アイフォン 再 起動。 iPhoneのアプリを終了、再起動する方法!バッテリーへの影響は?【iOS12最新版】

iPhone 11シリーズで強制再起動する方法

アイフォン 再 起動

セーフモードとは、iOSに何らかの不具合が起きてしまったときのための 「診断用モード」のことです。 診断するために、iPhoneを通常起動するに当たって必要な機能やアプリ以外は無効状態になります。 一部のアプリがiPhoneを起動する際に干渉してしまい不具合が起こるケースもあります。 アプリが原因でリンゴループしていた場合はこれでリンゴループから復帰する可能性があります。 ただ一つ注意点があります。 セーフモードを起動したiPhoneは必要な機能やアプリのみがある状態になります。 今までApple storeでダウンロードしたアプリはない状態です。 なのである意味で初期化を選択することにもなってしまうのでご注意ください。 バックアップデータがある状態でお試しされることをおすすめします。 【リカバリーモードを起動する方法】 iPhoneの電源を消している状態でケーブルをiPhoneに接続してください。 復元は工場出荷状態に戻すことになり、iPhoneのデータを初期化してしまいます。 必ずアップデートからスタートしてください。 WindowsでアップデートできなければMacで、MacでアップデートできなければWindowsでそれぞれアップデートしてみましょう。 特にWindowsでアップデートできなかった場合、Macだとしっかり復活することが多いようですね。 これは同じApple社の製品だからといった意味合いもあります。 Windowsでエラーが出るようであれば一度Macで同期してみることをおすすめします。 【解決策2】修理店に行って相談 上記の方法を自分で試しても復帰できなかった場合でも、 修理店に持っていくことで意外な復活を果たすこともあります。 特に経験が豊富な修理店であれば適切な対処でiPhoneを復活させてくれるケースもあります。 東京都内にはiPhone修理業者が数多くあるエリアがいくつかあります。 そういったエリアに店舗を持つ業者は修理事例が多いため、適切な対処をしてくれるお店が見つかりやすい傾向にあります。 まずはお店に電話連絡をしてみて、 「リンゴループ復旧の対応が可能か」「かつてそういった事例があったか」を確認すると良いかもしれません。 修理店ではバッテリーのコネクタを外して放電してくれるので、コネクタを外して15分くらいしてから改めてアップデートを試すと大丈夫な場合があります。 また、近くにMacのPCを持っている人がいない場合も、修理店なら持っているケースもあるので、ダメ元でお願いに行くと良いかもしれませんね。 バッテリー交換orコネクタ修理 PCと接続しても復帰しなかったり、そもそもPCが認識しないといったケースになると事態は深刻です。 その場合には即日修理店で修理を依頼してみましょう。 バッテリー交換によってリンゴループから復帰する場合があります。 ライトニングコネクタ部分の損傷によりPCがiPhoneを認識しない場合はライトニングコネクタ部分の修理で改善されるケースがあります。 前述しましたが、iPhoneX以降であればFace IDが壊れてしまったことが原因でリンゴループになることもあります。 iOSが問題というわけではないこともあるので断定が難しいのです。 ただし修理店舗で頼む場合は修理には費用がかかることと、復帰しなかった場合でも作業料を取られるケースが多いので、その点だけは覚悟しておきましょう。 修理店に事前に電話連絡などして直った場合や直らなかった場合の修理金額を確認すると良いでしょう。 【復元する方法】 1. iPhoneの電源を切る 2. PCでiTunesを起動 3. ケーブルでiPhoneとPCを接続 4. リンゴマークが出たら電源ボタンだけを離し、上述の通りに機種毎にホームボタンやボリュームダウンボタン、ボリュームアップボタンの押し続ける これでDFUモードに入れます。 このDFUモードですが、リカバリーモードとやり方がほとんど一緒なためDFUモードに入らずリカバリーモードになることがあります。 リカバリーモードはiPhoneの画面にiTunesのロゴが真ん中にあります。 しかし、DFUモードでは画面が暗転している状態でiTunesがiPhoneを認識します。 iPhoneの画面にiTunesマークがある場合はもう一度手順通りやり直しをしてみてください。 DFUモードとはいったいなんなのか? ざっくり言うとiPhoneを強制的に初期化・最新のiOSにアップデートするモードです。 DFUモードに入ったら、あとはiTunesに表示される復元の手順を進めればOKです。 しかしこのDFUモードなどの復元を使用すると 残念ながらiPhoneの中のデータは失われてしまいます。 これでもダメなら本体を交換orMNP これでもリンゴループから復帰しなかった皆さん。 本当に残念です。 アナタのiPhoneが無事に復帰する可能性は限りなく0に近いでしょう。 Appleやキャリアで交換することになります。 もちろんデータは消失し、修理料金がかかることになります。 もしくは、リンゴループの場合は端末自体が壊れているのであって、SIMカード自体は生きている事が多いです。 このリンゴループをきっかけにMVNO(格安SIM)にMNPするのも選択肢としてはアリかと思います。 特に、下記の方は格安SIMに変えた方が料金がお得になります。 1.毎月の通信費を抑えたい人 2.ネット通信がメインの 3.あまり電話しない人 まとめ 不必要な強制終了やiOSアップデート時のケーブル離脱やWi-Fiエリアから出ることはリンゴループを招く原因になります。 リンゴループを発症したらSIMの抜き差しやセーフモード、iTunesでの同期・アップデートを試しましょう。 それでもリンゴループから復活しなければ修理店に相談してみましょう。 データは消えてしまいますがiPhoneを復元することで再び使用可能になることがあります。 復元もできないようであればApple storeやキャリアに持って行って交換となります。 万が一リンゴループに突入してしまったら今回紹介した方法を試してみましょう。 初期化をしなければ直らないという場合もあります。 そういった「もしも」にそなえて、iCloudやiTuneにバックアップを取ることも忘れずにいましょう。

次の

iPhone 7の再起動・強制再起動のやり方

アイフォン 再 起動

恐怖のリンゴループ現象とは… リンゴループとは、iPhoneが何度も繰り返し再起動を起こしてしまい、正常に起動できなくなってしまう現象のことです。 このリンゴループの状態になってしまうと、いつまでたってもホーム画面が映らず、iPhoneをまともに操作できなくなってしまい大変不便です。 リンゴループには、いくつかの発生原因があります。 例としてあげられるのは、iOSのアップデート失敗によるシステムエラーや、iPhoneを落下や水没させたことによる物理的な故障です。 また、iPhoneのiOSを不正改造するジェイルブレイクをおこない、Appleの非公式のアプリなどをインストールしていると、そのアプリがiPhoneの起動の妨げになるケースもあるようです。 そのほかには、アプリやプロファイルなどの不具合が原因で、iPhoneのシステムにも不具合が生じてリンゴループを引き起こすケースも考えられます。 リンゴループは、原因の特定をしにくく、対処もかなりむずかしいです。 自分の手には負えないという場合は、Appleサポートを利用したり、修理店に相談したりするのが確実かもしれません。 リンゴループ発生時の対処方法 お使いのiPhoneがリンゴループ状態になったら、一刻も早く解消を試みましょう。 この章では、iPhoneがリンゴループになった際の、対処法の一例についてご紹介します。 iPhoneがリンゴループ状態になった場合は、まずはiPhoneの電源を切ってみましょう。 しかし、リンゴループ中は通常の電源を切る操作ができません。 そのため、リンゴループ状態のiPhoneの電源を切るには、強制再起動の操作をおこなう必要がります。 強制再起動の操作は、iPhoneのモデルごとに異なるため、次の手順を参考にしてみてください。 iPhone 8以降のモデル 音量を上げるボタンを1回押して、音量を下げるボタンを1回押したあと、電源が切れるまで、電源ボタンを長押しする iPhone7、iPhone 7 Plus 電源ボタンと音量を下げるボタンを、電源が切れるまで長押しする iPhone 6以前のモデル ホームボタンと電源ボタンを、電源が切れるまで長押しする 強制再起動の操作を受け付けない場合は、iPhoneのバッテリーが空になり自動的に電源が落ちるまで待つ必要があります。 iPhoneの電源が切れても、引き続きリンゴループが続くようであれば、セーフモードでiPhoneを起動してみましょう。 セーフモードでの起動は、リンゴループの原因がアプリやプロファイルなどの不具合などによって引き起こされている場合に有効な手段です。 セーフモードは、次の手順で実行できます。 iPhoneの電源を切り、起動しなおすとセーフモードは自動的に解除されるため、その状態でリンゴループが再度発生するか確認してみましょう。 ITunesを使ったリカバリー方法 強制再起動やセーフモードでの起動をおこなってみても、iPhoneがリンゴループから抜け出せないという場合は、iTunesを利用して、リカバリーモードでiPhoneを起動してみましょう。 リカバリーモードは、iOSやiPhoneのシステムが原因でリンゴループが発生している場合に有効な対処法です。 リカバリーモードをおこなうことによって、破損したiOSなどを修復できます。 リカバリーモードの手順は、次のとおりです。 それでもダメならiPhone修理店へ 対処法を試してみても一向にリンゴループが直る気配がない場合は、iPhoneの故障も考えられるので、修理店に相談しましょう。 iPhoneの修理店には、正規店と非正規店の2種類があります。 それぞれメリットとデメリットがあるため、自分にあった店舗を選びましょう。 【正規店】 Apple Storeや正規サービスプロバイダなどが該当します。 正規店でiPhoneを修理する場合は、データのリセットがおこなわれます。 事前にデータのバックアップを取っていない場合は、iPhone内のデータが消えてしまうため、注意が必要です。 【非正規店】 非正規店でiPhoneを修理する最大のメリットは、Appleの保証に加入していない場合でも比較的安価な料金で修理を受けられる点です。 また、店舗によっては、修理の際にiPhone内のデータを復元してくれることもあります。 iPhoneがリンゴループ状態になってしまうと、データバックアップを取るのがむずかしくなるため、データが残る可能性があるのは、大きな魅力です。 しかし、リンゴループは原因の特定がむずかしく、正規店と違い、本体交換サービスなどもないため確実にリンゴループが直るとは言い切れません。 非正規店でiPhoneの修理をおこなうと、修理内容を問わずに、正規の修理サービスを断られることがあるため注意しましょう。 また、店舗により修理料金や、データリセットなしの修理やデータ復旧の可否が異なるため、事前に修理店のホームページなどで確認しておく必要があります。 リンゴループに備えてできること リンゴループは、いつ起こるか分かりません。 普段通りにiPhoneを使っていたら、突然リンゴループを引き起こしてしまい、泣く泣くiPhone内のデータを手放したという話も少なくないのです。 リンゴループが発生して、大切なデータを失ってしまわないためにも、普段からデータのバックアップを取っておきましょう。 バックアップの取り方は、次のとおりです。 まとめ リンゴループが発生すると、iPhoneが何度も再起動を繰り返してしまい、実質iPhoneが使用不可の状態になってしまいます。 リンゴループには、さまざまな原因があります。 一例として、iPhoneの故障や、アプリの不具合、iOSアップデートの失敗などがあげられますが、リンゴループの原因を特定するのはかなりむずかしいです。 ご紹介した対処法でも症状が改善しないという場合は、Appleサポートや修理店に相談しましょう。 また、リンゴループが起こっても、大切なデータを失ってしまわないように、定期的にバックアップを取ることをおすすめします。

次の

恐怖のリンゴループ!解決方法と最後の手段

アイフォン 再 起動

【関連】 によるとこのトラブルに悩まされているのは僕だけではないようだ。 むしろ、多くのiPhoneユーザーはiPhoneが突然再起動するという不可解な現象に悩まされていることを知った。 が 勝手に再起動するiPhoneが試すべき対処方法をまとめていたので、紹介しておく! 一度は試してみたい、再起動するiPhoneの対処方法 僕も日によっては何度か、最近は1週間に数回は勝手にiPhoneが再起動することがある。 特に何かをする訳ではなく、充電スタンドに乗せて放置していると勝手に再起動していることもある。 これは「 Plus」の頃から見られていたが、2017年12月現在、「 」でも時折見られる。 下記にある対処方法を片っ端から試したからと言っても必ずしもiPhoneが勝手に再起動する問題は解決するとは限らない。 iPhoneを強制的に再起動する 連続でiPhoneが勝手に再起動してしまうという人がいる場合は、とにかく最初に 強制再起動を試しましょう。 「 」以前の、物理ホームボタン付きのiPhoneであれば、 電源ボタンとホームボタンの長押しで行うことができるが、 以降は少しやり方が異なる。 それぞれの方法は下記記事にまとめてあるので、参考にどうぞ! 「モバイルデータ通信」をオン・オフ まず最初に試したいのが 「モバイルデータの通信」を一度無効化し、再度有効化するという方法。 「設定」アプリの「モバイルデータ通信」をタップし、オン・オフを切り替えてみるべし。 オン・オフを切り替えた後はiPhoneを再起動しましょう。 挙動が怪しいアプリの通知を無効化、または削除 2017年12月2日、多くの人が遭遇している「突然再起動する問題」の原因として、一部アプリが引き金となっていると報告されている。 そのアプリを削除することによって解決することはできるものの、通知が何かしら問題を引き起こしているとの報告もあり、 通知を無効化(「設定」アプリの「通知」から特定のアプリを探し、「オフ」にする)することによって解決できる、との報告がある。 ただし、この方法は一時的な対策であり、根本的な解決策ではない。 あくまでも暫定的な方法として通知のオン・オフで状況を確認して見るべし。 タイムラインを見る限りでは「欅坂のキセキ」「Zaim」などのアプリが原因であると指摘する声が多い。 本日未明より、Zaimおよび他社製のいくつかのアプリにおいて、iPhone, iPadの通知がオンになっていると、10数秒ごとに端末がスリープしてしまう現象を確認しています。 原因は調査中でますが、設定アプリ>通知から通知をオフにすると解消します。 調査や対策に進展があり次第、こちらに共有いたします — 家計簿 Zaim(公式) zaimjp これらで解決しない場合、問題となっている可能性のあるアプリを削除することも対策として考えれるが、当てずっぽうで片っ端からアプリを消すことはあまり現実的ではないため、明らかに怪しいアプリ(動作が不安定、謎のポップアップが表示される、など)に限定して削除した方が良いかもしれない。 「すべての設定をリセット」 「モバイルデータ通信」をオン・オフしても何も変わらないと言う人は「 すべての設定をリセット」してみましょう。 名前の通り各種設定がすべてリセットされてしまうが、データはそのまま残るリセット方法だ。 「ReiBoot Tool」を活用してみる 用意されているリセット方法や復元方法でどうにもこうにもならない場合はサードパーティ製のアプリケーションを試すよう、書かれている。 紹介されているのは「 ReiBoot」というソフトウェア。 Mac版もWindows版も用意されている。 元記事ではiPhoneのバッテリーを交換することを推奨しているが、場合によっては本体の基盤などに不具合があるかもしれない。 直る可能性があるのか分からないが、電池交換でことがすまなければ端末交換も視野に入れても良いかもしれない。 OSのアップデートでこの不具合が修正されていることを願う 以上、突然再起動するiPhoneの対処方法を6つ紹介した。 僕はあまりにも再起動の回数が多くて困っていたため、「 Plus」は新規交換してもらったが、その後も何度か勝手に再起動している様子を確認している。 なお、一応この件に関するAppleのサポートページは用意されているが、書かれていることは全く役に立たない。 ベータ版ではない、最新のiOSをインストールしても起きているのだから。 お使いのデバイスが最新の状態にアップデートされていて、お使いの App の最新バージョンがインストールされていることをご確認ください。 アップデートした後も問題が解消しない場合は、Apple サポートにお問い合わせください。 via そもそも本体のロジックボードやメモリに何か問題があるのかもしれない。 ハッキリとした原因は不明だが、早々にこの不具合が修正されていることを切に願う。

次の