倉敷 コロナ。 特別定額給付金室/倉敷市

児島からコロナ感染者でたらしいぞ!

倉敷 コロナ

お名前、生年月日、住所をお伺いの上、振込予定日もしくは受付日をお調べします。 なお、審査の詳細、申請書に記載の内容などに対するご質問には一切お答えいたしかねます。 〇オンライン申請(5,880件) 5月31日申請終了 振込はすべて完了しました。 銀行口座(ぎんこうこうざ)をお持(も)ちでない人(ひと)の給付金(きゅうふきん)の受(う)け取(と)り方法(ほうほう)について 申請書(しんせいしょ)の振込口座欄(ふりこみこうざらん)に口座(こうざ)をお持(も)ちでないことを書(か)いて、申請書(しんせいしょ)を送(おく)ってください。 後日(ごじつ)、普通為替(ふつうかわせ)を書留郵便(かきとめゆうびん)でお送(おく)りします。 受付日 発送予定日 6月9日(火曜日)〜 6月16日(火曜日) 7月6日(月曜日) 6月1日(月曜日)〜 6月8日(月曜日) 6月29日(月曜日) 〜5月30日(土曜日) 6月24日(水曜日) 給付金10万円(きゅうふきん10まんえん)を受(う)け取(と)るには• お金(かね)を受(う)け取(と)る 普通為替(ふつうかわせ)の有効期限(ゆうこうきげん)は発行(はっこう)から6か月(げつ)です 申請スケジュール 5月20日(水曜日)全世帯に向けた申請書類を郵便局に持ち込みました。 5月22日(金曜日)以降、順次配達されます。 オンライン申請分については、確認・審査、口座振込の処理を進めていますので、 郵送による申請の必要はありません。 封筒のみほん 感染拡大防止のため、窓口での受け付けは行いません。 オンライン申請は終了しました。 オンライン申請• 5月1日(金曜日) 受け付けを開始しました• オンライン申請は終了しました オンライン申請は、世帯主以外の方からの申請や世帯情報の入力ミスなど申請内容に誤りが多く、 申請内容の確認・審査に時間がかかり、口座振込が遅れている状況にあります。 市民の皆様に少しでも早く給付金を給付するため、 郵便申請方式のみでの取扱いに変更し、オンライン申請は終了しました。 ご理解のほど、よろしくお願いいたします。 マイナンバーカードの発行には1ヶ月以上の時間がかかりますので、現在カードをお持ちでない方は郵送による申請の方が早く手続きいただけます。 マイナンバーカードのパスワードなどの再設定等の手続きのため、窓口が混雑する状況が続いています。 感染拡大防止のため、郵送による申請にご協力をお願い致します。 郵送による申請• 5月11日(月曜日) ひとり親世帯などへ先行して申請書類を発送しました• 5月20日(水曜日) 申請書類を郵便局に持ち込みました。 5月22日以降、順次配達されます。 国や岡山県・倉敷市などがATM 銀行・コンビニ等の現金自動預払機 の操作をお願いすることは、絶対にありません!• 国や岡山県・倉敷市などが、「特別定額給付金」の給付のために手数料などの振込みを求めることは絶対にありません!• 国や岡山県・倉敷市などから市民の皆様の氏名や銀行口座の番号などの個人情報を電話で照会することは、絶対にありません!• 倉敷市職員の身分証明書なしにご自宅に訪問することは、絶対にありません! ご自宅や職場などに国や岡山県・倉敷市 の職員 などをかたった電話がかかってきたり、郵便が届いたら、迷わず下記にご連絡ください。 最寄りの警察署(または警察相談電話)• 倉敷市消費生活センター(電話:).

次の

新型コロナウイルス感染症について

倉敷 コロナ

3例目:40代男性|岡山市在住|東京大阪京都へ出張• 4例目:20代男性|玉野市|帰省中の京産大の学生• 5例目:50代男性|早島町在住|岡山市立中央図書館勤務|沖縄へ滞在• 10例• 11例• 12例• 14例• 23例目:60代男性|岡山市|再び陽性となった• 24例目:30代男性|倉敷市|高知県に出張あり 感染が収まったと思ったら、また一人でてしまいましたね。 24例目は、仕事で県外(高知県)を訪れていたようなのでそこで感染した可能性が高いです。 仕事であれば仕方がない気もしますが、いまはまだ県をまたぐ移動は控えた方が良さそうですね。

次の

倉敷の60代男性が新型コロナ感染 帰省中、岡山県内在住で初:山陽新聞デジタル|さんデジ

倉敷 コロナ

最近コロナの感染者数が減ってきたと思ってる奴が実際多くいる。 検査の実施を抑制したり、感染者数の報告を改ざんしたり、漏らしたり、実際のところめちゃくちゃだ。 そもそも検査をほとんどやってないので表もグラフもあてにならない。 「コロナ感染は減ってきた、コントロールできている。 」 「経済活動も大事だ。 」 だから自粛は解除してもいいのではないかという流れ。 これは非常に危険ではないか。 高温多湿のインドやブラジルでもコロナ感染は大流行していることから、 日本においても自然気候に起因する収束は望めないことが分かる。 あれは自粛延長、これは自粛解除、あれはNG、これはOK、勝手な都合で解除などしてはいけない。 解除すればコロナの感染は一気に拡大し、数週間後には大量の死人が出始める。 ウィルスはただ近くの人や物に乗り移って分裂増殖していくのみ。 人間の勝手な都合に合わせて感染ルートを選んでくれたりはしない。 もしも日本が中途半端な自粛の解除をやったならば、一気に感染拡大。 最悪の場合、スウェーデンのようになる。

次の