かぐや 様 は 告 ら せ たい 166。 [B! かぐや様は告らせたい] CAXのブックマーク

【かぐや様は告らせたい】最新話「第166話」ネタバレと感想【かぐや様は構われたい】

かぐや 様 は 告 ら せ たい 166

65 ID:FZ81WMKZ0. 白銀は僕がこうなりたかったという自分の理想として描いている部分もあるので、好きですね。 頭がよくてやるときはやるっていう。 そうですね。 やっぱりただただ天才というキャラだと理解できない部分もありますし。 僕は自分が理解できないものは描きたくないんですよ。 ちょっとキャラクターの話とは変わっちゃうんですけど、モテモテでハーレムを築いているような作品があって、 主人公が「じゃあみんなと結婚しよう」と言ったとして、ヒロインたちが「しょうがないわね」って結婚してくれるような展開は嫌なんですよ。 あくまで「かぐや様」では、情報として読者が現実の生活にフィードバックできるものを描ければと思っている部分があって。 例えば「かぐや様」って心理学用語が出てきたりするじゃないですか。 そういう概念を知れたり、劇中で紹介された人間の醜い感情について、明日似たようなシチュエーションに出くわしたとしたら、 「『かぐや様』にもこういうシーンあったな」と思ってもらっても問題ないくらいのものは描いていきたいと思っています。 32 ID:KFaztbMMM. 58 ID:Lt4PEkIG0. 79 ID:B2XO1Kav0. 16 ID:PqudHblla. 21 ID:L06WKF8Q0. 30 ID:0heJJYcqd. 61 ID:69YHYDk4p. 55 ID:beDIzVTO0. 44 ID:dREKtI11M. 54 ID:NXIgOg1u0. 98 ID:4uzcz1b6d. 38 ID:ODZZdzluM. 54 ID:JSmiUKsj0. 27 ID:YY1kCOpWd. 28 ID:xWrThT20p. 55 ID:dREKtI11M. 83 ID:yBADzIBs0. 76 ID:dREKtI11M. 78 ID:umT2qbF10. 08 ID:i2Je2ODZ0. 12 ID:SX3VPjz20. 30 ID:pNVw3TcPM. 97 ID:iLtKNHeQd. 43 ID:6PqrktDG0. 84 ID:B2XO1Kav0. 40 ID:brz4Ig6wa. 22 ID:zTkmS61A0. 07 ID:3BVCNoAsa. 61 ID:umT2qbF10. 2ch. 22 ID:jump.

次の

かぐや様は告らせたいネタバレ166話最新話の考察|かぐやと会長はキスだけで終わったのか?

かぐや 様 は 告 ら せ たい 166

白銀といちゃつきたいかぐやだったが、白銀は忙しかった。 生徒会室で二人きりになっても、仕事ばかりの白銀に、かぐやは構ってちゃんアピールをかける。 しかし白銀が相手をしてくれないので、やがてかぐやはむくれてしまう。 仕事を終えた白銀は、これまで我慢していた分、かぐやに三倍返しをお見舞いするのだった。 suzuco. もうすぐクラス対抗でバレーボールのトーナメント戦があり、そこでつばめ先輩にカッコいいところを見せるべく、石上は特訓に励んでいるのでした。 (3年はもう自由登校期間に入ってる。 つばめ先輩が来るのはこういうイベントの時くらい…ここはなんとしても良いところを…!) 意気込む石上でしたが、足元のボールにつまずいて転んでしまいます。 「大丈夫ですが、石上君」 そんな石上に声をかけてきたのは藤原でした。 忘れ物を取りに来たという藤原は、石上がクラスマッチに向けて特訓していることを知ると、「なるほど、だったら私が…」とコーチ役を買って出ようとしますが…。 ドクン、と藤原に衝撃が走り、頭を抱えて苦しみ始めます。 藤原は白銀との特訓で、人に何かを教えるという行為に対し、トラウマを抱えてしまっていたのでした。 【天才石上?】 藤原はトラウマに苦しみながらも、立ち上がって石上の特訓に付き合おうと、「おに」と書かれたハチマキを巻きます。 「石上君は何が苦手なんですか?」 「ジャンプサーブですかね。 ちょっと苦手なんですよ」 サーブ、そしてちょっと苦手、という言葉から白銀を連想した藤原は、フラッシュバックにさいなまれて苦しむものの、それでも気を取り直して石上にサーブの指導をします。 「まずは目を開けたままジャンプするところから始めましょう」 白銀にやったのと同じやり方を提案する藤原でしたが、「バカにしてます?それくらいできますよ、ほら」と目を開けたままジャンプして見せる石上。 さらに石上はボールを放り投げ、普通にサーブしてボールをコートにいれます。 それを見た藤原は、「天才?」「幼少から優れた教育者から指導を受けてました?」と大げさな驚きを見せます。 【白銀も教える側に立ちたい】 藤原が追加のボールを倉庫へ取りに行ったタイミングで、たまたま通りかかったらしい白銀が姿を現します。 「バレーの練習か。 何なら教えてやってもいいぞ?」 ウインクしながらそういう白銀でしたが、なぜか石上は「いえ、大丈夫です」ときっぱり断ります。 白銀に教わるのが嫌なわけではない、という白銀ですが、石上はなぜか白銀の提案を断り続けます。 「俺もそういうことあったからわかる。 でもこういうのはコツ掴めばあっという間だ。 そんな難しいことでもない。 俺こう見えてバレー上手いんだぞ。 ほんのちょっと練習しただけで上手くなったし…俺の考案した特訓メニューがあれば…」 上機嫌でペラペラ話す白銀でしたが、戻って来た藤原に全て聞かれていました。 藤原は冷めた目で白銀を見て、「よく回る舌ですね」「そういう認識だったんですね」「全部自分の手柄みたいな…」と冷めきった表情で詰め寄ります。 「少しくらいいいだろう?俺もたまには与える側になりたいんだよ!」 もめ始める白銀と藤原に、「集中できないんで別の場所で話つけてもらえませんか…?」と石上。 藤原が怒りながら白銀を外へ連れ出していくと、体育館の舞台上の影から、かぐやが姿を現します。 実はかぐやは石上のトレーニングに付き合ってあげていたのですが、「日が沈んでから男と会うはしたない女」だと思われるのが嫌で、隠れていたのでした。 かぐやは髪を縛っていたリボンを外し、石上へのスパルタ特訓を始めます。 【バレーで活躍する石上】 本番当日、石上はレシーブ、ブロック、サーブなどをことごとく決めて、つばめ先輩が見ている前で大活躍します。 石上が思ったよりうまかったため、観戦に来た白銀が思わず内心であせるほどでした。 石上は試合の最中、つばめ先輩の近くに来たタイミングで、「この試合に買ったらデートしてください」と直球なお誘いをします。 「いいよ」と応じるつばめ先輩。 そばにいた大仏は微笑みながら小さくガッツポーズ。 ミコも側にいましたが視線をそらしています。 そしてバレーは石上チームが優勝するのでした。 U-NEXTでは 31日間の無料体験サービスを提供していて、登録後すぐに 600円分のポイントが貰えます。 600円分のポイントを使えば『かぐや様は告らせたい』を今すぐ無料で読むことができるというわけですね。 また、 U-NEXTの無料体験はいつ解約しても解約金は無しなので、是非お試しアレ。

次の

「かぐや様は告らせたい」3期放送はいつごろになりそうですか?

かぐや 様 は 告 ら せ たい 166

166話:石上優は見せつけたい 石上優は白銀よりできる男 えっ天才? 流れから構図やコマ割りまでコミック23話「白銀御行は見せつけたい」のセルフパロディであるものの、白銀に比べれば石上はできる男だったのです。 白銀の壊滅的な不器用さを何度も経験した藤原さんは嫌な予感で目が死んでいましたが、普通に基本ができるのを見て藤原さんもビックリです。 いやさすがに白銀のアレと比べるのもどうかと思いますけどね…。 そういえば藤原さんの白銀に教えるシリーズってまだ「社交ダンス編」が消化されてませんね。 どこで社交ダンスを教える話をやるのか気になる。 かぐや様がコーチしてた 乙女だなぁ 日が沈んでから男子と会うはしたない女だなんて思われたくないもの 前回「かまってちゃんアピール」でさんざん はしたない姿を見せといて今更である。 ま、そんなこんなで白銀も加わって、石上にコーチしようとしますが、 実はかぐや様がすでにコーチをしていたのでした。 藤原さんの反応が最高に面白かったギャグの切れでしたね。 藤原さんと白銀のやり取りがレベル高い漫才とbなっており、おおいに笑えるギャグ回でもあった。 普通に面白かったです。 最近の…3学期はじまってからの『かぐや様は告らせたい』は笑えるギャグは健在なもののどこか物足りなかったのは事実です。 修学旅行でビッグイベントがあるからかもしれんけど、大人しいエピソードがずっと続いてましたしね。 なんつーの?もっと読者的にも「うおおおおおお!続きどーなんだよコレ!」って展開はとんとありませんでした。 だ・け・ど! ここで超特大の爆弾を落とすってんだからね。 3学期の『かぐや様は告らせたい』がようやくはじまった感よ。 爆弾落ちました! この試合勝ったら僕とデートしてください パチパチ(感涙) そう!これこれ!こういうのだよ! 俺たちが求めていた3学期はまさにこういうのなんだ! ミコちん(と大仏さんと小野寺さん)が見てる聞いてる真ん前でつばめ先輩をデートに誘うっていうね。 これはもうあれじゃん!ラブコメにおける「修羅場」ってやつじゃないのかにゃ。 ラブコメといえば「風呂場」と「修羅場」は最大の見せ場です。 ぶっちゃけ、かぐや様と白銀のラブコメ模様はくっ付いてるので完結してるといえます。 果たして石上は誰とくっ付くのか。 その過程におけるミコちんとつばめ先輩はどれだけの可愛い記録を叩き出すのか。 読者の3学期の興味はこれに尽きてましたしおすし。 もちろん日常ギャグ話も面白く読んでましたけど、エサを目の前に「おあずけ」くらい続けてたような状態でした。 ここで、石上関係のラブコメが動き出すとなると「キター!!!!」と拳を握りしめて叫びたくなっちゃう引きですよ。 めちゃんこ続きが楽しみです。 それぞれの反応 うんいいよ さあ!盛り上がってまいりました! 大仏さん、ミコちん、小野寺さん、つばめ先輩…それぞれの心境を述べよって国語のテストに出てもおかしくないぐらい文学的ですな。 それぐらい意味深です。 まず、大仏さんの めちゃくちゃ嬉しそうな反応は気になるところでしょう。 あんた、石上がつばめ先輩をデートに誘うことがそんなにルンルン気分になる事柄なのかよ!って思ったり思わなかったり。 コミックス158話 あーあ。 これは悪手だ。 よくない。 よくない。 ミコちゃん。 そろそろ気づいちゃう。 <関連記事> 冬休み、骨折したミコちんが石上をこき使えって小野寺さんのアドバイスに微妙な顔して、実際に甘えまくってる姿をみて「これは悪手だ」「よくない」「そろそろ気づいちゃう」と含みがあるモノローグを述べてただけに意味深すぎるだろ! どういう意図だったのか詳細不明ながら、大仏さんは石上がつばめ先輩とくっ付くことを良しと思ってることは間違いないでしょう。 ミコちんとくっ付くのはダメであると。 対して、ミコちんと石上をくっ付け隊の小野寺さんの微妙な反応よ。 まるで 「あーあ」「なにやってんだ」とでも言いたげな面白く無さそうな表情をしています。 ミコちんの親友でもある2人の反応の正反対っぷり。 大仏さんは石上とアレコレするの反対。 小野寺さんは石上と一緒になるべき派といったところ。 もっとも刮目すべきはミコちんの無表情だよね。 ミコちゃんはどう思ってるんじゃろ? ミコちんメス化してたよな ゴリゴリに甘やかされてたミコちんは恋する乙女のように赤面してましたからね。 少なからず石上に対して異性として意識してたのは間違いない。 客観的に見てメス顔してた。 さらに深読みすれば前々回で、石上にノート取ってもらったのが明かされました。 つまり、石上の「文字」を知ってしまったともいえるわけで。 これは「気味の努力はいつか報われる」って手紙を書いた…ミコちんにとっての「王子様」がイコール「石上」と気づくフラグでもある。 今回のノート写しで「石上の書いた文字をミコちゃんが手に入れてしまう」というのは後にあのしおりの手紙の文字とのフラグになりそう — R. K ryutark 気味の努力はいつか報われる この漫画は、白銀やかぐや様を中心にエピソードによってキャラクター視点が変わり心の声を吐露する青春群像劇でもある。 が!ミコちんだけは一度足りともミコちん視点で描かれることはなかった。 ようするに内面がまったく描かれてこなかったわけです。 モノローグはゼロである。 ゆえにミコちんの本心はどうなのかは正確なところは分からないのです。 ここが三学期バージョン『かぐや様は告らせたい』を面白くさせてるキモでもある。 裏ヒロインのエモ部分 ・ミコちゃんの本心は分からない 少なからず石上に惹かれてる…むしろメス化してるのは間違いない。 石上がつばめ先輩をデートに誘ったのは本心では絶対におもしろくないと思ってることでしょう。 ただ、その乙女内面の詳細が分からないのがミソよ。 面白く無さそうのは分かる「ひょっとして手紙で励ましてくれたのは石上だと気づいてる可能性もあるのでは?」と読者が想像できる前々回を踏まえてるので、ミコちんのヒロイン力(ぢから)は輝く。 ミコちんは王子様が石上と気づいてるか否かで今後の趨勢が大いに変わる。 んでもって、つばめ先輩もまた「裏ヒロイン」(?)であり、内面…心の声が描かれてません。 クリスマスイブとそれからの描写を見る感じ、石上の惚れてそうですがね。 俯瞰して見れば「石上」「つばめ先輩」は両想い状態だよなぁと。 しかし一筋縄でいかなそうなのがこの三角関係です。 やべー!楽しみすぎる!.

次の