マツダ 3 tcr。 これはカッコよすぎるマツダ3! 市販予定のTCR仕様【LAオートショー2019】

マツダ3の純正エアロがカッコ良すぎた!「MAZDA3 シグネチャースタイル」|MotorFan[モーターファン]

マツダ 3 tcr

マツダの米国部門の北米マツダは、11月20日に米国で開幕するロサンゼルスモーターショー2019に、新型『マツダ3』のレーシングカー、『マツダ3 TCR』(Mazda3 TCR)を出展すると発表した。 TCRは2015年春に開始された新たな国際ツーリングカーレース。 現在では、世界各地で36のレースが開催されている。 例えば欧州では、ホンダ、SUBARU(スバル)、フォルクスワーゲン、アウディ、プジョー、ルノー、アルファロメオなどの車両が、TCRに参戦している。 マツダ3 TCRは、『ロードスター』ベースのレースシリーズ、「グローバルマツダMX-5カップ」の参戦車両を手がける米国ノースカロライナ州のロングロードレーシングとマツダモータースポーツが、共同で開発を担当した。 マツダ3 TCRは、世界中の36のTCR公認のレースシリーズに参戦することを視野に入れている。 マツダモータースポーツによると、新しいツーリングカーのマツダ3 TCRによって、カスタマーレーシングプログラムを強化するという。 専用のシングルターボで過給することにより、最大出力は350hp、最大トルクは50kgmを獲得する。 エンジンの最大許容回転数は、7000rpmとした。 エンジンマネジメントはマニエッティ・マレリだ。 駆動方式は、FFとなる。 提供 マツダ 3 TCR トランスミッションはSADEV製の6速シーケンシャルで、パドルシフトで操作を行う。 オプションでXTRAC製のシーケンシャルトランスミッションが選択できる。 また、ダンパーはビルシュタイン製が標準で、オーリンズ製はオプションだ。 ブレーキはブレンボ製を装着する。 ホイールはレイズ製の18インチで、ミシュラン製の「パイロット」タイヤを組み合わせた。 カリフォルニア州アーバインのマツダ・デザイン・アメリカのデザイナーは、マツダ 3 TCRのエアロダイナミクス性能をTCR規格に適合させるために、多くの時間を費やした。 提供 マツダ 3 TCR その結果、フロントリップスポイラーやサイドスカート、ディフューザーなどの専用エアロパーツが装備された。 大型リアウィングが迫力を醸し出す。 全幅は1950mmにワイド化されており、拡幅されたフェンダーに大径タイヤを収めている。 シートはスパルコ製のバケットだ。 ペダルはTilton 製で、ドライバーの体格に合わせて調整できる。 ステアリングホイールは、MPi製とした。 データロガーは、Motec の「L180」を採用する。 ドライバーには、2019年のグローバルMX-5カップチャンピオンのブライアン・オルティス選手を起用する。 なお、マツダモータースポーツは2020年内に、世界各地のTCRレースに参戦するプライベーターに対して、ロングロードレーシングを通じて、マツダ3 TCRの販売を始める計画を掲げている。

次の

マツダ3 新型に350馬力のレーサー、「TCR」…ロサンゼルスモーターショー2019に出展へ

マツダ 3 tcr

マツダ3ファストバックの純正エアロパーツ装着車は「シグネチャースタイル」と名付けられた。 それは、このクルマに与えられたアイテムがただの純正アクセサリーにとどまらずマツダ3のもうひとつのスタイルとして完成されたことを意味している。 社内のデザインチームが生む「もうひとつのマツダ3」 マツダ3のファストバック専用アクセサリーとして開発された「SIGNATURE STYLE(シグネチャースタイル)」。 マツダ3用アクセサリーの中でも特に象徴的なスタイルを提案し、車両をトータルコーディネートするパッケージオプションである。 「シグネチャースタイル」というネーミング自体が初めて採用されたものだが、それはデザインプロセスや販売手法など、マツダにとっての新しい試みを表現した側面もあるのだそうだ。 というのも、シグネチャースタイルのデザインはアクセサリー商品としては珍しいことに、マツダ社内のデザインチームが担当しているのだ。 中国市場向けクロスオーバーSUV、CX-4のデザインを担当した小泉巌チーフデザイナーが監修を務め、引き算の美学とも表現されるマツダ3にパーツを加えるという、一見矛盾したテーマに真正面から取り組んだ。 「マツダデザイン」のあるべき姿を社内で共有している現在のマツダ。 シグネチャースタイルにも共通した美意識を表現するべく、デザインはマツダの社内チームが担当した。 アクリルバイザーはシグネチャースタイルとしての設定ではないが、車体に溶け込むデザインで走行ノイズを従来比25%も抑制した。 そもそも後付けする外装パーツのデザインは、車体のどの位置に取り付けるかをミリ単位で明確に定義しなければ、あるべき姿も決まらない。 そのためアクセサリーのデザインが車両デザインに寄り添い、開発段階から社内で情報が共有されることは、得難くも理想的な姿なのだ。 ある意味でコンプリートカーをいちから生み出すようなプロセスでデザインされたシグネチャースタイル。 マツダ3のデザインと見事に調和しているのはご覧の通りである。 まるで標準バンパーかのような統一感を生み出すフロントアンダースカート。 カラーはブリリアントブラックとなり、上質なスポーティさを表現。 五角形グリルの頂点と接するセンターリブがデザイン上のアイコンである。 フロントアンダースカートと同様、センターにリブを設けたリアアンダースカート。 これはマツダ3のデザインスタディとなった「マツダ魁CONCEPT」のように、車体中央を一本の軸が通っているイメージを表現している。 シグネチャースタイルは、フロントアンダースカート+リアルーフスポイラー、サイドアンダースカート、リアアンダースカート、BBS社製鍛造18インチアルミホイールから構成されている。 それぞれ単体での装着も可能だが、通常合計価格が71万9936円となるのに対して、パッケージ価格は49万8000円と、圧倒的にリーズナブル。 その価格設定もまた、マツダデザインの信念を保ちながら、マツダ3に上質かつスポーティな魅力を加えるシグネチャースタイルを、ぜひコンプリートで楽しんでもらいたいという想いから生まれたものだ。 他人と同じスタイルでは飽き足らないけれど、マツダ3の惚れ惚れするようなデザインは損ないたくない。 そんなわがままな想いに対する理想形を実現することができるシグネチャースタイルは、マツダが自信を持って提案する「もうひとつのマツダ3」と言うことができるだろう。 フロントアンダースカートとのセット販売となるリアルーフスポイラー。 こちらはボディ同色の設定となっている。 走行テストによる操縦安定性、車体のリフトバランスも検証済みで、しっかりと空力効果が認められている。 後端がキックアップしたデザインも「マツダ魁CONCEPT」を参考にしており、装着すれば「走るコンセプトモデル」の実現に一歩近づくことができる。 コンセプトカーの「VISION COUPE」のホイールデザインを再現したBBS社製鍛造ホイール。 0Jで、1本あたり1. 5㎏の軽量化と高剛性を実現。

次の

北米マツダ、マツダ3がベースの新型TCRカーを世界初披露。2020年IMSAデイトナ戦に参戦予定(driver@web)

マツダ 3 tcr

マツダの米国部門の北米マツダは、11月20日に米国で開幕するロサンゼルスモーターショー2019に、新型『マツダ3』のレーシングカー、『マツダ3 TCR』(Mazda3 TCR)を出展すると発表した。 TCRは2015年春に開始された新たな国際ツーリングカーレース。 現在では、世界各地で36のレースが開催されている。 例えば欧州では、ホンダ、SUBARU(スバル)、フォルクスワーゲン、アウディ、プジョー、ルノー、アルファロメオなどの車両が、TCRに参戦している。 マツダ3 TCRは、『ロードスター』ベースのレースシリーズ、「グローバルマツダMX-5カップ」の参戦車両を手がける米国ノースカロライナ州のロングロードレーシングとマツダモータースポーツが、共同で開発を担当した。 マツダ3 TCRは、世界中の36のTCR公認のレースシリーズに参戦することを視野に入れている。 マツダモータースポーツによると、新しいツーリングカーのマツダ3 TCRによって、カスタマーレーシングプログラムを強化するという。 専用のシングルターボで過給することにより、最大出力は350hp、最大トルクは50kgmを獲得する。 エンジンの最大許容回転数は、7000rpmとした。 エンジンマネジメントはマニエッティ・マレリだ。 駆動方式は、FFとなる。 提供 マツダ 3 TCR トランスミッションはSADEV製の6速シーケンシャルで、パドルシフトで操作を行う。 オプションでXTRAC製のシーケンシャルトランスミッションが選択できる。 また、ダンパーはビルシュタイン製が標準で、オーリンズ製はオプションだ。 ブレーキはブレンボ製を装着する。 ホイールはレイズ製の18インチで、ミシュラン製の「パイロット」タイヤを組み合わせた。 カリフォルニア州アーバインのマツダ・デザイン・アメリカのデザイナーは、マツダ 3 TCRのエアロダイナミクス性能をTCR規格に適合させるために、多くの時間を費やした。 提供 マツダ 3 TCR その結果、フロントリップスポイラーやサイドスカート、ディフューザーなどの専用エアロパーツが装備された。 大型リアウィングが迫力を醸し出す。 全幅は1950mmにワイド化されており、拡幅されたフェンダーに大径タイヤを収めている。 シートはスパルコ製のバケットだ。 ペダルはTilton 製で、ドライバーの体格に合わせて調整できる。 ステアリングホイールは、MPi製とした。 データロガーは、Motec の「L180」を採用する。 ドライバーには、2019年のグローバルMX-5カップチャンピオンのブライアン・オルティス選手を起用する。 なお、マツダモータースポーツは2020年内に、世界各地のTCRレースに参戦するプライベーターに対して、ロングロードレーシングを通じて、マツダ3 TCRの販売を始める計画を掲げている。

次の