今期アニメ おすすめ。 【2020年春アニメ】必ず見るべき期待作10選!おすすめ覇権アニメ一覧

【2020年冬アニメ】必ず見るべき期待作12選!おすすめ覇権アニメ一覧

今期アニメ おすすめ

1 年末年始の休みも終え、今日から仕事が始まる方も多いであろう本日1月7日。 仕事だけじゃなく、 2019年冬アニメ も本格始動する時期だ。 新しいアニメが始まるのはうれしいことこのうえないが、昨今は(ショートアニメを含めれば)週に4~50本ものアニメが放映されていることもあり、この中から視聴するアニメを吟味するのはかなりのカロリーを消費する行為。 比較的時間に融通の利く職種に就いている方や学生諸氏であればともかく、規則正しい社会生活を営んでいる真っ当な社会人にとって新作アニメをひと通り視聴するのはよほどアニメが好きでなければ時間的にもかなりハードワークになるだろう。 そんなわけで、この記事では、 SNSを中心に話題になっている6作品+アニメを見るために実際に会社を辞めた経験 を持つ 筆者が注目している4作品 を合わせた 2019冬アニメおすすめ10作品を紹介していく。 話題の2019冬アニメ6選 けものフレンズ2 (画像はより) 全宇宙を感動の渦に叩き込んだ至高のアニメ、『けものフレンズ』がとうとう帰ってくる。 1期のラストで「ごこくちほー」へ向かって大海原へと漕ぎ出したヒトのフレンズ かばんちゃんとサーバルキャットのフレンズ サーバルちゃんだったが、どうやら今回の主人公はかばんちゃんではないようだ。 公式サイトを見る限りでは1期とは別のストーリー軸で展開されそうな雰囲気。 2の放映開始に先がけて多くの特番が放送されるなど、もはや社会現象といえるほどの神コンテンツ、本放送前からテンションを高めていこう。 ちなみに筆者は1期の終盤を再放送で見ているときに 「うおお~サーバルちゃんがんばえ~~」と泣きながらサイリウムを振っていたら、家具に手を強打して病院に行ったことがある。 2期放送マジ感謝の如し。 原作は累計330万部を売り上げた人気作で、いわゆる 異世界系に分類される作品。 しかし、他の勇者(剣・弓・槍)と比較して攻撃能力をまったく持たない盾の扱いは悪く、あまつさえパーティーメンバーに立候補してきた女性に強姦未遂の冤罪をかけられて最速ですべてを失ってしまう。 尚文は手ひどい裏切りに遭ったことで極度の人間不信に陥り、性格も荒んでしまうが異世界からは逃げ出すことができず、戦うための手段として奴隷の少女・ ナフタリアを購入することとなる。 召喚主を含めた周囲が決して味方ではなく、主人公の立ち位置的にもリベンジものとしての要素を多分に含んでいるのが本作の特徴。 『盾の勇者の成り上がり』1話は1月26日23時30分よりニコニコ生放送で上映 「盾の勇者の成り上がり」1話上映会 BanG Dream! 2nd Season (画像はより) ブシロード発のメディアミックスプロジェクト、『バンドリ!』の2期も絶対に外さない冬アニメだろう。 それぞれの生活が忙しくなり、なかなか集まれない香澄たちの元にひとりの少女が現れることから2期の物語はスタートするようだ。 『バンドリ!』といえば声優によるリアルライブも大きなウリのひとつ。 アニメ1期に登場したバンドは2期にも登場するとのことなので、各バンドの新曲にも期待したい。 ボーカルのレイヤ役を担当するRaychellはバリバリの現役歌手。 ブシロード社のカードゲーム『ヴァンガード』のCMに楽曲を提供したこともある実力派なだけに「RAISE A SUILEN」の新曲には期待が高まる。 ・ ドメスティックな彼女 (画像はより) 『ドメスティックな彼女』は週刊少年マガジンの人気タイトル。 高校生~大学生の恋愛事情を描いた作品で、主人公の 藤井夏生や彼の周囲の人物が性的にもさまざまな恋を展開していく。 基本的には善良な夏生だが 下半身直結で流されやすい傾向があるため、それが原因でトラブルを呼び込むことが多く、よくも悪くも年齢相応かつ等身大の人物像が描かれる。 本作の見どころは、ずばり はちゃめちゃスケベなところ。 週刊誌掲載時や単行本には 謎の袋とじがついていることがあり、その中身は 「少年誌?上等だよ」と言わんばかりの すけべフェスティバル。 アニメ化にあたって原作の内容をどこまで描けるのかという点もファンにとっては気になるところだ。 ・ 約束のネバーランド (画像はより) 週刊少年ジャンプからは『約束のネバーランド』がアニメ化される。 孤児院で暮らす主人公の エマは、ある日偶然にも孤児院の真実を知ってしまう。 孤児院でも年長にあたるエマやその仲間の ノーマン、 レイは気付かれないように脱獄を目指すが、彼女たちを管理するシスターもまた天才的な頭脳で立ちはだかる。 生存を賭けて外の世界を目指すエマたちは、やがて世界の真実を知るのだった。 原作コミックスは全世界で870万部以上を売り上げているジャンプの看板タイトル。 ジャンプの看板タイトルといえば夕方の放送枠という印象が強い(ラブコメ系は深夜枠になることが多い)が、サスペンス色がウリである本作は深夜、ノイタミナ枠での放送となる。 ・ かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ (画像はより) こちらはヤングジャンプからのアニメ化。 エリートが集う秀知院学園でもトップクラスの天才である生徒会長・ 白銀御行(しろがね みゆき)と副会長・ 四宮かぐやは、お互いに惹かれあっているがプライドの高さから 自分から告白したら負けと思いこじれた思考回路の持ち主。 本作はそんなふたりが己の能力をフル回転させ、相手に告白させるために権謀術数の限りを尽くす新感覚ラブコメディーである。 エリート中のエリート、いわば超エリートであるふたりを中心に物語が展開していくが、どこか抜けていて可愛げがあるためエリート嫌いの現場叩き上げ刑事でも抵抗なく観れそうなところも推しポイント。 『かぐや様は告らせたい』1話は1月15日0時よりニコニコ生放送で上映 「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」1話上映会.

次の

今期「2020春」おすすめアニメ13選!

今期アニメ おすすめ

目次(タップで移動)• 僕は原作(マンガ)を読んでましたが、 バスケ経験者から見てもかなりクオリティの高い作品。 タイプ的には 「黒子のバスケ」より 「スラムダンク」系ですね。 原作は間違いなく面白いんですが、スポーツ作品のアニメは難しい面もあるので不安もあります。 動きがしょぼくならないかは心配です。 ただ、PVを見る感じかなり丁寧に作りこんでくれてそうだなと。 試合の臨場感が上手く出せれば、 ハイキュークラスの作品になる可能性もあると思ってます。 友情や恋愛はもちろんですが、生きていく上での キレイごとだけではないシリアスな面も描かれるみたいです。 大人でも楽しみやすい作品になりそう。 春アニメで同枠だった 「キャロル&チューズデイ」がすごく面白かったので。 7月中旬時点でのPVですら完成度がすごく高く、 見ていて思わずニヤニヤしちゃいましたw やっぱりこう仕事が早いと、制作サイドのやる気が伝わってきますよね。 さらに奥には2人の姿が・・・。 ティザーPVの完成度がすごく高かったんですよね。 作画が丁寧でメチャクチャきれいで、気合の入り方が伝わってきます。 キャラの描き分けもとてもわかりやすいです。 オリジナルアニメということもあり、ストーリー的には未知数な面も多いですが…… 期待していいんじゃないかと思います。 戦時中の技術で 『身体の一部 or 全身』を機械化された、 「拡張者」と呼ばれる人たちが存在する世界が舞台です。 ハードボイルドな雰囲気がかっこ良くていいですね。 映像も美しいなーと感心します。 BLACK LAGOON(ブラック ラグーン)を、なんとなく思い出したPVの印象でした。 8位:星合の空(ほしあいのそら) 監督・赤根和樹が贈る、待望のオリジナル新作アニメーション「星合の空」の公式Twitterがスタートしました! そして本日、キャラクターデザインの高橋裕一さん描きおろし新アニメビジュアルを公開! 2019年より、TBS・BS-TBS他にて放送予定。 ソフトテニス部に所属する男子中学生たちの青春ストーリーで、オリジナル作品になります。 キャラの作画は少し個性的ですが、 青春ものとしてシンプルに面白そうだなと。 個人的にはPVでも流れてる主題歌がすごく好きです。 ちなみに歌っているのは 『マクロスFの星間飛行』でお馴染みの「中島愛さん」。 本が大好きだった少女が、 転生先の世界で 「本作り」を目指して冒険するストーリーのようです。 珍しいジャンルですし、「このライトノベルがすごい!」で 2年連続の1位を獲得していて興味深い作品。 ただ内容や雰囲気がまだよく分からなくて、とりあえずPVと公式サイトを見た感じでこの順位にしてます。 僕は詳しくないんですが、なんでも原作者の「野崎まど」さんは 独創的な作品を生み出す有名な小説家ということ。 そんな彼の作品を 『読む劇薬』なんて描写しているメディアもあって、すごく興味が湧きますね。 しかしジャンル的にしょうがないんですが、PVではいまいちまだ掴めません。 厨二病をこじらせまくった残念な男子たち(ヒーロー部)に、 転校生のJK主人公がツッコミまくる作品。 女子ウケは特に良さそうな雰囲気ですね。 しかし 会話のテンポが早そうなので、寒いノリになりそうな気もして怖かったりします。 PVに音声がまだ無いので判断しかねるところです。 ライオンなどの擬人化した動物が、日本のサラリーマン的な感じで送る 社畜コメディーのようですね。 イラストや雰囲気的にはすごく面白そう! ……なんですが、 PVだといまいちパッとしませんでした。 超優秀だった7人の高校生が事故に巻き込まれて異世界転生して、 転生先でやりたい放題するという内容のようです。 個人的には こういうチート系が苦手なのでこの順位に。 ギャグに振り切ってくれると見やすいんですが、変にストーリーがあると痛くて見てられなくて。 ただ絵はキレイっぽいので、 逆にそういうジャンルが好きな人はハマるかもです。 20位:アズールレーン 10月からの放送スタートが決定したTVアニメーション『』。 元のゲームは 「艦船を擬人化した美少女キャラクターを育てて、敵と戦うシューティングゲーム」みたいですね。 きっとアニメも 海戦系の作品になるんでしょう。 こちらも絵はキレイっぽいんですが、 スマホゲー原作のアニメは地雷率が高すぎて不安しかありません。 制作会社は違いますが冬アニメだった 「どろろ」を思い出しますよね。 同じく Amazon プライム・ビデオの独占配信になるようですし。 「両親から悪魔に売られてしまった少年」が、 養子となって悪魔の学校に入学して学園生活を送るというアニメ。 制作するNHKのサイトにPV的なものは一応あるんですが、見ても情報が少なくていまいちまだ分かりませんでした。 継続作品 こちらは補足情報として。 夏アニメからの継続作品はこの3本になるのかなと。

次の

【2020年冬アニメ】今期アニメのおすすめ人気ランキング!面白い覇権アニメの評価や感想・動画の配信状況を紹介!

今期アニメ おすすめ

1 年末年始の休みも終え、今日から仕事が始まる方も多いであろう本日1月7日。 仕事だけじゃなく、 2019年冬アニメ も本格始動する時期だ。 新しいアニメが始まるのはうれしいことこのうえないが、昨今は(ショートアニメを含めれば)週に4~50本ものアニメが放映されていることもあり、この中から視聴するアニメを吟味するのはかなりのカロリーを消費する行為。 比較的時間に融通の利く職種に就いている方や学生諸氏であればともかく、規則正しい社会生活を営んでいる真っ当な社会人にとって新作アニメをひと通り視聴するのはよほどアニメが好きでなければ時間的にもかなりハードワークになるだろう。 そんなわけで、この記事では、 SNSを中心に話題になっている6作品+アニメを見るために実際に会社を辞めた経験 を持つ 筆者が注目している4作品 を合わせた 2019冬アニメおすすめ10作品を紹介していく。 話題の2019冬アニメ6選 けものフレンズ2 (画像はより) 全宇宙を感動の渦に叩き込んだ至高のアニメ、『けものフレンズ』がとうとう帰ってくる。 1期のラストで「ごこくちほー」へ向かって大海原へと漕ぎ出したヒトのフレンズ かばんちゃんとサーバルキャットのフレンズ サーバルちゃんだったが、どうやら今回の主人公はかばんちゃんではないようだ。 公式サイトを見る限りでは1期とは別のストーリー軸で展開されそうな雰囲気。 2の放映開始に先がけて多くの特番が放送されるなど、もはや社会現象といえるほどの神コンテンツ、本放送前からテンションを高めていこう。 ちなみに筆者は1期の終盤を再放送で見ているときに 「うおお~サーバルちゃんがんばえ~~」と泣きながらサイリウムを振っていたら、家具に手を強打して病院に行ったことがある。 2期放送マジ感謝の如し。 原作は累計330万部を売り上げた人気作で、いわゆる 異世界系に分類される作品。 しかし、他の勇者(剣・弓・槍)と比較して攻撃能力をまったく持たない盾の扱いは悪く、あまつさえパーティーメンバーに立候補してきた女性に強姦未遂の冤罪をかけられて最速ですべてを失ってしまう。 尚文は手ひどい裏切りに遭ったことで極度の人間不信に陥り、性格も荒んでしまうが異世界からは逃げ出すことができず、戦うための手段として奴隷の少女・ ナフタリアを購入することとなる。 召喚主を含めた周囲が決して味方ではなく、主人公の立ち位置的にもリベンジものとしての要素を多分に含んでいるのが本作の特徴。 『盾の勇者の成り上がり』1話は1月26日23時30分よりニコニコ生放送で上映 「盾の勇者の成り上がり」1話上映会 BanG Dream! 2nd Season (画像はより) ブシロード発のメディアミックスプロジェクト、『バンドリ!』の2期も絶対に外さない冬アニメだろう。 それぞれの生活が忙しくなり、なかなか集まれない香澄たちの元にひとりの少女が現れることから2期の物語はスタートするようだ。 『バンドリ!』といえば声優によるリアルライブも大きなウリのひとつ。 アニメ1期に登場したバンドは2期にも登場するとのことなので、各バンドの新曲にも期待したい。 ボーカルのレイヤ役を担当するRaychellはバリバリの現役歌手。 ブシロード社のカードゲーム『ヴァンガード』のCMに楽曲を提供したこともある実力派なだけに「RAISE A SUILEN」の新曲には期待が高まる。 ・ ドメスティックな彼女 (画像はより) 『ドメスティックな彼女』は週刊少年マガジンの人気タイトル。 高校生~大学生の恋愛事情を描いた作品で、主人公の 藤井夏生や彼の周囲の人物が性的にもさまざまな恋を展開していく。 基本的には善良な夏生だが 下半身直結で流されやすい傾向があるため、それが原因でトラブルを呼び込むことが多く、よくも悪くも年齢相応かつ等身大の人物像が描かれる。 本作の見どころは、ずばり はちゃめちゃスケベなところ。 週刊誌掲載時や単行本には 謎の袋とじがついていることがあり、その中身は 「少年誌?上等だよ」と言わんばかりの すけべフェスティバル。 アニメ化にあたって原作の内容をどこまで描けるのかという点もファンにとっては気になるところだ。 ・ 約束のネバーランド (画像はより) 週刊少年ジャンプからは『約束のネバーランド』がアニメ化される。 孤児院で暮らす主人公の エマは、ある日偶然にも孤児院の真実を知ってしまう。 孤児院でも年長にあたるエマやその仲間の ノーマン、 レイは気付かれないように脱獄を目指すが、彼女たちを管理するシスターもまた天才的な頭脳で立ちはだかる。 生存を賭けて外の世界を目指すエマたちは、やがて世界の真実を知るのだった。 原作コミックスは全世界で870万部以上を売り上げているジャンプの看板タイトル。 ジャンプの看板タイトルといえば夕方の放送枠という印象が強い(ラブコメ系は深夜枠になることが多い)が、サスペンス色がウリである本作は深夜、ノイタミナ枠での放送となる。 ・ かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ (画像はより) こちらはヤングジャンプからのアニメ化。 エリートが集う秀知院学園でもトップクラスの天才である生徒会長・ 白銀御行(しろがね みゆき)と副会長・ 四宮かぐやは、お互いに惹かれあっているがプライドの高さから 自分から告白したら負けと思いこじれた思考回路の持ち主。 本作はそんなふたりが己の能力をフル回転させ、相手に告白させるために権謀術数の限りを尽くす新感覚ラブコメディーである。 エリート中のエリート、いわば超エリートであるふたりを中心に物語が展開していくが、どこか抜けていて可愛げがあるためエリート嫌いの現場叩き上げ刑事でも抵抗なく観れそうなところも推しポイント。 『かぐや様は告らせたい』1話は1月15日0時よりニコニコ生放送で上映 「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」1話上映会.

次の