ボルゾイ。 ボルゾイの性格、大きさ、価格、飼い方は?

ボルゾイ 人気ブログランキング

ボルゾイ

性格 鋭い感覚を持ち、細かな神経を持ったボルゾイ。 猟犬としての血を引いているため、猟では勇敢に追いかける姿勢を見せますが、家庭では違う面を見せます。 リラックスしているときは、落ち着いていてマイペース。 人のそばにいることが大好きです。 はしゃぐことも好きなので、人にじゃれたり、子どもたちとふざけて遊んだりもします。 少し頑固なところもあり、しつけが入るのは早い方ではないですが、一度覚えるとしっかりと行動することができます。 日常のお世話 大型犬のボルゾイは、かなりの運動量が必要です。 散歩は毎日1~2時間は連れて行きましょう。 できれば週に1? 2回程度は、ドッグランなどで走り回らせてあげてください。 ボルゾイは足がとても速く、跳躍力もあります。 囲いのないところや、あっても柵が低いところだと逃げて行ってしまいますので、注意が必要です。 ボルゾイの被毛は、長毛のダブルコート。 ブラッシングは週に2? 3回は行うようにしましょう。 被毛の美しさを保ちたければ、毎日行ってあげてください。 子供とうまく接することができるボルゾイですが、遊び好きなところが行き過ぎると事故の元です。 子供と一緒のときは、そうならないように注意しましょう。 ボルゾイは賢いので、しつけは入りやすい犬種ですが、ややプライドの高いところもあります。 飼い主がリーダーシップを取ることができるよう、小さい頃からしっかりと訓練していきましょう。 歴史・起源 中世ロシアで誕生したと言われている、ボルゾイ。 この名前には、ロシア語で俊敏、機敏という意味があります。 ボルゾイの祖先とされている犬については諸説ありますが、古い時代に生存してたサイトハウンドと、ロシア土着の猟犬が交雑して生まれたのではないかとされています。 絶滅してしまったステップ・グレーハウンドや、北方にいたコリーなどの血も引いているとも言われており、猟犬としての才能を持ち、寒さにも強いという特徴を持っています。 11世紀に、ロシアのキエフ大公の娘であったアンナが、フランスのアンリ1世の元へ嫁ぐ際、3等の護衛犬を連れていました。 その犬たちはボルゾイによく似た姿をしていて、「ロシアン・グレイハウンド」と呼ばれていたそうです。 13世紀初め頃、ウサギ狩りをする猟犬として活躍していたボルゾイは、より大きな獲物を狙うため、ロシアン・シープドッグなどとの交配によって大型化されていきました。 それからボルゾイは、オオカミ狩りをする猟犬として活躍するほどの勇敢な犬になったのです。 この頃から、「ロシアン・ウルフハウンド」と呼ばれ始め、王室や貴族のみで飼育が許される高貴な犬になりました。 1650年に、オオカミ狩りに関するロシアの本の中で、ボルゾイのスタンダードについて触れられていたようです。 しかしこの頃は大きさや被毛の色など、個体によって特徴が異なっていたようです。 19世紀の終わり頃にアメリカに渡ったボルゾイ。 アメリカではコヨーテ狩りで活躍し、1892年にアメリカンケンネルクラブで犬種として登録されました。 このときはまだロシアン・ウルフハウンドの名称だったようです。 1914年には、イギリスケンネルクラブにも登録されています。 1917年にロシア革命が起きて、王室や貴族に飼育されていたボルゾイは、贅沢品であるとして殺されてしまいました。 しかし、イギリスやアメリカにすでに渡っていたボルゾイたちのおかげで、この危機から復活することができたのです。 長らくロシアン・ウルフハウンドと呼ばれていましたが、現在のボルゾイという名前になったのは、1936年のこと。 その美しく優雅な姿で、世界中で愛されています。 気をつけたい病気 胃捻転、外耳炎、皮膚病 種類を指定する• MIX(ハーフ) 811• ゴールデン・レトリバー 57• ラブラドール・レトリバー 74• 秋田犬 39• アイリッシュセッター 3• グレートピレニーズ 2• コリー 1• サルーキ 1• シェパード 3• シベリアンハスキー 4• スタンダードプードル 8• セントバーナード 15• ニューファンドランド 3• バーニーズマウンテンドッグ 26• ボルゾイ 5• ロットワイラー 2• ワイマラナー 3• 柴犬 273• ウェルシュ・コーギー 59• ウェルシュ・コーギー(カーディガン) 1• ビーグル 56• アメリカン・コッカースパニエル 60• アメリカンピットブルテリア 3• イングリッシュコッカースパニエル 3• ウィペット 2• オーストラリアンシェパード 2• 甲斐犬 6• ケリーブルーテリア 1• シェットランドシープドック 49• スピッツ 17• ダルメシアン 1• チャウチャウ 5• バセットハウンド 5• ビアデット・コリー 4• ブルドッグ 2• ベドリントンテリア 1• 北海道犬 2• ボーダーコリー 42• ワイアーフォックス・テリア 8• トイ・プードル 458• ミニチュア・ダックスフンド 157• ミニチュア・ダックスフンド(スムースヘアー) 3• ミニチュア・ダックスフンド(ワイヤーヘアー) 3• チワワ(ロングコート) 584• チワワ(スムースコート) 67• イタリアングレーハウンド 28• ウエストハイランドホワイトテリア 5• カニンヘンダックスフンド 48• キャバリア 22• シーズー 189• ジャックラッセルテリア 39• スキッパーキー 1• スコティッシュテリア 2• スタンダードダックス(スムースヘアー) 2• チベタンスパニエル 1• 狆 3• トイマンチェスターテリア 2• パグ 48• パピヨン 86• ビション・フリーゼ 27• フレンチブルドッグ 81• ペキニーズ 51• ボストンテリア 16• ボロニーズ 2• ポメラニアン 205• 豆柴 45• マルチーズ 101• ミニチュア・シュナウザー 96• ミニチュア・ピンシャー 55• ヨークシャーテリア 92• ラサアプソ 2 フリーワード検索 性別• 男の子• 女の子• 選択しない 種類を指定する• スコティッシュフォールド 425• アメリカンショートヘアー 295• マンチカン 278• アビシニアン 22• アメリカンカール 82• エキゾチック 36• エキゾチック・ショートヘアー 25• エジプシャンマウ 17• オシキャット 1• オリエンタルショートヘアー 3• オリエンタルズ 3• キンカロー 8• サイベリアン 129• シャム 26• シャルトリュー 23• シンガプーラ 1• ジェネッタ 5• スクーカム 7• スフィンクス 5• セルカークレックス 19• ターキッシュアンゴラ 1• ソマリ 49• ターキッシュバン 1• チンチラ 5• トイガー 4• トンキニーズ 26• ノルウェージャン・フォレストキャット 283• バーミーズ 1• ヒマラヤン 35• ブリティッシュショートヘアー 245• ベンガル 109• ペルシャ 130• ボンベイ 8• MIX(猫) 21• ミヌエット 100• メインクーン 54• ラガマフィン 99• ラグドール 89• ラパーマ 2• ラムキン 1• ロシアンブルー 123 フリーワード検索 性別• 男の子• 女の子• 選択しない.

次の

ボルゾイ:犬種図鑑

ボルゾイ

ボルゾイの特徴といえば、圧倒的な大きさと見た目の美しさです。 超大型犬のボルゾイですが、体高の平均はオスが75~85cm、メスが68~78cmで、体重の平均はオスが34~48kg、メスが27~39kgです。 全体的に細くてしなやかな印象ですが、実は意外と筋肉質で引き締まった体つきをしています。 また、原産国がロシアということもあり、寒さに強いダブルコートの毛質で、細くて絹のように滑らかなオーバーコートの下に保温性のあるアンダーコートを持っています。 毛の種類は様々あり、基本は直毛が多いようですが、軽くウェーブがかっていたり、クルンクルンの巻き毛のボルゾイもいるようです。 大きさや優雅な体つきも特徴的ですが、顔にも特徴があります。 顎の力が強く、捕らえた獲物を逃がさないと言われています。 また、特徴的な細長い顔ですが、子犬のころの短い顔(頭)から最終的な形になるまでに3年ほどかかるそうです。 最初は鼻が曲がっているそうですが、生後5週までに真っ直ぐになるようです。 ボルゾイの毛色いろいろ ボルゾイの値段は、一般的には10~30万円が相場のようです。 価格に幅があるのには理由があります。 人気の高い毛色や希少な毛色をしている場合や、両親がドッグショーのチャンピオン犬の血統(ショータイプ)の場合、ペットタイプと言われているボルゾイの子犬よりも価格が高額になる傾向にあるようです。 ペットタイプのボルゾイの子犬の値段は10~20万円ほど、人気の毛色(日本では白系)のボルゾイの子犬の値段は20~30万円ほどで、両親がチャンピオン犬(ショータイプ)のボルゾイの子犬の場合、値段はさらに上がって50万円~、高額なものでは100万円を超える価格になることもあるようです。 ボルゾイに限らずペットショップでは生後3ヶ月、ブリーダーから購入する場合でも、生後6ケ月を過ぎると値段が下がる可能性があります。 ですが、成長してくるにつれて、躾や社会性を身につけさせるのが難しくなります。 安易に飛びつかず、ブリーダーに相談や確認をして、よく考えてから購入することをおすすめします。 ボルゾイの値段(価格)はペットショップとブリーダーではずいぶん違う ボルゾイを飼いたいと思ったとき、どこで購入すればいいのでしょうか?ペットショップではあまり見かけたことがありませんよね?お店で探してもらい取り寄せてもらうという形で販売する場合もあるようですが、やはりボルゾイ専門のブリーダーから購入するのが一般的なようです。 ペットショップで購入する時、店頭に飼いたい犬種がいない場合は探してもらうことはできますが、その場合にはもとの価格に、探す手間や仲介料などの手数料が上乗せされるため、高額な販売価格になる場合がありますので、事前におおよその値段を聞いておいた方が無難です。 ブリーダーから購入する場合、見学可能なブリーダーもいますしインターネットで価格や画像を見ることもできるので、自分の好みの子犬を見つけることができます。 ペットショップよりは価格が抑えられますが、見学に行く際と犬を迎える際の交通費や、血統書申請などの諸費用がかかるようなので、気をつけましょう。 ボルゾイの性格は? 優雅な見た目からは想像できないひょうきんな一面も ボルゾイのおすすめ画像最後は「ベビーの寝顔」です。 成犬の寝顔も幸せそうでしたが、この子犬もとっても幸せそうに寝てますね。 ミルクを飲んだ後なんでしょうか?隣で寝ている兄弟の足も小さくてかわいらしいですね。 どの動物でもそうですが、赤ちゃんの時は特に、ずっと見ていても飽きないですよね。 見た目も性格も魅力たっぷりのボルゾイとの生活を楽しみましょう ボルゾイの特徴や性格、さらにはお値段まで解説してきましたが、知れば知るほど飼いたい!と思われたのではないでしょうか?ボルゾイを飼うには、それなりのスペースを確保しないといけないですし、お散歩(運動)もたくさんしなくてはいけないですし、食事にも気をつけて、体調管理もしないといけません。 でもそれは、ボルゾイに限らず生き物を飼うなら当たり前の事です。 飼う以上は、最後まで責任を持ってお世話をしてあげてください。 ボルゾイの飼い方や特徴、性格をよく知って、たっぷりの愛情をかけて育てたら、そこには素敵な絆ができあがることでしょう。 魅力たっぷりのボルゾイとの生活を楽しんでくださいね。

次の

ペットショップCoo&RIKU

ボルゾイ

性格 鋭い感覚を持ち、細かな神経を持ったボルゾイ。 猟犬としての血を引いているため、猟では勇敢に追いかける姿勢を見せますが、家庭では違う面を見せます。 リラックスしているときは、落ち着いていてマイペース。 人のそばにいることが大好きです。 はしゃぐことも好きなので、人にじゃれたり、子どもたちとふざけて遊んだりもします。 少し頑固なところもあり、しつけが入るのは早い方ではないですが、一度覚えるとしっかりと行動することができます。 日常のお世話 大型犬のボルゾイは、かなりの運動量が必要です。 散歩は毎日1~2時間は連れて行きましょう。 できれば週に1? 2回程度は、ドッグランなどで走り回らせてあげてください。 ボルゾイは足がとても速く、跳躍力もあります。 囲いのないところや、あっても柵が低いところだと逃げて行ってしまいますので、注意が必要です。 ボルゾイの被毛は、長毛のダブルコート。 ブラッシングは週に2? 3回は行うようにしましょう。 被毛の美しさを保ちたければ、毎日行ってあげてください。 子供とうまく接することができるボルゾイですが、遊び好きなところが行き過ぎると事故の元です。 子供と一緒のときは、そうならないように注意しましょう。 ボルゾイは賢いので、しつけは入りやすい犬種ですが、ややプライドの高いところもあります。 飼い主がリーダーシップを取ることができるよう、小さい頃からしっかりと訓練していきましょう。 歴史・起源 中世ロシアで誕生したと言われている、ボルゾイ。 この名前には、ロシア語で俊敏、機敏という意味があります。 ボルゾイの祖先とされている犬については諸説ありますが、古い時代に生存してたサイトハウンドと、ロシア土着の猟犬が交雑して生まれたのではないかとされています。 絶滅してしまったステップ・グレーハウンドや、北方にいたコリーなどの血も引いているとも言われており、猟犬としての才能を持ち、寒さにも強いという特徴を持っています。 11世紀に、ロシアのキエフ大公の娘であったアンナが、フランスのアンリ1世の元へ嫁ぐ際、3等の護衛犬を連れていました。 その犬たちはボルゾイによく似た姿をしていて、「ロシアン・グレイハウンド」と呼ばれていたそうです。 13世紀初め頃、ウサギ狩りをする猟犬として活躍していたボルゾイは、より大きな獲物を狙うため、ロシアン・シープドッグなどとの交配によって大型化されていきました。 それからボルゾイは、オオカミ狩りをする猟犬として活躍するほどの勇敢な犬になったのです。 この頃から、「ロシアン・ウルフハウンド」と呼ばれ始め、王室や貴族のみで飼育が許される高貴な犬になりました。 1650年に、オオカミ狩りに関するロシアの本の中で、ボルゾイのスタンダードについて触れられていたようです。 しかしこの頃は大きさや被毛の色など、個体によって特徴が異なっていたようです。 19世紀の終わり頃にアメリカに渡ったボルゾイ。 アメリカではコヨーテ狩りで活躍し、1892年にアメリカンケンネルクラブで犬種として登録されました。 このときはまだロシアン・ウルフハウンドの名称だったようです。 1914年には、イギリスケンネルクラブにも登録されています。 1917年にロシア革命が起きて、王室や貴族に飼育されていたボルゾイは、贅沢品であるとして殺されてしまいました。 しかし、イギリスやアメリカにすでに渡っていたボルゾイたちのおかげで、この危機から復活することができたのです。 長らくロシアン・ウルフハウンドと呼ばれていましたが、現在のボルゾイという名前になったのは、1936年のこと。 その美しく優雅な姿で、世界中で愛されています。 気をつけたい病気 胃捻転、外耳炎、皮膚病 種類を指定する• MIX(ハーフ) 811• ゴールデン・レトリバー 57• ラブラドール・レトリバー 74• 秋田犬 39• アイリッシュセッター 3• グレートピレニーズ 2• コリー 1• サルーキ 1• シェパード 3• シベリアンハスキー 4• スタンダードプードル 8• セントバーナード 15• ニューファンドランド 3• バーニーズマウンテンドッグ 26• ボルゾイ 5• ロットワイラー 2• ワイマラナー 3• 柴犬 273• ウェルシュ・コーギー 59• ウェルシュ・コーギー(カーディガン) 1• ビーグル 56• アメリカン・コッカースパニエル 60• アメリカンピットブルテリア 3• イングリッシュコッカースパニエル 3• ウィペット 2• オーストラリアンシェパード 2• 甲斐犬 6• ケリーブルーテリア 1• シェットランドシープドック 49• スピッツ 17• ダルメシアン 1• チャウチャウ 5• バセットハウンド 5• ビアデット・コリー 4• ブルドッグ 2• ベドリントンテリア 1• 北海道犬 2• ボーダーコリー 42• ワイアーフォックス・テリア 8• トイ・プードル 458• ミニチュア・ダックスフンド 157• ミニチュア・ダックスフンド(スムースヘアー) 3• ミニチュア・ダックスフンド(ワイヤーヘアー) 3• チワワ(ロングコート) 584• チワワ(スムースコート) 67• イタリアングレーハウンド 28• ウエストハイランドホワイトテリア 5• カニンヘンダックスフンド 48• キャバリア 22• シーズー 189• ジャックラッセルテリア 39• スキッパーキー 1• スコティッシュテリア 2• スタンダードダックス(スムースヘアー) 2• チベタンスパニエル 1• 狆 3• トイマンチェスターテリア 2• パグ 48• パピヨン 86• ビション・フリーゼ 27• フレンチブルドッグ 81• ペキニーズ 51• ボストンテリア 16• ボロニーズ 2• ポメラニアン 205• 豆柴 45• マルチーズ 101• ミニチュア・シュナウザー 96• ミニチュア・ピンシャー 55• ヨークシャーテリア 92• ラサアプソ 2 フリーワード検索 性別• 男の子• 女の子• 選択しない 種類を指定する• スコティッシュフォールド 425• アメリカンショートヘアー 295• マンチカン 278• アビシニアン 22• アメリカンカール 82• エキゾチック 36• エキゾチック・ショートヘアー 25• エジプシャンマウ 17• オシキャット 1• オリエンタルショートヘアー 3• オリエンタルズ 3• キンカロー 8• サイベリアン 129• シャム 26• シャルトリュー 23• シンガプーラ 1• ジェネッタ 5• スクーカム 7• スフィンクス 5• セルカークレックス 19• ターキッシュアンゴラ 1• ソマリ 49• ターキッシュバン 1• チンチラ 5• トイガー 4• トンキニーズ 26• ノルウェージャン・フォレストキャット 283• バーミーズ 1• ヒマラヤン 35• ブリティッシュショートヘアー 245• ベンガル 109• ペルシャ 130• ボンベイ 8• MIX(猫) 21• ミヌエット 100• メインクーン 54• ラガマフィン 99• ラグドール 89• ラパーマ 2• ラムキン 1• ロシアンブルー 123 フリーワード検索 性別• 男の子• 女の子• 選択しない.

次の