ハイ スクール d dss。 暁 〜小説投稿サイト〜: リアルバウトハイスクールD×D: 第七話『炎の師弟スパーリング』

暁 〜小説投稿サイト〜: リアルバウトハイスクールD×D: 第二話『兵藤家の人々』

ハイ スクール d dss

室内に置かれたテーブルを正面にグレモリー先輩が仁王立ちで居り、先輩から見てテーブルの左側のソファーに小猫ちゃんと木場が座り、右側のソファーに俺が座っている。 姫島先輩は動いてお茶の用意をし、紅茶を淹れたカップをテーブルの上に乗せていく。 俺は目の前に置かれたカップを手に取り、紅茶に口をつける。 因みにカードの絵柄はアイヌ民族衣装を着た女の子) 要するに野獣(熊)の闘争本能を持った妖魔である。 姉妹全員が鬼熊の闘争本能を受け継いだ〝拳闘家〟で、山の動物達との対戦格闘試合『山の動物頂上決戦』では姉妹で常に上位をキープしている。 コイツの武器はやっぱり〝拳〟だな。 ドライグの声で意識をちょっとした妄想から現実に戻した。 (この間、0. 既に皆、悪魔の羽を消している。 「簡単に言うと俺は〝神器所有者〟でして、それで危険視されて襲われていたんですよ」 「成る程ね」 「〈堕天使〉の名前は〝レイナーレ〟。 データを確認すると写真やアドレスなど〝天野夕麻に関する情報のみ〟が綺麗さっぱり消えていた。 「ホントだ」 「やっぱり」 呆れた風に言うグレモリー先輩。 昨夜 あれ から今までケータイを開いてなかったからな~。 「俺が見た彼女……あれも幻だったのか……。 いいや、彼女は確かに居た。 そうだ……俺は彼女の話をかくことさえできる。 ……そして俺は最初のページを始める。 」 善処する。 「〝赤龍帝の籠手〟って……〝神滅具〟じゃない!? 」 大声を上げて驚くグレモリー先輩。 他の三人もそれぞれ驚いた表情で籠手を見つめている。 それはそうと〝神器は所有者の想いに応える〟というが、よく俺のネタに合わせてくれた。 俺が〝赤き龍〟ドライグだ』 籠手から聞こえたドライグの声に、更に皆が驚いた。 「この〈赤龍帝の籠手〉の基本能力は〝十秒毎の倍加〟で、〈倍加〉した力を〈譲渡〉する事もできる。 〈倍加〉は〝力〟に作用するものだからな』 「小猫ちゃん、期待させて悪かった」 「……知りません」 いや、冗談の部分で物欲しそうにこっちを見つめてたし。 「まあ、これで今回の事情は飲み込んでもらえましたか?」 「そうね。 「それは先輩の〝眷属〟への勧誘ですか?」 「ええ、そうよ。 テキストもバインダー式でとっても使いやすい……」 「それはペン習字よ!? 」 「あの広告漫画の6代目主人公は日ポン語ラップのヘッズ……ユノンセーン?」 『WHAT DA FUCK?(何言ってんだお前?)』 「……あれは似て非なるものだと思います」 「話を続けて良いかしら?」 「どうぞどうぞ」 ガソリンをぶっかけて火を着けそうな雰囲気だったぜ。 老化予防や身体能力は〈神威の拳〉で賄えるし、これでも俺は〈大蜀王家〉の直系だ。 現在本国は現党首(母さん)不在で家臣団が運営を代行しており、俺が次期として赴けば直ぐ党首に祭り上げられて権力が手に入る。 面倒だから行かないけど。 人間ですがよろしく。 イッセーと呼んでください。 但し木場、てめーは駄目だ!」 「なんでさ!? 」 お前にそう呼ばれた日には薄い本が分厚くなるわ! 「じゃあ、こちらも改めて紹介するわね。 先ずは祐斗」 「僕は木場祐斗。 兵藤一誠君と同じ二年生……って分かってるよね? えーと、〈悪魔〉です。 よろしく」 「……一年生、塔城小猫です。 イッセー先輩、よろしくお願いします。 ……〈悪魔〉です」 「三年生の姫島朱乃ですわ。 一応研究部の副部長も兼任しております。 今後もよろしくお願いします、イッセー君。 これでも〈悪魔〉ですわ、うふふ」 「そして私が彼らの〝主〟であり、〈悪魔〉でもあるグレモリー家のリアス=グレモリーよ。

次の

デジタルハイスクールD×D

ハイ スクール d dss

我が家は古い武家屋敷で、裏手には土蔵と小さいながらも剣道場が建っている。 隣に幼なじみが住んでいた頃は、一緒に道場内でチャンバラごっこで遊んだりしたもんだ。 黒歌は数年前に怪我をして路上で行き倒れていた所に偶々遭遇して、俺が保護をした〝 元 ・ 悪魔〟だ。 黒歌は『猫丞』という希少な妖魔種族で、とある悪魔に強引に〝眷属〟にされていたが、なんやかんやあって〝はぐれ悪魔〟になっていた。 黒歌に〝悪性〟を感じなかった俺は、そこで〈国際警察機構〉のエキスパートである家の父さんに頼み込み、父さんの同僚である超一流の〈魔術師〉の手によって元の種族へと戻してもらったのである。 というか警察。 民衆の平和を守り、規律による正義を守り、全世界の人々の命を守る。 戦闘に関しても、〈神器所有者〉などの〝異能力者〟や〝英雄の子孫や転生体〟が所属者に多く、強大。 「そうそう」 「俺の名をくだらん洒落に使うな」 ツッコミを入れながらテーブルに人数分のお茶を置く青年。 居候その二、名前は『曹操』。 年齢十九歳。 〈中華三大国〝大魏〟〉の王家直系の子孫であり、俺の母方の親戚にあたる男(三大国王家自体が親戚関係だが)で、才能豊かな文武両道の実力者。 俺と曹操が出会ったのは、お互い小学生の頃。 当時の曹操は留学生ながらその覇気と実力とカリスマ性と若気の至りで、所謂〝 番長 ガキ大将 〟として君臨していた。 その後、曹操の方は本国に戻って心機一転で一から鍛練を積み重ねている内に〝神器〟が発現する結果を齎した。 そんな曹操が我が家に居る理由は、曹操の小学生時代の家が既に無くなっていたので、配属先の先輩である家の父さんが厚意で下宿させているのだったりする。 〝神器所有者の命を狙った堕天使〟とは、イッセーも面倒な輩に言い寄られていたものだな」 「そう言う曹操は、小学生の時には同級生の〝男〟から言い寄られていたよな?」 何でも、その男は名前を逆さから読んではいけないらしい。 「うわあああああっ!? 〝ヤツ〟の事は思い出させるなイッセー!」 頭を抱えて喚く曹操。 どうやらこの事は治療不可能なトラウマらしい。 序でだから黒歌の妹の様子も見ておくよ」 「イッセー、感謝するにゃん!」 実は黒歌には生き別れの妹が一人居て、現在はリアス=グレモリーの〝眷属〟になっている。 母さんは、現役女子高生でも通じるその若作りの容姿で、現在は『桃園モモ』という芸名で芸能界で特撮ヒーロー番組の美少女主人公やアイドル歌手として活動をしているのだ。 正体を知っている身からすると立派な詐欺である。 「これ録画?」 「リアルタイム生放送にゃ」 「あ、そうだイッセー。 先輩からの伝言で、帰ってきたら道場に顔を出すようにとの事だ」 曹操が思い出したかのように、父さんからの伝言を伝えてきた。 「了解。 曹操、伝言サンキュー」 俺は冷めたお茶を一気に飲み干して立ち上がり、道場へと向かった。 俺が道場の中に入ると、稽古着姿の父さんが中央の床の上に正座をして佇んでいた。 家伝の〈兵藤流闘殺法〉は、若い頃の父さんが『異世界(俺のとは別の)に魔王退治の為に片道召喚(帰還は自力で、幾つもの世界を経て)されて、冒険をしながら実戦の中で編み出した武術』で対魔物用の技が多数を占めている。 武器は剣を基本に槍・斧・鞭・ブーメランなどの他にも色々な物を扱う。 稽古は、朝は基本の鍛練で曹操らも参加しているが、夜は身内のみで秘伝の伝授を行っている。 しまった、見逃した!」 〝orz〟のポーズでうなだれる父さん。 俺と父さんは気持ちを切り替え、道場中央付近で右手に 木剣 ひのきの棒 、左手に 木製の円盾 お鍋のフタ を装備して左半身に構えて対峙する。 終わったら風呂に入った後、自分の部屋に戻って寝た。

次の

体験スクールについて

ハイ スクール d dss

室内に置かれたテーブルを正面にグレモリー先輩が仁王立ちで居り、先輩から見てテーブルの左側のソファーに小猫ちゃんと木場が座り、右側のソファーに俺が座っている。 姫島先輩は動いてお茶の用意をし、紅茶を淹れたカップをテーブルの上に乗せていく。 俺は目の前に置かれたカップを手に取り、紅茶に口をつける。 因みにカードの絵柄はアイヌ民族衣装を着た女の子) 要するに野獣(熊)の闘争本能を持った妖魔である。 姉妹全員が鬼熊の闘争本能を受け継いだ〝拳闘家〟で、山の動物達との対戦格闘試合『山の動物頂上決戦』では姉妹で常に上位をキープしている。 コイツの武器はやっぱり〝拳〟だな。 ドライグの声で意識をちょっとした妄想から現実に戻した。 (この間、0. 既に皆、悪魔の羽を消している。 「簡単に言うと俺は〝神器所有者〟でして、それで危険視されて襲われていたんですよ」 「成る程ね」 「〈堕天使〉の名前は〝レイナーレ〟。 データを確認すると写真やアドレスなど〝天野夕麻に関する情報のみ〟が綺麗さっぱり消えていた。 「ホントだ」 「やっぱり」 呆れた風に言うグレモリー先輩。 昨夜 あれ から今までケータイを開いてなかったからな~。 「俺が見た彼女……あれも幻だったのか……。 いいや、彼女は確かに居た。 そうだ……俺は彼女の話をかくことさえできる。 ……そして俺は最初のページを始める。 」 善処する。 「〝赤龍帝の籠手〟って……〝神滅具〟じゃない!? 」 大声を上げて驚くグレモリー先輩。 他の三人もそれぞれ驚いた表情で籠手を見つめている。 それはそうと〝神器は所有者の想いに応える〟というが、よく俺のネタに合わせてくれた。 俺が〝赤き龍〟ドライグだ』 籠手から聞こえたドライグの声に、更に皆が驚いた。 「この〈赤龍帝の籠手〉の基本能力は〝十秒毎の倍加〟で、〈倍加〉した力を〈譲渡〉する事もできる。 〈倍加〉は〝力〟に作用するものだからな』 「小猫ちゃん、期待させて悪かった」 「……知りません」 いや、冗談の部分で物欲しそうにこっちを見つめてたし。 「まあ、これで今回の事情は飲み込んでもらえましたか?」 「そうね。 「それは先輩の〝眷属〟への勧誘ですか?」 「ええ、そうよ。 テキストもバインダー式でとっても使いやすい……」 「それはペン習字よ!? 」 「あの広告漫画の6代目主人公は日ポン語ラップのヘッズ……ユノンセーン?」 『WHAT DA FUCK?(何言ってんだお前?)』 「……あれは似て非なるものだと思います」 「話を続けて良いかしら?」 「どうぞどうぞ」 ガソリンをぶっかけて火を着けそうな雰囲気だったぜ。 老化予防や身体能力は〈神威の拳〉で賄えるし、これでも俺は〈大蜀王家〉の直系だ。 現在本国は現党首(母さん)不在で家臣団が運営を代行しており、俺が次期として赴けば直ぐ党首に祭り上げられて権力が手に入る。 面倒だから行かないけど。 人間ですがよろしく。 イッセーと呼んでください。 但し木場、てめーは駄目だ!」 「なんでさ!? 」 お前にそう呼ばれた日には薄い本が分厚くなるわ! 「じゃあ、こちらも改めて紹介するわね。 先ずは祐斗」 「僕は木場祐斗。 兵藤一誠君と同じ二年生……って分かってるよね? えーと、〈悪魔〉です。 よろしく」 「……一年生、塔城小猫です。 イッセー先輩、よろしくお願いします。 ……〈悪魔〉です」 「三年生の姫島朱乃ですわ。 一応研究部の副部長も兼任しております。 今後もよろしくお願いします、イッセー君。 これでも〈悪魔〉ですわ、うふふ」 「そして私が彼らの〝主〟であり、〈悪魔〉でもあるグレモリー家のリアス=グレモリーよ。

次の