行政書士 大原。 無料!『行政書士24+』本試験重要論点解説

大原、行政書士の評判&口コミ

行政書士 大原

【画像出典:より】 こんにちは、トモです。 今回は、「本気になったら大原」のCMでおなじみ、「資格の大原」の行政書士講座について、お伝えします。 大原と言えば、TAC、LECに並ぶ大手資格スクール。 その歴史は古く、 1957年に大原簿記学校を開講し、その名のとおり簿記・公認会計士・税理士などの簿記・会計分野が強みです。 行政書士は法律系の資格なので、簿記・会計が強い大原の得意分野のような気もしますが、その実情はどうなのでしょうか? 興味のある方、チェックしてみてくださいね。 なお、大原とは別の資格スクールですが、クレアールが行政書士試験の 「最速勉強法」ノウハウについて、 市販の受験ノウハウ書籍を無料でプレゼントしています。 無料【0円】ですので、そちらもチェックしてみてください。 Contents• 大原 行政書士講座のポイント 2012年度~2018年度 大原の受講生 行政書士試験の合格者1,103名 大原では、受講生の合格率などは公開していません。 その代わり、2012年~2018年までの、大原の行政書士講座 受講生の合格実績累計数を発表しています。 その数、なんと 1,103名。 1年あたり 平均158名の合格者を輩出している計算です。 このあたりは、さすが大手資格スクール、といったところですね。 受講生の高い満足度 ~「講義が良かった」が90. 4% 大原の経験豊富な講師陣が、法律の用語から説明する親切・丁寧な講義を行います。 受講生アンケートでは、講師による講義が「大変分かりやすい」「分かりやすい」と答えた割合が 90. 4%を占めています。 初めて法律を学ぶ方でも、十分に学習できる講義内容といえるでしょう。 合格に必要な内容に絞った、毎年改定する教材 大原では、すべての教材を毎年改訂していますので、狙われやすい法改正なども十分対応できています。 また、経験豊富な講師陣が分析を行ったうえでの改訂ですので、本試験の出題範囲も十分にカバーできています。 なお、公式サイトから教材のサンプルを確認することができるので、気になる方はチェックしてみてください。 また、近隣の校舎に来校して講師に直接質問することもできます。 以上のような形式で、回数無制限の質問が可能となっています。 その他、各校舎の自習室も無制限に利用可能など、さすが大手資格スクールならではの手厚いサポートを実現しています。 大原 行政書士講座 コースの種類と価格 大原の行政書士講座は、大手スクールだけあり、様々なコースがあります。 ここでは、初学者向けと経験者向けの代表的なコースを各1つずつ、および、コストパフォーマンスに優れたコースを1つ、計3つのコースを紹介しましょう。 初学者向けコース「入門完全合格コース」 重要科目である憲法、民法、行政法の全体像を掴むことができる「入門講義」がポイントとなるコースです。 教室通学: 190,000円(税込) 映像通学: 190,000円(税込) Web通信: 175,000円(税込) DVD通信: 190,000円(税込) 経験者向けコース「完全合格コース」 基礎からしっかり学習できるコースです。 記述対策や模擬試験など、アウトプットも充実しており、合格に必要なものがすべてパッケージングされています。 教室通学: 185,000円(税込) 映像通学: 185,000円(税込) Web通信: 170,000円(税込) DVD通信: 185,000円(税込) 「行政書士24」(コストパフォーマンス重視版) 1テーマ約5~15分。 合計24時間の内容で、行政書士試験の内容をカバーします。 Web通信専用のコースであり、仕事の合間に、移動時間、家事の合間など、スキマ時間を活用できるコースになります。 おそらく、スタディングやフォーサイトなど、コストパフォーマンスが高いスマホ動画対応通信講座の対抗商品だろうと、管理人は考えています。 Web通信: 78,000円(税込) 各種割引制度 「行政書士24」のコースをのぞき、大原のコースはいずれも17万円以上と高額になっています。 しかし、以下のような割引制度が用意されているので、大原の受講を考える方は、自身に適用できないか、確認してみてください。 また、複数の割引を同時に適用することはできません。 再受講割引 30%OFF 過去に大原のコースを受講された方が、再度受講されるケースに適用される割引です。 再受験割引 20%OFF 前年度の行政書士試験に受験された方が、本年度の大原のコースを受講される場合に適用される割引です。 大学生協等割引 5%OFF 大原グループと提携している大学生協等で手続きをした場合に適用される割引です。 大原の評判・口コミ 大原出身者から聞いた口コミ・評判は以下のとおりです。 ・講師の講義は分かりやすかったです。 熱心にやってくれました。 ただし、講師によってスキルにバラつきがあると思います。 ・やはり簿記がメインの学校のようで、行政書士コースは、大原の中では主要ではない感じがしました。 ・テキストが白黒だったのが残念だった。 ・大手だから仕方ないけど、やはり価格が高い。 その分、「絶対合格する!」と気合も入ったけど ・映像講座は、実際の講義を録画しただけ。 専用スタジオで収録した他社のスマホ動画対応通信講座よりは、分かりにくい 私の周りでの口コミ・評判は、上記のとおり、よい評判・悪い評判どちらも聞かれました。 管理人トモの評価 ここまで、大手資格スクール大原の行政書士講座の内容をみてきました。 ポイントをまとめると、以下のとおりです。 <行政書士の通信講座 人気ランキング>• 第1位: ~安さNO. 1:45,900円 税別• 第2位: ~全国平均の3. 7倍!高い合格率• 第3位: ~価格は高めだが、全国平均の6. 32倍と合格率は最高• 第4位: ~AI予想などを活用する新進のオンラインスクール• 第5位: ~非常識合格法が人気 <その他の行政書士通信講座>• ~月額制で受け放題のサブスク講座• ~大手だが高価格、通学がおすすめ• ~大手だが高価格、通学がおすすめ• ~大手だが高価格、通学がおすすめ• ~法律系資格に強い専門スクール• ~合格者50%返金の通信講座• ~55段階学習システム• ~法律雑誌を出版するスクール• ~クレアールの教材を利用20• ~テキストで学習したい方向け• ~テキストで学習したい方向け.

次の

無料!『行政書士24+』本試験重要論点解説

行政書士 大原

もうすでにご視聴を頂いている方も多いのですが、まだ・・・という方のために、 『行政書士24+』本試験重要論点解説という 無料!の新感覚WEB映像について、ご紹介をします。 『行政書士24+』本試験重要論点解説とは? 『資格の大原』には、「行政書士試験に最短距離で合格するためにはどうしたらいいのか?」を徹底的に研究して作り込んだ、という独学合格ツールが有ります。 そして、その良さを体感して頂くために、本物と同じような映像スタイルで作成して、無料で提供しているツールが、 『行政書士24+』本試験重要論点解説になります。 研究の末に完成した、このが、とても画期的な合格教材であるために、「これまでの教材とは全く違うんです!」ということをご理解頂くためには実際と同様のものをご覧頂くのが確実であろうということで、無料で「本試験重要論点解説」映像をご提供させて頂くことになりました。 経験者の方も 記述式を除いた自己採点で「180点」に到達した受験生以外の方は、せっかく入れた知識・理解が抜けないように、合格発表までの間は、念のため・・・ですが、早めに来年度に向けた対策をしておきましょう。 そして、2018年対策のスタートは、 『行政書士24+』本試験重要論点解説で「2017年行政書士試験」を振り返るところから始まります。 初学者の方も 当然、まだ行政書士試験の知識は無いので、本試験の問題を読んでもチンプンカンプンではありますが、まずは「ゴールを見る」ということが大切です。 『行政書士24+』本試験重要論点解説で、「行政書士試験って、こういう科目で、こういう論点が、こんな感じで問われるんだなぁ」と本試験のレベル感を確認して、それから、具体的な対策を始めていきましょう。 資格勉強にはゴールが有ります。 学問にはゴールは有りません。 これを十分に意識しておかないと、資格勉強にもゴールが無くなってしまいます・・・ 何をどこまで勉強するのか、それを徹底的に研究した教材がなんです。 まずは、無料バージョンの 『行政書士24+』本試験重要論点解説からご覧ください。 すでに配信開始しています! 『資格の大原』のHPからすでに 『行政書士24+』本試験重要論点解説が配信されています。 30秒のメルアド登録だけで、すぐに視聴が可能です。

次の

行政書士 トレーニング問題集 2民法 2020年対策 (合格のミカタシリーズ)

行政書士 大原

講義では試験で問われる論点を、図解を用いて視覚的に分かりやすく教えて頂いたり、判例や条文で試験に最も出題されやすい箇所を教えて頂いたことで、合格のために必要な知識を的確にかつ最短で吸収できたと思います。 口コミをまとめると 分からないことをその場で直接聞くことができたり自習室が自由に使えたりといった、通学であるからこその利点がある一方、通学ならではの問題点を指摘する声もあるようですが、 全体的な評価は高く、講義内容やテキストに関しての不満はあまり見当たりませんでした。 実際に通学する、ということでモチベーションも保てるので 、独学や通信教育では続かない、という人にはお勧めです。 あわせて読みたい記事 資格の大原のおすすめポイントは? 充実の民法・行政法対策 近年、司法書士試験でも出題されるようなレベルの問題が出題されたりと、 難易度が目に見えて上がっている行政書士試験。 資格の大原では、その対策として、試験傾向に合わせて新旧司法試験、司法書士試験、公務員試験等の問題も多数問題集に掲載されています。 また、記述式の問題を宿題として出したり、後回しになりがちな記述式対策に早い段階で取り組むなど、 効率的にレベルアップできるカリキュラムになっています。 これだけで合格できる!充実のオリジナル教材 具体例やイラスト、まとめ表が多く掲載されているため難しい内容もイメージがしやすく解りやすい充実のテキストや、テキストと連動した過去問対策、他資格試験過去問題集、オリジナル問題集。 色々な問題に触れられるので、 インプットもアウトプットもこれだけでばっちり対策ができます。 週1~2回の通学で学習可能 通学と聞くと、仕事や学業との両立は難しそうに思えますが、資格の大原では、 週1~2回の通学で学習でき、無理なく仕事等と両立できるカリキュラムになっています。 また、無料、手続きなしで学校、曜日、時間のクラスに自由に出席することができ、自習室も無料で利用することができるので、サポート体制も万全です。 ・体験入学はサイトにて簡単に予約することができ、会場も選択可能です。 ・体験Web講座は、視聴後のアンケートに回答すると 入会金(6,000円)が免除になる特典があります。 (PC限定) まとめ さすが大手なだけあって、サービスが手厚く、 講義もテキストも申し分ない内容になっています。 自分のライフスタイルに合わせて通信、通学が選択できるのもいいですね。 %の受講生が解りやすい、または大変解りやすいと回答した、経験豊富な講師陣による講義と充実のオリジナル教材で合格を目指してみてはいかがでしょうか。 注目のイチオシ記事!.

次の