コロナ禍 意味。 コロナ禍の読み方や意味を解説!なんて読むの?コロナなべ?

コロナ禍の読み方や意味は?コロナ鍋・渦?…読めない!という声多数

コロナ禍 意味

新型コロナウイルスに関するニュースやSNSなどでコロナ禍という表現を目にしたことはありませんか。 コロナ禍の禍が何を意味するのかよく分からず、困っている方もいるでしょう。 今回はそんな方のためにコロナ禍の基礎知識と日本におけるコロナ禍の状況などを説明していきます。 この記事を読むことで コロナ禍に対する理解が深まるので、ぜひ参考にしてください。 今後の研究結果や動向によって内容が変わるおそれがあるため、ご注意ください。 コロナ禍の意味と読み方 コロナ禍(コロナか)とは新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)によって引き起こされた、様々な災難を指します。 禍(か・わざわい)とは、天災や事故など意図せずに発生する不幸な出来事のことで、過去に発生した感染症であるコレラでもコレラ禍という表現が使われていました。 新型コロナウイルスは中国の武漢で2019年11月に発生が確認されてから、日本を含む世界各国で感染が拡大し続けており、 WHO(世界保健機関)によってパンデミック(世界的な感染症の流行)に認定されたのです。 日本におけるコロナ禍の現状 日本では2020年1月16日に神奈川県で国内初の新型コロナウイルス感染者が確認されました。 その後も新型コロナウイルス感染者は増加し続け、日本政府は新型コロナウイルス感染拡大によるコロナ禍を改善するために主に以下5つの対応を行なっています。 イベントの中止・延期などの要請• 学校の休校要請• 入国制限• 外出自粛要請• 緊急事態宣言による休業要請 2020年3月25日、東京都の小池百合子知事が会見で都民に対して外出自粛要請を発表しました。 この発表では新型コロナウイルスの感染を防ぐために週末の外出自粛のほか、平日の在宅勤務や夜間の外出自粛を要請しています。 日本政府が発表する要請や指示の表現がよく分からないという方もいるでしょう。 現時点の法律では様々な理由から休校や国民に対する外出自粛などを強制することはできず、協力を依頼する形で要請・指示を行なっています。 新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために日本政府は制限などを強く推奨する「要請」を発表し、応じなければさらに「指示」できるとされていますが、強制力をもたないのが現状であり、 要請・指示に応じなかったことに対する罰則は基本的に設けられていません。 ただし、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するという観点では日本政府の指示・要請に従わないのは適切ではないと考えられます。 さらに詳しく新型コロナウイルスに対する日本政府の対応を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。 新型コロナウイルスの症状と感染経路 CDC(アメリカ疫病予防管理センター)が発表する「」によれば、新型コロナウイルスの潜伏期間は14日間であるとされており、平均では4〜5日ほどで発症するようです。 新型コロナウイルスが発症すると基本的には主に以下の症状が現れるとされています。 5度以上の発熱• 倦怠感• 息苦しさ• 咳や鼻水• 嗅覚・味覚障害 上記のほか、重症化すると肺炎や呼吸困難に陥るようです。 ただし、 人によっては新型コロナウイルスに感染しても少し体調が悪い程度にしか自覚できない無症状になる場合も確認されています。 また現時点で立証されている新型コロナウイルスの感染経路には飛沫感染と接触感染の2種類があります。 それぞれの意味は以下のとおりです。 【飛沫感染】 新型コロナウイルス感染者の咳やくしゃみなどによって飛び散った飛沫(ウイルスを含んだ水分)を鼻や口から吸引し、感染することです。 現時点では飛沫の最大飛距離は約2メートルであり、これ以上離れていれば感染しないと考えられています。 【接触感染】 新型コロナウイルス感染者の飛沫に手で接触し、その状態のまま目・鼻・口などの粘膜に触れると感染することです。 ドアノブや手すり、電車のつり革など不特定多数の方が手を触れる場所には十分に注意する必要があります。 さらに詳しく新型コロナウイルスに関する潜伏期間や無症状を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。 有効とされる新型コロナウイルス3選 次に現時点で有効だと考えられている主な新型コロナウイルス対策を説明していきます。 どれも重要な内容になるので、ぜひ参考にしてください。 手洗い・アルコール消毒を徹底する 日本ウイルス学会が発表する「」によると、今回の 新型コロナウイルスは手洗いやアルコール消毒によって感染力を失うエンベロープウイルスに該当するとされています。 そのため、新型コロナウイルスによる接触感染のリスクを減らすために粘膜に触れる前にきちんと手洗いやアルコール消毒を行いましょう。 また不特定多数の方が触れる照明のスイッチやドアノブなども定期的にアルコール消毒しておくとより安心です。 詳しく適切だと考えられている手洗いの方法を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。 マスクを着用する 少しでも体調が悪ければ前述した無症状を疑って必ずマスクを着用しましょう。 また周囲と十分に距離を取れない場所でもマスクの着用が推奨されています。 ただし、WHO(世界保健機関)が発表する「」でも語られているとおり、 健康な方が着用するマスクの予防効果は限定的だと考えられているのが現状です。 そのため、マスクを過信するのではなく、そのほかの対策もきちんと行いましょう。 さらに詳しく新型コロナウイルスに対するマスクの効果を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。 テレワークなど周囲と距離をとる 週末の外出自粛だけではなく、以下の対策も実施して新型コロナウイルスによる飛沫感染・接触感染のリスクを減らしましょう。 テレワークで在宅勤務する• フレックスで満員電車による通勤を控える• 会議や面談をオンラインで行う• イベントの開催・参加を自粛する 日本政府のイベントの自粛要請に伴って、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために会場ではなくオンライン上でセミナーなどのイベントをライブ配信する企業も増えています。 また企業によっては業務上の都合などでテレワークやフレックスなどを導入できないケースもありますが、その場合は手洗いやそのほかの対策を徹底しましょう。 さらに詳しく新型コロナウイルス対策を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。 まとめ 今回はコロナ禍の基礎知識と日本のコロナ禍の現状などを説明しました。 最後にもう一度おさらいすると本記事の重要なポイントには、次の3点があげられます。 コロナ禍とは新型コロナウイルスによって引き起こされた様々な災難のこと• 日本では外出制限などを強制できないのが現状であり、要請・指示に留まっている• 新型コロナウイルスに感染しても無症状になる場合も確認されている この記事を参考にしてコロナ禍の状況を把握しましょう。 NewsDigestのご紹介 現在「」では、「新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ・感染者数」特設ページを公開しています。 全国の感染者数状況をグラフ化して、どのメディアよりも最速でお届けいたします。 さらに国や自治体、企業からの発表について、公益の観点から「感染事例が報告された場所の情報」を集約・整理して、地図で確認できるようにしています。 (画像は一部加工しています).

次の

コロナ禍の覚えておきたい基礎知識と日本における現状

コロナ禍 意味

用例としては以下の通り ・コロナ禍によって売り上げ減少 ・コロナ禍により給料激減 ・コロナ禍の影響で大量リストラ 試しに、ヤフーニュースで「コロナ禍」と入力すると、喜ばしくないマイナスのニュースばかりざくざくでてきます。 コロナ鍋(なべ)、コロナ渦(うず)の読み方は間違いです。 ネット上には、コロナ鍋(なべ)という読み方をしている人もいました。 なんだか、一気に暖かい雰囲気になりますが、コロナ鍋という読み方ではありません。 たしかに、渦のように人を飲み込んでいますがコロナ渦(うず)でもありません。 新型コロナ渦があろうとあるまいと、2020年東京五輪は、私にとって7年前のブエノスアイレスにおける一夜の興奮のみを以てすべて完了している。 コロナ渦(うず)と書いてしまっている人は、割とまじめな長文を投稿している傾向がありました。 仕事・社会・経済など、知的な文章を投稿していました。 コロナ鍋(なべ)と書いている人は、周囲を明るくするネタとして投稿していました。 詳しくは、ツイッターなどで検索してみると顕著にわかりますので、ぜひトライしてみてください。 なぜ、禍(か)、鍋(なべ)、渦(うず)を混同してしまうのか。 この三つの漢字の読み方が混ざってしまう理由は、漢字の左側の部首のみが違っており、つくりの部分が共通ということです。 災い・・・防ぎようのない天災 禍い・・・人為的な努力で防げる余地がある事象 以上のことから、新型コロナウィルスに関しては、天災にはあたらないので 「禍」が用いられています。 ただし、 「口は災いのもと」と言ったように、人が生み出すものであっても「災(わざわい)」が使われている文章も多く存在しています。 間違いでありませんし、社会の中でも広く浸透もしていますので、特に恥をかくこともありません。 例えば、子供から違いを聞かれた時など、厳密な違いを判断する場合にのみ、「天災」か「人為的な努力で防げる余地があるか」を基準にして考えるのがおすすめです。 読者の方はお気づきだと思いますが、厳密にいうと 「口は禍のもと」が正解となります。 音読み;「禍(わざわ)い」の送り仮名とは 禍(わざわい)には、送り仮名の「い」がある文章・ない文章が存在しています。 様々な辞書・辞典を調べましたが、「禍(わざわい)」と送り仮名なしでも「わざわい」と読んでいるものもあれば、「禍い」と送り仮名の「い」をつけているものもありました。 結論、送り仮名に関しては、こちらが正解だというものがないようです。 送り仮名があっても、なくても正解だと言えますが、もし音読みする場合には、送り仮名をつけた方が読み手には伝わりやすいしれません。 「禍」の他の読み方とは 禍は「わざわい」の他にも、 「まが」と読むことができます。 「まが」という読み方で使用する場合は、二つ並べて 「禍々(まがまが)しい」という使い方がされることが多いです。 これは 「不吉だ」「嫌なことが起こりそうな予感がする」など、マイナスな意味で使われます。 マンガやRPGゲームなどでも、たまに目にすることがありますが、普段の日常生活ではほとんど使う機会はないと思います。 禍をつかった勇気づけられる文章 コロナウィルスで大変な時期ですが、コロナ禍に負けず気分をあげるための慣用句を紹介して終わりにします。 ・禍転じて福となす(わざわいてんじてふくとなす) マイナスな出来事を教訓として、プラスに変えるという意味。 ついでに「COVID-19」って読み方も覚えちゃいましょう! こちらの記事もおすすめです.

次の

「コロナ禍」ってなんと読む?「コロナうず」のわけがないし…。最近のニュースにも関連する言葉です!

コロナ禍 意味

コロナ禍(ころなか)の意味と使い方 なかなか普段は禍という言葉は使用しませんね。 だからコロナ鍋(なべ)?のような間違いのようなこともでてきてしまうんでしょうね。 コロナ禍の意味 「 禍」とは訓読みで 「わざわい」と読みます。 そのことから直訳してみると 新型コロナウイスルの災い・災害 ということになりますね。 新聞やマスコミでは「 コロナショック」という言葉が使われていましたが、政治家や一部のマスコミで日本語名での総称として 「コロナショック」の代わりに「コロナ禍」を使用し始めたのが始まりです。 それを一般の人がTwitterなどで拡散する時に読みが分からなく当て字で禍を鍋と見誤って間違えて打ってしまったのでしょう。 コロナ禍の言葉の使い方 使い方としては、 カタカナで表記。 中国の発音を元にした読み方。 意味がわからない場合が多い。 熟語で使用)例えば、美人(ビジン)の美(ビ)など 訓読みで使われる熟語としては、 「戦禍(センカ)」や 「禍福(カフク)」などは漢字変換でも出てきます。 戦禍(センカ)戦争によるわざわい・被害• 禍福(カフク)ざわいとしあわせ• 禍根(カコン)災いの起こる大本・原因• 輪禍(リンカ)車などの交通災害による災難• 大禍(タイカ)大きな災いのこと• 水禍(スイカ)洪水など水による災害• 災禍(サイカ)天災や事故によって受けるわざわい• 奇禍(キカ)思いもよらない災難• 惨禍(サンカ)悲惨な災難• 筆禍(ヒッカ)自分が書いことが原因で災難をこうむること• 舌禍(ゼッカ)自分が発した言葉が元で生じる災い。 禍の訓読み(くんよみ) 読み方としては2つ• わざわい• 日本語の意味を含んだ読み方。 意味がわかる。 漢字の後に「ひらがな」が続く 「送り仮名」で多く使われる。 例えば、美しい(うつくしい) 使用される例としては• 禍を招いた( わざわいをまねいた)不幸な出来事を自らがよびこんだこと• 禍々しいできごと( まがまがしいできごと)不吉でおぞましいさま のように使用されますが、あまり一般的ではないですね。 同じ読み方として使われる単語としては「 災いを招いた。 」で使われる「災害」の「災」ですね。 コロナ鍋の間違いの原因は現代人の文化の変化 現代人は 鉛筆やシャーペンで文章を書くという文化が無くなってしまいました。 文章は書く漢字は、いまやスマホやパソコンで漢字変換という作業に成り代わってしまいました。 ノートに文を書いていた時代には書く字や漢字をよく見て観察して書いていたものです。 しかし、現代で は見た目でスマホやパソコンで簡単に変換してしまうので 「禍」を「鍋」と勘違いして漢字変換して意味も分からずにTwitterなどで拡散していまい。 そして、その間違いを指摘されたのが話題になっていたのですね。 中には「禍」を「渦」(うず)と勘違いして 「コロナ渦」(ころなうず)と変換していた人もいたようです。 「コロナ禍」は 必ず収束(しゅうそく)して終息(しゅうそく)します。 信じて頑張ってみんなで拡散防止に努めていきましょう。

次の