なんか合わない人。 【どうしても合わない】仕事の人間関係これで解決!10の方法

タイミングが合わない…縁がない人の特徴&タイミングを合わせるコツ

なんか合わない人

私たちに自我がある以上、そりが合わない人は必ず出てきます。 たとえば仕事について、「お金をもらって働いているんだから、責任を果たすべき」と考える人もいれば、「嫌な仕事はやりたくない、できるだけ楽をしたい」と考える人もいます。 どちらの考え方が正しいかはさておき、私たちの価値観や考え方は千差万別。 そのちがいが相性を生み、合う人・合わない人を作り出します。 もし、合わない人が嫌い、振り回されるから苦痛、と感じることがあるのなら、自分の内面にその理由があります。 「ヒステリックで、感情的に怒るところ」が嫌だとします。 心理的には、嫌いな人・合わない人というのは、自分自身の嫌な部分を思い起こさせる人なのです。 ヒステリックで感情的に怒る人が嫌いな人は、自分の中にある感情的な部分を嫌っています。 たとえば、よく怒るお母さんを見て育った人は、自分はそうならないようにと思って、感情を抑えてコントロールします。 でも目の前に、感情的に怒る人がいたら、自分が感情的になることを禁止している度合いだけ、腹が立つはずです。 合わない人が嫌なのではなく、合わない人の中に見る自分自身の姿が嫌だと感じるわけです。 自信満々で堂々としている人が苦手、という場合も、その人を見ることで自分の中のコンプレックスが刺激されるから嫌だと感じるのです。 堂々としている人を見ると、他人の目を気にしてしまう自分自身の姿があらわになり、そんな自分を見るのが嫌で、相手とはそりが合わないと感じてしまいます。 自分のことを自分でしっかりと肯定できていれば、そりの合わない人が気になる度合は減ります。 幸せで満たされているときは、合わない人がいても案外平気だったりするのです。

次の

周波数が合わない人|utakata|note

なんか合わない人

波動(波長)が合わない人の見分け方【一緒にいるとイライラする人・波動が合わない違和感】 まず、波動とは簡単にいうと、その人自身が持っているエネルギーのことを指します。 オーラや雰囲気や波長などとも言い換えることができます。 そして、この波動のタイプが近い人ほど「何となく居心地がいい」「一緒にいると落ち着く」ように感じやすくなります。 このとき、波動の高さ・低さというよりも、特にその種類が違うと違和感を感じたり、イライラしたりしやすくなるわけです。 さらに、この波動(波長)のタイプ的に合わない人と一緒にいると、先にも述べたようにあなたも相手も運気を下げやすくなったり、疲れたりしてしまいます。 そして、 この波動(波長)が合わないかどうかを見分ける方法としては、「直感」つまり「何となくの感じ」で決めていいです。 つまり、上述のような「何となく波動が合わなく違和感を覚える」「イライラする」「一緒にいると疲れる」状態になっていれば、まさにこれが波動(波長)が合わない証拠といえます。 これはごく当たり前のことともいえますが、この「普通のこと」がスピリチュアル的な波長(波動)が合わない人の見分け方といえます。 波動が合わない人から離れる(距離を置く)のも運気の上昇につながる【波動の違いと別れ】 そして、このように波動が合わない人との付き合い方としては ・適切な距離を置く ・無理に仲良くする必要はなく、きちんと離れる のがおすすめです。 これは波動の種類が違うのですから「離れる」くらいしか対処方法がないわけです。 ただ、このときに 相手が不快になるレベルに嫌がるような行動をとるのではなく、できるだけ「普通に接する」ようにした方がいいです。 相手が嫌がるような行動を意識して行えば、マイナスのエネルギーを投げかけていることに相当するため、出したものを受け取るという宇宙の法則により、自分自身の運気が下がり低下する傾向となります。 このように普通に接するという前提を持った上で、なるべく無理して仲良くすることもせず、適切に離れるようにするのがおすすめです。 波動が合わなく距離を置くことに罪悪感を感じない きちんと浄化しよう なお、このように「一緒にいると疲れる人」から意識的に離れることをすることで罪悪感を感じてしまう方がいます。 これは、スピリチュアル的にもまったくネガティブなことではないのですが、「そうすることが普通」と感じている人からするとどうしても「なんか悪いことしたかも」という気持ちが出てきてしまうものです。 このようなケースでは、 出てくるマイナスのエネルギーをきちんと浄化させることが大事です。 具体的には、当サイトにて様々な開運・浄化につながる方法を解説しているような方法を実践するといいです。 代表的なものを以下に記載しておきますと、 ・神社に行く ・ ・ ・バランスのいい食事・適度な運動・たくさん睡眠をとる ・笑顔・明るさを心掛ける ・占い師やスピリチュアルカウンセラーなどのエネルギーが整った人・波動が高い人に相談する ようにするといいです。 このとき 占い師に相談するなど、客観的な視点を持つ外部からエネルギーのチューニングをした方が、基本的に自分でできる浄化以上に効果は高いです。 深い悩みを抱えている場合ほど、自分自身を客観視することが困難になり、誤った方向に向かいやすいためです。 かつ、 人気がある占い師やスピリチュアルカウンセラーの方であれば、エネルギー状態が整っている人が多く、会ったり話したりすることで、あなた自身の波動を整える力がかなり高いのでおすすめです。 ここで注意すべきは、上述のように「あなたにとってなんとなく合わないといった違和感がある占い師」も当然ながらいる点です。 何度も記載しているように、これは波動のタイプの違いがあるためです。 そのため 占い師の方に相談する際は、まずは初期の相談費用が無料(無料特典がある)電話占いなどによってその占い師との相性を確認してみるといいです。 このときに「なんか波動が合う」「いい感じ」と思える方であれば、その後も電話占いで継続して相談・エネルギーチューニングを実施し、適切に浄化してもらう流れにすると「お得に高い浄化効果を得られる」といえます。 すると、 ・波動が合わない人との関わりによって受けたネガティブなエネルギーをきちんと昇華・浄化できる ・今後も波長が合わない人との関わりが自然と減っていく ・合わないと感じていた人がそこまで気にならなくなる などの開運につながりやすくなるわけです。 もちろん電話占いではなく、信頼できるいきつけの占い師やスピリチュアルカウンセラーの方がいらっしゃれば、そちらに頼るのもいいです。 あなたが直感で「やってみたい」と感じたことを素直に実践し、より運気の上昇、よりあなたの人生が楽しい・輝いたものに変化するように取り組んでいきましょう。 まとめ 波長(波動)が合わない人と離れるのも運気上昇につながる理由 ここでは、スピリチュアルな観点からの波動が合わない人との付き合い方について確認しました。 職場等々にて波長が合わない人はいるものですが「なんか波動が合わない違和感がある」と直感で感じているのであれば、無理して仲良くしようとしないでいいです。 これはあなたと相手の波長が違うわけですから、現実的に「頭で仲良くしないと」と考え・行動してみたところでも、上手くいかないことがほとんどなわけです。 このとき仲良しにならないまでも、「相手に対して極端に嫌な顔をする」「不快な態度を前面に出す」のは避けたましょう。 結果として、あなた自身の運気を低下させることになるためです。 なお、何となく苦手な相手と距離を置くことに罪悪感を感じることがありますが、このような気持ちを感じる必要はありません。 全く悪いことではないからです。 ただ、現実的には「波長が合わない人とも合わせるべき」と考えている人にとっては、どうしても罪悪感が出てくることがあります。 このような時は湧き出るネガティブな感情をきちんと浄化すればよく、「神社に行く」「各種浄化・開運が進む行動をとる」「人気の占い師などのエネルギー状態が整った人と話す・カウンセリングを受ける」などの中からあなたに合った方法を行うといいです。 あなた自身の人生を「より楽しいもの」「よりあなたらしいもの」「より幸せなもの」にできるように、さまざまなチャレンジを行っていきましょう。

次の

趣味が合うのか合わないのか分からない人と交流すべきか 私はジャンルで...

なんか合わない人

なぜ合わない人がいるのか 職場でもプライベートでも、「合わない人」はどこにでもいますよね。 合わない人がいるのは、しょうがないこと。 でもそもそもなんで合わない人は存在するのでしょうか? 価値観が違うから 合わない人がいるのは、人はそれぞれ違う価値観を持っているから。 「ハンバーグが好き」な人もいれば「肉よりもカキフライが好き」な人もいますよね。 育ってきた環境・趣味嗜好・性格が違えば当然のこと。 しかし どうしても認めることができない価値観に出会うと、「合わない」と感じてしまうのでしょう。 特に会社ではたくさんの部署・役割があり 得意分野はさまざま。 同じ好みの人だけでは上手くいかないので、当然ともいえるでしょう。 同じ会社に入社したとはいえ、価値観が似ている人ばかりではないので衝突してしまうことがあります。 自分の嫌な部分と重なるから 誰でもコンプレックスはあるでしょう。 相手の性格に自分のコンプレックスと重なる部分があると、「 自分が許せないから相手も許せない」となってしまうことがあります。 例えば、毎回ミーティングの時間に遅れてくる人に対して。 「私は遅刻癖があるから頑張って遅れないように工夫しているのに、なんであの人はへらへらしているんだ」とイライラしてしまうかも。 他にも集中力がないという欠点があるからこそ、同じように集中力がない同僚を見て 「迷惑だな」と思ってしまうこともあるでしょう。 このように自分を認められないことが「合わない」と感じる原因になることがあります。 仕事に合わない人がいるとき大事にすべきこと 「合わない人」がいるのは自然なことですが、気にならなくできれば過ごしやすいですよね。 合わない人が会社にいる場合、大事にしたい考え方を紹介します。 ・「一緒に過ごすのは仕事のちょっとした時間だけ」と割り切る ・「そういう性格なんだ」と諦める ・相手に期待しすぎない これらを心がければ、合わない人と最低限関わる程度で平和に仕事をできるでしょう。 必要最低限の礼儀は守る 「苦手だ」と感じると自然と無礼な態度をとってしまいがちですよね。 すると本人だけではなく周りも不愉快になり、仕事をする上で支障が出てしまうでしょう。 原因は相手にあっても、あなたが悪いと思われてしまうかも。 「失礼な態度をとってしまった」と 自己嫌悪に陥ってしまうこともあります。 どんなに苦手でも 「お礼」「謝罪」「返事」を忘れないようにしましょう。 仕事をスムーズに進めるために、また人として大事なことです。 信頼できる人を増やす 会社に信頼できる人を増やしましょう。 そうすることで、「合わない人はいるけど、私のことをわかってくれる人がいる」と安心できるのです。 信頼できる人とは、何かあったら助けてくれるような信頼関係が成り立っている人。 「報連相を忘れない」「与えられた仕事を期限内に終える」「わからなければ質問する」などきちんとした姿勢を示せれば、周りの人はきっとあなたを信頼してくれるでしょう。 仕事に集中する 会社は友達作りの場所ではなく、仕事を行う場所です。 仕事に集中することで、合わない人を気にしていられなくなるでしょう。 集中できないのは仕事に慣れてきたからかも。 ・相談する ・異動願いを出す ・転職する 相談する 「話を聞いてくれない」「私にだけ口が悪い」など仕事に支障がある場合は相談しても良いでしょう。 一人では「耐えるべきか」「転職するべきか」判断がつきづらい場合もありますよね。 一人で抱えきれなくなったら、 身近な人や会社のハラスメント相談窓口に相談してみましょう。 きっとなにか答えが出るはずです。 異動願いを出す 「会社は好きだから変えたくない」「転職は大げさかも」な人には、異動の相談がおすすめ。 仕事を変えずに手軽に新しい環境にいけます。 言いづらい場合は、正直に理由を言わなくても良いでしょう。 しかし、部署・チームが変わったからと言って、苦手な人が全くいなくなるわけではありません。 もしかしたらもっと合わない人がいた、なんてことも。 感情に身を任せずに、慎重に行うことをおすすめします。 転職する 「我慢できない!」人に、転職は職場環境を変えるために最適でしょう。 新たな場所で再スタートを切れます。 現職場で合わない人がいるからこそ、「こういう雰囲気の職場は嫌だ」とより細かい希望がわかり、自分に合った職場を見つけられるかもしれません。 しかし転職はストレス・時間がかかるもの。 焦りは禁物です。 「幸せ」になれることを考えよう! 仕事での合わない人への対処法を紹介しました。 人間だから、合わない人がいるのは当然です。 大事なのは、「どう振る舞う」か。 大きなトラブルを起こさないように、今回紹介した「心がけ」を意識しましょう。

次の