げ、 新年のご挨拶とさせて頂きます。 スポンサーサイト.

次の

ビジネスメール【挨拶】|取引先・初めての人へのメール例文を紹介

取引 先 新年 挨拶 メール

入社後、新人研修が一通り終わり、さっそく担当する取引先に挨拶メールを送るとします。 その際、当然直属の上司や先輩が指導はしてくれるかと思いますが、「社会人として」常識的であるマナーの部分については教育を流されてしまうケースがあります。 入社したばかりでそんなのわからない……なんて甘えていてはいけません。 まずはしっかりと入社前に自分でマナーを身につけておく心構えが大事です。 取引先への挨拶メールは、新入社員にとっては最初の大きな課題です。 取引先への挨拶メールではビジネスマナーとして「社名を省略してはダメ!」 入社すぐの新入社員が取引先に送る挨拶メール……社会人としては当たり前ですが「社名の省略はNG!」です。 稀に、「(株)」「(有)」でも問題ないのでは?と油断している新入社員の方もいますが、社名は当然『省略せずに記載する』必要があります。 つまり、(株)ではなく株式会社。 (有)ではなく有限会社。 ですね。 取引先への挨拶メールマナーは「役職名の記載に注意!」 社名と同様、挨拶メールでは「役職名」にも注意が必要です。 基本的には取引先の担当者にも肩書きがあるはずです。 そのため、取引先への挨拶メールの本文の構成に関しても理解が浅いかと思います。 そのため、ここでしっかりと挨拶メールの作り方を学んでおくべきです。 入社早々、取引先に良い印象を与える方がいいに決まっていますからね。 取引先への挨拶メールでは「正しい言葉遣いを」 当たり前のことですが、取引先への挨拶メールでは、敬語を使わなくてはなりません。 「ちょっと親しみやすいのが自分の利点!」だなんて調子にノッてはいけません。 それでいい雰囲気でコミュニケーションをとれるようになったとしても、「仕事」としての面では信頼されてはいない関係になってしまいます。 しっかりと社会人として当然の振舞いができない相手とは、お金のやり取りをしたいとは思いませんよね。 取引先への挨拶メールは「わかりやすく」 当然、挨拶メールの本文にも気を遣います。 入社したばかりで気合が入っているのはわかるのですが、伝えたいことをそのままつらつらとたくさん書いてしまっては、読む側としてはストレスになってしまいます。 そのため、アピールしたいことがたくさんあろうとも、挨拶メールの基本は「シンプルにわかりやすく」書かなくてはいけないのです。 入社すぐの取引先への挨拶メール【例文】 入社したての新入社員にはちょっとむずかしい、「取引先への挨拶メールの構成」下記の例文を参考にしてみましょう。 基本的な構成を書き出してみると…… 宛先 書き出し分、自己紹介 用件 差出人(署名) ……となります。 シンプルにこのカタチで挨拶メールを作るようにしましょう。 入社して間もない私ではございますが、 1日でも早く新しい環境に慣れ、職務に励む所存でございます。 今後もこれまでと変わらぬ、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。 メールで失礼とは存じますが、取り急ぎご連絡申し上げます。 jp ————————————————- 入社前に学ぶ「取引先への挨拶メール」のマナー!当たり前を身につけよう! 入社間もない新入社員の「取引先への挨拶メール」についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか? 入社後数か月もすれば、意識せずとも当たり前のようにできるようになっているマナーです。 しかし、入社したての新入社員にとっては、そんな当たり前のことすらも身につけていない状態なのです。 そのため、先輩社員に叱られてから気づくのではなく、入社前にしっかりと社会人としてスタートできるよう学んでおくようにしましょう。

次の

喪中は会社にもあるの?|年賀状・新年の挨拶・メール・取引先|終活ねっと

取引 先 新年 挨拶 メール

「新年の挨拶」押さえるべきポイント 「新年の挨拶の言葉」の基本 新年の挨拶は、新年を祝い、旧年中お世話になったことに感謝し、今年一年のお付き合いを願う言葉や今年の抱負を述べるのが基本です。 直接の挨拶やスピーチ、メールや年賀状で書く挨拶ともに基本の内容は同じです。 また、相手がビジネスの取引先であったり、上司や同僚などでも基本的な内容は同じですが、相手に適した言葉づかいや慣用句を用いるようにします。 「年賀状」は松の内までに届くように出す 年賀状は1月7日まで(関西は1月15日までのところもある)の松の内までに届くように出します。 松の内を過ぎてしまったら「寒中見舞い」を出します。 「寒中見舞い」の書き方はで紹介しています。 「メール」は松の内までに出す メールで新年の挨拶を送る場合も松の内までに送ります。 「新年の挨拶」文例(例文) 新年の挨拶を、年賀状とメールの文例で紹介します。 年賀状の文例 一般的な文例 あけましておめでとうございます 皆様には、幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 旧年中は大変お世話になりまして、まことにありがとうございました。 本年もよろしくお付き合いいただけますよう、お願い申し上げます。 〇〇年一月一日 ビジネス(取引先)文例 謹賀新年 昨年中は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。 本年も皆様のご要望にお応えし、いっそう社業に精励いたす決意です。 なにとぞ変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。 〇年元旦 ビジネス(お客様)文例 あけましておめでとうございます 旧年中は格別のお引き立てをいただき、誠にありがとうございました。 当店は本年も、皆様により一層ご満足いただけるサロンをめざします。 今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 なお、新年は〇日より営業いたしております。 皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。 旧年中はひとかたならぬお世話になりまして、誠にありがとうございました。 本年も御社のご発展に寄与できますよう、業務に精励いたす所存でございます。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 (メール署名) 上司へ送る文例 上司への新年の挨拶は直接行うのが基本ですが、直接会えない場合はメールを送ることがあります。 また、近年は年賀状を出さずに年始の休暇中にメールを送ることもあります。 件名:新年のご挨拶 〇〇部長 新年あけましておめでとうございます。 昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。 おかげさまで家族一同、元気に新年を迎えることができました。 新たな年を迎え、気持ちを引き締めて業務に臨む所存です。 今年も引き続き、変わらぬご指導ご鞭撻をいただければ幸いです。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 (メール署名) 「新年の挨拶」に使える慣用句を紹介 新年の挨拶に使える慣用句を紹介します。 先に紹介した文例にアレンジして使ってみてください。 漢語調の「新年の挨拶」• 謹賀新年• もちろん親しい人へ使うのは問題ありません。 口語調の「新年の挨拶」• 謹んで新春のおよろこびを申し上げます• 謹んで年頭のご挨拶を申し上げます• あけましておめでとうございます• 新春の御祝詞(ごしゅくし)を申し上げます 健康と幸福を喜ぶ言葉• 幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 年頭にあたり、皆様のご健康とご多幸をお喜び申し上げます。 〇〇様にはお健やかに新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 旧年中お世話になったお礼の言葉• 旧年中は大変お世話になりまして、ありがとうございました。 旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。 昨年中は格別のお引き立てを賜り、まことにありがとうございます。 旧年中はひとかたならぬご愛顧(ご高配)を賜り、厚くお礼申し上げます。 旧年中は格別のご厚誼にあずかり、心からお礼申し上げます。 今年のお付き合いを願う言葉・結びの言葉• 本年も変わらぬご交誼のほど、お願い申し上げます。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 本年もよろしくお付き合いいただけますようお願い申し上げます。 本年もご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願いいたします。 本年もご期待にかなうよう努力する所存です。 なにとぞ倍旧のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。 新しき年、皆様のご要望により一層お応えできるようさらに精励してまいります。 本年もご厚誼のほどお願い申し上げます。 本年もお引き立てのほど宜しくお願い申し上げます。 「喪中」の場合の新年の挨拶の仕方 喪中の人へは「年始状」または「寒中見舞い」を出す 相手が喪中で新年の挨拶状を出せない場合は「年始状」または「寒中見舞い」を出します。 「年始状」は最初の挨拶文を「新年のご挨拶を申し上げます」「謹んで年頭のご挨拶を申し上げます」などとします。 祝う言葉は避けます。 寒中見舞いは「寒中お見舞い申し上げます」という挨拶文で始め、「寒の入り」(毎年1月6日頃)から「立春」(毎年2月4日頃)までの間に届けます。 自分が喪中の場合は「喪中はがき」を出しておく 自分が喪中に服している場合は、12月上旬までに喪中欠礼のはがきを出しておきます。 喪中の連絡が間に合わずに年賀状を頂いてしまった場合は、年賀状を出せない理由を添えた返事を「寒中見舞い」として出すこともできます。 まとめ 「新年の挨拶」は、まず新春を祝う言葉を述べ、続いて相手の健康と幸福を祈り、旧年中のお礼や、今年のお付き合いを願う言葉を述べるのが基本です。 本記事で紹介した、相手や状況にふさわしい慣用句を選ぶとともに、具体的なエピソードも簡潔に盛り込むことで心のこもった挨拶を行うことができます。

次の