醸し出す 類語。 醸し出すの使い方や意味は?雰囲気や醸すの違いも例文で解説

「醸し出している」とは?意味や使い方!例文や解釈

醸し出す 類語

【醸し出す】各辞書の記載• (小学館『デジタル大辞泉』より)• かもしだす【醸し出す】 ある雰囲気・気分をそれとなく作り出す。 (三省堂『大辞林 第三版』より)• 醸し出す【かもしだ・す】 【1】穀類から酒などを造り出す。 【2】気分や雰囲気などを作り出す。 (ベネッセコーポレーション『ベネッセ国語辞典 電子特別編集版』より)• かもしだ・す【醸し出す】 〔ある気分などを〕自然に作り出す。 私は、窒息しそうな雰囲気をだんだん 醸し出すことに成功した。 (サガン/朝吹登水子訳『悲しみよこんにちは』より)• そこには無意識の何ともいえないおかしさが 醸し出されるからである。 (群ようこ『贅沢貧乏のマリア』より)• 歴史の時間の分だけ伝説を捏造ねつぞうするのも無理ない不気味さが 醸し出されている。 (若合春侑『無花果日誌』より)• たとえるならば、巨大な動物の骨のような印象を 醸し出していた。 (森博嗣『捩れ屋敷の利鈍』より)• 鄙びた風景の中で黄金色に輝く大蓮華は一種異様な雰囲気を辺りに 醸し出していた。 醸す・・・(雰囲気・状態を)作り出す。 生じさせる。 醸成・・・しだいに情勢を作り出していくこと。 湧く(わく)・・・吹き出るように起こる。 予想しないのに起こる。 匂わせる• 漂わす(ただよわす) (以上参考:角川学芸出版『類語国語辞典』・「Weblio 類語辞書」) といった表現があげられます。

次の

「醸す」の語源と意味とは?「醸し出す」との違いと使い方例文・類語

醸し出す 類語

「ニュアンス」の意味と類語は? さっそく「ニュアンス」の意味と類語からみていきましょう。 意味は「意味合い」「差異」 「ニュアンス」の意味は「言葉に含まれる微妙な意味合い」「言葉の外で受け止められる話し手の意図」です。 また、芸術分野では「色彩から生まれる微妙な差異」「音色に表れるささいな違い」なども意味しています。 「ニュアンス」という言葉は日ごろからよく使われていますが、「微妙な差異」という意味であることから、聞き手の感覚的な判断によって意味合いの強弱が変ってくることがあります。 たとえば「このニュアンス、わかってくれる?」と言われて「うん、そのニュアンスわかる」という会話の中では、果たして話し手のニュアンスが聞き手の理解するニュアンスにマッチするかは疑問でしょう。 「ニュアンス」はやや曖昧な表現ではあります。 しかしながら、微妙な意味合いを表現するにはなくてはならない言葉でもあるのです。 「ニュアンス」はフランス語 「ニュアンス」はフランス語の「nuance」のことです。 フランス語での「nuance」の意味は「意味合い}「色彩」「トーン」「強弱」「色ざし」「色合い」「色調」また「精妙さ」「陰影」 などになり、おもに芸術の分野で色やイメージにおいて「微妙な差異」を表現する言葉であることがわかります。 「ニュアンス」の類語 「ニュアンス」の類語は、前述したフランス語での意味と合致します。 言い換えをする時は状況に合わせて適切な類語を選ぶようにしましょう。 まず、言葉での精妙さを表したいのか、音や色彩の強弱を表したいのか、などを見極めるのが肝心です。 「ニュアンス」の使い方と例文 続いて「ニュアンス」の使い方を挙げながら例文を紹介してみましょう。 正確な言葉が見つからない時に使う 「ニュアンス」は人が言ったことに対する「微妙な意味合い」「言葉の裏から読み取れる意図」などの意味がありますが、「ニュアンス」を文章の要所に入れることによって、言葉で言い表せないような細かい表現をすることができます。 情報を正確に相手に伝えるのは、時として難しい場合もあるでしょう。 そのような時に「ニュアンス」という言葉を挟んで言葉をつなげると、結果としてまとまった文章となることが多いです。 「ニュアンスがある」の使い方と例文 「ニュアンスがある」は話し手の言ったことに対して「そういう意味合いがある」「そんな風にとらえることができる」という意味で使われます。 また、芸術的な視点からは、「トーンがある」というようなが解釈ができるでしょう。 会議での発言を聞いていると、みんなが賛成であるというニュアンスを受ける。 この絵画は、良いニュアンスがありますね。 「ニュアンスが違う」の使い方と例文 「ニュアンスが違う」は話してが言ったことに対して、聞き手の受け取った意味合いが異なる時が使われます。 また、ものごとの情報や内容が微妙に異なる時に放つ言葉でもあります。 ミーティングで部長が言った内容は、実際ニュアンスが違うものであった。 ニュアンスが違うのは、文書で相手にしっかり説明していなかったからだ。 「ニュアンス的に」の使い方と例文 「ニュアンス的」は「微妙な意味合いとしては」「言葉に隠れた微妙な意図としては」というような意味で使われることが多いでしょう。 ニュアンス的には合っているが、細かく言えば間違っている点も無きにしも非ずだ。 企画した洋服のデザインは、ニュアンス的に私好みである。 「ニュアンス」を使った5つの例文• 話のニュアンスからすると、私の予想は当たっているだろう。 彼の口調からは、否定的なニュアンスが感じられた。 言葉の細かいニュアンスを汲み取って、理解してくれないか?• 細かい色のグラデーションを使って、独特なニュアンスを出していこう。 ギターで悲しいニュアンの音色を出してみる。 「ニュアンス」の英語と中国語表現 最後に「ニュアンス」の英語例文と中国語での表現をみてみましょう。 「ニュアンス」の英会話例• Can you grab the nuance of what I said somehow? 私が言った話のニュアンス、何とかつかんでくれますか?• We should not express things through just nuance. ただのニュアンスだけでものごとを伝えるべきではない。 Things that my boss mentioned conveyed different nuances. 上司が語った事柄には、別のニュアンスが含まれていた。 人々の思想、言葉、色、音などの微妙な違い、差異を表す言葉は「色调」「语气」「神韵」「音调」などとなります。 まとめ 「ニュアンス」は「言葉、音、色にある微妙な差異」また「言葉に隠れた話し手の意図」などの意味があります。 語源はフランス語の「nuance」で、意味においてもカタカナ語とほぼ同じように使われます。 職場でも同僚や上司と会話をする時、なかなか話のニュアンスが伝わりにくいこともあるでしょう。 ビジネスでは何より正確さが大切です。 微妙な「ニュアンス」でもしっかり相手に伝わるように心がけていきましょう。

次の

「ニュアンス」の意味とは?使い方を例文で解説!類語と英語表現も

醸し出す 類語

「ニュアンス」の意味と類語は? さっそく「ニュアンス」の意味と類語からみていきましょう。 意味は「意味合い」「差異」 「ニュアンス」の意味は「言葉に含まれる微妙な意味合い」「言葉の外で受け止められる話し手の意図」です。 また、芸術分野では「色彩から生まれる微妙な差異」「音色に表れるささいな違い」なども意味しています。 「ニュアンス」という言葉は日ごろからよく使われていますが、「微妙な差異」という意味であることから、聞き手の感覚的な判断によって意味合いの強弱が変ってくることがあります。 たとえば「このニュアンス、わかってくれる?」と言われて「うん、そのニュアンスわかる」という会話の中では、果たして話し手のニュアンスが聞き手の理解するニュアンスにマッチするかは疑問でしょう。 「ニュアンス」はやや曖昧な表現ではあります。 しかしながら、微妙な意味合いを表現するにはなくてはならない言葉でもあるのです。 「ニュアンス」はフランス語 「ニュアンス」はフランス語の「nuance」のことです。 フランス語での「nuance」の意味は「意味合い}「色彩」「トーン」「強弱」「色ざし」「色合い」「色調」また「精妙さ」「陰影」 などになり、おもに芸術の分野で色やイメージにおいて「微妙な差異」を表現する言葉であることがわかります。 「ニュアンス」の類語 「ニュアンス」の類語は、前述したフランス語での意味と合致します。 言い換えをする時は状況に合わせて適切な類語を選ぶようにしましょう。 まず、言葉での精妙さを表したいのか、音や色彩の強弱を表したいのか、などを見極めるのが肝心です。 「ニュアンス」の使い方と例文 続いて「ニュアンス」の使い方を挙げながら例文を紹介してみましょう。 正確な言葉が見つからない時に使う 「ニュアンス」は人が言ったことに対する「微妙な意味合い」「言葉の裏から読み取れる意図」などの意味がありますが、「ニュアンス」を文章の要所に入れることによって、言葉で言い表せないような細かい表現をすることができます。 情報を正確に相手に伝えるのは、時として難しい場合もあるでしょう。 そのような時に「ニュアンス」という言葉を挟んで言葉をつなげると、結果としてまとまった文章となることが多いです。 「ニュアンスがある」の使い方と例文 「ニュアンスがある」は話し手の言ったことに対して「そういう意味合いがある」「そんな風にとらえることができる」という意味で使われます。 また、芸術的な視点からは、「トーンがある」というようなが解釈ができるでしょう。 会議での発言を聞いていると、みんなが賛成であるというニュアンスを受ける。 この絵画は、良いニュアンスがありますね。 「ニュアンスが違う」の使い方と例文 「ニュアンスが違う」は話してが言ったことに対して、聞き手の受け取った意味合いが異なる時が使われます。 また、ものごとの情報や内容が微妙に異なる時に放つ言葉でもあります。 ミーティングで部長が言った内容は、実際ニュアンスが違うものであった。 ニュアンスが違うのは、文書で相手にしっかり説明していなかったからだ。 「ニュアンス的に」の使い方と例文 「ニュアンス的」は「微妙な意味合いとしては」「言葉に隠れた微妙な意図としては」というような意味で使われることが多いでしょう。 ニュアンス的には合っているが、細かく言えば間違っている点も無きにしも非ずだ。 企画した洋服のデザインは、ニュアンス的に私好みである。 「ニュアンス」を使った5つの例文• 話のニュアンスからすると、私の予想は当たっているだろう。 彼の口調からは、否定的なニュアンスが感じられた。 言葉の細かいニュアンスを汲み取って、理解してくれないか?• 細かい色のグラデーションを使って、独特なニュアンスを出していこう。 ギターで悲しいニュアンの音色を出してみる。 「ニュアンス」の英語と中国語表現 最後に「ニュアンス」の英語例文と中国語での表現をみてみましょう。 「ニュアンス」の英会話例• Can you grab the nuance of what I said somehow? 私が言った話のニュアンス、何とかつかんでくれますか?• We should not express things through just nuance. ただのニュアンスだけでものごとを伝えるべきではない。 Things that my boss mentioned conveyed different nuances. 上司が語った事柄には、別のニュアンスが含まれていた。 人々の思想、言葉、色、音などの微妙な違い、差異を表す言葉は「色调」「语气」「神韵」「音调」などとなります。 まとめ 「ニュアンス」は「言葉、音、色にある微妙な差異」また「言葉に隠れた話し手の意図」などの意味があります。 語源はフランス語の「nuance」で、意味においてもカタカナ語とほぼ同じように使われます。 職場でも同僚や上司と会話をする時、なかなか話のニュアンスが伝わりにくいこともあるでしょう。 ビジネスでは何より正確さが大切です。 微妙な「ニュアンス」でもしっかり相手に伝わるように心がけていきましょう。

次の