ファスティング 効果。 ファスティングダイエットの正しいやり方と注意点!

【驚愕】驚くべき断食、ファスティング効果:究極の田中式ファスティング

ファスティング 効果

ケトン体が脂肪細胞を減らし痩せる ファスティングがダイエット効果絶大な理由はケトン体エネルギーです。 ファスティングを行うと体のエネルギー源がブドウ糖からケトン体に移行し脂肪細胞がエネルギー源として利用されるようになります。 これが ファスティングで脂肪が減り痩せる仕組みです。 肥満は糖尿病や癌、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞、脂質異常症、鬱などあらゆる病気の原因になります。 ファスティングの効果と本来の目的はダイエットだけではありませんが肥満を解消する事はあらゆる生活習慣病の予防になり健康への第一歩になります。 断食でエネルギー利用法がケトン体になるまでに2つのエネルギー利用法を経由します。 そのメカニズムと脂肪細胞を燃焼させるケトン体の正体を解説していきます。 ファスティング中のエネルギー源 炭水化物グリコーゲン 解糖系 ファスティングをすると体のメカニズムが一気に変化していきます。 まず最初に解糖系のエネルギー利用法になります。 解糖系とは炭水化物が代謝され肝臓に一時的に貯蔵されていたグリコーゲン 糖原 がグルコースに分解されて血液中に入りエネルギー源になる代謝の事です。 しかしこのグリコーゲンには限りがあります。 肝臓で100g、筋肉で250~400g程度しか貯蔵できず通常7~8時間、長くても13時間程でグリコーゲンを使い切り枯渇します。 タンパク質による糖新生 8~12時間の半日程で肝臓のグルコースを使い切ると次はタンパク質のアミノ酸が糖の代わりに糖新生としてエネルギー源となります。 これをタンパク質の糖新生といいます。 タンパク質による糖新生は主に肝臓、一部腎臓で行われますが他の臓器では一切行われません。 しかしこのたんぱく質の糖新生エネルギー源はすぐに切り替わります。 たんぱく質は体内に大量にありますが生物は体のタンパク質の半分を使い切ると死んでしまうのですぐに糖新生は終わり次は脂肪のエネルギー源に切り替わります。 ミトコンドリア内のケトン体 タンパク質の糖新生が短時間で終わると次は脂肪酸からの糖新生に切り替わります。 このエネルギー源がケトン体の正体です。 ケトン体は血液脳関門 BBB を通過するのでブドウ糖がなくても脳のエネルギーになり頭がよく働くのです。 ケトン体は脂肪細胞 中鎖脂肪酸 から出現します。 ファスティングを行うと細胞便秘で細胞内に溜まっていた脂肪細胞や中性脂肪、プラーク、白血球の死骸、コレステロール、糖化物などが抜け落ち便や尿、汗などから排泄されます。 だから空腹の時間をつくる事が大事なのです。 これがファスティングで脂肪細胞が減り痩せる仕組みです。 ファスティングでケトン体エネルギー源になる ケトン体のエネルギーで生きていける? 人は通常1ヵ月、最長で3ヵ月半程、水とこのケトン体エネルギーだけで生きていけます。 ファスティングを行うと先程解説した「炭水化物のグリコーゲン 解糖系 」「たんぱく質の糖新生」「ミトコンドリアの脂肪酸糖新生 ケトン体 」の順にエネルギー利用法が代わっていきます。 1つめのエネルギー源である「グリコーゲンの解糖系」は2分子のATP アデノシン三リン酸 しか生成されませんが3つ目の「ミトコンドリア系のケトン体」は38分子でグリコーゲンの19倍も多くの非常に大きなエネルギーを得る事ができます。 ファスティング何日でケトン体になる? ファスティングを行うと通常半日から1日でケトン体エネルギー源になります。 ケトン体がエネルギー源になり脂肪が燃えてエネルギー源になるとそれだけで1ヵ月程生活できます。 脂肪太りしている人程、断食でより長く生きていけます。 理論上は最長で3ヵ月半程生存可能ですが通常そこまでファスティングを行うのは危険です。 断食は死に向かう行為なので体内のたんぱく質や脂肪を燃焼し尽してしまうとエネルギー源が枯渇して死に至ります。 しかしその間水だけで生きていけるというのだから驚きです。 つまり肥満の人はそれだけ食べ過ぎて栄養を摂り過ぎているのです。 余分な脂肪が多く蓄積されていると様々な病気を引き起こします。 やはり食べ過ぎが一番大きな問題なのです。 ダイエットで肥満解消が健康への第一歩 このように体と脳のエネルギー源をケトン体に移行させ余分な脂肪細胞を燃焼させる事がファスティングの目的なのです。 厳密にはファスティングの目的はそれだけではありませんがファスティングで痩せる仕組みは体のエネルギー源がケトン体に移行するからなのです。 肥満はあらゆる病気の原因となるのでファスティングでダイエットをして脂肪細胞を減らすという事はとても理にかなっているダイエット方法です。 実際に私もファスティングで最初の3ヵ月で10kgその後2年半で23kgとゆっくりと痩せて3年以上経過した今でもリバウンドした事はありません。 私が以前悩まされていた鬱や頭痛、腰痛、健康診断で異常値だった脂質異常症、動脈硬化、脂肪肝、高血糖、高血圧などの数値が全て正常範囲内に改善されました。 ファスティングはダイエット効果をもたらしますがファスティングの本来の目的はダイエットだけではありません。 ファスティングを行うと心身共に健康になり病気とは無縁、精力抜群、元気な精子も増えて活動的になりエネルギッシュ、思考明瞭、高い集中力で高いパフォーマンスが発揮できるようになります。 まとめ 以上、「ファスティングの効果 ケトン体が脂肪燃焼させ痩せる」でした。 ファスティングでダイエットして痩せる事だけがゴールではありません。 自分の体に興味を持ち食に興味を持って食と人生を楽みましょう。 ファスティングは人生です。 1日2食で少食、又は1日1食で普通に食事を日常的に継続していきましょう。 1日2食の場合でも1週間に1回、または体調不良を感じたら1食にしたり断食するとあっという間に体調が戻り元気になります。 ファスティングは癌や糖尿病、動脈硬化、脂質異常症、高血圧などあらゆる病気を改善させる他、若返り遺伝子の活性化や血液浄化、血管の修復、消化器官の毒素排泄など様々な効果があります。 この機会にあなたも1日3食から脱却してみてはいかがでしょうか。 1年後、体型と体調が見違えますよ。 今までどれだけ食べ過ぎていたか、食のありがたさもわかります。 今回も最後までお読み頂きありがとうございました。 ファスティング伝道師康聖でした。

次の

ファスティングとは?5つの効果でカラダが変わる

ファスティング 効果

内臓に有給休暇を与えてあげるのがファスティング ファスティングとは、英語のfastという動詞(断食する ・絶食する・精進する)の名詞形。 つまり、「断食」「絶食」を意味します。 もともとの「断食」は宗教的な儀式や精神的修行の一形式として行われてきましたが、近年では病気の治療や健康増進として、欧米でも脚光を浴び、科学的な研究も盛んに行われるようになりました。 そして現在、アスリートや芸能人の間で話題となっている「ファスティング」は、完全な絶食ではありません。 主に野菜や野草のエキスを糖質による発酵抽出で完成させた酵素ドリンクを用いながら行うので、気軽にチャレンジできます。 通常の食事は一切しなくても、ドリンクから必要最低限のカロリーやミネラル・ビタミンを補給できるため、短期間であれば無理なく、安全に行うことが出来ます。 むしろ、 ファスティングを行うことによって日頃休みなく働き続けている内臓に休息を与えることができ、それによって、それまでに溜め込んでいた有害物質を体外に排出することができるようになるのです。 ですから、カロリーを抑えることでの ダイエット効果だけでなく、体内を リセット・デトックスし、健康な状態に戻す療法でもあるなのです。 ファスティングで消化機能を回復させる 消化器官は休む間もなく働かされている現代 現代人に体にリセット期間を与える必要があるのはなぜでしょうか。 私達は毎日食事をしたものを小腸から栄養としてとりこみ、不要なものは便・尿・汗などで体外へ排出しています。 これらの作業はみんな当たり前に行われていると誰もが思っていることでしょう。 しかし、消化に負担がかからない量や内容を見極めて食事をしている人は少ないのが現状です。 ですから飽食時代である現代は、食べ過ぎ傾向の人も多く、この消化・吸収・排出という作業がかなり困難なものになっているのです。 その上、加工食品などから食品添加物やトランス脂肪酸などを摂取する機会も多く、消化作業にはますますエネルギーが必要になってきます。 また、有害物が入ってくるルートは口からだけではありません。 大気汚染、タバコの煙、自動車の排気ガスなど呼吸とともに入るルート、化粧品や洗剤などに含まれている化学物質、環境ホルモンが皮膚から吸収するルート……と様々。 私達が想像している以上に臓器は様々な有害物質によってダメージを受けているのです。 体には、 「吸収は排泄を阻害する」というルールがあります。 体によいものを食べ、それをしっかり吸収させるには、まずは疲労困憊の臓器を休憩させ、機能を回復させることが何より優先なのです。 3日間以内の軽いファスティングを年に2~4回おこなって これは味蕾(みらい)といわれる味細胞が修復されることや味覚を電気信号として脳に伝える神経伝達がスムーズになることが理由として考えられます。 数日ぶりに口にする回復食のお粥のあまりの美味しさに中には涙を流す人もいます。 これは美味しさに対しての感動だけではなく、食べられる有難さや感謝の気持ちも合わさってのことでしょう。 今まで漫然と、当たり前のように食べていた食事ですが、ファスティング後は体だけでなく、心のリセット、デトックス効果にもつながるのです。 「食べられる状況で食べない日をつくる」ことと「いつ食べられるかわからない」とは全く状況が違います。 これだけ食べ物が溢れ、飢餓を味わうこともない恵まれた飽食時代だからこそ、自らの意思で食べない日(ファスティング日)をつくることは、食に対しての意識を見直すきっかけとなるかもしれません。 心身の浄化のためにまずは 「食べ過ぎない日をつくる」ということからスタートしてみてはいかがでしょうか。 【関連記事】•

次の

ファスティングドリンクの効果的な飲み方は?成功するためのポイントを伝授

ファスティング 効果

僕はファスティング、断食の効果はダイエットというより、本質は断食療法だと思っています。 つまり、2型糖尿病の改善に成果を上げる ・生活習慣病予防 ・高血圧症の改善 ・不眠症の改善 ・ホルモンの分泌を正す ・生理不順を改善 ・骨折、靱帯損傷の回復を2倍近くに早める! ・怪我の治療を促進させる 言い出したらキリが無いです 反対に、現代の病気、不調というのは、食べ過ぎ、腸内腐敗からやって来ると言っても過言ではありません。 「食べなきゃ栄養不足になる!」 は現代の栄養学の考えでは過去の幻想と言えます。 むしろ、食べれば食べるほど体を不調にします。 腹八分目、六分目が体に良いと言うのはこういった事が理由です。 下記に、船瀬俊介氏 著書 「3日食べなきゃ、7割治る! アメリカ、ドイツ、ロシアなどではファスティング・断食専門病院、専門病棟もあります。 文献では、キリスト自身も断食を行い、弟子達が病気になると断食をさせていたとあります。 ファスティング・断食は正しい知識を持った専門家に相談して行わないと思ったような効果を上げることができませんので必ず専門家のアドバイスを受けながら行って下さい 私の場合は、スポーツパフォーマンスを上げる方法、怪我の治りを早くする方法、美容に特化した方法、デトックス・体質改善に特化した方法、ダイエットに特化した方法など、これまでの経験と、実績をもとにお客様のニーズに合わせ断食の効果がしっかりと出るよう、普段の食事からアドバイスさせて頂きます。 私自身もほぼ毎月ファスティング・断食を行います。 そして、自分自身の体で色々な実験を行います。 野菜のすり下ろしだけのファスティング・断食の効果を調べたり、フルーツスムージー、水断食、様々なファスティング・断食を行い、効果を実験しています。 ファスティング・断食の効果を出すのに適した日数もご提案させて頂きます。 そして様々な経験をもとに、お客様に提案、サポートできるので安心して行って頂けます。 ファスティング・断食の効果を詳しく知りたい方は氣軽にご連絡下さいませ。 ファスティング・断食について詳しく知るには下記をご覧下さいませ。

次の