シーバス リーガル ミズナラ 18 年。 シーバスリーガル18年

Call Center Quality Measurement & Agent Engagement Solution

シーバス リーガル ミズナラ 18 年

シーバスリーガルの特徴 By: シーバスリーガルは初心者でも飲みやすく、世界中に愛飲者を持つブレンデッドウイスキーのひとつです。 ブレンデッドウイスキーの味わいを決めるポイントとなるのが、「キーモルト」と呼ばれるブレンデッドウイスキーの核となる蒸留所のモルト。 シーバスリーガルのキーモルトは、スコットランドのスペイサイド地方で造られたシングルモルトを多く使用しています。 また、熟成年数や熟成樽、モルトウイスキーやグレーンウイスキーの割合を変えた数種類の銘柄がラインナップされているのもポイント。 それぞれの銘柄によって、異なる味わいの方向性が感じられます。 特に、熟成樽としてミズナラを使用した銘柄や、シングルモルトだけをブレンドした銘柄など、珍しいウイスキーを手がけているのも魅力のひとつです。 シーバスリーガルの製法 By: シーバスリーガルのキーモルトとして代表的なのは、「ストラスアイラ」です。 フルーティーな香りと樽熟成由来の濃厚なナッツ感とドライな味わいが特徴で、その味わいは、シーバスリーガルにも強く感じられます。 グレンリベット・ロングモーン・ベンリアックなどのモルトウイスキーやグレーンウイスキーもブレンドされており、どれも華やかさでしっかりとしたボディを感じられるのが特徴です。 また、ストラスアイラは仕込み水の一部に「フォンズ ブイエン」と呼ばれる古い泉の湧き水を使用しています。 これがシーバスリーガルの個性や美味しさを引き出しながら、当時の味を守り続けています。 シーバスリーガルは、製法のこだわりをしっかりと感じられる銘柄です。 シーバスリーガルの歴史 By: シーバスリーガルは、スコットランドでコーヒーやブランデーなどの高級品を扱う店を営んでいたシーバス兄弟によって産み出されました。 当時のシングルモルトウイスキーは味にばらつきがあり、より上質なものを求める富裕層の声からブレンデッドウイスキーの需要が高まったと言われています。 シーバス兄弟は1850年代から食料品店の地下でブレンデッドウイスキーの製造を始めました。 1900年代初めには初代ブレンダーが世界初の25年熟成のブレンデッドウイスキーを作り、製品名を「シーバスリーガル」として発売。 「シーバス」は創業者のシーバス兄弟の名前から取られ、「リーガル」には「王者にふさわしい」「威厳のある」という意味があります。 これがきっかけとなってアメリカへの輸出が始まり、1920年代に禁酒法が施行されるまでアメリカの代表的なウイスキーブランドとして人気を博しました。 その後1938年にシーバスリーガルは世界で初めて「12年熟成」を表示する製品として復活し、現在に至ります。 シーバスリーガルの種類 シーバスリーガル12年 酒齢12年以上のウイスキーのみをブレンドした製品です。 シーバスリーガルのラインナップのなかでも代表的な製品で、ブレンデッドウイスキー全体を見ても高いシェアを誇っています。 華やかでフルーティーな香りと青りんごや洋梨を思わせるすっきりした味わいが特徴で、樽で熟成させることで生じるナッツ感とドライな風味が魅力です。 2018年のインターナショナル・スピリッツ・チャレンジにて金賞を獲得し、同年のスコッチウイスキーマスターズでも金賞を受賞するなど世界的に評価されています。 まろやかでクリーミーな飲み心地なので、クセがあるウイスキーが苦手な方やウイスキー初心者にもおすすめ。 手頃な価格で購入しやすく、長く柔らかい余韻が楽しめる飲みやすい一品です。 ストレートやロック、ハイボールといった飲み方はもちろん、ジョン・コリンズやロブ・ロイ、オールドファッションなどのカクテルベースとしても使えます。 シーバスリーガル18年 18年以上熟成されたモルトやグレーン原酒を贅沢に用いて作られた製品です。 世界最高峰のブレンダーであるコリン・スコット氏によって厳選された85種類もの原酒がブレンドされており、ほかでは味わえない絶妙なハーモニーが楽しめます。 口に含むとそれぞれのモルトの個性が次々と現れるため、複雑で飽きが来ない風味です。 華やかで気高い印象の花の香りが漂い、バニラやハチミツの上品な甘みのあとにヘーゼルナッツの香ばしさや青りんごや洋梨の爽やかなアロマが複雑に絡み合って長く余韻が続きます。 2018年のサンフランシスコワールドスピリッツコンペティションにて金賞を獲得。 2013年には同コンペティションにて最優秀金賞(ダブルゴールドメダル)の受賞歴を持つなど常に高い評価を得ています。 初心者でも飲みやすいクリーミーでまろやかな味わいがありながらも、ウイスキー好きの方も唸らせる複雑な風味を楽しめるので、贈り物にも最適です。 ストレートやロックのほかに、ウイスキーの芳香を存分に楽しめる飲み方として、常温の水と1対1で割って飲むトワイスアップをおすすめします。 シーバスリーガル25年 25年以上熟成された最高級原酒を使った希少な数量限定生産品で、ボトルにはシリアルナンバーが付けられています。 アメリカ進出のきっかけとなった1900年代初めのシーバスリーガルの復刻版とも言える本製品は、名誉マスターブレンダーであるコリン・スコット氏による最高傑作として現代に蘇りました。 熟成年数の若い銘柄との違いは、オレンジやピーチのフルーティーな香りや、チョコレートやバニラの濃厚な甘みが感じられる点。 エレガントで深みのある樽香が、芳醇で贅沢な余韻を味わえます。 2013年にはシーバスリーガル18年とともに、サンフランシスコワールドスピリッツコンペティションにて最優秀金賞(ダブルゴールドメダル)を獲得するなど高く評価される製品です。 重厚なギフトボックスに収められ、華麗なラベルデザインに包まれたボトルは高級感があり、特別な方への贈り物や記念日などのお祝いの席にもおすすめします。 シーバスリーガル ミズナラ・スペシャルエディション シーバスリーガル12年をベースに、名誉マスターブレンダーのコリン・スコット氏が日本のファンのために作った特別な製品です。 原酒をブレンド後に日本原産のミズナラ樽で寝かせることにより、白檀などの香木のような甘い香りをまとっています。 フルーティーで爽やかな香りとナッツの芳香にミズナラ由来のまろやかな甘さが加わって、全体的に繊細でなめらかな味わいに仕上がっているのが特徴です。 シーバスリーガル12年と同様、飲みやすくスムースな飲み心地なので初心者にもおすすめ。 スコットランドの伝統と和テイストが融合した本製品は和食のお供にもぴったりです。 シーバスリーガルの銘柄の中では強めの甘みを感じられるため、甘い風味が好きな方におすすめします。 シーバスリーガル アルティス アルティスは英語の「ULTIMATE(究極)」と、ラテン語の「FORTIS(力)」から作った造語です。 シーバスリーガルの伝統を守り受け継いできた5人の歴代のマスターブレンダーに敬意を表して、5種類のモルトにより作られたブランド史上初のブレンデッドモルトウイスキー。 ストラスアイラ・ロングモーン・トーモア・アルタべーン・ブレイヴァルの5つの蒸留所で生まれた5種類のモルトによって、芳醇なアロマと個性的で深い味わいを醸し出します。 フルーティーな味わいが核となって全体を調和させていますが、桃とリンゴの甘い香りにスパイシーなシナモンとハチミツのほのかに甘い香りが重なり、バニラと杏の風味が広がるのが特徴です。 ボトルキャップには、5人のマスターブレンダーと5種類のモルトを象徴した5つのリングデザインが施され、ボトルの底面とギフトボックスには「5」を意味する「V」の数字がデザインされています。 風味にもパッケージにもこだわりの詰まった究極の一品。 歴代のブレンダーのクラフトマンシップに思いを馳せながら味わいたい銘酒です。 シーバスリーガル アイコン 世界のウイスキーの象徴(アイコン)として作られた最高級の特別な製品です。 ほかのラインナップと同様にキーモルトはストラスアイラですが、現在では創業されていない蒸留所の原酒を含む厳選された数種類の希少な原酒で作られています。 この上なくリッチなフレーバーは、フルーティーさやほのかな甘み、ビターなアロマに加えて、樽由来のナッツ感までさまざまな風味を余すことなく感じられる至高の一品です。 本製品はイギリスの有名なガラスメーカー「ダーティントン」により一つ一つ手吹きで作られるクリスタルのデカンターに入れられ、高級感あふれるメタリックのラベルが付けられています。 トランクスタイルのケースはラグジュアリーの極み。 非常に高価ですが、購入した際にはケースとともに飾りたい豪華な最高級品です。

次の

シーバスリーガル18年 常に家にキープしておきたい上品なウイスキー。

シーバス リーガル ミズナラ 18 年

5秒でざっと読める目次• シーバスリーガル18年 全国の酒屋さん、大手スーパー、コンビニ、一部家電量販店、ネット通販で購入することができます シーバスリーガルとは 代表的なスコッチウイスキーの老舗ブランドです。 1801年にシーバス兄弟によって創業されました 現在は 「ペルノ・リカーズ社」の傘下で、世界でもっとも飲まれているスコッチウイスキーのひとつです 1801年にアバディーンにてシーバス兄弟が、コーヒーやブランデーなどの高価な食品を販売する商店を開いたのが発祥です 優れた調達業者だったことから、 イギリス王室への食料調達をも任命されていました 老舗ブランドの18年もの お店であまりにもよく見るので、思わずテイスティングを後回しにしてきがちだったこちらの銘柄。 よく見ると色合いがとてもゴージャスな佇まいをなさっています。 【香り】18年という時間がもたらす余裕。 甘く爽快。 そしてバターの芳醇さ まず香りをかいでみると、さすが18年と思わされるゆったりとしていて、時間の余裕を感じる甘味… 甘さの正体はバターのような芳醇さと、洋梨や桃のようなフルーティさです。 「」の香りをかいだときは炭酸飲料のような弾ける爽快さを感じたのですが、こちらはそうではなく、もっと 大人の余裕、執着しない爽やかさが印象的です 全く重くないのに、しっかりと輪郭があって、香りだけでコクを感じ、全体的に厚みを感じる…なんじゃこりゃ…ポテンシャル高ないか? 【味】これが世界のシーバスリーガルか…!! フレンドリーで幻想的。 魅惑的な甘さ 実際に味わってみるとあまりのフレンドリーさに驚く完成度。 甘さ、コク、ボディ、余韻、 ほんとうにバランスがいい…やばぁ…うまぁ…🐎 なんというか、「」を飲んだときにはとてもガーリーな印象で、「」を飲んだときには爽快感だったこの子 シーバスリーガル18年 が酸いも甘いも経験してした安定感を身につけた… 女の子だとしたら一刻も早く仲良くなりたい…!! 少しふくよかな印象もあって、とても好印象です。 すごぉ… シーバスリーガル。 「なんだ、一般的なウイスキーじゃんねー」なんてなめてましたが、とんでもない!やっぱりただ者ではない完成度に圧倒されました… 改めて今日は 「シーバスリーガル18年」をご紹介しました 記事記載当初、 Amazon価格で5,442円 税込。 18年でこの価格はまじすごいっす。 ほんとびっくりだ シーバスリーガル18年。 いつでも飲めるからーと後回しにして、まだ飲んだことない方も多いのではないでしょうか? まだ試したことがない方はぜひ、試してみてはいかがでしょう! 以上、でした!.

次の

シーバスリーガル18年ミズナラカスクフィニッシュが日本限定発売開始!おすすめの飲み方や評価は?

シーバス リーガル ミズナラ 18 年

シーバスリーガルと言えばスコッチブレンデッドウィスキーの王道ともいえるウィスキーですが、今回2019年12月より「 シーバスリーガル18年ミズナラカスクフィニッシュ」の発売が開始されました。 日本限定での発売となっており、貴重な日本産ミズナラ樽を使用した熟成感豊かなウィスキーになっています。 これまでのシーバスリーガル12年ミズナラカスクとは全くレベルの違うあじわいはぜひ一度味わってみてほしいものです。 参考価格11000円のところ Amazonでの購入なら 8627円 で購入することができます! まだ新発売のウィスキーなので、数はありますがミズナラ樽自体は希少なものなのでいつ終売になるか予想が付きません。 ぜひ早めの購入を検討してみてください。 シーバスリーガル18年ミズナラカスクフィニッシュはラストの熟成を日本産のミズナラ樽で行ったものです。 ミズナラとは日本では北海道で良質なものとされ「ジャパニーズオーク」とも呼ばれるブナ科の落葉樹で、繊細な香りを作り出すことができます。 シーバスリーガル18年ミズナラカスクフィニッシュはスコッチブレンデッドウィスキーなのでシングルモルトウィスキーとグレーンウィスキーのブレンドによって複雑な香りや味を生んでいます。 今回新発売が決定したシーバスリーガル18年ミズナラカスクフィニッシュのキーモルトに使われているのは、ストラスアイラが使用されています。 キーモルトとして使われているストラスアイラもシングルモルトウィスキーとして優れた味わいなので機会があればぜひ味わってみてください。 シーバスリーガル18年ミズナラカスクフィニッシュの味については、リッチで飲みやすいという言葉がしっくりきます。 18年という長期熟成に加え、ミズナラ樽を使用することで日本人に合う繊細かつスムースな味わいを作り上げています。 香りはリッチテイストな中に甘みのあるフレーバー。 はちみつやシナモンを思わせる香りと若干のスパイス感も残っています。 【 シーバスリーガル18年ミズナラカスクフィニッシュ】 香り はちみつ、熟した赤リンゴ、バニラ、シナモンを思わせる甘く豊かな香りに、花のような香りが漂う。 味わい 甘い杏子ジャムとダークチョコレートのかかったジンジャービスケットを感じさせる贅沢な味わいが、クローブとクリーミーなトフィーのほのかな風味とともに広がる。 フィニッシュ 長く続く、甘美でスパイス香のある余韻 シーバスリーガル18年ミズナラカスクフィニッシュのおすすめの飲み方 おすすめの飲み方は、ストレート・ロックです。 やはりシーバスリーガル18年ミズナラカスクフィニッシュの繊細な香りや味を充分に味わうなら、割らずに飲むことをおすすめします。 ソーダ割り(ハイボール)でもおいしく飲めたのですが、若干18年の良さが消えてしまっている感じがしました。 それでも十分においしいので、家飲み用にするときはロックかソーダ割りがおすすめですね。 シーバスリーガル18年ミズナラカスクフィニッシュとシーバスリーガル18年の違い• シーバスリーガル18年とミズナラカスクフィニッシュの違いは最後の熟成をミズナラ樽にへんこうしただけではありません。 もともとシーバスリーガル18年には85種類にも及ぶアロマが複雑に絡み合うことで完成しています。 そのブレンドをそのまま使ったところで、複雑すぎるバランスが崩れてしまいます。 シーバスリーガル18年ミズナラカスクフィニッシュは創業から200年で培われたウィスキーの熟成とブレンディングの技術を駆使して作られた日本限定の特別なウィスキーなのです。 「シーバスリーガル ミズナラ12年」の発売から7年、蓄えられたミズナラ樽の知識を全て詰め込んだ味は素晴らしいものがあります。 ミズナラ樽でのウィスキーの熟成使用をいち早く始めていたシーバスリーガルだからこそ完成した味といってもいいでしょう。 シーバスリーガルシリーズの紹介 シーバスリーガルには現在たくさんのシリーズが発売されています。 簡単に解説していきますので、飲み比べやバーでの新しい発見に役立ててみてください! シーバスリーガル12年• シーバスリーガル18年ミズナラカスクフィニッシュは長期熟成のスコッチウィスキーの中でも値段も高すぎずコスパがとてもいいです。 味・香りも申し分ない出来栄えなので、近いうちに海外市場に向けての販売も予想されます。 バーでみつけたらぜひ一度お試しください! きっと家飲み用にも欲しくなりますよ。 お酒と上手く付き合っていくためのアルコールチェック あなたはアルコールが体質によってどの程度分解できるか決まっていることを知っていますか? お酒と上手く付き合っていくためにはあなたのアルコール体質を知ることが重要です。 お酒は飲み続けても強くなりません! かなりの部分で遺伝的体質によって決まっているのがお酒の強さなのです。 なかなか酔わないからといって急ピッチでお酒を飲んでいると急性アルコール中毒の危険もあり注意が必要。 お酒と楽しく長く付き合うためにも一度あなたのアルコール体質をチェックしましょう!.

次の