ガンガン オンライン。 【すぐわかる!】『ガンガンONLINE』

ガンガンオンラインで漫画が読めない場合の詳細と対処法を徹底解説!

ガンガン オンライン

原作小説TVアニメ化決定! スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました スローライフ300年。 いつの間にか世界最強になってました。 転生賢者の異世界ライフ ~第二の職業を得て、世界最強になりました~ 異世界転生したら賢者で無双! 神達に拾われた男 スライムをお供にまったり異世界生活! 最強のおっさんハンター異世界へ~今度こそゆっくり静かに暮らしたい~ 最強のおっさん、異世界を狩る! ラスダン村人 スピンオフ 日常でもやっぱり無自覚チート! 通りがかりにワンポイントアドバイスしていくタイプのヤンキー ヤンキーの皮かぶった優しさの権化• 氷属性男子とクールな同僚女子 クールな二人のピュア過ぎラブコメ• 誰かを呪わずにいられないこの世界で 呪いの力なら 人を殺し放題。 邪悪VS. 異能探偵の頭脳バトル!

次の

ガンガンオンラインの更新時間はいつ?早く漫画の続きが読みたい!

ガンガン オンライン

今後のライブ配信 公認ライブ配信「ただいまガンオン中!」につきまして、 PRチームと相談の上で出演者や関係スタッフの健康・安全を第一に考慮した結果、 5月についても実施しない方針を決定いたしました。 楽しみにしていただいていた方々には誠に申し訳ございません。 6月以降の配信につきましては、 新型コロナウイルスの感染拡大防止策を実施した上で配信を行えるように準備を進めております。 今までの弊社のPRチームが主体となり実施していた公認ライブ配信の「ただいまガンオン中!」に加え、 以前からお話させていただいておりました、 ガンオン運営チームが主体となって行う 公式ライブ配信も予定しています! 公式ライブ配信では、パイロットの皆さまと私たちガンオン運営チームのコミュニケーションの場としても活用できるよう、 さまざまな企画を検討中ですので続報を楽しみにお待ちください! 2つの配信の詳細なスケジュールにつきましては、追って告知させていただきます。 5月27日実施予定のバランス調整 以前告知や前回の開発運営だよりでもお伝えさせていただきましたが、 5月27日の定期メンテナンスにて、一部武器の命中精度が上昇する機能の調整を予定しております。 4月22日の定期メンテナンスにて、ロックオン距離による性能補正に命中精度を向上させる機能を追加し、 アップデート以後は、セミオートビーム・ライフルやチャージ・ビーム・ライフルを所持した重撃機体などを中心に利用率、撃破パフォーマンスの向上が見られ、パイロットの皆様のデッキ編成にも変化が出ているかと思います。 この命中精度を向上させる機能は、セミオート系統の武器などフルオート系統の武器と比較して操作難度が高い武器への利便性向上を目的としております。 該当する武器の利用価値が上がる半面で、機体の中心に命中してしまうため、「大型の機体の体格減衰機能」や「移動速度が高い代わりにアーマーが低い機体」「敵機からのロックオンを低下させる機能を持つ機体」などがその個性を活かしにくい状況になっております。 そこで5月27日に予定している本機能の調整として、 「命中精度を向上させる機能」が有効な状態で発射された弾が機体の中心へ移動する力を緩和し、 大型の機体が体格減衰機能の発動する範囲にヒットする可能性や、移動によって回避できる可能性が向上するよう調整を行います。 また併せて現在のバトル環境を考慮し、以下の機体個別の調整も一部実施いたします。 <> 新機体情報 今回の公認ライブ配信「ただいまガンオン中!」の配信中止に伴い、配信を通して視聴者の皆さまに見ていただく予定でした、新機体の先行情報をこの場を借りてお見せしたいと思います。 81として5月27日(水)の定期メンテナンスで実装予定となります! バランス調整を踏まえた今後の調整について 今回統合整備計画ではロックオン距離による性能補正に、命中精度を向上させる機能を追加するアップデートを実施いたしました。 この対応では汎用的なビームライフル系統、単式マシンガン系統などのセミオート武器、バズーカ系統、および一部のチャージ武器系統の利便性向上を行い、 それらのカテゴリの武器を持つ機体の利用が促進されるよう調整を実施しました。 統合整備計画実施後、「性能補正が適用されるロックオン距離」を延長した武器を所持する一部の機体について、 利用率、撃破などのパフォーマンスが突出している状況であることを確認しております。 お客様からも今回の調整に関しては多くの反響をいただいており、前述のパフォーマンスも含めて現状のゲームバランスについて開発運営チームで協議を重ねた結果、これらの武器については調整が必要と判断いたしました。 調整実施から日が浅いなかでの対応となり、お客様にはご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。 調整については 4月28日 のアップデートにて以下の調整を実施いたします。 上記対応によって被弾が増加する点を考慮しアーマー値を増加します。 上記2機体の調整に加え、リベリオン陣営の一部機体にも調整を行い陣営間バランスの是正を図ります。 この点ご理解ご了承の上、各ガシャコンやマスターメカニックチケット、GOライセンス等をご利用くださいますようお願いいたします。 これらの問題への対応として、5月を目処に命中精度向上機能の効果を減少させる調整を実施予定です。 また今後の対応として、「ロックオン距離による性能補正」による攻撃以外でも、照準を操作して攻撃することによって駆け引きが生じるようなバトルバランスとなるよう対応を検討しております。 また、お客様から多くご質問を頂いている点として、緊急回避を行っても命中精度向上機能の効果によって攻撃が当たってしまうというご意見を頂いております。 こちらにつきましては 「緊急回避」を行った場合、既に発射されている弾の「命中精度向上機能の効果」を無効化することができる仕様となっております。 この仕様については、敵機からロックオンされて性能補正を受けた際に表示される赤い警告表示を見てから、緊急回避を行うといった駆け引きの促進を目的としておりますが、 一部武器やプレイの状況によっては警告が表示されてからの緊急回避を受け付けるまでの猶予時間が短い場合があります。 この点についても改善を検討しております。 4月28日から実施予定のイベントについて 本日についても公開いたしました。 DXガシャコンやパイロットパスから新機体が登場するほか、新たなガシャコンイベントや部隊イベントなど盛りだくさんの内容となっておりますので、楽しみにお待ちください! 4月28日から 実施予定の 「スペシャル部隊チャレンジ」イベント については、部隊チャレンジの達成に応じて「VOL. 79専用DXガシャコンチケット」「VOL. 80専用DXガシャコンチケット」を報酬として獲得可能できるイベントです! こちらのイベントは4月28日定期メンテナンス開始時点で存在している部隊および、そこに所属している部隊メンバーが対象となります。 4月28日定期メンテナンス終了後に部隊を開設、あるいは部隊に加入しても部隊チャレンジはプレイできませんのでご注意ください! 部隊の開設や加入(移籍)は4月28日定期メンテナンス開始前に完了してくようお願いいたします。 状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。 いつも機動戦士ガンダムオンラインをプレイしていただきありがとうございます。 機動戦士ガンダムオンライン プロデューサー 小池 淳です。 前回に続きまして今回の開発運営だよりも、プロデューサーレターとして私からお届けしたいと思います。 まずは新型コロナウイルス感染症 COVID-19 により、罹患された皆さま、生活に影響を受けられている皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 すでに<>のお知らせでご案内しておりますが、政府による新型コロナウイルスの感染拡大に伴う非常事態宣言を受け、 機動戦士ガンダムオンラインでは開発運営スタッフの健康や安全確保に努めつつ、アップデート作業やお問い合わせ対応を行っております。 今後の状況の変化によってアップデートの遅延や中止、お問い合わせ対応の遅延などが発生した場合には公式サイトにてお知らせしてまいります。 今回は上記の対応を受けた公認ライブ配信に関するお知らせに加えて、 4月22日に実施予定のアップデート「SOLDIERS」より、4月28日に追加予定の新機体情報を中心にお届けしたいと思います。 新機体情報 今回の公認ライブ配信「ただいまガンオン中!」の配信中止に伴い、配信を通して視聴者の皆さまに見ていただく予定でした、新機体の先行情報をこの場を借りてお見せしたいと思います。 80として各陣営に、4月28日(火)の定期メンテナンスで登場予定となります! 今回のメンテナンスは普段の水曜日ではなく、前日の火曜日での実施となっていますので、お気を付けください。 これらの機体の さらなる情報は後日公開予定の特設ページに記載予定ですので、そちらもお楽しみにお待ちください! ライブ配信について まずは皆様へお詫びがございます。 2月20日に公認ライブ配信「ただいまガンオン中!」がスタートいたしましたが、 配信内使用したプレイ動画について、「プレイヤーの実力にあった大規模戦ではないのではないか」などお声をいただいております。 事実として操作しているプレイヤーの実力に相応しくない戦場で戦闘を行っており、対戦ゲームとして配慮に欠ける形での配信となっておりました。 今後はパイロットの実力に相当する戦場で参戦するなど、 今以上にPRチームと連携し、今回のような事態を繰り返さぬように制作して参ります。 パイロットの皆様に不快な思いをお掛け致しましたことお詫び申し上げます。 誠に申し訳ございません。 今後も公認ライブ配信を通じて、僕たち運営・開発チームとは違う視点で出演者や皆さまからの生の声をいただき、これからの「機動戦士ガンダムオンライン」を一緒に作り上げる良い機会になればと考えていますので、どうか楽しみにお待ちいただけますと幸いです。 また配信内で発表した、出演者が使用する背景イラストの募集については現在準備を進めており、 近日ご案内を予定しております。 PRチーム主体で行う公認ライブ配信「ただいまガンオン中!」とは別に、 ガンオンの運営・開発チーム主体で行う公式ライブ配信も今後実施を予定しております。 準備まで今しばらくのお時間を要する見込みですが、こちらもお楽しみにお待ちください。 GOライセンスとパイロットパスについて パイロットパスの難易度、および2月26日より販売を開始した「GOライセンス」について多くのご意見を頂いております。 特にパイロットパスのLVについては、一日当たりの獲得APの上限や出現したデイリーアクティビティの難易度のばらつきにより、報酬の獲得難易度が高くなっていると認識しています。 次回以降のセクションについては、全体的な難易度の緩和、および報酬獲得レベルの見直しを検討しております。 今回のセクションについては皆さまの達成状況を確認し、3月11日のアップデートにて臨時で以下の対応を行う予定です。 ・難易度の高いデイリーアクティビティの出現率の大幅な低下 ・小隊関連のアクティビティの一時的な取り下げ ・アクティビティ達成時の獲得AP量が増加するキャンペーンの実施 また、パイロットパス専用機体を「強化応援キャンペーン」の対象としていますが、設計図の獲得難易度に対して強化応援キャンペーンが短い、というご意見もいただいております。 こちらについては3月11日アップデートより一定期間、強化成功率をアップさせる対応を行う予定です。 これらの内容については改めて詳細をご案内する予定ですので今しばらくお待ちください。 GOライセンスについてはパイロットパスも含めてお客様からいただいたご意見を真摯に受け止め、今後も改善を行ってまいります。 そのほか今後のアップデート予定といたしまして、前回の開発運営だよりでも触れましたバトルシステムアップデートを4月に予定しております。 昨年12月に、ロックオンや緊急回避の機能追加のアップデートを実施しましたが、 その後パイロットの皆様よりいただいたご意見ご要望や、現状の戦場バランスを元にシステムの機能拡張や調整を中心としたアップデートを予定しております。 また、マップの改修につきまして本日3月4日にオデッサ沿岸部の調整を実施いたしました。 内容としましては、パイロットの皆様よりご意見をいただいていたリスポーン位置の調整を反映しております。 マップに関しては、既存マップの調整や新マップなど、パイロットの皆様より多数のご意見をいただいており、より高い精度が求められていると感じております。 今後もお寄せいただいたご意見を参考にさせていただきつつアップデートを検討しておりますのでこちらも続報をお待ちください。 加えて同日から、友だちを誘って招待コードを入力してもらうことでさまざまなアイテムが入手できる「ウェルカムキャンペーン」を開催しています。 最後までお読みいただき誠にありがとうございます。 皆さまからいただいているご意見やお問い合わせなども参考にしつつ、引き続きアップデートを行って参りたいと思っております。 本ページ下部にあるフォームより、ご意見・ご感想などお送りいただけると嬉しい限りです。 状況等により内容を変更、あるいは取りやめる場合もありますので、 恐れ入りますがあらかじめご了承ください いつもガンオンをプレイしていただきありがとうございます。 運営チームの大井です。 2020年がスタートして早いものですでに1か月が経とうとしていますが、皆さまはどのようなガンオンライフをお過ごしでしょうか? 前回の開発運営だよりでもお伝えいたしましたとおり、2019年12月で「機動戦士ガンダムオンライン」は正式サービス開始7周年を迎えました。 また同時期に行った大型アップデート「BEYOND」に合わせて運営体制を一新するとともに、宇宙世紀の枠組みを超えた新しい作品の追加やバトルシステムのリニューアルなど、運営開発チームとしても大きなチャレンジを行いました。 アップデート後も皆さまにガンオンを盛り上げていただきました。 誠にありがとうございます! よりガンオンを楽しんでいただけるよう、引き続きのアップデートやイベントを今後も予定しています。 現在は、ロックオンマーカーが赤色の状態(以後「赤ロックオン」)になる射程距離が、武器ごとに大きな差異が無いため、赤ロックオンが発生する射程距離で有効である近距離向け武器( 主に照射系統やショットガン系統)あるいは遠方でも当てやすい爆発系統にパフォーマンスが偏っています。 この問題につきまして、今後ロックオンシステムのさらなるアップデートを行い、近距離武器のみだけでなく、その他のレンジで有効な武器がそれぞれよりパフォーマンスを発揮できるようにしてまいります。 今後はそれらの一部アクティビティの難易度を調整し、 パイロットパスをより楽しめるようにする予定です。 また進めやすさ以外の部分についても今後アップデートを検討しております。 お伝えさせていただいてからお待たせしており申し訳ございませんが、今しばらくお待ちください。 そして去年の12月に一旦ピリオドを打ちましたライブ配信についてですが、これまでとは少し変わった内容でのリスタートを予定しています。 実際の仕様とは異なる場合があります。 実際の仕様とは異なる場合があります。 本当にありがとうございます! 皆さまからのご期待にお応えしより楽しんでいただけるサービスを提供し続けられるよう、より一層努めてまいります! 少しお時間をいただきますが、100万人突破を記念したイベントも開催予定ですのでお楽しみに!•

次の

薬屋のひとりごと

ガンガン オンライン

ガンガンONLINEとは、がに開設した登録不要の配信である。 やでも読める。 概要 に開設。 は基本的に毎週の(などはまる事もある)。 連載作品は、一部の例外を除いて古い方から順に開終了となり、上で見る事はできなくなるが、時折の回を再掲載することもある。 だいたい4週間(約1ヶ)くらいの期間で開終了となるが、一部のなどは開期間が短くなることもある。 当初は作品は数えるほどであったが、次第にの数が増えていき、今では「」の名に恥じない分厚さぶりを誇っている()。 また、『』や『』から作品が 左遷移籍してきたり、『』や『戦 -A-』と作品を同時並行連載したり、が発売されている作品のリ連載が行われたりと、他の系列のとも幅広いつながりを持つ。 連載は全体的に作品が多めの傾向。 他にはモノを中心に、やの系のが、・を問わず連載されている。 ちなみに、だけでなくも連載しているのだが、こちらはの多さにべると数は少なめ。 テコ入れの一貫か、からは社の「」と提携し作品を多く連載するようになった。 他の系列誌にて連載されている作品の並行連載も行っている。 作品によっては形式のの視聴やの一部試聴も可である。 他にもガンガンONLINEでは新人発掘にもを入れており、「フレッシュ」などの読切一挙掲載をたびたび行っている。 メディアミックス までのはくらいであったが、に「」がされたのをきっかけとして、他作品のも続々と発表されるようになった。 なお、「」はで先行配信された後、にて配信された。 には「」及び「」がされており、「」はで配信されたほか、「」はで一斉放送が行われた。 には「」「」がされ、「くん」は及びで配信が行われた。 主な漫画作品(50音順) 太字はに単独記事があるもの。 なお、他の系列誌との行掲載が多めなのも特徴。 あんさんぶる• ・編 堕ちたいの• 第性徴期!くん• ボックス2. のに何かようかい(『』の)• 忘却の• 関連動画 関連チャンネル 関連項目• 外部リンク•

次の