三浦 大 知 instagram。 三浦大知「COLORLESS」は何が凄いのか “無色透明”であることを強く肯定する頼もしさ

三浦大知

三浦 大 知 instagram

三浦大知が2月1日に放送される、NHKの音楽番組『SONGS』に出演。 女優の土屋太鳳と初対談をおこなう。 一昨年のNHK紅白歌合戦で郷ひろみのステージでダンスを披露した彼女と、昨年松の紅白で「無音シンクロダンス」を披露した三浦がダンスについてその魅力などを語り合う。 昨年の紅白歌合戦、日本中が驚いた三浦大知の「無音シンクロダンス」。 初出場ながら、圧巻のパフォーマンスで喝采を浴びた三浦が『SONGS』に登場する。 9歳のデビューから20年、積み重ねてきた「歌う&踊る」三浦流エンターテインメントを『SONGS』だけのスペシャルライブで届ける。 また、土屋太鳳との初対談が実現。 一昨年の紅白で感動的なダンスを披露した彼女とダンスの魅力について語り合い、あの紅白の「無音シンクロダンス」の秘密が明らかにされる。 自らも踊る土屋が、「なぜ三浦大知のダンスは心に刺さるのか?」と思いをぶつけ、答えを探していく。 番組では、昨年シングル「EXCITE」で初の1位を獲得し、勢いに乗る三浦の魅力を「歌」、「ダンス」、「エンターテイナーとしての気概」の3つの角度から掘り下げていく。

次の

三浦大知の魅力にハマったわたしがオススメ曲を混じえながら語るよ!

三浦 大 知 instagram

12月4日と11日の2夜に渡って放送された『2019 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)。 年末の風物詩として人気を博す同番組の第1夜終盤、登場した三浦大知のステージがあまりにパワフルで思わず息を呑んだ。 ダンサーとの一糸乱れぬモーションに、水を得た魚のように溌剌と猛威を振るうボーカル。 それらが絶妙な呼応によって緊張感を生み出し、3分足らずのショーを究極なまでにクールな時間へと押し上げていた。 案の定、直後のSNSには大知のパフォーマンスを絶賛する声が続出。 だが筆者が思うに、多くの視聴者が衝撃に震えたのは、肝心の歌唱曲が得体の知れない強烈さを放っていたからに他ならない。 テレビ初披露となった最新曲、名前は「COLORLESS」。 国民的音楽番組にはおよそミスマッチな先鋭すぎるクオリティは、あの日、三浦大知の一挙手一投足をも間違いなく支配していた。 三浦大知「COLORLESS」 2020年半ばまで続く長規模ツアー『DAICHI MIURA LIVE TOUR 2019-2020 COLORLESS』のタイトルに堂々起用され、その初日からファンの前で披露されてきた「COLORLESS」。 12月4日に待望の配信リリースを迎えたばかりだが、三浦大知の新たなマイルストーンになりそうな風格が早くも漂っている。 トロピカルハウスからの影響が見て取れるリバーブの効いたシンセで、同曲はスタート。 もっとも、トロピカルハウス特有の透明感や能天気な要素はゼロに等しく、妙に閉塞感を帯びた幕開け。 それもそのはず。 Aメロに入るやいなや、静かなる低音ボイスが張り詰めた空気を一気に呼び寄せ、我々はこの楽曲が、いかにシリアスな志向であるかをつくづく思い知るのだ。 続くBメロでは、歌唱のタッチが力強さ重視へと劇的にシフトし、押韻旺盛な歌詞を一段とグルーヴィーに盛り上げていく。 『FNS歌謡祭』のステージでも感じたことだが、このパートでの開放感抜群の歌いっぷりがとにかく素晴らしい。 過剰なまでのエコーが施されたボーカルしかり、渾身とも言える叫びの表現がみずみずしく強調されている。 その勢いを提げたまま、ついに訪れるサビ。 「COLORLESS」はここに来て、3連のリズムを多用した怒涛の変革タイムへと突入する。 風を切るジェット機のごとくファルセットが俊敏にテンポを刻み、かと思えば〈I am colorless〉と訴える鋭いボーカルが軽妙にスイッチング。 まるで左右に頭を振られているかのようなサイケデリックこの上ない感覚が、他のダンストラックにはない深い快感をもたらしてくれる。 おそらく初めてこの楽曲を耳にしたリスナーが、もっとも刺激的に感じるポイントでもあるだろう。 2コーラス目のサビに至っては、大知によるフェイクが縦横無尽に炸裂することで、スピード感、スリルともに最高品質のレベルに達している。 三浦大知「COLORLESS」 勘のいい人ならすでにお気付きだろうが、今回「COLORLESS」のサウンドプロデュースを手がけているのは、BTS、DEAN FUJIOKA、三代目 J SOUL BROTHERSの登坂広臣といったトップアーティストを手がけるUTAその人である。

次の

三浦大知が新曲のパフォーマンスを初披露! 新しく参加したダンサーとは

三浦 大 知 instagram

A post shared by daichimiura824 on Sep 24, 2017 at 5:31am PDT 三浦大知の親は、名前から 三浦友和と山口百恵ではないか、 と思われてしまうことがあります。 しかし三浦大知の両親は 2017年3月に放送された 「A-Studio」にて両親はふたりとも 鹿児島県の沖永良部島出身で あることを明かしています。 上記の地図のように 鹿児島県ではあるものの 沖縄のほうが近いという場所。 三浦友和と山口百恵は 沖永良部島出身ではないため 違うことはほぼ確実。 三浦祐太朗、三浦貴大は 親が三浦友和と山口百恵であるのを 隠していませんし 三浦大知の両親がもし 三浦友和と山口百恵だったとしても 一人だけ隠すというのも 不自然ですしね。 そして2013年11月には三浦大知は ニコニコ生放送に出演し、 父親が50歳にして相撲を 趣味としていることを明かしています。 しかも見る方ではなく実際にやる方。 それも沖縄角力 おきなわすもう と言った、 格闘技により近いもので 年下の選手に勝負を挑んでおり 大会にも出場していることが明らかに。 2014年3月には三浦大知は ニコニコ生放送に再度出演し 父親の近況について語っています。 冬場は沖縄角力がないために 若い頃にやっていた ラグビーを始めおり超肉体派。 もともと子供の頃から 体を動かすのが好きだった三浦大知は テレビでアニメの主題歌にあわせて よく踊っていました。 それを見た三浦大知の母親は 沖縄のアクターズスクールに通わせます。 そうして満島ひかりなどと共に 「Folder」としてプロデビューへ。 船に乗って釣りに行くなど やりたい事は即チャレンジ。 2014年3月時点の生放送では 三浦大知の母親の趣味は フラダンスであるとかたってもいたり。

次の