ギガホ テザリング。 いきなり 60 GB !!ドコモ・ギガホの魅力は「テザリング」と1人暮らしでアレな人・・・

www.cryptonode.co:ドコモ、「5Gギガホ」のデータ量“無制限”は4Gもテザリングも含む 今後は「負荷を見て」

ギガホ テザリング

ドコモの新プラン・ギガホ/ギガライトに隠れてひっそりと発表されている データプラス。 実はよくよく内容を見てみると、非常にお得なプラン、かつ重要なプランであることがわかります。 そもそもデータプラスってどういう? と感じられる方も多いと思いますが、わかりやすく言えば、今までの 2台目プラスと同じです。 2台目プラスと同じなのですが、ギガホ/ギガライトにおいてデータプラスの重要性が増すのは、 シェアパックが存在しないためでもあります。 つまり新プランにおいて、 タブレットやiPadの行き先は、データプラスしかないのです。 さもなくば、 単独ギガライト/単独ギガホですね。 その辺りの詳細内容、データプラスをどう利用するとお得なのか検証していきます。 関連記事:「」 目次• データプラスは今までの2台目プラスと同じプラン データプラスは、ギガホ/ギガライトに対応した、今までの2台目プラスにあたる料金プランです。 そのため契約回線としては、メインのギガホ/ギガライトの回線の容量を利用するタブレットやiPad、データ端末に適用されるプランになります。 月額料金は、驚きのシンプルさ、 1,000円です。 私も初見で、「え? 1,000円? それだけ? spモードとかその他は?」と色々思ったものですが、spモード料金はこの1,000円の中に含まれていますし、他に料金もかかりません。 本当に1,000円ぽっきりです。 つまり、月額たった1,000円で、タブレットやiPadが持ててしまう、ということです。 安いです。 これなら、2台3台持ってもいいな、という人も出てくるかもしれません。 しかし、慌てないでください。 安いのですが、裏があります。 順番に解説していきます。 そもそも新プランにデータ専用単独プランがない そもそもです。 新プランである ギガホ/ギガライトには、データ専用の単独プランがありません。 ではタブレットやiPad、データ通信端末を契約したい場合にはどうすればいいのか、というと、普通に考えて選択肢がないのですから、ギガホかギガライトを選択するしかありません。 安く抑えるためにギガライトにした場合、みんなドコモ割、ドコモ光セット割の両方を適用させた最安値だと1,980円となります。 まぁ、 今までのデータ端末単独の場合の最低料金(4,900円)と比べたら、これでも安いです。 安いのですが、タブレットを1台追加するのに月額1,980円もかかるのでは、これは悩んでしまいますよね。 そこで登場するのが、データプラスです。 メイン回線のギガホ/ギガライトと容量を分け合って利用することで、月額1,000円、たった1,000円で利用することができるようになります。 単独で利用した場合よりも、980円安くなります。 利用可能容量はメイン回線次第となります。 つまり、メイン回線がギガホ/ギガライトの場合、データプラスは、iPadやタブレット、データ端末を利用するのであれば、必ず利用しておきたいプラン、と言えるわけです。 データプラスも分離プランである、ということがポイント さて、ここからがむしろ本題です。 ギガホ/ギガライトが端末料金と完全に分けた、分離プランであるということは既に知られた事実です。 となると、それに紐づくデータプラスに関しても、当然分離プランであるわけです。 安さの秘密は、ここです。 つまり、 プランは確かに安いものの、タブレット/iPad購入時の端末価格に対する割引がない=端末が高い、ということになるわけです。 今までタブレット等を契約したことがある人ならご存知のはずです。 「タブレットが今なら一括0円ですよ!」 最近だと0円はないにせよ、そんな感じの営業トークに出会ったことが、必ず一度はあるのではないでしょうか。 しかし、分離プランでは、こうした価格は存在できません。 タブレット、iPad、データ端末、それぞれ元々の価格が基本的にはほぼそのまま乗ってくる形になるはずです。 結果、データプラスで月額料金は1,000円かもしれない、しかしiPadの価格が10万円なら、仮に24回の割賦で購入しても月々約4160円です。 合計金額では5,000円を突破します。 つまり、 タブレット/iPadの価格次第では、今まで以上に高くなるケースも十分ありえる、ということになります。 もちろん、 月額料金が安いのは間違いないので、タブレットの長期利用には非常に相性がいいです。 そういう意味では優良プランなのですが、「 iPadが欲しい場合、端末割引きがないならAppleでSIMスロットなしのWi-Fiモデルを直接買ったがいいんじゃないか」、という疑問については一切否定できません。 たぶん私も今後そうする可能性が高いです。 データプラスの落とし穴:メイン1回線に対して1回線のみ ここからはデータプラスの落とし穴について解説していきます。 実は、 データプラスは本当に2台目プラスと同じで、メインの回線1回線に対し、データプラス回線は1回線しか紐づけることができません。 となると、今までシェアパックを利用していて、音声2回線、データ2回線で利用していたのなら、それぞれの回線に紐づければいいのですからまだいいですが、 メイン1回線にタブ2回線で利用していた、というケースが困ってしまう わけです。 タブレットが1台、行き所がありません。 このケースだとどうなるかというと、メイン回線をギガホ/ギガライトにし、もう1回線のタブレットをデータプラスにすることで、元々のシェアパックは解体されます。 そして、残されたタブレットは1回線のみとなり、自動的にシェアパックの裏で「みなし」で契約されていたパケットパックが適用される形になります。 データSパックないしデータMパック、またはベーシックパックのいずれかになると考えられます。 結果、その余った1台のタブレットの料金が、跳ね上がります。 さすがにそうならないよう、余ったタブレットもギガライトに変更しないといけません。 結果的にデータプラスからあふれた1台のタブレットは、ギガライトで単独運用、ということになります。 データ回線はみんなドコモ割が適用しない? ギガホ/ギガライトなら問題なし さらに追い打ちになるのでは、という話をします。 データ回線はみんなドコモ割が適用しないのでは? という話です。 確かにみんなドコモ割の適用回線は、「ファミリー割引グループ内の音声回線数」に応じて、という説明があります。 私も当初、データ端末だと割引対象外、と思い込んでいました。 が、ここについては念のためドコモインフォメーションセンターに確認したところ、問題ありませんでした。 何故なら、 タブレットやiPadであろうとも、同じギガホ/ギガライトを利用しているので、割引対象ですし、カウント対象にもなります。 心配いりません。 つまり、月額1,980円の運用が可能となります。 カケホーダイ&パケあえるにおける、シェアパック子回線のデータ端末の料金は月額2,500円なので、それと比べるとギガライトの最低料金の方が安いです。 既にタブレット/iPad所有なら、データプラスに早々に変えた方がお得 以上みてきた通り、データプラスは、ギガホ/ギガライトに対して1台紐づける分には非常にお得ではあります。 が、 端末価格は高くなります。 ただ、確かに端末価格は高くなるのですが、 今現在タブレット/iPadを既に所有している場合、しかも月々サポートや端末購入サポートが既に終了している場合においては、これは変更した方が確実にお得です。 もちろん、次に買うときは端末価格がかなり高くなる覚悟は必要ですが、タブレットやiPadはスマホやiPhoneほどそうそう買い替えることもないでしょうから、まだ数年使える、と考えたら、さっさとデータプラスに切り替えて毎月の料金を安くした方がいいです。 そして、 ギガホ/ギガライトを利用するべきかどうか悩む場合には、このデータプラス分も合わせて検討してみるといいと思います。 シェアグループ内にもしタブレットやiPadが2台以上存在する場合は、これはどの回線にデータプラスで紐づけるかを考えないといけないので、その点注意しましょう。 タブレット/iPadの数の方が音声回線より多い場合は、前述したとおり余りになるので、ギガライトでの単独運用、という形になります。 シェアパックがなくなることで影響も大きいですが、対応していくしかありません。 何が一番お得なのか非常に難しいですが、しっかり考えて決断しましょう。

次の

ドコモの「ギガホ」徹底解説。2019年10月以降の申し込み分からは契約解除料が1,000円に減額。

ギガホ テザリング

外出時、ノートパソコンやタブレット(Wi-Fiモデル)などでインターネットを利用するとき、公衆無線LANはサービス提供エリア内でしか使えないし、モバイルWi-Fiルーターは月額通信費がかさむ。 そこで活用したいのが、 テザリングだ。 スマホのテザリングを使うと、場所を選ばず手軽にノートパソコンなどでインターネットが利用できる 目次 【基本】 【準備】 【実践】 【まとめ】 テザリング利用時の注意点 テザリングとは、iPhoneやAndroidスマホをWi-Fiルーターのように利用する機能のこと。 つまり、スマホの通信回線を使ってノートパソコンやタブレット、ゲーム機器、デジカメなどをインターネットに接続する。 そのため、スマホの契約通信データ量を消費するので注意が必要だ。 長時間の利用や大容量データの送受信によって契約通信データ量を使い切ってしまうと、月末までの速度制限を受けることになる。 実際にテザリングを使ってみて利用機会が増えそうであり、なおかつ小容量の通信プランを契約しているのなら、大容量プランへの変更を検討するといいだろう。 auとソフトバンクは申し込みが必要 NTTドコモのスマホなら、テザリング利用の申し込みは不要で利用料も無料。 ただし、インターネット接続に必要な「spモード」の契約が必要となる。 auとソフトバンクは事前の申し込みが必要で、契約している通信プランによって無料のケースと、月額500円(税別)が必要になるケースがある。 auとソフトバンクのユーザーは、ユーザー専用のオンラインサービスである「My au」「My Softbank」などで契約内容を確認してみよう。 申し込みをしていない場合は、My au、My Softbankから申し込みができる。 softbank. 大抵は申し込み不要で利用料は無料だ。 ただし、通信プランやスマホの機種によっては利用できないケースもあるので、テザリング機能を提供しているかも含め、詳細は契約先のホームページ等で確認していただきたい。 テザリングの接続方法は3種類 テザリングでスマホと機器を接続する方法には、Wi-FiまたはBluetoothによる無線接続と、USBによる有線接続の3つがある。 それぞれのメリット・デメリットを理解して使い分けよう。 (1)Wi-Fi接続 無線接続のため手軽に利用でき、ノートパソコン、タブレット、ゲーム機など対応機器が多い。 また、複数台を同時に接続できるので最も使い勝手がいい。 ただし、スマホのバッテリー消費が速くなる。 通信速度が遅いため、実用度は低い。 メリット…バッテリーの消費量が少ない デメリット…通信速度が遅い (3)USB接続 USBケーブルが必要だが通信速度は速く、テザリングしながらスマホを充電できる。 ノートパソコンで一定時間作業をしたいときにおすすめだ。 メリット…通信速度が速い、スマホを充電しながら使える デメリット…USBケーブルを持ち歩く必要がある テザリングの準備 テザリングはスマホの初期設定ではオフになっており、必要なときにオンへ切り替えて利用する。 また、Wi-FiとBluetooth接続の利用時には、スマホの名前(無線LANのSSIDにあたる)、Wi-Fi接続ではさらにパスワードが必要だ。 オン/オフの切り替え方法と、スマホの名前、パスワードを確認しておこう。 なお、以下では「iPhone XS」(iOS 12. 2)と「Pixel 3」(Android 9)を使って解説する。 「設定」アプリを起動し、「Wi-Fi」と「Bluetooth」をオンにしてこう。 次に、「設定」の「インターネット共有」をタップ。 iPhoneではテザリングを「インターネット共有」と呼ぶ。 「インターネット共有」画面で「インターネット共有」のオン/オフが可能だ。 「インターネット共有」の右端にあるスライドボタンをタップしてテザリングのオン/オフを切り替える 「"Wi-Fiのパスワード"」でWi-Fi接続に必要なパスワードを確認できる。 その下には、3つの接続方法の手順が記されている。 「Wi-Fiで接続するには」の手順1で、「"iPhone"」となっている「""」内がiPhoneの名前だ。 「"Wi-Fiのパスワード"」でパスワードがわかる。 また、ここでiPhoneの名前も確認できる パスワードをタップすると、変更も可能だ。 変更する場合は半角英数字8文字以上で設定し、最後に「完了」をタップする。 名前をタップすると、変更も可能だ。 Wi-Fi、Bluetooth接続のときに自分で判別しやすい名前に変えておくといい ・コントロールセンター利用は要注意 iPhoneのコントロールセンターを表示し、左上の通信関連のコントロールがまとめられたフォルダーを3D Touchすると、「インターネット共有」が現れる。 ここからオン/オフができるように見えるので一見便利そうだが、正常に機能しないので注意が必要だ。 「設定」で「インターネット共有」がオフのとき、コントロールセンターの「インターネット共有」も「オフ」だ。 これをタップすると「検出可能」に変わり、「設定」の「インターネット共有」もオンになる。 これは、正しい。 コントロールセンター左上のフォルダーを3D Touch 「インターネット共有」が「オフ」のとき、タップでオンになる 次に、コントールセンターの「インターネット共有」をタップすると「検出不可能」に変わる。 これで機能がオフになったように見えるが、「設定」を開いてみるとオンのままになっている。 当然、ほかの機器から見ると、iPhoneは検出される(テザリングできる状態)。 そしてしばらくすると、コントールセンターでは「検出不可能」が勝手に「検出可能」に戻ってしまう。 この状態から、コントールセンターの「インターネット共有」を「オフ」にするには「設定」で「インターネット共有」をオフにするしかない。 テザリングは、機能をオンにするだけでバッテリーを無駄に消費する。 コントールセンターからの操作ではオフにならないので、「設定」で確実にオフにしよう。 開いた画面で、テザリング関連の情報確認、設定変更などを行う。 スマホの名前とパスワードを確認するには、「Wi-Fiアクセスポイント」をタップする。 この画面で「Wi-Fiアクセスポイント」をタップ Wi-Fiテザリングがオフのときには「OFF」と表示されている。 右端のスライドボタンをタップすると背景が青色、表示が「ON」に変わり、Wi-Fiテザリングができるようになる。 スライドボタンのタップでWi-Fiテザリングのオン/オフを切り替える 「アクセスポイント名」がスマホの名前(SSID)だ。 タップすると名前を変更できる。 アクセスポイントのパスワードは黒点で表示されているので、タップして確認。 パスワードも変更可能で、8文字以上の任意の半角英数字を設定できる。 アクセスポイント名は自由に変更できる。 自分の名前などを全角文字で設定しても認識する。 変更したら「OK」をタップ 「アクセスポイントのパスワード」をタップするとパスワードを確認できる。 8文字以上の半角英数字で任意のパスワードに変更可能だ。 変更したら「OK」をタップ 「詳細設定」をタップすると、「アクセスポイントを自動的にオフにする」機能のオン/オフを設定できる。 標準はオンになっているので、変更する必要はない。 また「AP帯域幅」では、「2. 4GHz帯」のみを使うか、「5GHz帯を優先」するか選べる。 4GHz帯」で通信が安定しないときに、「5GHz帯を優先」に切り替えてみよう。 テザリングによる端末が未接続のときに自動的にオフにする機能は、機能を有効にしておくと無駄なバッテリー消費を防止できて便利だ ・クイック設定パネルからオン/オフ Pixel 3のクイック設定パネルには、Wi-Fi テザリングの機能をオン/オフできる「アクセスポイント」のアイコンが用意されている。 アイコンがグレーならWi-Fiテザリングがオフの状態だ。 アイコンをタップすると青色に変わり、オンに切り替わる。 再度タップすればオフだ。 「設定」画面を開くことなくオン/オフをすばやく切り替えられるので活用しよう。 クイック設定パネルから、Wi-Fi テザリングのオン/オフができる.

次の

テザリング

ギガホ テザリング

公式オンラインショップ ウルトラパックとは? ウルトラパックというのは1人で加入するウルトラパックと家族で加入するウルトラシェアパックの2つがあります。 こちらが一人で加入できるタイプのウルトラパックとなります。 こちらはシェアで利用できるウルトラパックとなります。 ウルトラパックは家族で入ると結構な高額になりますが、家族で加入するとシェアの子のプランはかなり安価に利用することができますので、結構お得に利用することが可能となります。 ウルトラパックは残念ながら2019年5月31日で廃止されました。 ドコモから新料金プランが6月1日から発表され、これからは新料金プランに移行されていきます。 公式オンラインショップ ドコモは新料金プランのギガホが出てきて非常にメリットが高い こちらを見てもらいたいのですが、 新料金プランにギガホと呼ばれるものが出てきました。 これならほぼ無制限に通信を楽しむことが可能となります。 通信制限になったところで、1Mbpsというそれなりに高速に利用することが可能だからです。 1Mbpsならそれなりに使うことができますので、ある意味テザリングし放題のプランとなるわけです。 これにより、自宅の回線をすべてギガホにすることも可能なのではないでしょうか。 自宅に光を引く必要はなくなったのかもしれません。 1Mbpsというと昔のADSLよりも遅いですが、高速ダウンロードなどをしない限り問題ないでしょう。 使い放題といっても過言ではないプランの一つかと思います。 ギガホをいうのは、の一つとなるわけですが、大容量で楽しむことができるプランとなっており、全体契約の3割程度がギガホに契約する可能性が高いと言われております。 昨今毎月の通信量が10%単位で増えていっていることを考えると、7GB以下の契約で事が足りるということは非常に少ないかと思います。 せっかくなら大容量プランに契約して外出先でも動画などを大量に見ることをおすすめしたいですね。 そのほうがやっぱり面白いと思います。 大容量通信というのは、かなりの人が望む通信だと思います。 外出先での動画閲覧や音楽のストリーミング配信など、かなりの人がやりたいことかと思います。 テザリングをメインに考えるのであれば、やはり大容量プランがオススメです。 現在ギガホなら60GBまでの通信を行うことが出来るキャンペーンを開催しております。 そのためギガホに契約する人が非常に多いです。 60GBというと、相当通信をすることができますからね。 かなりメリットがあるかと思います。 公式オンラインショップ ギガホはテザリング料金無料 ドコモで契約するとテザリング利用料金というものが無料となります。 ギガホの契約でももテザリング料金は無料です。 ウルトラパックは2019年6月以降になくなるプランとなっており、それ以降はというプランになります。 もともと2018年4月以降に月額1000円(税抜き)分をテザリングとる予定でしたが、2019年以降もテザリング料金が無料となっております。 今後テザリングキャンペーンというのは無料化が継続して利用することが可能となります。 に関してもテザリング料金は無料となっており、非常にメリットがあります。 テザリング料金が無料となるドコモは完全に他社との差別化が出来ているのではないかと思います。 テザリングというのは、スマホ単体で利用しようと思う人ならあまり関係ないかもしれませんが、パソコンなどを利用したいということや、iPadのWi-Fiモデルを利用したいと思う人にとってはなくてはならない機能の一つです。 テザリングを行うことで、高速通信が出来るということは、非常にメリットがあることかと思います。 テザリングという言葉はAndroidではよく利用しますが、iPhoneではインターネット共有という言葉を利用する人の方が多いのかもしれません。 AndroidやiPhoneをルータ代わりにして、パソコンやゲーム機器などをインターネットにつなげるための機能を保持した機能をテザリングと呼びます。 ドコモなら特に気にすることなく、テザリングを行うことが出来ますので、非常にメリットがありますよね。 テザリングの料金が無料というだけで、相当メリットがあります。 他社ではテザリング料金が別途500円とか発生しますので、テザリングをするメリットはあまりありません。 公式オンラインショップ 対象となるパケットパック ウルトラシェアパック100、ウルトラシェアパック50、ウルトラシェアパック30、ウルトラデータLLパック、ウルトラデータLパック、ウルトラビジネスシェアパック100、ウルトラビジネスシェアパック50、ウルトラビジネスシェアパック30 ギガホ、ギガライトがテザリングを行うことが可能です。 取り消しされているプランというのは、以前のプランとなります。 この記事を見ている時点ではこのプランへの加入はできませんので、新規で契約するのであれば、ギガホもしくはギガライトということになります。 継続してテザリングが利用できるということで、かなり嬉しいことですね。 テザリングができるということで、本当にいろいろやれる幅が広がると思います。 ただし注意が必要です。 ウルトラシェアパックのGB数でも足りないケースも出てくるかと思います。 やはり 動画閲覧などは注意が必要となるかと思います。 動画閲覧をする場合というのはどうしてもパケットを使ってしまいますので、その場合はどうしても自宅では光通信などを検討する必要があるかと思います。 2019年6月1日を過ぎたため、ウルトラパックというものは残念ながらなくなってしまいました。 代わりにギガホと呼ばれる契約が出てきたわけですが、ギガホを利用することではかなりメリットがあるかと思います。 それこそテザリングをするのであれば、絶対ギガホではないかと思うのです。 公式オンラインショップ ギガホが増量で60GBまでの通信が利用可能に こちらの記事を見てもらいたいのですが、 ギガホが増量キャンペーンを実施しています。 60GBまでの通信を行うことが可能となりました。 これはかなりメリットのあることではないかと思っています。 ギガホ増量キャンペーンということで、60GBまでの通信ということは、テザリングも60GBまで利用することが可能となります。 テザリングで60GBというとかなりの容量を利用することが可能となります。 相当メリットがあるかと思います。 またこのキャンペーンというのは、今のところ終了時期は未定となっており、それだけでもメリットがあるかと思います。 相当お得なので、ギガホを利用してみるのもありではないかと思っています。 これを機にギガホにする人もかなり増えてきているのではないかと思っています。 ギガライトをMAXまで利用すると7GBまでですが、ギガホなら60GBバイトとなり、その差は約8倍から9倍のパケットを利用することが出来るのです。 ただし価格差は1000円となっており、かなりいいと思います。 これを機にギガホにする人はかなり増えるのではないかと思っています。 公式オンラインショップ どうしても自宅では動画を見たいという人 どうしても自宅では動画を見たいという人なら検討するのはドコモ光ではないかと思います。 ウルトラパックに加入しているとメリットがあるのです。 このようにドコモ光に加入しているとメリットがあります。 ウルトラパックとドコモ光はある意味最強の組み合わせかと思います。 ウルトラパックを利用して外出先で動画などを見る場合も、自宅に帰ってきてドコモ光で動画を見る場合でもかなりメリットがあるかと思います。 動画が一番パケットを食いますので、自宅で利用する場合は気にすることはありませんが、ウルトラパックとはいえ外出先での動画は極力控えるべきかもしれませんね。 1GBの容量は映画なら1つ分くらいとなりますので、1時間〜2時間程度ということになります。 とはいうものの外出先で1〜2時間くらいの動画を見るということは、通勤や通学で利用している人なら普通に利用する容量かと思います。 ウェブサイトの閲覧くらいでは1GBの容量ならほぼいきません。 ドコモ光を利用しる人なら本当に今回の施策でお得に契約することが出来ますので、かなりメリットがあるかと思います。 2019年6月以降ならギガホが有効的な契約となります。 自宅にいながらパソコンでもネットをしたいということや、動画を見たいという人ならギガホ契約が非常にメリットがあります。 公式オンラインショップ ギガホとテザリングはパソコンを利用する人にはいい契約 ギガホの契約というのが、外出先でパソコンを利用して仕事をする人にはもってこいの契約です。 外出先で仕事をする場合にはパケット量に関してあまり気にしたくないですからね。 またパケット通信のやりすぎで仕事にならないということも困ることなので、外出先でのいわゆるモバイル環境をテザリングで過ごすというというのはかなりいいと思います。 ギガホに契約するのであれば、外出先でパソコンを利用するということも仕事の幅が増えますからね。 パケット通信を普通に行った状態でもウルトラパックなら問題なく仕事ができますので、外出先でパソコンを利用する人ならぜひ検討してもらいたいですね。 外出先でパソコンをしない人でもYouTubeなどの動画を見る人にとっても非常にオススメできるプランです。 それも今後はにより、に変わります。 結果的に30GBという非常に大容量プランを楽しむことが出来ますので、かなりお得です。 公式オンラインショップ 新料金プランのギガホはオススメ 新料金プランのはかなりオススメです。 テザリング利用料金というのはナシとなっています。 そのため+テザリングという使い方はかなりオススメできる使い方となっています。 ギガホというプランが出てきた場合に、パソコンをテザリングなどで利用する人というのはかなり増えてくることが予想されます。 それこそ自宅の光回線をやめてすべてで賄おうという人です。 確かにそのような懸念事項というものはあるかと思いますが、光回線とギガホのテザリングではやはり性質が異なります。 光回線というのは、基本的に通信制限というものがありません。 30GBを超えても利用することが可能です。 そもそもそのような縛りはないのです。 そのため光回線の解約を検討している家庭は少ないといいます。 本当にそうなのでしょうか・・・ 30GBというリミットがきてもそれを超えれば1Mbpsという通信速度で通信することができるのです。 少々遅くてもいいという人も世の中にはいるでしょう。 そのあたりは少し心配ですね。 自宅の光回線をすべてに置き換えることで、かなりコスパはあがるかと思います。 30GB以上の通信をするまでは通常の通信が可能となり、それを超えても1Mbps程度なのです。 そこまで遅いというわけではありません。 遅いか早いかで言えば遅いわけですが・・・それでもかなりオススメであることは間違いないでしょう。 という新しいプランが登場したことにより、ほぼ無制限に利用することが可能となり、テザリングに関してもかなり楽しめるようになるかと思います。 30GBあれば、OSのアップデートもそれほど気になることはありませんからね。 ドコモの大容量プランとデータプラスとの組み合わせがお得 ドコモの大容量プランであるとという組み合わせも非常にお得なことを知っていますか? こちらに関する記事となっておりますが、ギガホとプラスは非常に相性がいいです。 は2台目にタブレットを持つことで大容量プランにはもってこいのプランになります。 は非常にメリットのあるプランで1000円でタブレットを維持できるプランとなります。 ギガホとの組み合わせにより、かなりお得に利用することが出来ますので、この契約を狙っている人は多いと思います。 とはいうものの実際にギガホととの組み合わせを検討している人はそれほど多いとは思いませんので、テザリングを行いたい場合はを検討してギガホとの組み合わせを行っていただくと非常にメリットがあるかと思います。 積極的にテザリングは利用しよう との組み合わせの中で特にギガホとの相性はかなりいいです。 ギガホは30GBを超えた通信の場合、1Mbps分の通信速度で収まるのです。 これがかなり大きいです。 1Mbpsの通信が出来るということであれば、通信速度的には遅くなるものの、それなりの通信を行うことが出来るのです。 激速というわけにはいきませんが、ユーチューブを見れる範囲内での通信は可能となります。 そういうことを考えると、やはりオススメ出来る料金プランというのは、ギガホになるわけです。 ギガホと契約することができれば、自宅の光回線は不要になるケースもかなり多いと思います。 それだけでもトータル的な維持費のメリットはあるかと思います。 人によっては光回線の解約も可能かと思います。 毎日朝から夜まで動画ばかり見ているとさすがに30Mbpsなどすぐに容量制限になりますが、1MbpsがMAXの容量制限となりますので、それくらいなら問題ないかと思います。 ドコモのテザリングは本当におすすめ出来ますので、契約する時はギガホで契約したいところですね。 au ソフトバンクは500円かかる auとソフトバンクではテザリングを行うためには、500円の費用が別途発生します。 それは先程お伝えしました。 そもそも500円の費用が発生すること自体がおかしくないですか?自分が購入したギガ数なのです。 自分が購入している通信の容量をさらにパソコンで利用する場合に別途費用が発生するということ自体が、どうかと思います。 500円の費用が別途発生するということは、テザリングをする人にとっては余計な負担なわけです。 スマホ単体の場合はその費用が発生しないということで、スマホでしか利用しないでくださいということになっているのです。 スマホの標準機能としてテザリングと呼ばれる機能があるわけですから、その機能を有効化するだけなのに、なぜ別途費用発生が行われるのでしょうか。 本当にauとソフトバンクは納得いかないと思う人も多いのではないかと思っています。 通信をパソコンで行うことも利用用途として検討している人ならドコモが本当におすすめです。 ドコモはそれが無料となっているので、非常にメリットがあるかと思います。 auとソフトバンクはそれが有料となっているので、メリットはありません。 今後テレワークの企業なども非常に増えてくると思われますが、そういう企業はドコモを選択するほうがテザリングが容易なので、そちらを選択することをおすすめしたいですね。

次の