マラト サフィン。 マラト・サフィン

マラト・サフィン: BLISTERING blog

マラト サフィン

t fin 基本 籍 出身地 : 生年日 体重 kg 選手 利き手 右 両手打ち 年 年 いわゆるズ世代 前後生まれ の代表的選手の一人。 とにかくのがしく、好不調の波が大きいことで有名な選手である。 四大大会では全と全で。 「ハマったら強い選手」というのは探せばそこそこいるが、こので四大大会で2度もする選手はしいのではなかろうか。 一方でが下がるとを破壊してしまったり、集中を切らしてしまう場面もよくみられた。 的には強なサーブとクの強打をにしていた。 特にスピンサーブとの評価が高い。 ので育ったため土のコートもそれほど苦手にはしていなかったようだ。 には全で準決勝まで進んでいる このときは同世代のに敗れた。 全直後はの勢いを止めるかと期待されたが、結局その後で1度もできず、限りで惜しまれながらした。 時のは位だった。 後もエキシビションをこなしていたようだが、のTLでは・ウォーズに参戦、でのラウンドにも出場している。 現役時代、・には一度も出ていなかった 来るといっててした年もあった ので、来日はには非常に驚かれた。 才能だけならフェデラー以上? サフィンをるときよく聞かれる言葉が「才だけなら以上」という言葉。 本気でより上だと考えている人はでも少数だと思うが、一方でハマッた時限定ならの選手ではないかと思わせるものはあった。 の全ではの王者をで圧倒しているし、の全準決勝で当時にあったをで下した試合は半ば化している 次にがコートの四大大会で敗れたのはの全準決勝なのだ。 5年に1回あるかないかの才の大が起きれば、そのときだけはのにだって勝ててしまう、というのを表した言葉が「才だけなら以上」ではないだろうか。 、と四大大会でしたので次のはかと期待したもいたかもしれないが、結局の全が最後のとなってしまった。 はできなかったが四大大会での最後の活躍としてはでの準決勝進出がある に敗退。 このときは当時3位に定着していたを2回戦で破っている。 また、これで全ての四大大会で準決勝進出となった。 そして政治家へ 、まさかの政界入り。 の下院選に与党:統一から立補して見事した。 この件についてサンは「彼ならきっとにもなれる」としたとか。 のといえば、故元は熱狂的なとして知られ、ップやフェド 前者は、はの別対抗戦、たく言えばの的なもの の会場にもに来ており、選手からも慕われていたらしい。 サフィンもいつか彼のような存在になるのだろうか。 ちなみにこのでは選手の・チャクベターゼも立補していたが、こちらは残念ながらならず。 はに最高5位を記録しているが、この当時はや故障もあってから離れていた。 に復帰したが、かつてのきは取り戻せずしている。 本人は否定しているが、になって疑惑が出ている。 同年、のプライベートのが漏洩し、顧客に対する助が明るみになったリークス事件において、サフィンも口座を持っていたことが判明している。 ただし判っているのは口座を持っていたことだけで、本当にしていたかは今後の捜結果を待つことになる。 その他のエピソード• 全時にを務めていた・ルンドはがで初したときのだった。 その後はの若手選手やの人スラス・のなども務めたが、彼らの導中はあまり結果が出なかったようだ。 のディナラ・サフィナもWTAを経験している。 途中から休養していたがになって正式にを表明した。 は四大大会スでは準3回に止まっており、WTA史上初めて四大大会がいまました経験者となってしまった。 と同じくの弱さが摘されていたが、それでもの前後にに立った選手とべればかにらしい成績だったので、ちょっとかわいそうなところもあった。 の全でを取った後、を下ろしてにを効にされたことがある。 く「最高のだと思ったんだよ!だからを下ろす気分になったんだ。 のTLでは同のをして登場、色男っぷりを見せ付けた。 ちなみに現役時代にはボックスにをらせたりもしていた。 主な実績• 在位9週• 全準2回 、• ス通算回数 15回• ス通算成績 4勝敗• 全は故障明けでから勝ち上がりながら決勝でに敗れている。 それだけに全でのは喜びもひだったことだろう。 関連動画 四大大会での活躍 大会ではで強かった。 試合もこの大会を選んでいる。 その他の 関連項目•

次の

マラト・サフィン

マラト サフィン

選手経歴 [ ] ジュニア時代、男子ジュニアシングルス部門でに敗れた準優勝がある。 同年にプロ入り。 翌3月のが彼のツアーデビュー戦で、予選勝ち上がりからベスト4に進出した。 でに初出場し、1回戦で第8シードのに敗れたが、翌週に開かれた地元の決勝でを下し、ツアー初優勝を果たす。 これらの好成績から、彼はシングルスランキングを年初の「348位」から年度末には「45位」にまで急上昇させ、1999年度のを受賞した。 で、フェレーロは初出場からいきなり準決勝まで進出し、クレーコートの王者に5-7, 6-4, 6-2, 4-6, 3-6で惜敗した。 同年9月に開かれたにもスペイン代表選手として出場し、第8シードとしてとの準々決勝まで進出した。 その後は特にクレーコートで圧倒的な強さを見せ続け、のでは、決勝でに3-6, 6-1, 2-6, 6-4, 6-2で勝利し、優勝している。 しかし、同年のでは2年連続の準決勝でに連敗する。 では、、、、といった強敵を次々と撃破し、初の決勝進出を果たすが、同じスペインの先輩選手に1-6, 0-6, 6-4, 3-6で敗れて準優勝に終わった。 で、フェレーロは2年連続2度目の決勝進出で悲願の初優勝を達成した。 この時は準々決勝でジュニア時代からのライバルだったを6-1, 3-6, 6-1, 5-7, 6-4とフルセットの末に破り、その後準決勝でを6-3, でも、ら過去の全米優勝者を撃破して決勝に進出したが、地元の新星に3-6, 6-7, 3-6で敗れて準優勝に終わった。 全米オープン終了後、フェレーロは初めて世界ランキング1位になった。 その後は故障の影響もあり、彼は長期間の成績不振に苦しんだ。 からまでの5年間は、ATPツアーで6度の準優勝に止まっていた。 その間、で初のベスト8進出があり、この準々決勝ではに6-7, 6-3, 1-6, 3-6で敗れた。 10月の以降、110大会もの間ツアー優勝から遠ざかっていたが、4月の決勝でを6-4, 7-5で破り、6年ぶりのツアー優勝を飾った。 それからでランキングが足りず、での出場であったにもかかわらず、3回戦で第10シードのを4-6, 7-5, 6-4, 4-6, 6-4の死闘の末に、4回戦では第7シードを破り、2人のトップ10プレーヤーを破った上で、2年ぶり2度目の準々決勝に進んだが、第3シードのに5-7, 3-6, 2-6のストレートで完敗した。 フェレーロは2012年10月のを最後に32歳で現役を引退した。 大会 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 通算成績 A A A 20—11 Q1 A 34—11 A A A 22—11 A A 23—12 脚注 [ ]• tennis365. net. 2012年10月24日. 2012年12月25日閲覧。 2012年12月25日閲覧。 2012年12月25日閲覧。 2012年12月25日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - のプロフィール (英語)• - のプロフィール (英語)• - のプロフィール (英語)• - バイオグラフィーとオリンピックでの成績 (英語)• juankiferri -• (スペイン語) タイトル 先代: 世界ランキング1位 2003年9月8日 - 2003年11月2日 次代: 受賞や功績 先代: ATP Newcomer of the Year 1999年 次代:.

次の

年間900万円!?世界一の選手が教える有名テニスアカデミー大解剖

マラト サフィン

テニスの試合を見ていて、いつも願っているのが、日本勢、アジア勢の活躍です。 しかし体格的に不利なのか、なかなかグランドスラムで活躍するのが難しいというのが現状です。 しかし、錦織圭選手が、現れてから、次々に壁を破ってくれました。 世界ランク4位、全米オープン準優勝という快挙です。 決勝では、惜しくもマリン・チリッチ選手に敗れましたが、それでも、日本人として、アジア勢男子テニス選手として初のグランドスラムでの準優勝には、本当に感動しました。 前回の記事では、女子テニスの記事を書きましたので、今回は、男子テニスのシングルスのグランドスラムでの成績について色々調べてみました。 調べた記録については、前回の女子テニスと同様にプロ選手の参加が認められた、いわゆるオープン化されて以降の記録です。 具体的にいうと、プロの参加が認められた年は、以下の通りです。 全豪オープンは、1969年からオープン化、全仏、全英、全米オープンは、1968年からオープン化されています。 また第2章では、オープン化されて以降のグランドスラムの優勝選手の身長についても調べてみました。 フォレストヒルズで1968年8月28日から9月9日にかけて開催された大会の優勝者が、大会公認の優勝者となるそうなので、そちらの方だけカウントしています。 男子テニスシングルスのグランドスラム(4大大会)の総合成績 優勝回数の多い選手のランキング プロの参加が認められた、オープン化以降のデータ 順位 選手名 国籍 優勝回数 備考 1 ロジャー・フェデラー (身長185センチ) スイス 20 グランドスラム達成 (生涯グランドスラム) 2 ラファエル・ナダル (身長185センチ) スペイン 19 グランドスラム達成 (生涯グランドスラム) 3 ノバク・ジョコビッチ (身長188センチ) セルビア 16 グランドスラム達成 (4大会連続優勝) 4 ピート・サンプラス (身長185センチ) アメリカ 14 5 ビョルン・ボルグ (身長180センチ) スウェーデン 11 6 アンドレ・アガシ (身長180センチ) アメリカ 8 グランドスラム達成 (生涯グランドスラム) 6 イワン・レンドル (身長188センチ) チェコスロバキア 8 6 ジミー・コナーズ (身長177センチ) アメリカ 8 7 マッツ・ビランデル (身長182センチ) スウェーデン 7 7 ジョン・マッケンロー (身長180センチ) アメリカ 7 8 ステファン・エドベリ (身長188センチ) スウェーデン 6 8 ボリス・ベッカー (身長190センチ) ドイツ 2 西ドイツ(4) 6 9 ジョン・ニューカム (身長183センチ) オーストラリア 5 9 ロッド・レーバー (身長172センチ) オーストラリア 5 グランドスラム達成 (年間グランドスラム) オープン化前と後に2度達成 10 ケン・ローズウォール (身長175センチ) オーストラリア 4 10 ギリェルモ・ビラス (身長180センチ) アルゼンチン 4 10 ジム・クーリエ (身長185センチ) アメリカ 4 11 アーサー・アッシュ (身長188センチ) アメリカ 3 11 スタン・ワウリンカ (身長183センチ) スイス 3 11 グスタボ・クエルテン (身長190センチ) ブラジル 3 11 ヤン・コデシュ (身長175センチ) チェコスロバキア 3 11 アンディ・マレー (身長190センチ) イギリス 3 12 ヨハン・クリーク (身長175センチ) 南アフリカ(1)・アメリカ(1) 2 12 エフゲニー・カフェルニコフ (身長190センチ) ロシア 2 12 マラト・サフィン (身長193センチ) ロシア 2 12 セルジ・ブルゲラ (身長187センチ) スペイン 2 12 イリ・ナスターゼ (身長182センチ) ルーマニア 2 12 スタン・スミス (身長193センチ) アメリカ 2 12 レイトン・ヒューイット (身長180センチ) オーストラリア 2 12 パトリック・ラフター (身長185センチ) オーストラリア 2 その他にグランドスラム(4大大会)で1回優勝している選手が、この記事を書いている時点(2019年9月上旬)で24名います。 達成は非常に難しく男子テニスシングルスでは、オープン化前においては、 ドン・バッジ選手(アメリカ)が、1938年に達成、その後1962年に ロッド・レーバー選手(オースラリア)が達成しています。 オープン化後では、現在のところ ロッド・レーバー選手(オーストラリア)しか達成できていません。 また、ロッド・レーバー選手は、オープン化前と後で1回ずつ合計2度、年間グランドスラムを達成しています。 つまり4大会連続優勝しているが、年間グランドスラムと違い、同一年度には、達成していないということです。 この記録も達成が、大変困難で、男子テニスシングルスでは、オープン化後、 ノバク・ジョコビッチ選手(セルビア)が、2015~2016年に達成しています。 選手生活期間中に、全豪、全仏、全英、全米オープンで優勝することが達成の条件です。 年間グランドスラムや4大会連続優勝に比べればややハードルが低いですが、それでもオープン化後で、現在までに達成しているのは以下の5名しかいません。 ちなみに、年間グランドスラムを達成すれば、同時に4大会連続優勝・キャリアグランドスラムを達成したことになります。 また、4大会連続優勝を達成すれば、同時にキャリアグランドスラムも達成したことになります。 4大大会(グランドスラム)での日本男子テニスの主な成績(ベスト8以上)~オープン化後! プロの参加が認められた、オープン化以降のデータです。 年度順のベスト8以上の成績 1995年全英オープン:松岡修造選手がベスト8 2012年全豪オープン:錦織圭選手がベスト8 2014年全米オープン:錦織圭選手が準優勝 2015年全豪オープン:錦織圭選手がベスト8 2015年全仏オープン:錦織圭選手がベスト8 2016年全豪オープン:錦織圭選手がベスト8 2016年全米オープン:錦織圭選手がベスト4 2017年全仏オープン:錦織圭選手がベスト8 2018年ウィンブルドン:錦織圭選手がベスト8 2018年全米オープン:錦織圭選手がベスト4 2019年全豪オープン:錦織圭選手がベスト8 いずれもプロの参加が認められた、オープン化以降のデータです。 全豪オープンでの日本人の最高成績 ベスト8 錦織圭選手が、2012年、2015年、2016年、2019年に達成! 全仏オープンでの日本人の最高成績 ベスト8 錦織圭選手が、2015年、2017年、2019年に達成! ウィンブルドン選手権での日本人の最高成績 ベスト8 松岡修造選手が、1995年に達成! 錦織圭選手が、2018年、2019年に達成! 全米オープンでの日本人の最高成績 準優勝 錦織圭選手が、2014年に達成! 男子テニスでは、シングルで、日本人初、アジア出身選手としても初のグランドスラム決勝進出となる。 参考資料:ウィキペディア こうしてみるとやはり、BIG4には、相性があまりよくないのがわかると思います。 特にノバクジョコビッチ選手に苦戦しているのがよくわかります。

次の