キーレス 反応 しない。 ボタンを押しても鍵が開かない。キーレスの修理方法と原因を解説!|生活110番ニュース

車の鍵が開かない掛からない!考えられる原因を全て書きます

キーレス 反応 しない

・スマートキーのボタンを押すことで解錠・施錠ができる。 ・スマートキーを身に付けた状態でドアノブにあるボタンを押すと解錠・施錠ができる。 ・スマートキーが車内にある状態でプッシュボタンを押すだけでエンジンを始動できる。 このようにとても便利なこのスマートキーシステムですが、キーのボタンを押しているのに反応しなかったり、反応が鈍いことってありませんか? そんな時に、一体何が原因になっているのか?対処法はあるのか?についてここでは解説していきたいと思います。 1.スマートキーの電池切れ スマートキーのボタンを押しても反応が鈍くなってきた場合には、電池の消耗がまず第一に考えられます。 勿論、完全に電池切れになってしまうと、ボタンを押しても全く反応しなくなります。 スマートキーの中にはボタンを押した時に、それに伴い赤いランプが点灯するものがあります。 このランプの光が弱くなっていたり、押してもランプが点かないようであれば、電池が消耗してきていると判断できます。 また最近は、電池が消耗してきていることを車両側がある程度判別できるようになってきています。 メーター内のインフォメーションディスプレイに電池の消耗と電池の交換を促すメッセージが表示されたり、メーター内にキーの電池残量警告灯が点灯したり点滅する車種もあります。 取扱説明書に詳細が記載されているはずなので一度、ご自身の車の場合はどうなのか確認してみましょう。 そしてスマートキーの電池交換の方法ですが、本体を壊さないように爪を外して2つに割るものや精密ドライバーでネジをゆるめて2つに割るものがあり、いずれも分解すると内部にボタン電池が入っていることが確認できます。 電池を交換してスマートキーが反応するようになるか確認してみましょう。 また、ボタン電池は見た目が同じ大きさでも厚みが違ったりします。 交換の際には必ず、指定された種類の電池を交換するようにしましょう。 スマートキーが原因で車のドアが開かないときには以下の記事が参考になるかと思います。 2.電子機器の近くでスマートキーを操作していないか? 意外と気付きにくいスマートキーが反応しない原因として挙げられるのが、妨害電波による影響です。 スマートキーシステムは、電波によるやり取りでキー側と車両側で認証を行なっています。 ですので、何が別に強い電波を発するものなどがあればそれが妨害電波となり、キーと車両間での通信に異常をきたすことになります。 車の取扱説明書にもその辺りのことはきちんと記載されており、場合によってはスマートフォン・携帯電話などの電波もその対象となることがあります。 ですので、ポケットの中やカバンの中でキーとスマートフォンを一緒にした状態で施錠・解錠操作をしても反応しないことがあり得るということです。 心当たりがある場合はまず、こういった電子機器からスマートキーを離した状態で操作してみましょう。 また、身近なところだとコインパーキングやその他だと変電所などの近くでも妨害電波によりスマートキーが使えなくなることがあります。 別の場所で、スマートキーが普通に使えるようであれば、「場所が悪かった」ということも原因として考えられます。 3.社外用品によるノイズ干渉 これも妨害電波と似たような理屈で、実際に起こり得る原因です。 身近なところだと、ルームランプをLEDタイプに交換されている場合などが考えられます。 LEDが発するノイズが原因で電波の送受信がうまくいかなくなるので、スマートキーが反応しなくなったりするようです。 もちろん、全ての場合で起こりうる訳ではなく稀にこういったケースもあるということで覚えておいて頂けると良いでしょう。 LEDランプがノイズの発生源ということは、駐車場等にあるLEDタイプの外灯などが原因となることもあるかもしれませんね。 4.その他の原因 先に解説した3つの原因はユーザー自身で確認できそうな内容ですが、スマートキーが反応しなくなったり鈍くなる原因はほかにもあります。 例えば、スマートキー本体の不良や車両側の電波受信部の不具合や、システムのコントロールユニットの故障などが考えられます。 もし、1〜3の原因を潰した上でそれでもスマートキーが反応しない・鈍いという状況が変わらない場合には、ディーラー等で診断してもらうことが必要となってくるでしょう。 また、スマートキーシステムはエンジン始動時やアイドリングストップシステムの作動時にも電波を使った通信を行うという特性上、以前よりあったリモコンキーのボタン操作で解錠・施錠時のみ行えるシステムよりも、電池の消耗が早い傾向にあります。 よって、電池の交換は【大体1〜2年】が目安と言えるでしょう。 そして、使い方により電池の消耗には差があります。 電子機器や電化製品などの近くにキーを置いていると電池の消耗が早まったりする可能性があるので、もし目安より大幅に電池の消耗が早いようであれば、自宅でのキーの置き場にも気を付けるようにしてみましょう。 スマートキー修理をお考えのあなたへ もし、電池を変えてもスマートキーが動作しないときには、 車両側の不具合が原因である可能性があります。 そんなときには車の修理工場で見てもらう手もあります。 ですが、普段なかなか修理工場を使用する機会がないですよね。 どこの修理工場なら安いのかわからない、 口コミの良い修理工場を探したい、 そんなときにおすすめなのがグーピットです。 グーピットはcmでも有名なグーネットの姉妹サイトです。 あなたのお住まいの地域の複数の車の修理工場の中から 口コミが良くて一番安い修理代のお店を探すことができます。 問い合わせだけなら完全無料なのでおすすめです! 【最新版!】車一括査定で遭遇した衝撃トラブル暴露!対処法も完全公開中! 車の一括査定の裏側で起きている危険なトラブルの真実が知りたい方向け。 スマホが普及するようになってネット利用者が増加したこともあり、… 大手よりも地域密着型のほうが高額査定な実例を暴露!?最新版車一括査定ランキング 車の一括査定会社はたくさんありますし、それぞれの会社ごとにサービスの内容は異なります。 どこの会社もライバル会社に負けないように、利用者に対しての独自のサービスを打ち出しています。

次の

キーレスオペレーションシステムの反応が悪い

キーレス 反応 しない

・スマートキーのボタンを押すことで解錠・施錠ができる。 ・スマートキーを身に付けた状態でドアノブにあるボタンを押すと解錠・施錠ができる。 ・スマートキーが車内にある状態でプッシュボタンを押すだけでエンジンを始動できる。 このようにとても便利なこのスマートキーシステムですが、キーのボタンを押しているのに反応しなかったり、反応が鈍いことってありませんか? そんな時に、一体何が原因になっているのか?対処法はあるのか?についてここでは解説していきたいと思います。 1.スマートキーの電池切れ スマートキーのボタンを押しても反応が鈍くなってきた場合には、電池の消耗がまず第一に考えられます。 勿論、完全に電池切れになってしまうと、ボタンを押しても全く反応しなくなります。 スマートキーの中にはボタンを押した時に、それに伴い赤いランプが点灯するものがあります。 このランプの光が弱くなっていたり、押してもランプが点かないようであれば、電池が消耗してきていると判断できます。 また最近は、電池が消耗してきていることを車両側がある程度判別できるようになってきています。 メーター内のインフォメーションディスプレイに電池の消耗と電池の交換を促すメッセージが表示されたり、メーター内にキーの電池残量警告灯が点灯したり点滅する車種もあります。 取扱説明書に詳細が記載されているはずなので一度、ご自身の車の場合はどうなのか確認してみましょう。 そしてスマートキーの電池交換の方法ですが、本体を壊さないように爪を外して2つに割るものや精密ドライバーでネジをゆるめて2つに割るものがあり、いずれも分解すると内部にボタン電池が入っていることが確認できます。 電池を交換してスマートキーが反応するようになるか確認してみましょう。 また、ボタン電池は見た目が同じ大きさでも厚みが違ったりします。 交換の際には必ず、指定された種類の電池を交換するようにしましょう。 スマートキーが原因で車のドアが開かないときには以下の記事が参考になるかと思います。 2.電子機器の近くでスマートキーを操作していないか? 意外と気付きにくいスマートキーが反応しない原因として挙げられるのが、妨害電波による影響です。 スマートキーシステムは、電波によるやり取りでキー側と車両側で認証を行なっています。 ですので、何が別に強い電波を発するものなどがあればそれが妨害電波となり、キーと車両間での通信に異常をきたすことになります。 車の取扱説明書にもその辺りのことはきちんと記載されており、場合によってはスマートフォン・携帯電話などの電波もその対象となることがあります。 ですので、ポケットの中やカバンの中でキーとスマートフォンを一緒にした状態で施錠・解錠操作をしても反応しないことがあり得るということです。 心当たりがある場合はまず、こういった電子機器からスマートキーを離した状態で操作してみましょう。 また、身近なところだとコインパーキングやその他だと変電所などの近くでも妨害電波によりスマートキーが使えなくなることがあります。 別の場所で、スマートキーが普通に使えるようであれば、「場所が悪かった」ということも原因として考えられます。 3.社外用品によるノイズ干渉 これも妨害電波と似たような理屈で、実際に起こり得る原因です。 身近なところだと、ルームランプをLEDタイプに交換されている場合などが考えられます。 LEDが発するノイズが原因で電波の送受信がうまくいかなくなるので、スマートキーが反応しなくなったりするようです。 もちろん、全ての場合で起こりうる訳ではなく稀にこういったケースもあるということで覚えておいて頂けると良いでしょう。 LEDランプがノイズの発生源ということは、駐車場等にあるLEDタイプの外灯などが原因となることもあるかもしれませんね。 4.その他の原因 先に解説した3つの原因はユーザー自身で確認できそうな内容ですが、スマートキーが反応しなくなったり鈍くなる原因はほかにもあります。 例えば、スマートキー本体の不良や車両側の電波受信部の不具合や、システムのコントロールユニットの故障などが考えられます。 もし、1〜3の原因を潰した上でそれでもスマートキーが反応しない・鈍いという状況が変わらない場合には、ディーラー等で診断してもらうことが必要となってくるでしょう。 また、スマートキーシステムはエンジン始動時やアイドリングストップシステムの作動時にも電波を使った通信を行うという特性上、以前よりあったリモコンキーのボタン操作で解錠・施錠時のみ行えるシステムよりも、電池の消耗が早い傾向にあります。 よって、電池の交換は【大体1〜2年】が目安と言えるでしょう。 そして、使い方により電池の消耗には差があります。 電子機器や電化製品などの近くにキーを置いていると電池の消耗が早まったりする可能性があるので、もし目安より大幅に電池の消耗が早いようであれば、自宅でのキーの置き場にも気を付けるようにしてみましょう。 スマートキー修理をお考えのあなたへ もし、電池を変えてもスマートキーが動作しないときには、 車両側の不具合が原因である可能性があります。 そんなときには車の修理工場で見てもらう手もあります。 ですが、普段なかなか修理工場を使用する機会がないですよね。 どこの修理工場なら安いのかわからない、 口コミの良い修理工場を探したい、 そんなときにおすすめなのがグーピットです。 グーピットはcmでも有名なグーネットの姉妹サイトです。 あなたのお住まいの地域の複数の車の修理工場の中から 口コミが良くて一番安い修理代のお店を探すことができます。 問い合わせだけなら完全無料なのでおすすめです! 【最新版!】車一括査定で遭遇した衝撃トラブル暴露!対処法も完全公開中! 車の一括査定の裏側で起きている危険なトラブルの真実が知りたい方向け。 スマホが普及するようになってネット利用者が増加したこともあり、… 大手よりも地域密着型のほうが高額査定な実例を暴露!?最新版車一括査定ランキング 車の一括査定会社はたくさんありますし、それぞれの会社ごとにサービスの内容は異なります。 どこの会社もライバル会社に負けないように、利用者に対しての独自のサービスを打ち出しています。

次の

セレナ(日産)「インテリジェントキーが突然効かなくなりました。」Q&A・質問

キーレス 反応 しない

【原因その1】スマートキーの電池が切れている まずはじめに考えられることは、スマートキーの電池切れです。 スマートキーを持って車内に入ってもメーターのスマートキーの警告灯が「緑色」などに変わらず「赤色」のままの場合、スマートキーが反応していないと考えられます。 この場合、スマートキーの電池が少しでも残っている場合、プッシュスイッチ(エンジンを掛けるためのスイッチ、電波の受信部が中にある)の近くにスマートキーを近づければ、弱い電波でも反応してくれることが多いです。 また、スマートキーの中にメカニカルキー(ギザギザがついているキー)がある場合、それでエンジンを掛けることも可能です。 なお、スマートキーの電池交換の具体的な方法はこちらの記事で紹介しています。 >> 【原因その2】ハンドルロックがかかってしまっている 最近のほとんどの車にはハンドルロックという盗難防止機能が付いています。 例えば、ハンドルを切った状態でエンジンをOFFすると自動的にハンドルがロックされ、エンジンを始動しないとハンドルを自由に動かせなくなったりします。 ただ、ハンドルロックがかかった状態だと、稀にエンジンスイッチを回せない(押しても反応しない)という状態になることがあります。 プッシュボタン式の場合、スイッチのランプの点灯状態でハンドルロックが解除されているかどうか確認することができます。 出典)プリウス 取扱説明書|TOYOTA このような場合は、停車状態でタイヤが向いている方向に更にもう少しだけハンドルを回してやるとハンドルロックが解除され、エンジンを掛けることができるようになります。 ハンドルロックでエンジンが掛けられない場合の対処法については、こちらの記事が参考になると思います。 >> 【原因その3】バッテリーが上がってしまっている スマートキーは反応している(メーターの中のスマートキーの警告灯は緑色などになる)し、ハンドルロックもかかっていないにも関わらずエンジンが掛からない場合は、バッテリーが上がってしまっている可能性があります。 一般的なエンジン車の場合、この状態でエンジンスイッチを押しても、セルモーターが「ギュッ・・・」という感じで回らず、エンジンがかからないという感じになるでしょう。 ハイブリッド車の補機バッテリー(走行用の大きなバッテリーではなく、エンジンルームの方にある小さなバッテリー)が上がってしまった場合、リモコンでドアロックを解除できなくなったりすることもあります。 この場合、JAFを呼んだり、ジャンプスターターなどを使って自分で車のエンジンをかけるなどして対処していく必要があります。 バッテリー上がりの具体的な対処法については、こちらの記事が参考になると思います。 >> 最後に一言 今回は、スマートキーが反応しない時の3つの原因と対処法まとめについてお話しました。 スマートキーが反応せず、車が動かない時はすごく焦ってしまいますが、ちょっとしたことが原因だったのであれば自分だけでも対処していくことができます。 是非参考にしてみてくださいね。 それでは!.

次の