眞子さま 破局。 【画像】小室圭が元カノと破局した理由はクレカが原因?元カノ妊娠疑惑とは?

だれが眞子さまと圭さんの破談を望むのか

眞子さま 破局

眞子さまと小室圭さん(代表撮影/ロイター/アフロ) 秋篠宮家の 眞子さまとの結婚延期が発表されていた 小室圭さんが、8月から3年間、米フォーダム大学ロースクールに入学することが明らかとなった。 お二人は昨年9月に婚約内定会見が行われたが、同12月に小室さんの母・佳代さんの借金トラブルが報じられ、今年2月には2020年まで結婚を延期することが発表されていた。 そもそも結婚延期の理由は、準備に十分な時間を確保するためと説明されているが、21年まで留学するとなれば、その説明と矛盾が生じる。 さらに、計400万円の借金トラブルが解決していないなか、学費と生活費をあわせ3年間で約3000万円もかかるとされる留学費用をどのように工面するのか、疑問の声も上がっている。 「小室さんが米国のロースクールに入学するという計画は、実は昨年の婚約内定発表前からあり、眞子さま、そして秋篠宮ご夫妻も聞いておられたようです。 しかし、昨年とは状況が大きく変わった今の状況で留学するというのは、世間的には非常識とも受け取られかねず、6月に小室さん親子からその報告を受けた秋篠宮ご夫妻は驚いた様子を見せたと聞いています」(秋篠宮家の内情を知る人物) 一部では、すでに眞子さまと小室さんの破局説も報じられているが、宮内庁の内情を知る人物は語る。 結婚延期発表以降、小室さんは月1回ほどのペースで秋篠宮家を訪問して、毎回数時間ほど滞在しており、まだ明確に破局には至っていないものの、結婚が宙ぶらりんの状況で小室さんが3年間も海外に行くということで、眞子さまご自身もその覚悟はなさっているご様子のようです」 そこで疑問なのが、やはり3000万円に上るといわれる留学費用についてだ。 「授業料は3年間で計2000万円ですが、小室さんが入学するフォーダム大学ロースクールが学生1人に給付する返還不要の奨学金は平均で年200万円ほど。 残りを返済が必要な奨学金で賄ったとしても、小室さんは佳代さんの借金トラブルが片づかないなかで、新たに多額の借金を抱えることになります。 まさか、眞子さまとの結婚によって国から支給される、約1億円の支度金を返済に充てるつもりなのでしょうか……。

次の

眞子さまの元彼は小室圭より優秀だった!?驚きの破局理由とは?

眞子さま 破局

小室さん側が辞退しないといけないので、難しいと思います お父さんが自殺とか、家柄とかそういうのはご本人の事と関係はないですが、 ビザ取得のために 200萬の貯金がないと申請出来ないからと、 母親が婚約者に頼み 一時的にで、ビザ取得出来たら、すぐに返金するという約束の上で振り込んでもらったら、当然、 返却されない・・・・とか、これは詐欺的臭いがしますし 小室圭自身も、学費の出どころを分かっているのだから、同罪だと 秋篠宮さまも 激怒されていると、週刊誌にですが書いていました。 一般人ならどうでもいいですが、 一応、宮様と結婚したら、 小室圭の母親と、同居男性の生活費や介護費用まで、永遠に宮家から裏から援助されつづける事となりますし このままだと、皇室廃止論になりかねませんし 財源が血税である以上は、国民から批判されるのは 金銭問題なのですから、仕方がないかと思います。 帝国ホテルの式の費用も、全額、宮内庁が負担とか、 年収250萬でどうやって、宮さまと都心で生活するのかも 国民は心配しているのだと思います。 私は 小室母子についているSPと、マンション前に24時間立っている警備の方の人件費も 今後二年間続く点についても それも血税だと言う点がきになりますし 警備の方は、この寒空、夜中も立ち続けているなんて気の毒すぎると思います。 最初のスクープも、NHKの記者が、スクープ前に小室圭母子本人に会い 二度、ちゃんと話したと、テレビで言っていましたし 今は、情報源が小室家だったとなっていますし、 批判は、家柄とかが理由ではないと思います。 眞子様自身も、小室母の事など、色々な事を全然聞いていなくて、 ショックで部屋にこもっているそうですし、 小室氏の人間性に疑問を持つから こういう騒動になっている気がします。 親に借金がある事が問題というより、 借りて返さないお金で学校に行ったり、留学していた事に問題があるのだと思います。 親が自営業で、資金繰りに困り、銀行に借りたというような借金とは違います。 それに、返金を求めたら、 小室圭自身も同席して、返す必要がないと、借りた相手に言ったとありますし、 本人も完全に関係者です。 眞子様に会いにイギリスまで行った時の費用25萬の内 少しだけは、返済しているが、その後はそれっきりとか 本人の借金でもあるかと思います。 小室圭さんは、今もSPが前後につき、 マンション前で24時間警察官が立って、警備しています。 皇室をよく思わない方々もいますし 結婚後も、警備は、一般の方たちより必要でしょう。 悠仁様が、将来の天皇ですし 眞子様が、バイトする 小室さんが、持参金はいらない、と駆け落ちするなら 別にいいかと思います。

次の

眞子さまの元彼は小室圭より優秀だった!?驚きの破局理由とは?

眞子さま 破局

「結婚問題に決着がつくのは、婚約延期を発表したちょうど2年後である'20年2月が有力だそうです。 実際'18年2月に宮内庁が延期を決定した際には《来年は一連の重要な儀式等が執り行われることから、それら一連の儀式等が滞りなく終了した再来年になる見込みです》と発表しています。 さらに、来年4月に秋篠宮さまは『立皇嗣の礼』が控えており、その前に決着させたいという意向もおありでしょう」 そう話すのは、事情を知る秋篠宮家関係者。 お誕生日のご挨拶に 「9月11日の午前11時半ごろ、紀子さまは上皇ご夫妻にお誕生日に際してのご挨拶のため、皇居を訪問されました。 秋篠宮さまも別の車で訪問されたのですが、美智子さまが乳がんの手術を終えて退院されたお見舞いも兼ねられていたのでしょう。 おふたりが入られた約20分後、両殿下ご一緒に宮邸にお帰りになりました」(皇室担当記者) この日の夜には、赤坂御用地内の赤坂東邸で紀子さまのお誕生日を祝う食事会も催され、両陛下はもちろんのこと、上皇ご夫妻もご参加。 《長女は、さまざまな思いを抱えていると思います。 このような状況で、長女の気持ちを推測するなどして現状や今後についてお伝えすることは、控えたいと思います》 お代替わりに伴い、秋篠宮さまは皇太子と同格の『皇嗣』となられたことで、今年から紀子さまもお誕生日に文書で記者からの質問に回答されることに。 ただ、国民の関心事となっている眞子さまと小室圭さんの結婚問題については、具体的な言及を避けられた。 「文書回答の内容からは、眞子内親王殿下から結婚に関する話を聞いておられるのかどうかはわかりません。 ただ、《長女の気持ちを推測》とも書かれていますので、具体的には聞いておられないのでしょう。 紀子妃殿下は、眞子内親王殿下自身がさまざまな状況を踏まえたうえで、周囲の期待にも応えられる道を選んでくれるだろうと信じ、任せておられるのだと思います」 今年6月、北欧への公式訪問前に行われた記者会見でも、秋篠宮さまは、眞子さまのご結婚について踏み込んだ発言はされなかった。 それは、結婚に関して何か進展や相談などがあれば、眞子内親王殿下から自分たちに何かしらのアクションがあると確信されているからでしょう。 この問題に関して、ご家庭でご両親から何度も聞くことはないでしょうから、具体的な進捗状況は把握されていないのだと思います」(山下さん) 娘の意思に任せたい 紀子さまが今回、深く言及されなかった裏には「とある意図が感じられる」と宮内庁関係者が語る。 「紀子さまは、公務がご多忙ということもあり、眞子さまとのコミュニケーションが減っておられるそうです。 もちろん、公務についてのお話などはされていることでしょう。 しかし、《長女は、さまざまな思いを抱えていると思います》というお言葉から察するに、眞子さまのご結婚について、普段からあえて積極的に話題に出されることはないのだと思います。 何を購入されたのかはわからない その場では、悠仁さまの普段の学校や、ブータン旅行でのご様子に関する質問が記者から次々と飛んだのです。 両陛下を支えるお立場である皇嗣家は、職員との連携がとれていない状況なのだろうか……。 そもそも、皇嗣職大夫とはどんな役職なのか。 「皇嗣職大夫は、秋篠宮家のお世話をする皇嗣職の最高責任者です。 秋篠宮ご一家とコミュニケーションをとりながら、皇嗣職としてどのようにお世話していくのかを決定する役職です。 悠仁親王殿下の私的な近況に関して、大夫として承知していることはあっても、公表すべき事柄だけを話しているのでしょう」(山下さん) あえて悠仁さまの私的な状況に言及しなかった可能性はあるようだが、職員との関係に不安が残る秋篠宮家。 8月上旬、小室さんの母親・佳代さんの代理人と元婚約者である竹田さん(仮名)、そして竹田さんの代理人が3人で初面会を果たした。 「竹田さん側の要望は、佳代さんの代理人に伝えられており、次回以降は、さらに具体的な話し合いになることでしょう。 「少なくとも、今年中に結婚、もしくは破談などの発表をしないことが、内々で決まっているそうですよ。 年内には、両陛下の即位関連の儀式が続きます。 そんな大切な時期に、眞子さまの結婚問題について何らかの決着をつけてしまうと、両陛下の即位関連の儀式から世間の関心が移ってしまうことを危惧され、お決めになったのだと思います」 11月30日には、秋篠宮さまのお誕生日会見が控えるが、その前の11月中旬に『大嘗祭』が行われる予定なので、会見での秋篠宮さまは、眞子さまの結婚についての明言を避けられることだろう。 「今回の紀子さまの文書回答や、以前の秋篠宮さまのご発言からも、眞子さまのご意思を尊重されるスタンスが見受けられるので、来年2月あたりに改めて、スケジュールが発表される可能性が高いと思われます」(前出・秋篠宮家関係者) 周囲の声に惑わされずに公務に励まれている眞子さま。 *記事内の眞子さまのご予定に一部誤りがありましたので、修正しました(2019年9月18日21時)。 外部サイト.

次の