持田香織 声でない。 持田香織の若い頃がかわいい(画像あり)!声が出ないのは病気?歌声復活の可能性は?

持田香織の若い頃がかわいい(画像あり)!声が出ないのは病気?歌声復活の可能性は?

持田香織 声でない

持田香織(ELT の声について ファンの方は見ないほうがいいかもしれません。 持田香織さんの声についてなんですが、ずいぶん前から見ていてかわいそうなくらい声がでていませんが、 ふと疑問におもったので質問します。 なぜ彼女はあんなに声が出ないにも関わらず毎年のようにライブをするんですか? そりゃファンからしたらファンがみたいとおもっているから、ファンの期待にこたえてくれているんだ! 彼女はライブがすきだから、 みたいに言うかもしれませんが、 あんなに声がでない状態のライブをみてファンも持田自身もつらくないんでしょうか? (本人も声がでなすぎてライブ中に泣いたという情報も聞きました。 ) 最近の声がすきという方はいいかもしれませんが、昔の声がすきだった方はどうなんでしょう? わたし自身、持田の昔の透明感のあるヴォーカルがすきだったので、 ここ最近の劣化は正直聴くに堪えません。 いっそのことレコーディングアーティストになって、 ライブは声のことを考えて控えればいいのに、とおもいます。 (実際、声のよく出る歌手でも毎年ライブをやっている歌手はそんなに多くありません。 ) それと噂では彼女は喫煙者だと聞きました。 今は知りませんが、あの喉の状態を考えたら当然喉に悪いことは少しでも控えるべきとおもいます。 ライブだって毎年やらずにレコーディングのみにして休養していれば、すこしは声もよくなるかもしれません。 今のような状態をずっと続けていれば、よくなるものもよくならないとおもいます、、。 以上のことをふまえてお聞きしたいのですが、 彼女はなぜ毎年ライブをやるんでしょうか?avexに無理やり企画されているんですか?それとも彼女がのぞんでやっているのですか? 持田がライブ中、声のことで泣いたというのは本当なんでしょうか? 教えてください。 (ファンの方で感情的な回答をされる方は回答を控えてください。 あくまで冷静な回答をお待ちしています。 ) ファンです。 けっこうライブにも行ってます。 まず喉を壊した経緯ですが もともと喉が強い方ではないってのはありました 04~05年にかけてのツアー(10月から3月の4か月半で44公演) 特に12月にツアーに加えて、年末の歌番組(紅白など)が多数入っていたことで、年末には喉がかなり消耗して、1月の公演でダウンしました。 ちなみにライブ中に声が出なくて泣いたというのは事実です。 歌っている最中に声が出なくなり泣き出したというのがありました。 その次の公演から2公演が延期になりました。 なぜ毎年ライブをやるかですが、一つはエイベックスの影響はあると思います。 今でも固定ファンがある程度いるので、商業的にも動員数を確保できるからです。 ライブって経費がけっこう掛かるので、大規模のセットをやるような歌手(avexで言うと、浜崎あゆみ、幸田來未、EXILE)は動員数が多くてもあまりもうからないようです。 実はチケット代は、運営経費でなくなってしまい、利益にはならないんです(ステージセットに金をかけると、スポンサー料を含めてとんとん)、 ただELTだとホールツアーでステージにはあまり金をかけない、毎回スポンサーがつく、ホールツアーの中では動員数は多い方、また物販の売り上げが多いので収益性が高いです。 それから本人達の希望もあるので、決して無理やりでは無いとは断言しますが、細かいところ(日程や公演数)は会社の方針です。 ただ個人的にはですが、05年から07年の前半くらいまで、ちょうど世間から、巻き舌みたいな歌い方と酷評されていた時代は、あまり好きではなかったです。 見ていてつらくないのですか?と聞かれたら自分なら辛かったとは断言できます。 ただ07年の夏ごろからは多少声の改善はしています。 もちろん昔のような澄んだ歌声ではないですが、巻き舌のような歌い方ではなくなりました。 だから最近の歌い方は好きですよ 最近になって彼女がやっと喉を壊した時のことをしゃべるようになったのですが(当時はあまり話題にしたくなかったように感じました) 喉を壊したツアー中ではなく06年から07年くらいまでは本人もかなり辛かったらしいです。 どちらかと言うと精神的にかなり病んでたようです。 その頃は歌うのが楽しくなかったそうです。 (もともと歌を歌うのが好きで歌手になったような人で、普段からよく歌っていたそうです) ただその後は立ち直っています。 最近は歌うのは楽しいって言ってます。 07年以降の曲を聴いてほしいと個人的には思います。 もちろんツアー後半では声が消耗してるのが聞いていてわかりますが、楽しそうにやってますよ タバコはやってないです。 これは根も葉もないうわさです。 ただ相方のいっくんはヘビースモーカーですが 確かに今でも昔の曲を歌うと厳しいのはありますがぜひ最近の曲も聴いてほしいです たとえば「恋をしている」「あたらしい日々」など ・なぜ毎年ライブをするのか ELTはライブが好きだからです。 なんといってもELTは、「ライブアーティスト」ですからね。 ELTからライブを取ったら、魅力が半減すると思います。 (伊藤一朗ファンの僕にとっては、これほど悲しいことはない) ただ、公演回数は20公演くらいにして欲しいです。 当然のことながら、avexとのやりとりもあるでしょうが、本人たちがライブを望んでいると思います。 持田の性格上、じっとしているのが我慢ならないのでしょうね。 もちろん、avex側も所属している以上、ELTに稼いでもらわないといけません。 CDのシングルの売り上げが、1万枚を切ってしまう現状では、ある程度ライブを行って稼いでもらうことが必要です。 ですが、ELTのようなベテランに対し、そこまでツアーを行うことを強要しているとは思えません。 持田が以前ラジオで、「私くらい(キャリアを重ねた人間)になると、周りの人が何も言わなくなる。 」と語っていましたし。 avexの意向もあるでしょうが、少なくともELTが合点した上でツアーを行っていると思います。 この原因は、このツアーの途中で、持田は急性気管支炎を患っていたために声が出なくなったのです。 そして、この後のいくつかの公演を延期する事態となりました。 しかし、08年のツアーでは、かなり持田の声が回復しています。 そして、09年リリースの「DREM GOES ON」から、さらに声が回復しています。 回復してきたな~と思っていたら、09年の末にTVで歌ったときは声が出ず。。。 しかししかし、今年のa-nationでは、かなり回復しています! 質問者さんは、昔の声が好きとのことですが、僕が見る限り、何年休養しても、昔とまったく同じ声には戻らないと思います。 回復するとすれば、今年のa-nationの声質で、ボリュームと安定感が増すのがやっとだと思います。 結論として、なぜ毎年ツアーを行うのかは当事者じゃないのでわかりませんが、ひとつだけ言えることは、ELTのライブにかける想いは相当強いということです。 あと、常に現役アーティストでいたいという持田の気持ちが強いと思います。 ・喫煙に関して これは、持田が喉を壊した後にとって付けたような噂ですからね。 僕は目で見たもの以外は信用しないので。 これに、ツアーグッズの売り上げなどもあります(ツアーグッズは結構売れる)ので、ざっと4億くらいでしょうか。 改めて、ツアーの収益力の凄さを感じさせますね。 ELTのシングルはTOP10に入れるかどうかの状態だけど、 ツアーは毎回30公演くらいやっても客が集まるようなので、 強制とまではいかないけど、エイベックスにやらされているのかもしれません。 もちろん、本人たちものぞんでやっているのでしょうけど。 ツアー以外にクリスマスライブなども結構やっていますね。 エイベックスは稼げる時にはところん稼いでおくってイメージがあります。 ライブをやるときは公演数を減らしたほうがいいと思います。 そっちのほうがノドのためにも良いでしょうし。 ライブ中、声が出なくなって泣いたっていうのは本当です。 健康とかに気を使っているようだし性格的にも、喫煙していないと思います。 声が出なくなりすぎて、そういう噂がたったのかもしれませんね。 ただ、過去に吸っていたかは知りません。 エイベックスが関わってきているように思います。 私はエイベックスではありませんが、レーベルで働いていた時期があり その話を聞きました。 エイベックスは昔から新人発掘がうまい、やり手、という印象のレーベルでした。 その特徴としては、新人なのでインパクト、特徴が強いアーティストを 売りにするというのが手法です。 まだ7年程前くらいまでは、そういうのも控えめではありましたが、 不況の昨今、よりインパクトの強いアーティストを! という気持ちが強いのでしょう。 その結果、クセを活かす、という意味合いで あのような歌い方になってしまったのだと思います。 よく思い出してみれば、あゆも倖田來未も同じような歌い方ですよね。 おそらく、あゆが先駆けとなってああいう歌い方を始め、ヒットした。 ヒットが出るとそれを真似ようとする風潮は絶対に出てきます。 歌い方についてはこのようなかんじでしょうか。 またライブについては、 「ライブをやっていない=売れなくなってきた」 というイメージがあるため、それを隠す意味もあるかと思います。 もちろん、アーティスト側としても、ライブをやりたくてもできない方達はたくさんいるので 出来る限りやりたいというのが本音なのではないでしょうか。

次の

持田香織の声が復活?出ない原因は?旦那の名前と年齢は?VS嵐出演│クラウドノート

持田香織 声でない

では、「声帯結節」についてもう少し詳しく解説していきます。 「声帯結節」とは一体!? 声帯結節というのは、声帯が振動して擦れ合いストレスをかけることによって左右両方の声帯の真ん中あたりに「結節」と呼ばれる硬い組織ができることを言うそうです。 まさに持田さんはデビューしてから数年間、高音を無理に出し続けたことで、この「声帯結節」になってしまったということになります。 矛盾する点もとりわけありませんので、これが持田さんが昔の歌を苦しそうに歌ったり、キーを下げて歌っている理由なのです。 完治するかどうかわかりませんが、持田さんの場合には歌手という職業柄、定期的に声を出す必要があり、これまで長い期間休養したことはないと記憶してますので、おそらく完治までは至っていないのではないかと思いますね。 持田さんはこれまでにも高音が出せないことから、昔の曲を歌うのをやめるかどうか悩んだようですが、結局いまでも定期的には歌番組などで歌っています。 しかし、キーを下げて歌っていたりして決して当時の歌声ではありません。 もうあの綺麗な声が聞けないのでしょうか? 答えとしては、 難しいんじゃないかと思います。 また、年齢的にも40歳を超えており、やはり声というのは10代・20代と比べれば変わるのは間違いありませんから、あの透き通った高音はもう二度と聴けないと思います。 もちろん、CD音源やダウンロードして聞くなら可能ですが、生歌であの声はもう一生聴けないでしょう! これは個人的にも非常に残念ですが、こればかりは仕方ありません T. 代表曲「Time goes by」の結構高い高音も見事に歌い切っており、これ以降次第に高音が出せなくなっていったのでしょう。 よくこんな高画質な映像が残っていたなと驚きですが、それよりもやっぱり透き通るようなもっちーの歌声はいいですね〜。 「fragile」は持田さん本人が作詞をしたもので、五十嵐さんが脱退してからの曲になります。 すでにこの頃から高音が出づらくなっていたのだと思います。 「fragile」自体もそこまでキーが高くありませんし、やや苦しそうに歌っている姿が見て取れます。 まとめ 持田香織さんが高音が出せなくなり、歌い方を変えてしまったのは、高音を無理に出し続けたことで声帯を酷使してしまい「声帯結節」になってしまったのが原因ということです。 歌手は昔の歌をCD音源のまま歌うことを期待されてしまいますので、こればかりはなかなか酷なことだと思いますし、もう出ないことは仕方ありませんので、ぜひこれからは温かい目で持田さんを見守っていきましょう!.

次の

持田香織(ELT)の声が出ない!?歌い方が変わった理由とは!

持田香織 声でない

— 2019年 6月月17日午前10時39分PDT 持田香織さんの声が変わった理由は、 2005年頃に患った病気が原因だったとされています。 持田香織さんが患ったのは、 急性気管支炎という病気で、2005年1月23日の熊本市民会館のライブで代表曲の『fagile』が歌えずに涙を流すというシーンもありました。 その後に持田香織さんが精密検査を受けたところ、急性気管支炎と診断されたのでした。 気管支に炎症の中心があり、咳やたんなどの呼吸器の症状を引き起こす病気で、数日から数週間で治まる「急性気管支炎」と、年余にわたって咳やたんなどの症状が続く「慢性気管支炎」とがある。 急性気管支炎の大半は、ウイルスやマイコプラズマなどによる感染症が原因で起こる。 (中略) 咳やたん、発熱などが主な症状としてみられる。 呼吸をするときに「ぜーぜー」と音がする喘鳴(ぜんめい)や、息切れを起こすこともある。 一般に感染症による気管支炎は、鼻水、喉の痛み、疲労、悪寒といった風邪のような症状から始まり、咳が出始める。 やや高い熱(37. 5~38度)に伴って背中や腰の痛み、筋肉痛が現れることもある。 咳は最も治りにくい症状で、治まるまでに2~3週間、またはそれ以上かかることもあり、ときに喘息や肺炎などへと移行する場合もある。 引用元: つまりは、持田香織さんの場合は急性気管支炎のため、数日~数週間で収まる可能性が高かったと考えられます。 しかし、持田香織さんは急性気管支炎が治った後も、歌い方を模索している最中だとされていました。 また声が出なくなる恐怖や、以前のように歌ったら また喉へのダメージがあるのではないか、など、持田香織さんなりの葛藤もあったのかもしれません。 それでは、もう少し持田香織さんののどの病気について見ていきましょう。 持田香織は喉を酷使して高音が出なくなる — 2019年 3月月29日午前1時52分PDT 持田香織さんの声が出なくなったのは、2005年1月のことでしたが、ちょうどその時の2004年末から2005年初めにかけては、「common place tour2004-2005」38会場44公演の真っ最中。 当時人気絶頂だったELTは音楽番組の出演も相次ぎ、最も 喉を酷使した期間になってしまいました。 その疲れから持田香織さんは急性気管支炎を患ったとされました。 しかし、持田香織さんが2005年1月に急性気管支炎を患った後、2月以降はスケジュール通りにステージに立ち続け、延期されたライブも全てこなしていきました。 また、持田香織さんの病名は急性気管支炎ということもあり、 ただの風邪でしょ?という厳しい指摘もあったようです。 急性気管支炎を発症してまでも、多忙のスケジュールの中で喉を酷使。 さらに急性気管支炎が治った後も、喉をかばうために歌い方を変えたり、歌声の不安定さを隠すために変な歌い方になったと考えられます。 持田香織の声は現在復活しつつある — 2020年 5月月29日午後4時48分PDT 一時期は持田香織さんの声が出ないと騒がれていましたが、 最近では声が戻ってきたと話題になっています。 持田香織さん歌い方昔のに戻った? — yuki. 8月8日に9歳年下のスポーツトレーナーと結婚した、Every Little Thingの持田が都内で行われたライブイベントに登場。 結婚後、初ライブとなったが…。 「楽曲のキーを下げて演奏したものの、それでもかなり苦しそうに歌っていた」 ライブを見た音楽関係者 引用元: やはり、持田香織さんの声は完全には復活してはいないものの、キーを下げれば歌うこと自体はできるというような状態なんでしょう。 もしくは、最近の持田香織さんの歌い方ばかりを見ていた人にとっては戻ったように感じるけれども、全盛期の持田香織さんの歌声を知る人にとったら、まだまだ戻っていないということなのでしょう。 最近では相方の伊藤一朗さんの活動ばかりが目立ちますが、持田香織さんの声が万全な状態になって、またELTとしての活動が頻繁に見られるといいですね! 持田香織の歌声はどれだけ変わったか?昔から現在まで比較 — 2020年 1月月29日午後12時36分PST 持田香織さんが何かしらの宗教にはまり、 その宗教で声を治したのではないか?という噂も見つけました。 持田香織さんが宗教にはまったとされているのは、2012年頃の話で、宗教の影響で周囲のスタッフを次々とクビにしたという話がありました。 持田香織さんがはまったのは行きつけの気功師関連で、• 気功師と同居を始めた• 気功師に財産を渡した という噂まで流れ始めました。 そんな中、持田が「気功師夫妻のおかげで回復した」といっていた歌声に、今回はついに視聴者から疑問の声が上がってしまう結果となった。 引用元: 気功とは中国伝統の治療法であるため、持田香織さんの喉も気候によって治したのではないか?という話が出てくるようになったのでしょう。 気功師が持田香織さんの弱みに漬け込んだとも考えられますね。 持田香織さんのファンも宗教の噂に心配していましたが、• ここ数年マネージャーやスタッフは変わっていないこと• 気功師とは常識範囲内の付き合いであること、• 同居する予定はないこと が明らかになりました。 つまり、持田香織さんの 宗教の噂は全くのデマということです。 いったい、誰がこんな噂を出したのかはわかりませんが、持田香織さんやエイベックスからしたらかなり良い迷惑ですよね! 持田香織の歌声に対するファンの反応 — 2019年 6月月20日午後1時55分PDT 持田香織さんの歌声について、ファンの方はどのように思っているのでしょうか? 昔の声と現在の声について、どっちが好きなファンが多いのか見ていきましょう。 aおいたん生涯握り手 echigoyaaa 昔の歌い方が好きだという声もあれば… 今の持田香織の歌い方の方が断然好き — 村上 耳軽男 yochipapa0109 CMみて声のこという人いるけど、その人の歩んできた道をみることは、持田香織さんのことだけではなくどんなことにも言えるような気がします。 想いのこもった歌い方が私は大好きです。 この曲が歌えるのは、持田香織がこの声になったからだし、もしかしたらこの曲が生まれたのも、持田香織がこの歌い方になったからかもしれない。 昔の艶のある歌声ではこんな爽やかなロック調の曲は歌えない。 下手なのかもしれないけど、後期ELTこそ、わたくしは好きです。 賛否両論とはいえ、持田香織さんはこれだけ多くの方に注目されているのですね! これからも体に無理のない程度で、素敵な歌声を届けてほしいと思います。 まとめ.

次の