善 逸の兄弟子。 鬼滅の刃17話感想・考察・解説!善逸の師匠と兄弟子

鬼滅の刃34話ネタバレ感想!我妻善逸が兄弟子に嫌われている理由は?

善 逸の兄弟子

マンガ「鬼滅の刃」で善逸の兄弟子として登場した獪岳(かいがく)。 読者からは、マンガで一番嫌な奴だと酷評されていますが、いったいどんなキャラクターなのでしょうか。 この記事では、「鬼滅の刃」善逸の兄弟子である獪岳について分かりやすく解説したいと思います。 兄弟子獪岳のキャラクターとは? 獪岳は、とてもひねくれた性格の持ち主です。 どんなひねくれた性格かというと、 ・自分よりも上の立場の人や、強い人に対しては媚びをうる ・逆に自分よりも下の者をバカにする ・他人に見下されたくない気持ちとプライドが強い こんな人、学校や会社に一人くらいいませんか? 笑 まさにそんな典型的な嫌な奴を一身に受けたようなキャラです。 当然のことながら、弟弟子の善逸は侮辱していました。 けれど、 いい面も持っています。 獪岳は、媚びを売ったり、へこへこしても、最後まで生き残れば、自分が最後には勝つだろうと思っているほど、したたかに耐える精神を持っています。 これは、 「今に見てろよーそのうち俺が上に立って見せるからな!」という負けたくない気持ちが強いのです。 こういった負けたくない気持ちを持って、努力していた点は、 善逸も非常に尊敬していました。 ちなみに、 読者からは、善逸に桃を投げつけたことから通称、「桃先輩」と呼ばれています。 兄弟子の獪岳は鬼になってしまった そんなひねくれた獪岳は鬼殺隊に入るも、最強の人喰い鬼である黒死牟に脅され、媚びを売り、頭を下げて鬼になることとなりました。 最強の鬼である黒死牟の強さにビビり、生き残るために鬼になったのです。 黒死牟の恐怖よりも鬼になった方がマシだと考えたのです。 さらには、獪岳が鬼殺隊を辞めて、鬼になったことにショックを受け、元雷柱の桑島慈悟郎(じいちゃん)は腹を切ってしまいます。 そのことに、善逸もゆるせないという感情を持っていました。 兄弟子の獪岳は壱の型を使えない また、獪岳は、善逸と同じく、元雷柱の桑島慈悟郎のもとで「雷の呼吸」の修行をしていました。 ここで、継承者として、壱の型~睦の型まで習得するのが常です。 それぞれの型は以下の通りです。 「壱ノ型 霹靂一閃」 「弐ノ型 稲魂」 「参ノ型 聚蚊成雷」 「肆ノ型 遠雷」 「伍ノ型 熱界雷」 「陸ノ型 電轟雷轟」 しかし、なんと獪岳は 基本となる壱の型が使えないのです!! これは、致命的です。 だって基本中の基本である壱の型がつかえないのですからね。 (逆に、善逸は当時壱の型しか覚えていなかった。 ) 当然、継承者としてはなれず、かなりの劣等感を抱いていました。 しかし、鬼になって血鬼術を会得したことから、雷の呼吸と合わせて黒い雷となり技が放たれるまでに。 しかも斬撃の切れ味が増すので末恐ろしいです。 善逸の「漆の型 火雷神」に敗れる しかし、獪岳は、善逸との対決(145話「幸せの箱」)にて、 「漆の型 火雷神」という技に敗れます。 これは、善逸完全オリジナルの型で、 今までになかった新技です。 つまりは、侮辱していた弟弟子が獪岳を超えた存在となったのです。 まさに兄弟子が完全に負けてしまったかっこうとなりました! 壱の型も使えないのに、オリジナルの漆の型で敗れてしまう。 なんとも哀れな最後でした。 獪岳はi人間の反面教師的な存在 まさに、この兄弟子獪岳を見て、読者のあなたもこんな男にはなりたくないと思ったことでしょう。 私もそう思っています。 でも、 人間の弱い部分を強調した獪岳は、あなたのどこか弱い部分が出ていることもあるでしょう。 例えば、社長や上司、先輩の言うことを聞いたり、声の調子を変えてみたり。 できの悪い同僚や後輩をバカにしたり。 そういった人間誰もがやってしまう感情を獪岳は持っているので、人間の反面教師の部分がありますよね~。 そう考えると、 嫌なやつと思う反面、同じようなことをしてしまう自分と共通する部分もあると不思議と親近感が沸きます。 逆に、善逸がかっこよく映りすぎて、善逸になりたいと思う気持ちが強くなります。 まさに善逸とは両極端のキャラとして分かりやすいですね。 いかがでしたでしょうか。 善逸の兄弟子、獪岳について紹介しました。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

【鬼滅の刃】「我妻善逸」の強さ・魅力まとめ|兄弟子との過去について

善 逸の兄弟子

鬼滅の刃の我妻善逸の兄弟子:獪岳(かいがく)について 名前は獪岳。 善逸の兄弟子です。 獪岳は善逸と同じ師匠と修行をし、「」を学んでいました。 雷の呼吸は壱(いち)ノ型から陸(ろく)ノ型まであります。 でずが、善逸が使えるのは雷の呼吸・壱ノ型だけ、そして獪岳は壱ノ型以外しか使えません。 我妻善逸の兄弟子である獪岳(かいがく)は不満を持っていた 修行に勤しむ努力家だった獪岳は、出来が悪いのにも関わらず、師匠に同じように扱われている善逸のことが嫌いでした。 そして善逸に対し、「先生の時間の無駄」だといって雷の呼吸の習得を諦めさせようとします。 なぜ師匠は出来が悪い善逸を可愛がるのか。 そんな想いを胸に秘め、とにかく獪岳は善逸と師匠との関係が面白くなかったのでしょう。 実際には師匠は善逸を贔屓はしておらず、自分にはできない壱ノ型を使える善逸に対する妬みから獪岳が思い込んだのだと思います。 獪岳の思いに反し、善逸は努力家である獪岳を尊敬していました。 獪岳だけが善逸と師匠のことで悩み苦しみ、自分を必要以上に追い込んでいきます。 もしも、獪岳・善逸・師匠で心の底から本音をぶつけて話し合っていれば、3人の未来は変わっていたかもしれません。 善逸と鬼になった獪岳(かいがく)が再会をするも引けない戦いへ 一方的な感情を抱いていた獪岳と善逸。 2人は再会をしますが、それはかつてのような兄弟子・弟弟子との関係では言い表せないものでした。 それは兄弟子・ 獪岳が倒すべき敵である鬼になっていたのです。 それも鬼舞辻無惨の直属の配下である 十二鬼月の1人、上弦の陸となっていました。 >> 善逸の兄弟子である獪岳はどうして鬼へと変わり果てたのか ここでとても気になるのは、 獪岳は鬼へと変わってしまったのかということです。 今までも、常に強さを求め努力していた獪岳は、 生きてさえいればいつかは勝てると考えていました。 ですが獪岳はある日、鬼と遭遇して死にそうになり、その鬼に命乞いをする形で自身が鬼になり、なんとか生き続けようとしたのです。 強さを求め続けたことによりしてしまったこの選択。 しかし、鬼にならなければ獪岳は死んでいました。 獪岳はこの時すでに鬼殺隊の隊員でしたが、まだ悔いのない生き方ができていなかったために、死ぬことができなかったのでしょう。 獪岳が鬼になってしまったことで、鬼殺隊の裏切り者となり、師匠は弟子の罪を償うため切腹し、その人生を終えました。 善逸と獪岳(かいがく)の戦いの結末 2人が師匠のもとで修行を積み重ねていた当時から、何かと善逸を妬み、さまざまな文句を言っていた獪岳。 お互い雷の呼吸を使いながら一歩も譲れない戦いが始まります。 善逸にとって、自分を見込んで色々教えてくれた師匠を失う原因となった相手。 尊敬していた兄弟子ではありますが、師匠のためにも、獪岳を倒す以外に方法はありません。 善逸との戦いの際、獪岳は長く生きている鬼の中で特に日が浅く、まだ血鬼術を使いこなせていませんでした。 実際獪岳の血鬼術完成しちゃったら本当あかんよな — さすに SSRAPSHOT そんなまだ鬼として未熟である 獪岳を善逸は自身が編み出した「雷の呼吸 漆(しち)ノ型・火雷神」によって倒すのです。 この漆ノ型を見て、死ぬ間際でも師匠が贔屓して教えたのだと勘違いする獪岳。 最後の最後までこのような思い込みをしており、どこでこうなってしまったのか、別の未来はなかったのかと考えるととても悲しいです。 この弟子同士のの戦いは、思いの強さで勝った善逸が勝利を収めたのでした。

次の

鬼滅の刃17話感想・考察・解説!善逸の師匠と兄弟子

善 逸の兄弟子

あわせて読みたい 十二鬼月については「」にさらに詳しくまとめているので、十二鬼月についてより詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。 元々は剣士で善逸の兄弟子 上弦の鬼として登場した獪岳だが、もともとは剣士で善逸の兄弟子にあたる人物。 の桑島慈悟郎の下で共に雷の呼吸の修行に励んでいた。 善逸は雷の呼吸の壱の型しか使えないが、獪岳は逆に壱の型だけしか身に着けることができなかった。 そのため、桑島は2人を共同で後継者にしようとしたが、プライドが高い獪岳はこれを受け入れられずにいた。 ある時、黒死牟に遭遇してしまい黒死牟の圧倒的な力に屈し、命乞いをしたところ鬼に勧誘されその誘いを受け入れて鬼となった。 悲鳴嶼らを売った子供は獪岳だった 岩柱の悲鳴嶼行冥は鬼殺隊に入る前、寺で数人と孤児と一緒に暮らしていたがその子供の一人が実は獪岳だった。 鬼に遭遇した獪岳は、悲鳴嶼や他の子供を鬼に売る形で鬼の魔の手から逃れていた。 善逸との戦いに敗れて死亡 無限城での戦いでかつての弟弟子である善逸と遭遇。 善逸と戦うが漆ノ型を身に着けた善逸に敗れ死亡した。 本来、上弦の鬼は柱3人分相当の強さだが、それでも善逸が勝てたのは獪岳が鬼になってからの月日が浅く、血鬼術をうまく扱うことができなかったからとされている。 獪岳の強さ 血鬼術と雷の呼吸の使い手 獪岳は元々剣士だっということもあり、同様血鬼術とを合わせて使うことができる。 獪岳が扱うのは善逸と同じ。 ただ、善逸とは違い黒い雷のエフェクトとなっている。 また、斬撃を食らうと体に亀裂が走り、身体がひび割れていくという特殊効果も加わっている。 血鬼術をまだ完璧に扱うことができなかったので善逸には敗れましたが、血鬼術を完璧に扱えるようになればおそらく善逸を瞬殺する強さだったと思います。 上弦の鬼ということで「」にもランクインさせています。

次の