名古屋 から 出雲 大社。 「名古屋駅」から「出雲大社前駅」電車の運賃・料金

【出雲大社までのおすすめアクセスまとめ】4つのアクセス方法をご紹介

名古屋 から 出雲 大社

出雲大社のJRの最寄り駅は出雲市駅。 大阪、名古屋からなら青春18きっぷ1枚で着けますし、東京からも「ムーンライトながら」を使えば可能です。 1枚あたり2,410円の青春18きっぷは、出雲大社へ参拝するのに最強の格安チケットです。 ただ、出雲大社へ向かうときに使う普通列車は本数が少なく、事前に時刻をしっかり確かめておかなければなりません。 また、出雲市駅から出雲大社まではバスなどを使う必要があります。 ここでは、青春18きっぷを使って縁結びの神様・出雲大社を参拝するためのモデルルートや旅行法とちょっとした裏技をご紹介しましょう。 出雲大社までのモデルルート 出雲大社までのルートは、大きく分けて岡山ルートと鳥取ルート、益田ルートの3つがあります。 岡山までは各地から山陽本線を使えばアクセスしやすいですし、伯備線は速度が速く、列車本数も比較的多いので利用しやすいというメリットがあります。 ただし、それでも伯備線内では、日中3時間くらい普通列車が来ない時間帯もありますし、新見での接続が悪いこともありますので、利用するには事前に時刻表をよく確認しましょう。 伯備線は途中の新見で乗り継ぎになりますが、接続がよければ岡山〜米子を3時間半程度で抜けられます。 逆算すると大阪を11:00の新快速に乗れば、この接続に間に合います。 大阪を11時に出て、出雲市に20時前に着ける、ということになります。 名古屋なら8時頃に出る列車で間に合います。 東京からは、「ムーンライトながら」で前夜に出発すれば、この接続に乗ることができます。 ということで、往路は上記の乗り継ぎがとても便利なのですが、そのぶんこの伯備線列車は、青春18きっぷシーズンには混雑します。 ですから、座りたいなら早めに駅のホームで並びましょう。 帰路は出雲市を午前中に出る列車なら、おおむねどの列車も接続良好で岡山に着けます。 遠距離利用者は6時08分に出る普通列車新見行きが基本です。 これに乗れば接続良く11時35分に岡山に着けます。 名古屋、福岡まで同日で帰着することができますし、なんと東京へも同日着が可能です。 したがって、帰路には「ムーンライトながら」は必要ありません。 鳥取ルートは「とっとりライナー」がカギ 京都・大阪方面からは鳥取ルートも景色が良く楽しいでしょう。 山陰本線は速度は遅いですが、普通列車が1〜2時間おきに運転されており、接続も比較的良好です。 そのため、所要時間は伯備線ルートと大きくは変わりません。 ただし、乗り継ぎが多いので、乗り換えが嫌いな人には向きません。 カギとなるのは、鳥取〜米子〜出雲市間を走る「 とっとりライナー」という快速列車。 「とっとりライナー」は約2時間おきに運転されていますが、これに上手に乗り継げるように時刻表を検索するとラクに旅ができます。 広告 益田ルートは「アクアライナー」がカギ 山口県や九州方面から出雲大社へ行くのなら、益田ルートが基本です。 下関から山陰本線で益田に至ってもいいですし、新山口から山口線経由で益田に至っても構いません。 益田からは快速「 アクアライナー」(一部は浜田発)を利用します。 益田から出雲市まで一本で行けるので便利です。 「アクアライナー」は1日5往復程度しか運転されていませんので、接続を事前に確認しておきましょう。 益田ルートは山陰本線の美しい車窓を楽しみながら旅ができるルートで、おすすめです。 片道は飛行機利用という手も 東京や大阪などから出雲大社へ青春18きっぷを使って訪れるのは1日がかりです。 東京からは、夜行列車を使わないと1日ではたどり着けません。 ですから、往復青春18きっぷというのは正直大変です。 ですから、片道は飛行機にするというのも旅の方法としておすすめです。 東京からの場合、復路は夜行列車を使わずに1日で帰着できるので、往路に飛行機を使い、復路に青春18きっぷを使うのが合理的です。 出雲大社への最寄りの空港は出雲空港ですが、少し離れた米子空港も使えます。 米子空港はJR境線が乗り入れていますので、青春18きっぷも利用可能。 米子空港から出雲市駅へは、2時間〜2時間半程度です。 境線は「鬼太郎ロード」のある境港にも乗り入れていますので、立ち寄って観光するのもいいでしょう。 出雲市駅から出雲大社へはバスで JR出雲市駅から出雲大社へは10kmくらい離れています。 ですから徒歩で訪れるのはちょっと難しいでしょう。 バスなら25分程度です。 レンタサイクルもありますので、健脚の方は自転車利用もいいでしょう。 そのほか、一畑電車という私鉄を利用する方法もありますが、青春18きっぷは使えませんし、途中で乗り換えがあります。

次の

出雲大社へのアクセス【名古屋から出雲大社へ】交通手段6つを詳しく解説

名古屋 から 出雲 大社

稲沢市の住民です。 旧街道を歩くことを趣味とし、モンキーを車に積んで、昨年だけで島根県へ9回出かけました。 その経験からお話しいたします。 公共交通機関で山陰へ出かけるということは、時間の大幅なロスを覚悟しなければなりませんので、自動車大国である、愛知県民なら、自動車で行くべきです。 まず、山陰地方は他の方のご指摘通り、雪が降ります。 海岸地域ではさほど積もらないと聞きました。 一方山間部は言うに及ばず、積雪は必ずあるし、米子から出雲のあたりは海岸地帯でもよく降るそうです。 特に、米子道は、運が良ければノーマルでも大丈夫ですが、冬には道路の両側に「雪壁」がうずたかく出来上がっていますから、運が悪いと通行できないこともあります。 新品のスタッドレスはもったいないので、中古品を扱う店が名古屋市内、または近郊に結構あります。 私はホイール付きで4本4万円で買いました。 高速道路で6~7時間で行けるという情報は「混雑していない」ということが大前提です。 名神高速吹田JCTから中国自動車道に入りますが、通常、「中国豊中IC」付近から込み始め、「宝塚トンネル」付近で「渋滞」というのが一般的です。 私の経験では、午前5時30分以前ならほとんど渋滞は起きませんが、冬季でも、午前7時以降では「大渋滞」が起きます。 ですから、名古屋出発は、「午前4時」が限界でしょう。 できれば「午前3時30分」には高速道路に入り、吹田JCTは午前5時半前には通過してください。 この時間帯に通行するという条件付きで、早くて6時間程度だと思われます。 他の回答者の方々はこの情報をどうも御存じないようです。 そうでなければ、吹田JCTから渋滞が始まり、神戸JCTまで1時間半かかったことさえあります。 休憩しようと西宮名塩SAに午前6時10分に入ったら、駐車場が満車、ということがありました。 中国自動車道の宝塚トンネルはそういう渋滞の名所ですので、心してお出かけください。 一方、復路も同様で、夕刻の中国自動車道神戸JCTから宝塚トンネルまでの15キロはまず間違いなく渋滞です。 解消されるのは私の経験では10時以降にならないと、スムーズに通行できません。 ですから、神戸JCTに一番近い、加西SAで、食べ物を購入し、渋滞の中で夕食を済ませるようにしていました。 (ちなみに、加西SAでおにぎりはなく、「パン」がベストです。 なぜなら、お好み焼きとたこ焼きは、味があまりよろしくありません。 また、レストランのとんかつもおいしくありません。 名古屋なら、いずれの店もつぶれています。 美食家なら、高速道路に入る前に、ハンドルを握ったままでもつまめる夕食を準備された方がいいかもしれません。 )また、新名神も亀山JCT~四日市JCTの10キロは必ず渋滞していますので、「名神」の方が明らかに交通量は少なめです。 参考にしてください。 この時期山陰地方(鳥取県・島根県)は3月いっぱいまで スタッドレスタイヤが必要です。 路面に積雪が無くても凍結があるのでノーマルタイヤでの走行は困難です。 名古屋(本郷IC)から出雲ICまでの所要時間は約6時間48分 出雲ICから出雲大社までが約30分~40分です。 JRバス JR東海バス JR出雲市駅から出雲大社までは路線バスが運行されています。 所要時間は約30分~40分です。 一畑バス(出雲管内時刻表).

次の

出雲大社のアクセス、飛行機/電車/バス/車でおすすめは?

名古屋 から 出雲 大社

2で回答した者です。 お返事ありがとうございます。 JR東日本のサイトですが、JR各社共通の内容になります。 特に、第1種障害者の方については介護者の方の運賃も半額になるような規則もあるようですので、もし該当する場合は付添いの方1名についても割引が適用される可能性があります。 但し、おそらく障害者割引を適用する場合、通常の「往復割引」を適用させることはできないと思います。 障害者割引と往復割引を同時適用できない場合は、障害者割引で購入される分の乗車券は「名古屋市内~出雲市」で購入された方が良いでしょうね。 さて、本題に戻ります。 往復乗車券だと有効期間が倍の8日間もしくは10日間になりますが、この有効期間の間であれば途中下車しながら旅行を継続することが可能です。 ですので有効期間内であれば、米子で途中下車して宿泊し、翌日以降に米子から出雲市まで残りの経路を乗車することは全く問題ありません。 乗車券というのは、その経路の普通列車・快速列車など、特別な料金無しで乗車できる列車にだけ乗車することができる基本的な切符になります。 この乗車券に加えて、新幹線や特急列車に乗る区間の分だけ「新幹線特急券」「特急券」等の料金券を別に購入することになります。 例えばですが、名古屋駅から静岡駅までJRを利用するとして、名古屋から豊橋までは普通電車や快速電車に乗り、豊橋から浜松の間だけ新幹線、浜松から静岡まではまた普通電車に乗って移動しようとします。 このような場合は、名古屋から静岡までの乗車券と、豊橋から浜松の間だけ別に新幹線特急券を追加で購入することになるわけです。 話が脱線しましたが、乗車券 往復乗車券 だけでも普通列車や快速列車に乗車することができますので、米子~出雲市間で普通列車や快速「アクアライナー」等を利用することが可能です。 特に、米子~出雲市の間に限って言えば、普通列車や快速「アクアライナー」でも特急列車にあまり追い抜かされないので、敢えて特急を使わないという選択もアリだと思います。 特急に乗らなければ、米子から出雲市までの特急料金は節約できますので。 後はそうですね・・・ 行きの名古屋から岡山までの新幹線特急券と、岡山から米子までの「やくも」の特急券は、ある程度予定が立てられると思うのですが、お帰りの出雲市から岡山までの「やくも」特急券、岡山から名古屋までの新幹線特急券については、何時頃の指定を取られるのか、予定が確定し辛いかもしれません。 そこで、指定した列車の『発車時刻前』までであれば、指定席特急券については一度まで、手数料無しで列車の変更ができる事は覚えておいて下さい。 万が一、お帰りの際に指定席を取られていた列車にちょっと間に合いそうも無い場合は、列車の発車時刻前までなら後続列車への変更もできますので、早めに駅の窓口で変更するようにして下さい。 但し、GW中は指定席も埋まりきっていることが多く、特に新幹線については変更できたとしても、当日に2人並びの座席を取ることはできないと思いますので、緊急手段として頭の片隅にでも置いていただければと思います。 まあ、後は旅行代理店で切符を手配する場合、障害者割引で切符を作ってくれるかどうか、あらかじめ電話で問い合わせた方が良いかもしれません。 もし時間がかかるようであれば、指定席特急券だけでも早めに購入して、乗車券のみ後日購入も可能です。 こんにちは。 まず往復乗車券についてですが、往復乗車券は発駅・着駅が往復とも同じ駅にする必要があります。 但し名古屋市内の各駅から出発する場合、名古屋市内の各JR駅は「名古屋市内」として扱いますので、名古屋から出発して金山に戻ってきたり・・・というのはアリです。 まあ、質問者さんの行程の場合だと、名古屋市内から出雲市までの往復乗車券を購入した上で、1日目は米子で途中下車し、米子から境港までの往復運賃は別に支払うようにすれば問題ありません。 ちなみに、片道600キロを越える距離の乗車券を往復で購入すると、片道あたりの運賃が1割引になる「往復割引」が適用されます。 名古屋市から出雲市までの営業キロは587. 6キロで600キロには僅かに届きませんが、ここまで600キロに近くなると敢えて距離を伸ばして、往復割引が適用される距離まで乗車券を買ってしまった方が安くなります。 2キロ 経由:新幹線・岡山・山陽・伯備・山陰 ・片道乗車券:9350円 ・往復乗車券:16820円 往復割引適用 このように、営業キロが600キロを越える距離の往復乗車券を購入した方が、往復運賃だと安くなる事がお分かりいただけると思います。 別に太田市まで購入しなければならないわけではありませんが、太田市は出雲市の一つ先の主要駅なので例に出してあります。 米子から境港までの切符は、あらかじめ名古屋付近のJR駅でも購入可能ですし、当日米子駅で購入することが可能です。 また、名古屋から岡山までの新幹線、岡山から米子・出雲市までの特急料金もかかります。 質問者さんの行程の場合、名古屋から岡山までは新幹線「のぞみ」に乗り、岡山から米子・出雲市までは特急「やくも」に乗車するのが一般的なルートになります。 また、米子~出雲市の間に限れば、特急「やくも」の他、特急「スーパーおき」「スーパーまつかぜ」などの列車も利用できます。 なお、名古屋~岡山の新幹線から当日中に「やくも」に乗り継ぐ場合、また「やくも」で岡山まで乗車した当日or翌日中に新幹線に乗り継ぐ場合、「やくも」の特急料金が半額になる「乗継割引」が適用されます。 ですので、新幹線特急券と「やくも」の特急券は一度にまとめて購入するようにして下さい。 各区間の新幹線、特急列車の特急料金はNo. 一部、No. 1さんが出しておられる金額と異なりますが・・・ 名古屋から岡山までの「のぞみ」通常期指定席特急料金は4890円が正当で、これに繁忙期の+200円を加算しますし、出雲市から岡山までの「やくも」乗継割引後の特急料金も十の位を切り捨てることはありませんので、通常期の指定席特急料金は1410円が正しい計算になります。 とまあ、乗車券 運賃 の他に、新幹線や特急列車に乗車する区間の特急券を購入する必要がある事は覚えておいて下さい。 この回答への補足 とても詳しい説明ありがとうございました。 回答者様の説明を参考に予定を立てましたのでの一度ご確認していただけるとありがたいです。 名古屋駅から東海道・山陽新幹線で岡山駅まで 新幹線特急料金は、 指定席 のぞみ 4,690円 ひかり4,490円 ゴールデンウィークは、繁忙期で200円増しとなります。 自由席 のぞみ・ひかり 3,980円 岡山駅から山陽・伯備・山陰線で米子駅まで 特急料金は、新幹線からの乗継割引で岡山駅~米子駅間の 特急料金が半額となります。 指定席 1,300円 自由席 1,050円 米子駅から境線で境港駅までとなります。 米子駅で一度途中下車をされて 米子駅~境港駅間の普通乗車券を別途購入してください。 片道320円です。 境港駅から米子駅まで戻られてから続けて出雲市駅まで ご乗車することができます。 米子駅~出雲市駅間の特急料金は、 指定席 1,660円 自由席 1,150円です。 おかえりの出雲市駅~岡山駅間の特急料金は、乗継割引適用で 指定席 1,400円 自由席 1,150円となります。

次の