ぎぼ の ブルース キャスト。 佐藤健、ドラマ満足度で振り返る快進撃『ぎぼむす』『半分、青い。』『天皇の料理番』にみる俳優としての成長

義母と娘のブルース Twitter まとめ 012 キャスト ロケ地 商店街 ぎぼむす あらすじ ぎぼと娘のブルース ひろき 再放送 宮本みゆき

ぎぼ の ブルース キャスト

亜希子は大阪、 娘・みゆき(上白石萌歌)は東京と、離れて暮らしていた。 亜希子は、大手コンサルタント会社でバリバリに活躍し、10年間のブランクを感じさせない目覚ましい成果をあげていた。 女子大生になったみゆきは相変わらずな愛すべきマイペース。 サークルにバイトにほっこりとした日々を送っている。 ちなみに、幼なじみの ヒロキ(井之脇海)との関係は相変わらずの模様。 そんなある日、突如クビを宣告され帰京することになった亜希子は、久しぶりにみゆきのアパートを訪れる。 すると、みゆきのアルバイト先であるベーカリー麦田の店長・ 麦田(佐藤健)が、裸にタオル1枚の姿で風呂場から出てくるのに遭遇! さらに麦田の腕には、なんと 赤ん坊が抱きかかえられていた!そこへ帰宅するみゆき。 まさか、みゆきと麦田の間に子どもが!? 「ち、違うんです宮本さん!!」「違うの、お母さん!!」このなんとも意味不明な状況に混乱する亜希子。 「これは一体どうしたことでしょう!」 こんなドタバタから始まる義母と娘の物語。 「本当の幸せとは何か?」血のつながらない母と娘、そんな二人の姿を見つめる男(竹野内豊)、相変わらずのブルースを奏でるように、愛の形を模索しながら、悩み、怒り、時に喧嘩し、また寄り添っていく。 周囲の人間たちも、温かく、優しく家族を支えていく。 そこには、今回も数えきれない笑顔と、ほんの小さな奇跡がある。 このドラマは、 一生懸命義母になろうとした元キャリアウーマンと、その愛を受け取った娘、 そしてその家族を支えた人間たちの愛の物語である。 亜希子がまさかのクビ 2019年秋。 義母・宮本亜希子(綾瀬はるか)は、大阪の「アクセル・ビジネスパートナーズ」社でバリバリ働いていた。 一方、 娘・みゆき(上白石萌歌)は、(義母と違って)優秀ではないけれど明るくほっこり周囲を和ませる女子大生に。 彼氏・黒田大樹(くろだ・ひろき/井之脇海)との仲も順調。 これを成功させれば、ベース(給料)アップと正式採用間違いなし! ところが、亜希子はプレゼンで「ゴルディック」社長の 山本勘九郎(武田鉄矢)を怒らせてしまう。 亜希子の「腐った手足を切り落とすリストラ提案」に対し、勘九郎は 「人は石垣、人は城や!」と怒鳴ったのだ。 なんと亜希子は、ボスからクビを言い渡された。 なんでも勘九郎が「亜希子をクビにしろ」と命令したらしいが、フツー他社の人事に口を出すだろうか? 亜希子:「本当にこの子の母親に心当たりはないのですか? もしかしたら女性は覚えているけれど店長は忘れているというよな罪なことはありませんか? 亜希子は、威厳のあるお顔の赤ちゃんを 「専務」と呼んで初めての育児に奮闘するが、すぐに煮詰まってしまう。 思った以上に、手がかかるのだ。 子育て支援センターへ 専務かわいいぃい!!! — ハナ ha2na2 亜希子は、「専務」と一緒に『子育て支援センター』へ。 専務の母親を探すことが目的で、亜希子は新米ベビーシッターという設定だ。 子育てに悩む母親たちが「赤ちゃんを見てくれる人がいると助かる。 便利になってもやっぱ人よね~」と話すのを聞いた亜希子は、勘九郎の 「人は石垣、人は城や!」を思い出す。 亜希子は、子育て支援センターに(人の)ニーズがあることに目を付けるが、それをいかにビジネスとして展開させるかに悩む。 そして互助的な連携スキムを構築できれば、プロのシッターを大量に雇う必要はないのではないか? 「バイト」のような通貨と言えば……ポイントだ! 「自分の娘が子育てしやすい世界を作っておきたい」「すべての人々に健康と福祉を」と奮闘する亜希子を、尊敬の目であたたかく見守るみゆき。 今度は宮本亜希子個人として、改めて「ゴルディック」に経営改善の提案をするつもりだ。 一方、自分と「専務」の親子関係を確かめたい麦田は、「専務」の毛2~3本を狙っていた(笑)。 しかし「専務」は髪の毛を引っ張られると、泣き叫ぶ。 そして「専務」は、野球ボールに興味があるらしい。 亜希子とみゆきが大喧嘩! 「専務」がやってきて早2週間が経過。 亜希子はそろそろ警察に届けるべきだと言うが、みゆきは「無責任な親だったら専務がかわいそう」と猛反対。 亜希子:「私は相当な理由がない限り、実の親御さんの元で育つ方が子供にとって幸せだと思います」 みゆき:「なんで? 」 亜希子:「輸血などが必要となった場合の血縁間なら可能なソリューションが、赤の他人よりはずいぶん多くなるでしょうし、日々の生活についても体質についても血が繋がっていればおのずとわかる、 血が繋がっていないと苦労してもわからない、というようなことがあるのではいないでしょうか」 みゆき:「 それってさ~、私を育てるのがすごくしんどかったってこと? 」 亜希子:「そうは言っていません」 みゆき:「言ってるじゃん」 亜希子:「 とにかく専務は明日警察に連れていきます」 みゆき:「自分のためだよね? 」 亜希子:「あなたのためでもありますよ、専務と長くいればいるほど正しい判断ができなくなるんじゃないですか みゆきと麦田が犯罪計画? みゆきは家を飛び出し、ベーカリー麦田へ。 麦田に以下の とんでもない提案をした。 怒った亜希子は、ターミネーターような歩き方とド迫力でみゆきと「専務」を見つけ出した。 路上でもみ合いになった2人は、「専務」のベビーカーの手を放してしまった! しかし一人の男性(リュックに専務が好きな野球ボールのキーホルダー)がベビーカーを受け止めてくれた。 ところが、この男性が「専務」を抱っこして逃げた~! みゆきは偶然通りかかった大樹に「あの男捕まえないと、一生フナッシー使わせないよ!」と脅迫して男を捕まえさせた。 実はこの男性は「専務(本名は日向)」の父親・川田優也(高岡蒼佑)だった。 妻が出産後死亡してシングルファザーとして「専務」を育てていたが、仕事も辞めてママ友も出来ずに 孤立していったとのこと。 そしてちょっとおかしくなりかけていた時に、赤ちゃんを楽しそうにあやす麦田を見かけて、押し付けてしまったのだ。 みゆきは「辛くなったらまた同じことをするんじゃないですか? 」と男を責める。 しかし亜希子は「私はマイナスな気持ちになりましたよ。 立ち直れたのは周りにみゆき達がいたから。 つまりこの方の問題は資質ではなく環境ではないかと」と言った。 みゆきは超ラッキー その夜、亜希子とみゆきはイルミネーションを見に行った。 みゆき:「ごめんね、私はお母さんと一緒ですごく幸せだったから。 だから血の繋がった親の方が幸せとか絶対言ってほしくなくて」 亜希子:「一般論としてはわかるんです、みゆきの言ってることが正しい場合も多いと思うのです。 でもそれは私には口が裂けても言えない言葉なんですよ」 みゆき:「なんで」 亜希子:「みゆきを作ってくれた愛さんと良一さんは、私には感謝しかない存在ですから。 それに子供を産むというのは実は命がけの行為で、その1点のみでも実の親は尊いと思いますし。 もし良一さんと愛さんが生きていて、あの2人に育てられていれば、私といるより何百倍も幸せだったんじゃないかとも素直に思いますしね」 みゆき:「 私は超ラッキーってことか。 どっちでも幸せとかさ。 恵まれ過ぎだよね」 その時、父親が田舎から出てきて困っている麦田からみゆきに電話がかかってきた(笑)。 — マルマルコ marukodorama 亜希子は「ゴルディック」の勘九郎(武田鉄矢)に奇襲をかけて、新ビジネスの提案をして採用された。 新ビジネスとは、子育てサポートネット(会員間で子供の面倒を見合うネットワーク)など 子育て支援に関するサービスを打ち出すこと。 プレゼンは大成功して、亜希子は「ゴルディック」と契約を結んだ。 みゆきは「頑張ってね、お母さんは私の自慢だから」と笑った。 明日も頑張らねば……と胸が熱くなる亜希子。 「ゴルディック」が乗っ取りにあう!新オーナーとは? 亜希子とみゆきは、麦田に挨拶に行った。 「ゴルディック」の仕事がもうすぐ終了する亜希子は、再びベーカリー麦田で働くことになる。 そのオーナーがリニューアルの全面中止を要求してきて、ショックで社長(武田鉄矢)が体調を崩したという。 亜希子が急いで駆けつけると、そこに 亡くなった良一(竹野内豊)そっくりの新オーナーが現れた。 彼の名前は、ダインキャピタル・ジャパンの代表・岩城良治(いわき・りょうじ)。 そしてその夜みゆきの部屋に行った大樹はその避妊具をポケットから落としてしまい、 それを見たみゆきはフナッピーのピーピーラムネと勘違い(笑)。 その後、亜希子もピーピーラムネと勘違い。 みゆきは「奇跡なんだけど、ありえないんだけどこんな被り」と大笑いしました。 2人はやっぱり素敵な母娘です。 あんた意外と……の続きは? なんと、腰に巻いたタオルが取れて……! 下山:「あらま!あんた意外と~」 麦田:「意外とどっちなんだよ? 「同席したいのはやまやまですが、私には専務のアテンドがございますので」の アテンドという言葉にも、Twitterで大爆笑が起こりました。 亜希子さんが母乳あげてる! — さる sarusa310 母性が高じた亜希子は、なんと母乳が出てしまいました。 これには、綾瀬はるかさんの『おっぱいバレー』を思い出す視聴者が続出。 残念ながら綾瀬さんが専務に母乳をあげるシーンは、大きなマント型の布で全く見えませんでしたが。 専務の演技が上手すぎる 専務の演技が素晴らしすぎる!!! そしてめちゃめちゃ可愛い —. — ここ momotoiceee こういう赤ちゃんほんと凄い、物怖じしない — はとのす SfP40VpP3iUplTL いい表情するな~専務— ai osaru0403 「専務」役の赤ちゃんの演技が、メチャクチャ上手でした。 泣くタイミングも笑うタイミングも……バッチリなのです。 その上手すぎる演技と風格は、まさに専務! 一体どういう状況下で撮影が行われたのか? メイキングビデオを見たいほどです。 話しかけられたらビッグスマイルを返すとか、凄すぎるのですが! DNA鑑定に喜ぶ麦田が〇ホ過ぎる! DA PUMP 新曲 DNA — けんと dorrama2 ナチュラルボーングッドルッキング愛され男子 わかる…わかる! 「DNA!」と踊る姿や、(亜希子と夫婦みたいと言われて)「夫婦か~」とスキップする姿は、平和だな~って感じです(笑)。 「ラブイズオーバーだぜ~!」とか、愛終わっちゃってるし(笑)。 ちなみに予告の時点で話題になった結婚写真は、 麦田の妄想でした(笑)。 みゆきと麦田の以下の作戦が、犯罪ギリギリで本当に〇カ丸出しでした。 ・麦田と専務の親子関係をでっちあげて、亜希子が麦田と結婚するように仕向ける。 この2人だから許せますが、こんなことしちゃダメですよ、ホントに! シングルファザーの苦悩に共感!テーマが素晴らしい! 急にいい展開に。。 これ、リアルな問題だよねぇ。 子育て一人でなんて無理だよほんと。 昔はーなんてナンセンスなこと言う人いるだろうけどさ、時代も環境も違うものね。 今はほんと子育てしにくい社会なんだと思うよね。。 子供連れてるのって女の人ばかりだろうし男の人が育てるのって大変… — ぬこだま nukodama40 今回は、子育ての大変さ、特にシングルファザーの苦悩がテーマ。 シングルマザーももちろん大変ですが、シングルファザーは数が少ないだけに孤独感はさらに強そうです。 専務の父親役で 高岡蒼甫さんが出演。 抜群の演技力で、ドラマを盛り上げてくれました。 「孤育て」で悩む人がネットですぐに助けを求められるという案は素晴らしいのですが、相手がどんな人かわからないとちょっと怖いですよね。 しかし亜希子さんのことだから、その辺の対策も抜かりなさそうです。 このドラマでは、綾瀬はるかさんが真顔で面白いことをこれでもかとやってくれる楽しいドラマです。 亜希子が「どうしましょう? 良一さん!みゆきが誰の子かわからない子を産んでしまいました!」とつぶやきながら通りかかったときには、「いま良一って言った? もう少しで俺だったのにな~」と意味深な発言。 さんざん視聴者を焦らせましたが、 ラストでその正体が判明。 それは、 亜希子が個人で仕事をした「ゴルディック」を乗っ取った新オーナー・岩城良治。 「良一(りょういち)」と「良治(りょうじ)」で一文字違い(笑)。 直前に亜希子は大凶のおみくじ引いたけど、茶柱は立っていたから、この出会いが何を意味するかはまだ不明です。 下ネタのコメディな入りから社会問題までうまく取り入れて親子の絆を描く。 みゆきちゃんが可愛いのも主題歌が泣けるのも変わらず。 やっぱり素敵なドラマだよ。 リアルには難しいのかもしれないけど、ドラマなんだからそれで良いと思うし、現実の世界を少しでも近づけていきたいですよね ところで、あの終わり方は続編への布石? — てんもも loveolecotaco 改めて。 本編を好き過ぎてスペシャルに期待値高かったんだと思う。 赤ちゃんが撮影時危険な思いしてなければもはやそれでいい。 原作にない話を膨らませようとしたらアレコレ雑多に散るよね。。 もしも続編あるなら麦田店長が今度こそ幸せになるエンドを希望!— sara sarasara4726415 亜希子がせっかく提案したリニューアルのプランを、全面中止したのが良一のそっくりさんの岩城良治(竹野内豊)。 顔はそっくりさんですが、良一さんとは似ても似つかない腹黒そうな男です。 良一のことが好きだった亜希子はメチャ動揺していましたが、麦田はどうなるのでしょうか? 個人的には、麦田と結ばれてほしい。 いや、これは続編なかったらストレス溜まりますよ!.

次の

義母と娘のブルース(ぎぼむす)正月で赤ちゃんの正体は誰の子供?結婚で生まれた?

ぎぼ の ブルース キャスト

あらすじ [ ] 岩木亜希子は32歳の若さで部長になった、仕事一筋のバリバリのキャリアウーマン。 そんな彼女は先妻を亡くした 宮本良一と結婚し、小学生の娘 みゆきの母親になることになった。 しかし仕事一筋の彼女は世間の母や主婦とはズレており、慣れない家庭生活で失敗を繰り返す。 みゆきは亜希子のそんな姿を恥ずかしく思い、しばしば反発する。 お互いの姿に戸惑いつつも、距離を縮めようとする義母と娘だったが、良一もまた病により余命僅かとなっていた。 良一との別れから数年後、みゆきは高校生に成長し、亜希子も一人前の主婦となっていた。 みゆきは同級生から告白を受け、付き合うかどうかで悩んでいたが、とある理由で疎遠となった小学校時代の友人・ヒロキの姿を見かけたことから異性や恋愛について深く考えるようになる。 一方、新たにパン屋でアルバイトを始めた亜希子は、不真面目な店長と共に店の経営を立て直すべく奔走する。 母娘の出会いから約20年、ヒロキと結婚したみゆきは家を出て、姑のいびりに耐えながらも家事と子育てに追われる日々を送っていた。 亜希子はコンサルタント会社を立ち上げ、再びキャリアウーマンとしての道を歩み始める。 そんなある日、久々に実家へ戻ったみゆきは老後の準備を進める亜希子の姿を見て、自分を育ててくれた彼女に対してできることは何か悩むようになる。 やがて、亜希子の波乱の生涯にも最期の時が訪れる。 亜希子は自分が何故良一の提案に応じ、血の繋がらない娘を引き取ったのか、その本当の理由を語る。 32歳の若さで部長。 良一とみゆきからはやに例えられるほど有能である。 また部下を育てる力に長け、取引先の接待術にも優れたまさにスーパー部長。 宮本良一と結婚し、みゆきのとなる。 結婚後は退職して。 結婚当初は家事が不得手であったが、みゆきが高校生になるころには上達している。 みゆきの高校進学を機に近所のパン屋「フランセ」にパート勤務をし、業績を改善。 この経験を活かして会社を立ち上げた。 仕事一筋過ぎて世間の常識に疎い面があり、おしゃれができなかったり、みゆきの一般常識に関する質問をビジネス用語の質問と勘違いしてそれを教えてしまったりしている。 恋愛にも疎かったが、良一に対しては結婚後に愛情が芽生え、良一だけを生涯愛し続ける。 宮本良一(みやもと りょういち) みゆきの父。 亜希子の夫でみゆきの実母(前妻)とは死別している。 余命僅かで身寄りもいないため、自分の死後にみゆきを託せる相手を求め、亜希子と再婚する。 その結果亜希子は退職したため、「(ライバル会社のスーパー部長と結婚して会社を辞めさせ、結果的に自社の仕事を増やした)救世主」と呼ばれるようになった。 入社八年目にして花見の場所取りをする、自社の入札金額をライバル会社にいた亜希子に言ってしまうなど、決して有能とは言い難いが、人柄が良く、上司に可愛がられていた。 再婚から約1年後、病気が悪化して亡くなる。 宮本みゆき(みやもと みゆき) 良一の娘。 当初は義母になる亜希子に対して反発していたが、徐々にズレてはいるものの一生懸命な亜希子を受け入れていく。 良一の葬儀の日に初めて亜希子を「おかあさん」と呼んだ。 ただしビジネス用語には非常に詳しく、告白の返事を「鋭意検討して善処します」と言ってしまうほど。 大学卒業後ヒロキと結婚し、二児の母となる。 ヒロキ みゆきの小学校のクラスメート。 実母の死後ふさぎこんだみゆきを心配してちょっかいをかけていたがのちに友人関係となる。 しかし些細なことがきっかけで絶交してしまい、高校生になるまで会話もなかった。 高校生になってからみゆきとの交友が再開し、麦田章(下記参照)の恋路をみゆきと応援する。 大学卒業後みゆきと結婚し、二児の父となる。 母は小学校時代はボスママで、結婚して間もなかった亜希子と保護者会で2時間にわたるバトルを繰り広げた因縁がある。 麦田章(むぎた あきら) 宮本家の近所のパン屋「フランセ」の店主。 腰を痛めて隠居した父から店を受け継ぐ。 元ヤンキーで、それもあって店の売り上げは悪かった。 年齢は亜希子より一回り以上年下。 亜希子がスーツでパートに面接に来た時にはかの抜き打ち検査だと勘違いし、履歴書の立派さに持て余しかけ、大企業の元エリートだと金銭感覚は普通ではないと思って一度採用を見送るが、パンの耳を欲しがったのを見て採用。 その後店の立て直しをする中で亜希子に惹かれ、退職の際に告白するが玉砕する。 下山さん(しもやまさん) 宮本家の近所の噂好きなおばさん。 情報通で、企業の会長のゴシップを話したのがきっかけで亜希子と親しくなる。 その噂好きはみゆきが結婚後里帰りしたときも変わらなかった。 希美、大樹 みゆきとヒロキの間に生まれた長女と長男。 書誌情報 [ ] 〈ぶんか社コミックス〉• 『義母と娘のブルース』:2011年2月14日発売、• 『義母と娘のブルースFinal』:2012年6月14日発売、• 『義母と娘のブルース 新装版』:2018年7月18日発売、全2巻• 上巻:• からまで系「」で放送された。 主演は。 公式な略称は『ぎぼむす』。 では、亜希子とみゆきが出会ってから、それぞれ成長し自立するまでの10年間を描く。 に放送の「2020年謹賀新年スペシャル」では、連続ドラマの1年後が描かれる。 さらに、動画配信サービスではスペシャル放送後から3夜連続でオリジナルストーリー『義母と娘の間のフェルマータ』が配信される。 結婚後、良一への愛情が深まるにつれて感情が現れるようになり、葬儀で泣いて以降は豊かな表情を見せるようになる。 トップシェアの金属会社「光友金属」で働くキャリアウーマンだったが、第2話で退職し専業主婦となる。 しかし、運動会のプログラム進行を一人で担ったり、休職した良一の代役として「桜金属工業」に出勤し競合を成功させるなど、多くの場面でキャリアウーマン時代の経験を活かすことになる。 良一の死後は、貯金とで生計を立てていたが、大学進路を選ぶみゆきに働く姿を見せるために「麦田」でパート勤務を始める。 マネージメントも行い、第8話ではリニューアルオープンを提案する。 最終話で、のの話を笠原から紹介されるが、一旦は断る。 しかし、みゆきの後押しもあって大阪行きを決める。 宮本良一〈享年46〉 演 - みゆきの父。 老舗の金属会社「桜金属工業」勤務。 周囲から「陽だまりのような人」と言われる朗らかな性格。 を患い、娘・みゆきを託すために亜希子と結婚する。 みゆきの自転車の練習に付き添っていた時に倒れ、救急搬送され入院する。 亜希子以外には闘病を隠して足の骨折で入院していることにした。 退院してから2か月後に息を引き取った。 宮本みゆき〈8 〉 演 - (幼少期:) 良一の一人娘。 亜希子と初対面時点で8歳の小学校3年生。 亜希子を「亜希子さん」と呼んでいたが、良一の通夜で亜希子が本心から良一を愛していた事を知り「おかあさん」と呼ぶようになる。 その後は一緒に暮らす中で徐々に思考や行動が亜希子とそっくりになる。 成長後は父親に似たのか、亜希子に心配される程に楽天的な言動が多くなっている。 また漫画が好きでよく絵を描いている他 、男性同士が密着する様子にときめきを感じるなど、若干の気もある。 しかし、内心では優秀すぎる上に自分の事を後回しにして育ててくれた義母に対する引け目を感じており、成績や進路について深く悩んでいた。 その悩みは、麦田のリニューアルオープンを手伝う中で経営への興味に変わり、大学にも合格する。 亜希子へのスカウトを知って自立を急ぐあまり進学を取り辞めようとするが、義母に諭されて大学で学ぶ道を選ぶ。 亜希子が安心して大阪に行くことができるように、麦田の店でのアルバイトと一人暮らしを始める。 麦田章 演 - (幼少期:) 言葉の言い間違いが非常に多く、頻繁に人名や漢字を間違える。 パン屋を引き継ぐ事に抵抗を感じ、職を転々としている。 第1話では、第2話では、第3話では、第4話では、第5話と第6話前半はとして登場する。 良一を荼毘に付す亜希子らを見て考えを改め、実家に戻った。 親孝行のために「ベーカリー麦田」の店長となったものの、求人に応募してきた亜希子を雇うまで、店の評判は悪く、賃貸料の支払いも滞る。 自分と正反対の性格の亜希子を当初は疎んじていたが、徐々に信頼を寄せるようになり、自らも真剣にパンの改良に取り組む。 リニューアルオープンに向けて準備を進める中で、亜希子へ好意を抱き、第9話で告白するが断られる。 最終話で亜希子へのスカウトを知ると、パン屋を辞めて大阪に行くように背中を押した。 主要人物の家族 [ ] 宮本愛(みやもと あい) 演 - みゆきの実母で良一の亡き妻。 物語開始時の3年前に他界した。 麦田誠(むぎた まこと) 演 - (第6話・第8話・最終話、2020年SP) 麦田章の父。 「ベーカリー麦田」を経営していたが、長年苦労した腰痛で店から離れ、近くの家に住んでいる。 亜希子にパン改良の協力を求められるが、結局は章と喧嘩別れになり、亜希子に息子への助言と「ベーカリー麦田」の再建を託す。 最終話で、見つかったレシピノートを章に送る。 光友金属 [ ] 田口朝正(たぐち ともまさ) 演 - (第1話 - 第6話・第9話 - 最終話、2020年SP) 亜希子の元部下。 彼女に想いを寄せているが、それを告げる前に彼女は良一と結婚してしまった。 良一の葬儀の時に2人の愛情が本物と知る。 最終話で別の女性と結婚式を挙げた。 亜希子が退職した後の第3話では、みゆきの運動会で警察官になりすまし、警備を担当した。 一方で第5話の競合プレゼンでは「桜金属工業」側で亜希子が提案したプランが優れていたことに落胆する。 第9話ではバーで麦田と意気投合し、「ベーカリー麦田」を訪れて亜希子とも再会し、初対面だと思っていた麦田と以前から何度も会っていたことが判明する。 前原大輔(まえはら だいすけ) 演 - () (第1話 - 第6話) 亜希子の元部下。 桜金属工業 [ ] 猪本寧々(いのもと ねね) 演 - (第1話 - 第6話・第8話) 良一の部下。 既婚者。 第8話で、「ベーカリー麦田」のリニューアルに協力するため、子どもを連れて亜希子の家を訪れる。 笠原廣之進(かさはら ひろのしん) 演 - (第1話 - 第6話・最終話、2020年SP) 良一の上司。 第6話の良一の葬儀の際、出棺間際の棺に語りかけ、亜希子が号泣するきっかけになった。 良一の入院時にピンチヒッターで出社した亜希子の優秀さを見込んで、彼の死後にスカウトしたが、母としての務めを優先したい亜希子に断られた。 最終話で、大阪の経営コンサルティングファームの話を亜希子に紹介する。 みゆきのクラスメイト [ ] 黒田大樹(くろだ ひろき) 演 - (幼少期:)(連続ドラマ、2020年SP) みゆきの小学校のクラスメイト。 みゆきを「ブス」呼ばわりしていたが、実はみゆきに好意を持っており、元気づけるために敢えて意地悪な態度で接していた。 それを知ったみゆきには挨拶代わりに「デブ」と返されるようになる。 杏奈を気遣ったみゆきに「二度と話しかけないで」と言われてから彼女に近づけなくなる。 良一の通夜でみゆきと近付く機会はあったものの、そのまま父の転勤により転校する。 9年後の再会時、病気による休学のためみゆきよりも一学年下となっている。 の仕事に就くために大学薬学部を目指していて、勉強が不得意なみゆきのために家庭教師役を買って出る。 また、データ分析の特技を活かして麦田の商品開発を手伝うなど、パン屋のリニューアルオープンにも協力する。 矢野杏奈 (やの あんな) 演 - (第1話 - 第6話) みゆきの小学校のクラスメイト。 大樹のことが好きなので、みゆきが仲良くしていることを快く思っていない。 最終話で、高校卒業後はへ行くことが明らかになった。 小杉ジュリア(こすぎ ジュリア) 演 - (第1話 - 第6話) みゆきの小学校のクラスメイト。 本谷マノン(もとや マノン) 演 - (第1話 - 第6話) みゆきの小学校のクラスメイト。 今井エレナ(いまい エレナ) 演 - (第1話 - 第6話) みゆきの小学校のクラスメイト。 ユナ 演 - (第6話 - 第9話) みゆきの高校のクラスメイト。 亜希子のことを「ギボ」と呼ぶ。 みゆきの小学校の関係者 [ ] 矢野晴美(やの はるみ) 演 - (第3話 - 第6話・第8話 - 最終話、2020年SP) 矢野杏奈の母。 3人の子持ちで、10年以上会長をしている。 第6話後半の時点で、スーパーマーケットで働いている。 第3話の運動会の一件から亜希子と親しくなり、それ以後亜希子に何かとアドバイスしたり、「ベーカリー麦田」のリニューアルにも協力する。 早乙女奈央子(さおとめ なおこ) 演 - (第3話・第9話 - 最終話) みゆきのクラスメイトの保護者。 スーパーマーケットのレジ担当。 亜希子提案のPTA廃止に署名をする。 第9話からは「ベーカリー麦田」の店員をしている。 小杉朋子(こすぎ ともこ) 演 - (第3話 - 第4話・第6話・第9話) 小杉ジュリアの母。 PTA行事委員長。 本谷律子(もとや りつこ) 演 - (第3話 - 第4話・第6話・第9話) 本谷マノンの母。 PTA会計担当。 今井園子(いまい そのこ) 演 - (第3話 - 第4話・第6話・第9話) 今井エレナの母。 PTA書記担当。 高原綾子(たかはら あやこ) 演 - (第3話) みゆきのクラスメイトの保護者。 デパートの店員。 亜希子提案のPTA廃止に署名をする。 小川芳江(おがわ よしえ) 演 - (第3話) みゆきのクラスメイトの保護者。 介護職。 亜希子提案のPTA廃止に署名をする。 西条乙女(さいじょう おとめ) 演 - (第1話 - 第2話) みゆきの通う学童保育の職員。 山口(やまぐち) 演 - (第3話 - 第4話・第6話) みゆきの小学校時代の先生。 副校長 演 - (第3話) みゆきの小学校時代の副校長。 その他 [ ] 友井智善(ともい ともよし) 演 - (連続ドラマのみ) 麦田の友人。 映像関係の会社の。 麦田からは「トモヨ」と呼ばれる。 第7話中盤で、亜希子が作成した「ベーカリー麦田」計画提案書の有意性を麦田に解説した。 第9話ではADとして、話題のパン屋「ベーカリー麦田」と題したテレビ取材を行う。 下山和子(しもやま かずこ) 演 - (連続ドラマ、2020年SP) 「下山不動産」を経営している。 「ベーカリー麦田」の家賃滞納に頭を悩ませている。 第3話の運動会で、以前晴美にマンションを貸していたことを思い出し、晴美の情報を亜希子に伝える。 良一の葬儀にて、喪主としての事務的な務めしかしない亜希子に痺れを切らし説教した。 ゲスト [ ] 第1話 取引先の社長 演 - 第2話 マンションの管理人 演 - 第4話 小松将之 演 - (第5話) 良一の主治医。 第5話 熊谷秀人 演 - 良一と同じ病院で入院していた患者。 「〜だもの」が口癖。 第6話 浩司 演 - みゆきの実母・愛の弟。 良一の通夜に参列する。 陽子 演 - 良一の実姉。 良一の通夜に参列する。 麦田ベーカリーの取引先 演 - 麦田章の言い間違いによる失言に激怒する。 第9話 謎の女 演 - リポーター 演 - 話題のパン屋「ベーカリー麦田」を取材する、番組リポーター。 米田 演 - (最終話、2020年SP) 「ベーカリー麦田」の新人パン職人。 粟根 演 - (最終話) 「ベーカリー麦田」の新人パン職人。 シホ 演 - ユナの友人。 2020年謹賀新年スペシャル [ ] 山本勘九郎(やまもと かんくろう) 演 - トレーニングジム「ゴールデンアスレティック」社長。 ボス 演 - コンサル会社「アクセルビジネスパートナーズ」社長。 桜向日葵(さくら ひまわり) 演 - みゆきの大学のサークルの先輩。 川田優也(かわた ゆうや) 演 - 突如現れた赤ちゃんの父親。 岩城良治(いわき りょうじ) 演 - 竹野内豊 「ダインキャピタルジャパン」代表。 亡くなった良一に瓜二つの容姿の人物。 ゴールデンアスレティックの秘書 演 - ゴールデンアスレティックのCMイメージキャラクター 演 - 大阪のサラリーマン 演 - 、雅 スタッフ [ ]• 原作 - 桜沢鈴『義母と娘のブルース』(刊)• 脚本 -• 音楽 - 、信澤宣明• 主題歌 - 「」()• 劇中アニメ制作 - 福地亮介、シオガマノブユキ• みゆきイラスト監修 - 桜沢鈴• 参考文献 - 『小ネタの恩返し』、『』(株式会社)• 古語指導 - 山田順子• ベーカリー指導 - 西山逸成(ル・プチメック)• 医療指導 - 岩崎善毅()• お天気 -• 調理指導 - 赤堀博美• フィギュア制作 - 3Dayプリンター• マンガ制作 - 青木伸一()、富澤勝(AMG出版)• アクションコーディネーター -• 腹踊り指導 - 水木あお• キャラ弁指導 - 日本キャラベニスト協会• プロデュース - 、中井芳彦、大形美佑葵• 演出 - 、• 製作著作 - 放送日程 [ ] 連続ドラマ [ ] 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 第1話 2018年7月10日 33才独身部長女子が突然の義母宣言!? 私は貴女に就職します!! 平川雄一朗 11. そして私は制服を脱ぐ 11. これが私の生きる道…PTAを全面廃止へ 12. 最愛の娘と夏の奇跡…夫が決めた愛の形! 中前勇児 12. 夫が入院夫婦で戦う大修羅場!! 私、再就職します!? 平川雄一朗 13. 最期に届く奇跡とは!? 私、背中で魅せます 13. 娘の反抗と私の解雇!? 再就職先は倒産寸前 中前勇児 15. 完全復活の味は親の味娘の意見承ります!? 平川雄一朗 15. 私の愛の最終選択か!? 二人で歩んだ9年間 平川雄一朗 中前勇児 17. 愛が起こす奇跡の果て私は娘を愛してます 平川雄一朗 19. 8月28日は、『』(18時30分 - 翌0時30分)放送のため休止。 10月3日からにてディレクターズカット版の配信も開始。 スペシャル [ ] 放送日 ラテ欄 演出 視聴率 2020年1月2日 新ステージ突入編!! 私が義母から祖母へ!? 最愛の娘が突然、子供を…一体誰の子なの? 母性愛爆発で編み出す子育てビジネス炸裂!! 今年も娘を愛します 平川雄一朗 16. 第13回• 作品賞• 助演男優賞(佐藤健)• 第98回• 最優秀作品賞• 脚本賞(森下佳子)• 第22回日刊スポーツ・ドラマグランプリ 主演女優賞 (綾瀬はるか)• 2019年・テレビドラマ番組部門優秀賞 系 前番組 番組名 次番組• 2019年11月16日. 2020年1月9日閲覧。 ORICON NEWS. 2018年5月1日. 2018年5月16日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年6月25日. 2018年6月25日閲覧。 News. Paravi 2019年12月12日. 2019年12月12日閲覧。 みゆきと初対面時。 テレビドラマ公式の第1話あらすじより。 亜希子と初対面時点。 スポニチアネックス. 2018年6月24日. 2018年6月24日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年9月7日. 2018年9月10日閲覧。 スポニチアネックス スポーツニッポン. 2018年6月24日. 2018年6月24日閲覧。 2018年8月13日. 2018年8月14日閲覧。 第3話の連絡網より。 2018年7月15日. 2018年7月24日閲覧。 2018年8月15日閲覧。 スポニチアネックス スポーツニッポン. 2018年7月8日. 2018年8月19日閲覧。 スポニチアネックス スポーツニッポン. 2018年7月8日. 2018年8月19日閲覧。 第5話の良一のCT画像より。 今井朋彦. 2019年1月4日閲覧。 スポニチアネックス スポーツニッポン. 2018年9月9日. 2018年9月9日閲覧。 デイリースポーツ 神戸新聞社. 2020年1月7日. 2020年1月9日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年7月5日. 2018年7月6日閲覧。 スポニチアネックス. 2018年9月18日. 2018年9月20日閲覧。 2018年9月19日. 2018年9月19日閲覧。 、 2018年10月7日閲覧。 毎日新聞 テレビ欄。 スポーツ報知. 2020年1月6日. 2020年1月6日閲覧。 義母と娘のブルース お知らせ. TBS 2018年8月16日. 2018年9月14日閲覧。 作品情報. 2018年9月19日閲覧。 作品情報. TCエンタテインメント. 2018年9月19日閲覧。 コンフィデンス. oricon ME 2018年10月26日. 2018年10月30日閲覧。 ザテレビジョン. KADOKAWA. 2018年11月15日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2019年4月30日. 2019年4月30日閲覧。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

「ぎぼむす」正月SP出演の高岡蒼佑、番組HPに掲載されず

ぎぼ の ブルース キャスト

義母と娘のブルース ぎぼむす 正月のあらすじ 舞台は綾瀬はるか演じる亜希子が再就職してからから1年後の2019年秋です。 亜希子は大阪に住み、娘のみゆきは東京で生活していました。 連ドラの最終回で大阪の大手コンサルタント会社からヘッドハンティングされ、大阪へ行ったままの状態ですね。 娘のみゆきもバイトやサークル活動で平凡な毎日を過ごしていて、幼なじみのヒロキとの関係も特に変わらないようです。 ドラマではヒロキに告白されるものの「受験勉強を頑張りたい」という理由で振られていましたが、もう既に受験は終わりました。 もしかしたら、このスペシャルで何か進展があるかもしれません! 大阪でバリバリのキャリアウーマンとして働いていた亜希子ですが、なんと突然クビを宣告されます!そして仕方なく東京に戻ってきた亜希子はみゆきのアパートを訪れた際に衝撃の光景を目の当たりにします。。。 みゆきのアルバイト先であるベーカリー麦田の店長である麦田が、裸にタオル1枚の姿で風呂場から出現! そして麦田の腕には、 謎の赤ちゃんの姿が! まさかみゆきとバイト先の店長との間に。。。。 ?だとしたらこれは相当衝撃的な展開ですね笑 みゆきと麦田は必死に弁明をしますが、 一体この赤ちゃんの正体は誰の子供なのかが、とても気になるところです。 もしやヒロキとの子供か・・・? スポンサードリンク 赤ちゃんの正体はスペシャルゲストと関係がある? 義母と娘のブルース ぎぼむす 正月スペシャルにはスペシャルゲストが登場します。 その登場人物が赤ちゃんの正体と関わっているかもしれませんので、確認していきましょう。 ボス(橋本さとし) 亜希子が勤めているコンサル会社のボスです。 この人物こそ、明子を突然クビに追いやった張本人!一体なぜ亜希子をクビにしたのか?その理由も気になるところですね。 山本勘九郎(武田鉄也) 大阪を拠点に大きくなったトレーニングジム「ゴルディック」の社長です。 亜希子の勤めるアクセルビジネスパートナーズ社からの再建案プレゼンで、亜希子と対立することになる人物です。 桜向日葵(吉川愛) みゆきの大学の起業サークルの先輩です。 なんと、みゆきは大学の起業サークルに所属していたんです!みゆきは起業するのかも気になるところですね! スポンサードリンク 義母と娘のブルース ぎぼむす 正月のキャスト相関図 義母と娘のブルース ぎぼむす のお正月版のキャスト相関図があるのでそちらを見ていきましょう! 以下の動画でお笑い芸人のアイデンティティが相関図展開予想をしています。 恐らくこの展開図が一番詳細に語られているでしょう! 謎の赤ちゃん以外にも気になるところ満載ですね! スポンサードリンク 赤ちゃんの正体は誰の子供?結婚で生まれた? さあ、それでは謎の赤ちゃんの正体に迫っていきましょう。 義母と娘のブルースは漫画が原作になっていて、原作の方ではみゆきの20年後の姿まで描かれています。 なので原作の方でもこの赤ちゃんが登場するのかと思いきや・・・ 登場しません! なので、 番組で登場する赤ちゃんは完全にオリジナルの存在の赤ちゃんになります。 ちなみに原作の方ではみゆきとヒロキが結婚して子供が生まれる話はありますが、それは結婚後の話なのでヒロキとの赤ちゃんでもなさそうです。 佐藤健さん演じる麦田章のスペシャル版のキャラクター紹介に 突然「麦田の息子」かもしれない赤ん坊がベーカリー麦田の前に現れて・・・ と書かれていることから麦田と誰かの子供の可能性が高いのではないでしょうか? 麦田が亜希子以外の女性と関係を持ってその際に生まれてしまった子供・・・なんてこともあるかもしれません。 そんな赤ちゃんのお世話を亜希子さんがする事になるようです。 そういえば子連れで結婚した人と言えば良人さんがいますが、まさか亜希子さんは・・・ これは衝撃の展開が待っているかもしれないですね。

次の