函館 ラーメン あじさい。 麺厨房あじさい 紅店 (函館ベイ美食倶楽部店)

【実食】函館麺厨房あじさい 味彩塩拉麺 カップ麺 2019

函館 ラーメン あじさい

CONTENTS• あじさい 函館麺厨房あじさいは函館市に本拠を置く老舗ラーメン店。 1930年に創業しました。 東 秀一氏が代表を務める有限会社 麺厨房あじさいが経営しています。 函館ラーメンの人気店として知られ、多くのお客さんが訪れるラーメン店です。 五稜郭に本店があり、支店が函館市内、新千歳空港、札幌のラーメン共和国で営業中。 ワールドワイドに店舗を広げ、シンガポールにも支店があります。 五稜郭公園のスグそばにあり、市電五稜郭公園前が比較的近いです。 オシャレな3階建てビルの2階に店舗があり、1階にはカフェが入店しています。 店内はそれほど広くはありませんが、雰囲気のある内装はカフェのような雰囲気。 渋谷や恵比寿にありそうな内装でした。 カウンター席やテーブル席があるので、家族連れでも安心して食事が楽しめるでしょう。 ところで、あじさいのラーメンはネットショッピングでも味わうことができるので、興味がある方はご賞味あれ。 函館の中心地にあり、1866年に完成した 日本初の洋式城郭として知られます。 長野県の龍岡城とともに 日本に2つしかない五角形の城塞です。 戊辰戦争の最後を迎えた場所として有名で、現在は公園として一般に開放され、多くの観光客が訪れます。 北海道屈指の桜の名所で、4月下旬~5月中旬にかけて満開になり、その様子を見に来る観光客の数もハンパないです。 日本各地や海外からの観光客も多いです。 秋には桜が紅葉し、紅葉も美しいことで知られます。 入場無料。 駐車場はありません。 残念ながら、新千歳空港と函館を結ぶ直通バスはありません。 函館駅や函館空港でレンタカーも借りることが可能です。 函館 函館は約26万人が住む北海道で3番目に大きな港湾都市。 北海道南部エリアの拠点です。 2004年に戸井町・恵山町・椴法華村・南茅部町と合併し、亀田半島はほぼ函館になりました。 人気の観光都市でもあり、年間500万人が訪れます。 函館の中心部は函館山から五稜郭に向かって、 砂州の上に街が広がり、両側に海がある独特の景観を持っていることが特徴。 函館の中心街は函館駅や函館山周辺だと思われがちですが、実は函館市電五稜郭公園前駅周辺の方が栄えています。 坂の町としても知られ、八幡坂・大三坂・基坂など19の名前がつけられた坂があり、函館山の麓は傾斜が多い土地です。 そして、道が狭い場所も多いです。 気候は北海道の南部に位置しているので、他の都市よりも暖かく、雪もあまり降りません。 中国の中華麺がルーツと言われ、1697年に水戸黄門 徳川光圀 氏が初めて食べたとか、1488年に経帯麺を客に振る舞ったと蔭涼軒日録されているのが初めてのラーメンだとか、諸説あります。 主に日本で広まったのは各地の中華街で南京そばとして提供されてから。 中華街があった函館では1884年に養和軒が提供していたそうです。 札幌では1922年に竹家食堂で王 文彩氏が振る舞った麺料理が札幌ラーメンの源流にあたるとか。 竹家食堂の支店が旭川で芳蘭という名前で1933年に開店し、北海道三大ラーメンと言われる旭川ラーメン・札幌ラーメン・函館ラーメンの源流が生まれました。 但し、当時の味が現在に引き継がれている訳ではないようです。 カウンター席に座り、店員さんにオススメを聞きました。 やはり、塩ラーメンとのこと。 そこで、塩ラーメンをオーダーしました。 値段は750円です。 塩ラーメンが現れました。 麺の上にはチャーシュー、シナチク、ネギ、三つ葉が盛り付けられています。 スープがとても綺麗で澄んでいますね。 早速、スープを一口。 うまい!あっさりしつつも旨味があります。 私的には塩分がちょっと濃い印象でしたが、旨味も濃いです。 噛みごたえもあり、スープにもあいます。 結局、麺を食べ尽くし、スープも飲み干してしまいました。

次の

【函館のあじさい本店】あっさり美味しい塩ラーメン

函館 ラーメン あじさい

さっぱりとしているうちに、深い旨みが潜んでいて、スープだけ一口、一口味わっていくうちに、飽きることなく最後まで飲み干してしまうという人が多いのもうなずけます。 ベイエリアに店を構える函館塩ラーメン専門店「えん楽」を訪ねて、店長の吉川さんにお話を聞いてみました。 「この透き通ったスープを作るには、豚骨や鶏がら、昆布、ほたて貝柱、香味野菜などを入れた寸胴鍋を、にごりを出さないように火加減に細心の注意を払いながら、じっくりと火にかけます」。 時間を惜しまずにていねいにスープをとることで、雑味がなく、複雑な旨みだけが溶け合った、透明感のある函館塩ラーメンができ上がるというわけです。 注文が入るとスープを小鍋に移し、秘伝の塩だれで味つけ。 それを丼に移して、麺の茹で上がりを待ちます。 あっさりとしたスープとの相性がよく、味がなじみやすいように、ストレートタイプの細麺が多く使われます。 はるゆたかなど、北海道産小麦を使う店も増えてきているようです。 取材した函館塩ラーメン専門店「えん楽」でも、製麺工場と試行錯誤してできた特製ストレート細麺を使用。 沸騰したたっぷりのお湯でサッとゆでることにより、なめらかな食感で、喉越しのいい麺に仕上がります。 具はスープの味わいを生かすように、チャーシュー、長ネギ、メンマ、なるとなどでシンプルに。 青菜やわかめが入ると、色のバランスもよくなります。 店によっては、乾燥した麩を加えるのも函館風かもしれません。 スープの旨みが染み込んだ麩の口あたりのよさは、格別です。 松風町7-12 0138-22-2433 昭和22年創業、大門一番通にあるラーメン店。 自家製麺が人気。 塩ラーメン(500円) 松風町5-13 0138-22-8086 JR函館駅近く、グリーンプラザに面した昭和25年創業の老舗ラーメン店。 塩ラーメン(550円) 松風町7-5 大門横丁 090-8372-8495 屋台村「大門横丁」内の店で、ラーメン屋台の屋号を受け継ぐ。 黄金塩ラーメン(750円) 若松町18-4 0138-27-2350 JR函館駅から徒歩約5分、柳小路にリニューアルオープン。 函館塩ラーメン(650円) 松風町3-10 0138-22-1262 市電「松風町」電停近く、ミシュランガイド北海道2012掲載店。 塩バターコーンラーメン(850円) 湯川町1-9-15 0138-57-5240 国道278号に面した店で、驚きの価格の塩ラーメンが人気。 塩ラーメン(299円) 湯川町2-1-3 0138-57-8934 湯の川温泉街・熱帯植物園近く、ミシュランガイド北海道2012掲載店。 塩ラーメン(770円) 湯川町1-26-22 0138-59-5051 市電沿線にあり、青い鉄道貨物車をそのまま店舗に利用。 塩ラーメン(540円) 湯川町1-9-13 0138-57-7756 湯の川温泉近くにある、創業60年以上の老舗ラーメン店。 塩ラーメン(500円) 湯川町2-4-21 090-2873-7173 小型バスを改良した移動ラーメン店。 主に湯の川温泉街で営業。 最新情報のご確認は各施設までお願いします。 使用を希望する場合は、から申請してください。 If you want to, please apply from only in Japanese.

次の

『一度は食べておきたい函館塩ラーメンを代表する老舗の名店!』by 大阪めんま : あじさい 本店

函館 ラーメン あじさい

ajisai. 200』 — 鏡夜 ラーメン専用アカ Kyoya0131R 札幌は味噌ラーメンというイメージが強いのか、函館麺厨房あじさい 札幌エスタ店では赤味噌拉麺や白味噌拉麺を注文する人をよく見かけます。 王道の札幌味噌ラーメンとはかなり違い比較的あっさり系ですが、太縮れ麺よりも喉ごしが圧倒的に良いあじさい細ストレート麺との相性は抜群 函館麺厨房あじさいの看板サイドメニューと言えばやはり餃子! 皮がモチモチでニンニクが効いている餃子は、ラーメンや白いご飯とよく合います。 蝦夷らー油や蝦夷油胡椒など餃子用の調味料もいろいろ揃っているので、ラーメンを注文する際には是非餃子もセットで頼みましょう。 函館麺厨房あじさいおすすめラーメンメニュー3選 魅力的なメニューが多い函館麺厨房あじさいですが、今回はその中でも特に食べてみて欲しいおすすめラーメン3選を紹介 初めてあじさいに行かれる方に参考にしていただければ嬉しく思います。 味彩塩拉麺(函館麺厨房あじさい) 函館麺厨房あじさいに初めて行かれる方は、とりあえず何も考えずに「味彩塩拉麺」を注文しましょう。 丼の底が見えるほど透き通ったスープですが、一口飲むと予想外に深みとコクがあることに驚かれるはず 函館麺厨房あじさいのスープの出汁は道南産の昆布や豚骨・鶏ガラ・煮干しで取っていて、スープに少し生姜をきかせているのが大きな特徴。 透明度が高いので薄味なのかなと一瞬思いますが、飲んでみると想像をはるかに超える旨味がガツンと襲ってきます。 間違いなくあっさり系ラーメンなのですが、濃厚系札幌味噌ラーメンが大好きな私でも十分満足できるスープ、いや控えめに言っても病みつきになる美味しさ 函館麺厨房あじさいでは細めのストレート麺が使われているので、喉ごしの良さを楽しむことが可能。 麺が固茹でなのも、個人的には嬉しいポイント(店員さんに言えば麺の湯で加減を柔らかめにもしてもらえます) 函館麺厨房あじさいのチャーシューはトロトロ系ではなく適度な肉感を楽しめるので、満足度がかなり高め。 なので、チャーシュー増し(3枚270円前後)にするのもかなりおすすめ! ちなみに、札幌ら~めん共和国の函館麺厨房あじさい一番人気メニューは「チャーシュー麺」1130円です。 ハーフサイズと通常サイズの比較 ちなみに、味彩塩拉麺はハーフサイズで注文することも可能。 通常サイズは麺を大盛りにしなくてもボリューム満点なので、女性の方や他にもグルメをはしごをしたい方はハーフラーメンで注文するのもありでしょう。 ワンタン麺塩(函館麺厨房あじさい) 個人的に好きなのが函館麺厨房あじさいのワンタン麺。 ワンタン麺は塩と醤油から選べますが、おすすめは間違いなく塩ラーメン! 写真からも伝わるかと思いますが、ワンタンがどんぶりを覆いつくすほど入っていてボリューム満点。 モチっとしたワンタンは具材部分が小ぶりなタイプですが、ワンタンの皮部分を楽しみたい私にとってはむしろ好都合。 キレキレの塩味スープ&モチモチワンタン、それに細めストレート麺を一気にすすると、一気に身体の中で旨味とコクが爆発し幸せな気分になれますよ。 味彩塩拉麺に使われているコクと旨味が凝縮されたキレキレのスープに、独自のカレールーをブレンドした函館麺厨房あじさい自慢の一杯 なので、「カレーうどんの麺がラーメンに変わっただけでしょ」みたいなイメージを持っている人は、かなり衝撃を受けるはず。 函館で愛され続ける函館牛乳が調合されているためそこまで辛くないので、きっとお子さんでも食べることは可能。 溶き卵が入っているため適度にとろみが付いているのが味彩加里(カレーラーメン)の特徴。 ただそのため熱さがなかなか逃げないので、猫舌の人はかなり苦戦するでしょう。 味彩加里(カレーラーメン)を注文すると一緒に小さい器が付いてくるので、そちらに移して冷ましながら食べるのもおすすめ。 味彩塩拉麺よりも少し太めの麺が使われているため、スープがよく絡みます。 塩ラーメンの要領で勢いよくすすると口の中を大やけどするので、ハフハフしながら慎重に食べましょう。 旨味とコクが凝縮された味彩加里(カレーラーメン)のスープは、間違いなく白いご飯との相性がかなりいいはず お腹に余裕があれば、ライスを注文して〆にカレーライスにするのもおすすめですよ。

次の