雇用 保険 追加 給付 詐欺。 【流石に本物?】雇用保険の追加給付に関するお知らせが届きました【一応確認】

厚生労働省から「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い」という書類が届いたのが詐欺ではないかと疑った話。判別方法も考察してみた。

雇用 保険 追加 給付 詐欺

熊日の「SNSこちら編集局(S編)」に、「厚生労働省から突然、雇用保険の追加給付に関する通知が届いた。 詐欺と疑う人もいるのでは」といぶかしがる声が届いた。 同じような通知は最近、記者にも届いた。 追加給付のきっかけは昨年、大きく報じられた「毎月勤労統計の不適切調査」。 厚労省の調査方法が長年、対象事業所を不当に絞っていたため、雇用保険などが2004年8月以降、過少給付されていた。 これに伴い、厚労省は昨年秋から、追加給付すべき対象者に通知を出し、振込先などを確認する必要書類の返信を求めている。 記者は長女が生まれた際に育児休業を取得。 04年から05年にかけ、雇用保険の「育児休業給付」と「職場復帰給付金」を受け取っており、追加給付の対象になる可能性があるという。 厚労省雇用保険課によると、通知の対象者は全国で1860万人に上り、発送は膨大な事務作業。 新型コロナウイルス感染症の影響で3月~5月中旬は中断を余儀なくされ、同課は「送付完了は7月上旬までずれ込みそう」とみる。 追加給付に便乗した詐欺への備えとして厚労省は、正規の発送用封筒や返信用封筒の写真をホームページで公開している。 返信先の私書箱の番号も明記され、「届いた封筒と照らし合わせてほしい」と同課。 追加給付なので、通知を受け取った人に振り込みを要求するようなことはあり得ないとしている。 S編には「返信後、いつまでたっても振り込みがないし、国からの連絡もない」との声も寄せられた。 返信された書類は厚労省でチェック後、該当するハローワークに送られ、そこから追加分が口座に振り込まれる仕組み。 同課は「件数が膨大なため、給付まで数カ月かかる場合もある」と説明している。 追加の給付額は個人差があるものの、1人千円強の場合が多いという。 「本来の額を受け取るべきだ」と思う一方で、追加給付の事務処理にも税金が使われていることを考えると、少し複雑な気持ちになった。 (太路秀紀).

次の

「雇用保険に関する大切なお知らせ」「新手の詐欺?」

雇用 保険 追加 給付 詐欺

50代、55歳で早期退職をし、現在失業保険(雇用保険)を受給中の私。 先日、厚生労働省が長年に渡って不適切な統計調査をしていたがために、追加で給付されることになった雇用保険基本手当が振り込まれているのを確認しました。 その額がやたら細かい……。 <後日追記> 2019年12月より、過去に失業保険を受給した方々にも「雇用保険に関する大切なお知らせです」と書かれた書類が届いています。 私の場合はこの問題が発覚した後に失業保険を受給したので、手続きの途中で金額が訂正され、早々に不足分が支払われました。 それを前提にお読みください。 尚、還付金詐欺に騙されないよう、届いた手紙が正しいものなのか十分に注意してください。 連絡先が厚生労働省以外の場所になっている、電話連絡が必要と書かれている、口座のパスワードを聞いている等々の記述があったら要注意ですよ! 厚生労働省お問合せ専用ダイヤル 0120-952-807 323円の追加給付が振り込まれているのを確認した。 追加給付分の振込を確認。 一時期騒ぎになっていた厚生労働省が長年に渡って不適切に統計調査を行っていた件。 このことについては、3月の失業認定日にハローワークで既に説明を受けていました。 私の場合、3月18日以降は既に正しい基本手当日額で計算されていたので、追加給付分は、2月14日~3月17日の 32日分/150日。 そして今回銀行口座に振り込まれていた金額は、 323円。 調べてみたところ、どうやらこの3円は以下の「加算額」に当たる金額ということが判明。 <厚生労働省HPより> Q:追加給付の加算額とは何ですか。 なぜ支給するのですか。 いくら位もらえるのですか。 A:今般の雇用保険・労災保険等の「追加給付」については、過去に行われた給付額と本来であれば給付されていた金額との「差額」に、 その「差額」が現在価値に見合う額となるようにするための金額を「加算額」として給付することとしています。 額は給付の種類や受給の時期などによってそれぞれ異なることとなります。 なるほどーと思っていたら、特定記録郵便で「追加給付支給決定通知書」なるものが自宅に届きました。 ここにも「加算額」の説明が書いてありました。 しかし、たった323円の振込のために、ひょっとして銀行に振込手数料を支払っているのかしら? もしもそうだとしたら、その手数料総額はいったいいくらになってしまったのかしら? 特定記録郵便の料金もバカにならないし。 なんかもったいないですな。 まとめ。 なんだかんだ言っても、国の統計調査って実務担当者からしたら本当に大変なことだと思うので、不手際があったことについてはあまり責める気にもなれません。 追加給付の作業もさぞかし大変だったことでしょう。

次の

14年前にもらった雇用保険のお知らせがなぜ今? 厚労省から送られてきた手紙の正体 (2/2)

雇用 保険 追加 給付 詐欺

夫のマシュウです。 先日、ある一通の封書が届きました。 妻は「なんか怪しい!よく読んでね!」と一言添えて、私に注意を促します。 もしかすると、新手の詐欺じゃない? 最近は、こういったDMに疑心暗鬼になってしまいます。 だって差出人が 「厚生労働省」って書いてありますから・・・ 封書には 「雇用保険に関する大切なお知らせ」である旨の記載! 雇用保険? 私が退職したのはもうかれこれ2年半も前のこと。 それから、ハローワークに通いながら、いわゆる「失業手当を受給」してきました。 それも平成30年の2月に終了! 今ごろになって、雇用保険の給付に何か問題があったの? という思いで、文面に目を通しました。 追加給付? 標題には 「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い」と書かれています。 まずはじめに 「統計調査に関するお詫び」とあります。 そこには 「毎月勤労統計調査」などの厚労省所管の統計について、 長年にわたり不適切な取り扱いをしてきたことのお詫びと、 「毎月勤労統計調査」の不適切な取り扱いの影響で、雇用保険の給付に影響が出ていることをお詫びするというものでした。 この事案に関する厚労省のHPも公開されていました。 この調査の不適切な取り扱いで、雇用保険などで多くの方に対する 「給付の支払い不足」が生じたというものでした。 それで、対象者に、平成16年以降、追加給付が必要となる時期に さかのぼって 「追加給付を実施」するということです。 私も対象? どうやら私も、退職が平成16年以降なので、対象者に含まれていたようです。 「長年にわたり」というところがミソでしょうか 笑 そういえば、以前、国会などで統計調査の不備を取り上げられていたことを思い出しました。 この時は妻と、あまり考えずに自分にも恩恵がないのかね? などと軽口を交わしていたように記憶しています。 自分には関係のないこととスルーしていました。 どうやら届いた封書は、詐欺などの怪しいモノではなさそうです😊 手続きは? で、どういう内容なのでしょうか? 自分とはどういう関わりになるのでしょうか? 書面には、私の受給時期が記載されており、追加給付の支払い金融機関を登録して返信することを求められています。 早速、手続きを進めることとして、いったいどのくらい追加給付されるの? さらに読み進めると、小さな文字で書いてあります。 「一人当たりの平均では1,400円程度を見込んでいます。 財源難とはいうけれど、税金はこういう風にも使われているんだな? 自分達の仕事の 「ずさんさ」のツケが、こういう形で巡ってくることの 「事の大きさ」と それに伴う 「税金の無駄使い」に気が付いてほしいものです!! こんな場合、民間の企業ではどんな責任が伴うか・・・💦 官僚の世界では信じられないことが行われていることに 「唖然」とするばかり!! それでも妻アンは「もらえるものは黙ってもらったら!」 ハイ! 誠に、おっしゃる通りであります!😊.

次の