いただきたく存じます。 「させていただきたく存じます」意味と使い方・敬語|メール

「頂きたく存じます」の意味とは?失礼のない使い方を例文で解説

いただきたく存じます

『頂きたく存じます』は正しい日本語? 『頂きたく存じます』は丁寧な表現を求められる場面でよく使われますが、堅苦しすぎる印象も受けがちなことから、正しい日本語なのかどうか疑問に思うこともあります。 そこで言葉の意味や構成、敬語表現としてふさわしいかどうかなどを解説します。 お願いしたいときの敬語表現 『頂きたく存じます』は、 何かをお願いしたいときに「〇〇してほしいと思う」という意味で使用する敬語表現です。 『頂きたく』と『存じます』という二つの言葉を組み合わせた言い回しであり、それぞれ独立した敬語としても使用されます。 『頂きたく』の部分は『〇〇してもらいたい』の謙譲語、『存じます』の部分は『思う』の謙譲語と丁寧語の『ます』で構成されています。 『頂きたく存じます』は二重敬語? 二重敬語とは、一つの言葉に対し同じ種類の敬語が重複して使用された言葉です。 『頂きたく存じます』は 二つの言葉で成り立っているため、二重敬語ではありません。 よくある二重敬語の例としては以下のようなものが挙げられます。 ご多忙のところ大変恐縮ですが、一度打ち合わせのお時間を頂きたく存じます。 ご意見を頂きたいため、明日本社までお越しいただきたく存じます。 上記例文中の「お時間を頂く」「ご意見を頂く」の頂くは、もらうの謙譲語であるため漢字表記が正解です。 「お越しいただく」の『いただく』は、〇〇してもらうという補助動詞として使用されているため、平仮名表記で書く必要があります。 目上の立場の方やお客様に使う 『頂きたく存じます』は敬語であるため、 相手との関係性を意識し、正しく使用する必要があります。 謙譲語を二つ並べた言葉であることからも分かるように、友人や同僚など対等な立場の相手ではなく、目上の人・取引先・お客様など、立場が上の相手に使うのが通例です。 友人や同僚を相手に使う場合でも、自分が敬意を払う相手であれば、違和感のない使い方だといえます。 また、かなり堅い印象を与えがちな表現であるため、相手の立場が上であっても、 会話で使用されることはそれほど多くありません。 しかし、スピーチの場や相手への失礼が許されないような場面で上手に使えることができれば、会話における敬語表現の幅をより広げられます。 『頂きたく存じます』の例文 相手に何かをしてほしい場面で使い勝手のよいの例文をいくつか紹介します。 ケースに合わせてうまく使い分けられるようにしましょう。 ご教示頂きたく存じます ビジネスシーンにおいては、目上の人や取引先に対し、何かを教えてもらいたいという場面が多々あります。 そのようなときに最も敬意を示せる使い方が『ご教示頂きたく存じます』という表現です。 『ご教示』が尊敬語であるため、相手に最大限の敬意を払えます。 『ご一報』とは、簡単な連絡を意味する『一報』を丁寧に表現した言葉です。 メールや電話で軽い反応を知りたい場合など、ビジネスシーンでよく使用されます。 「ご一報ください」という表現も間違いではありませんが、『ください』の部分でやや命令調の印象を与えてしまう可能性があるため注意が必要です。 また、「ご連絡を頂きたく存じます」も問題なく使用できますが、 特にビジネスの場においては、ご一報の方がよりスマートな印象を与えられるでしょう。 お時間を頂きたく存じます 自分と会ってもらいたいときや、会議に参加してもらいたいときなど、相手に時間を作ってほしいときに使える言い回しが『お時間を頂きたく存じます』という表現です。 ご多用中のところ誠に恐縮ですが、万障お繰り合わせのうえ、お時間を頂きたく存じます。 実際に相手が忙しいかどうかにかかわらず、上記のように「ご多忙のところ恐れ入りますが」や「ご多用かと存じますが」のようなフレーズとセットでよく使用されます。 「来てください」と直接言いにくい相手にも使いやすいため、特にビジネスメールにおいてよく使用される表現です。 『頂きたく存じます』の誤った使い方 『頂きたく存じます』はさまざまな場面で便利に利用できる表現ですが、乱用すると誤った使い方になってしまう可能性があります。 特に『〇〇させて頂きたく存じます』は、誤用が多くなりやすいため注意しましょう。 返信させて頂きたく存じます 『〇〇させて頂きたく存じます』という言い回しは、相手に対し「〇〇させてほしい」と許可を得る表現です。 「返信させて頂きたく存じます」という表現は、返信することにわざわざ許可が必要であるケースがほとんどないと考えられるため、くどい印象を与える可能性があります。 したがって、相手に対し何かを返信したい場合は、シンプルに「返信いたします」とするのが正解です。 『〇〇させて頂きたく存じます』を使用できるかどうか迷った場合は、「〇〇させていただいてもよろしいでしょうか?」に置き換えてみましょう。 「そんなことをわざわざ聞かなくても…」と相手に思わせるような内容であれば、使用すべきではないと判断できます。 お休みさせて頂きたく存じます 体調不良や急な用事などで会社を休みたいと考えたときに、上司などに「お休みさせて頂きたく存じます」と表現したくなることもあるでしょう。 しかし、「させて頂きたく存じます」としてしまうと、「休みます」と言い切る形になってしまい、相手に与える印象は当然悪くなっていまいます。 この場合は、「休ませてもらいたい」と許可を得る気持ちをより強く伝えたほうがよいと考えられます。 「休みを頂いてもよろしいでしょうか」とすべきです。 なお、『お休み』という言葉は、尊敬語とも謙譲語とも解釈できる曖昧な敬語です。 どのような言い回しであっても、使用を控えた方がよいでしょう。 『頂きたく存じます』の言い換え どれだけ便利な表現であっても、繰り返し使うとくどい印象を与える上、誤用を招く原因にもなります。 言い換えをマスターし、表現の幅を広げましょう。 いたします 『〇〇いたします』は、きっぱりと言い切る印象を与えかねない表現ですが、 『頂きたく存じます』の言い換えで使用しても失礼にあたらないケースが多々あります。 それほど重要度が高くない内容の話をする場合や、目上の人でもある程度気心の知れた相手とやり取りする場合などは、〇〇いたしますをバランスよく使用しましょう。 また、わざわざ相手に許可を得なくてもよい話題の場合も、『〇〇いたします』を使用した方がスムーズな文章になる可能性があります。 〇〇していただければ幸いです 『頂きたく存じます』は、何かをしてほしい気持ちを示す表現です。 してほしいことが実現すれば自分としてはうれしい気持ちになります。 したがって、うれしい気持ちを『幸いです』という言葉で表現し、以下のように「〇〇していただければ幸いです」と言い換えることが可能です。

次の

「ご署名いただきたく存じます」意味と使い方・ビジネスメール例文

いただきたく存じます

断る / 尊敬語:「お断りになる」 謙譲語:「お断り申し上げる」• 大変申し訳ございませんが、ご依頼の件につきましては、ご期待に添うことができません。 何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。 お気持ちだけ、有難く頂戴いたします。 〜〜に件につきましては、残念ながら今回は、見送らせていただきたくお願い申し上げます。 慎重に協議いたしました結果、残念ながら希望に添いかねることとなりました。 誠に不本意ながら、不参加申し上げます。 お世話をいただき、誠に僭越ではございますが、このたびのお話はお断りしたいと存じます。 不本意ながら、ご依頼の件ははお断りさせていただきたく存じます。 誠に残念ながら貴意に添い得ず、このたびはお断りせざるを得ません。 夜分に恐れ入ります。 せっかくのお話で真に残念ですが、今回はお断り申し上げます。 このような事情ですので不本意ながらお断りせざるをえません。 今回のお申し出、誠に申し訳ありませんが、お断りさせていただきます。 私などが出る幕ではございません。 不本意ながら、お力になれなくて申し訳ありません。 〜しておりますので、ご用命にお応えすることができない状態です、• せっかくのお申し入れではございますが今回はご遠處させていただきたく存じます。 誠に残念ですが、現在は新規収引のお申し込みをご遠慮させていただいております。 日頃ご愛顧をいただいている弊社からのお申し出ですので、特別に配慮はできないかと検討を重ねてまいりましたが、やはり例外を作ることはできないという結論に至りました。 誠に不本意ですが、人社希望者多数につき今回は採用を見合わせることとさせていただきました。

次の

「~いただきたく」の使い方や意味・例文

いただきたく存じます

「~いただきたく」の例文 「~していただきたくお願い申し上げます。 」 「「~いただきたく」、お願い申し上げる次第です。 」 「~していただきたくご依頼申し上げます。 」 「~したいただきたく、お願いいたします。 」 「~していただきたく存じます。 」 日本語の表現の手法に体言止めがありますが、これは体言、つまり名詞で文章を終わらせる方法です。 これを使うと「私は黄色い薔薇が好きです。 この花を見ると晴れやかな気分になれます。 」という文章なら「私の好きな花は黄色い薔薇。 この花を見ると晴れやかな気分になれます。 」となり文章にリズムを与えることが出来ます。 しかし「「~いただきたく」。 」はこういった技法ではなく、ただのぶった切りですので注意しましょう。

次の