ドラクエ ウォーク ユグドラシル。 【ドラクエウォーク】ドラゴンロッドとひかりのタクトどっちが強い?検証してみた【DQウォーク】

【ドラクエウォーク】星4武器でも強い!ユグドラシルなどお宝を発見しよう!

ドラクエ ウォーク ユグドラシル

かいふく魔力の差からユグドラシルのみ、やや低めの回復量となった。 ユグドラシルでも代用可能 やや回復量は劣るものの、いやしの風目当てであれば星4杖のユグドラシルでも代用は可能。 かいふく魔力はさらに下がってしまうが、その他のいやしの風持ち武器でも全体回復はできる。 結論:どっちが強い? 筆者の個人的な結論です。 重視する基準は各プレイヤーによって変わると思うので、ご了承の上ご覧ください。 サポート特化でロッドが便利 ドラゴンロッドの最大の利点は、 僧侶がバイシオンで攻撃力アップサポートができるようになること。 試練の扉など、短いターンで素早く敵を倒す必要のあるクエストで役立つ。 もちろん使い分けは可能 高難易度回復はひかりのタクト 高難易度ではザオラルによる蘇生も含め、ひかりのタクトの方が役立つケースもある。 攻撃面も大きな差はないため、回復に専念するのであれば無理にドラゴンロッドを持たせる必要はない。 ロッドはメガモンスター討伐に役立つ メガモンスターのソロ討伐時には、高いHPを削り切るまでがどうしても長期戦になりがち。 ドラゴンロッドは バイシオンによる火力アップや全体回復とできることが多い。 1人で複数の役割を持てるのは魅力だ。 ドラクエウォークの関連記事 最新おすすめ記事 メガモンスター討伐にギガンテスが追加!弱点や耐性はこちら。

次の

【ドラクエウォーク】ユグドラシルとロザリータクトの回復量は結構差があるものなの?

ドラクエ ウォーク ユグドラシル

いやしの波動の回復量はやりこみ度合いで変わる!? さとりのつえで初めて実装された「いやしの波動」は、いやしのかぜとロザリーの杖を越える回復性能であることが判明。 その高い回復量は一体どこまで伸ばすことができるのか? ガチ勢の検証結果や、さとりのつえを推すみんなの声をご紹介します。 いやしの波動の回復量はかいふく魔力650まで伸びる! さとりのつえに実装された全体回復スキル「いやしの波動」にもかいふく魔力による回復量上限が設定されていることが判明。 いやしのかぜは、かいふく魔力500がかいふく魔力の回復量上限でしたが、いやしの波動はかいふく魔力650まで上限が解放されたようです。 大ハマリして杖をくっそ高い金払ってやっと手に入れたので、せっかくなので比較した。 タクトとさとりの杖の強さをロザリー防具含め検証したので貼っとくわ。 使った感覚と検証の結論としては杖つええ!防具だけそろえてもベホイミが強くなるだけだからやはり、さとりは杖ありきになる。 運営さんには武器の排出率を改善してほしいです、辛い。 お願いします。 やはり全員200以上回復してくれるとなると安心感がぜんぜん違った。 杖だけでもベホイミを10%強化してくれてるので、 各防具を別々に引いたときに被った場合のリスク考えたら二の足を踏むのもわかる武器本体のサポートにならないなら正月のはかまに付与されるヒャド系効果のように、 長く使え汎用性のある形で作ってもらえれば回すモチベーションは全く違うけども。

次の

【ドラクエウォーク】いやしのかぜの効果と回復量の上げ方【全体回復スキル】

ドラクエ ウォーク ユグドラシル

注目記事 メガモンスター攻略• 最新ガチャ• 強敵モンスター攻略• 最新イベント• 掲示板• ランキング記事• 攻略記事 初心者攻略• 効率系• システム情報• 職業 上級職• 基本職• 武器 レア度別• 武器種別• 防具 レア度別• 部位別• スキル• 系統別• 属性別• モンスター図鑑・こころ• 色別こころ• 条件付き出現モンスター• 系統別モンスター• 心珠関連記事• クエスト攻略 ストーリー• 腕試し•

次の