伝説 の 家政 婦 志麻。 伝説の家政婦志麻さんに学ぶ。毎日の献立に迷わないコツ

伝説の家政婦!志麻さんのパーティ料理メニュー10品のレシピ/沸騰ワード10

伝説 の 家政 婦 志麻

名前:不明 愛称:志麻さん、タサン志麻 生年月日:不明 出身:山口県長門市 年齢:40歳(2019年5月現) 職業:家事専門家政婦 資格:調理師 最終学歴:大阪・あべの辻調理師専門学校フランス校 まずは、家政婦志麻さんのプロフィールですが、インターネットで家政婦志麻さんの名前を検索すると「タサン志麻」と検索結果が出ることがありますが、これが本名かどうかは不明です。 ですから、この記事では愛称である志麻さんと書いていきますね。 志麻さんは芸能人ではなく一般の主婦ですからプロフィールなどは公開されていませんでした。 現在は「タスカジ」という家事代行サービスで専門の家政婦として働いているようです。 志麻さんは、あべの辻調理師専門学校フランス校を卒業されていて、そこからさらに15年間に渡って老舗レストランや三ツ星レストランで修行を積み、料理人としての腕を磨いています。 家事代行サービス「タカスジ」には2015年に登録。 ハウスキーパーとして、共働き家庭を中心に料理や家事のサポートを行ううち、料理の腕前が話題になります。 そして 1年足らずで定期契約顧客数がナンバーワンに! タスカジに登録しているハウスキーパーさんのレベルは全体的に高く、以前から評価の多い家事代行サービスでしたが、その中でも指名が入るほどですから、志麻さんの腕前は相当なことがわかりますね。 人気ナンバーワンになる理由は沢山ありますが、その中でも 人気だったのが「家庭の冷蔵庫にあるものだけで、美味しいフレンチを作ってくれる」というもの。 これが大変評判となり、定期顧客の契約件数が最も多いハウスキーパーとして活躍。 今最も「予約がとれない伝説の家政婦」として、テレビ番組沸騰ワード10で取り上げられて大ブレイクをします。 最近では、 「予約がとれない伝説の家政婦が教える魔法の作りおき」 『志麻さんのプレミアムな作りおき」といった本も発売していますし、 「つくりおきマイスター養成講座」というセミナー(料理教室)のレシピ監修・講師など、多方面で活躍中です。 旦那さんは15歳年下のフランス人・ロマンさん。 お子さんは1人いらっしゃるようです。 タスカジで志麻さんプロフィールを見ると、 『0歳児の子供がいるので、預けられないときは同伴させていただいています。 息子のお世話にかかった時間はその分延長します。 』 とありました。 写真の赤ちゃんのようですね^^ 伝説の家政婦志麻さんの年収は? 2016年からTV出演をきっかけに人気が出たため、レシピ本作成や出版。 その他、料理講師などもしているようですから、収入の半分以上はタスカジ以外からとなるでしょうね。 そうなると、志麻さんは4冊以上の本を出版していますので、その印税、そしてテレビ出演でのギャラなどを考えても600万以上はあるかなと。 主婦の方が稼ぐ金額としては凄いかどうかは置いといて、子育てをしながら出版物に講師。 これらをやってのける志麻さんは大した方だなと。 男性は育児をしながら~っていうのは考えづらいですし、本当に凄いですよね。 さいごに テレビ番組「沸騰ワード10」で話題となった「予約が取れない家政婦」志麻さんのプロフィールや経歴。 年収や家族を紹介してきました。 なんでもそうですが、極めることは本当に凄いことで、それを継続しておこなう志麻さんは本島のプロですね。 これからも志麻さんに注目をしていきます。

次の

伝説の家政婦志麻さんに学ぶ。毎日の献立に迷わないコツ

伝説 の 家政 婦 志麻

Sponsored Link 志麻さんのナポリタンの材料 2人分• パスタ 140g• ベーコン 4枚• ケチャップの材料 トマト 約10個(1㎏分)• ニンニク 1片(5g)• 砂糖 大さじ2• 塩 小さじ1 志麻さんのナポリタンの作り方• パスタは袋の表示時間より1分多く茹でます。 1分を多く茹でたパスタをざるにあけお湯を捨て流水でしめます。 水気を切ったパスタをバットに移しラップをして冷蔵庫で寝かせもちもち感をアップさせます。 ケチャップを作る。 トマトを適当な大きさに切りミキサーへ入れ少量の玉ねぎ、 にんにくを加え撹拌します。 ペースト状になったら鍋に移し砂糖と塩を加え火にかけて1時間ほど煮込んでケチャップの完成。 お好みの野菜、(ピーマンやナス玉ねぎなど)ベーコンを炒め自家製ケチャップを加えよく混ぜ合わせる。 別のフライパンで冷蔵しておいたパスタを炒め温まったら、先ほど作ったソースの中に入れ混ぜ合わせます。 お皿に盛り付けてナポリタンの完成。 母の手づくり餃子と餃子の皮• 龍馬チョコレート• 豚肉のソテーシャルキュティエールソース• 手づくりマヨネーズ• ローストチキン• 舌平目 したびらめ のデュグレレ風• ゆで鶏のシュープレームソース• フォンダンショコラ• カトリーヌ先生のそば粉のクレープ• ビストロ料理・クロタン・ドゥ・シャヴィニョルのサラダ• ビストロ料理・ステーキ・ブルーチーズソース• 結婚式の料理・オニオングラタンスープ オニグラ• つくりおきの人気メニュー・ナスとピーマンと豚肉の甘みそ炒め• つくりおきの人気メニュー・野菜たっぷりスパニッシュオムレツ など他にも沢山、作ってみたくなるレシピが収められた1冊です。 良かったらお手に取ってみては? >> この日沸騰ワード10で放送された志麻さんのレシピ.

次の

伝説の家政婦!志麻さんのパーティ料理メニュー10品のレシピ/沸騰ワード10

伝説 の 家政 婦 志麻

リンク• 伝説の家政婦志麻さんとは何者? 本名は「タサン志麻」さんで、フランス人のご主人と小ささんがいるらしいです。 見た目はどちらかというと地味(失礼だったらごめんなさい)なので、そんな感じに見えません。 フランス三ツ星レストランで修行後、日本で老舗フレンチレストランや人気フレンチレストランなどで15年以上勤務されてきました。 華やかな調理場に立つうちに本当に作りたいものは家庭料理だったと気付き(結婚や出産などライフスタイルの変化も理由の一つではあったと思います)、家事代行マッチングサービス「 タスカジ」に登録。 1年足らずで定期契約顧客数ナンバー1に。 予約表に登録すると30分以内に予約が埋まってしまうほど人気なので、なかなか予約の取れない「伝説の家政婦志麻さん」と呼ばれるようになったそうです。 本当に予約が取れたら奇跡ですね! 凄いのは、依頼されたお家の冷蔵庫の中身を見て10秒ちょっとでその日のレシピを考え、3時間で15品以上ものお料理を作る所です。 その考えている姿、眼差しが好き。 元プロの料理人なので素人は知らないコツなどよく知っておられて、本当に何度見ても感心します。 ナンバー1になるのも十分うなずけます。 はちみつがなかったので、で代用しました。 家にそろっていそうな材料ばかりでしょう? 志麻さんのレシピでタンドリーチキンを作ってみました 作り方はびっくりするくらい簡単です。 を食べやすい大きさに切ってソースの材料を合わせたボウルに入れてよく揉み込み、フライパンで焼くだけです。 これで完了。 主婦歴20年以上になるのに、これまでタンドリーチキンというものを一度も作ったことがありませんでした。 何となく難しそうなイメージと、聞いたこともないような調味料がたくさん必要だと思ったからです。 買ったものの、2度と使わなくなりそうだし…。 実際に作ってみると、簡単なのに美味しい! 何と言っても、 特別な材料は必要なく普通の家庭にある調味料や食材で作れてしまうのがポイントです。 作り方も簡単で、お子さんでも作れると思います。 こちらもソースに鶏肉を漬け込むのは同じで、オーブンで焼くだけなのでほったらかしで済みます。 ズボラな私にぴったりの料理です。 簡単で美味しく作れるのは、お料理苦手で忙しい主婦にとって本当にありがたいことです。 他にも美味しそうなメニューが載っているので、興味のある方はぜひ「 志麻さんのプレミアムな作りおき」で作ってみて下さいね。 まとめ 志麻さんが更に凄いのは、訪問する家庭の環境や要望によって味付けを変えたり、本当は味付けにはちみつが必要なのにないと分かると代わりにジャムを使うなど、その場その場で常にな対応を迫られる中でどんな状況であっても美味しい料理を作れる所です。 また、志麻さんの作るお料理は基本的にシンプルな家庭料理なので、素人でも簡単に真似して作れそうな物ばかりです。 これは忙しい主婦にとってはありがたく、だからこそ人気が出るのは当たり前でしょう。 珍しい調味料や食材を使わず、丁寧な作業とひと手間で1ランク上の味を出していると思います。 これだけの技量を持ちながら家事代行サービスに登録する働き方をしているのは勿体ないと思うのは私だけでしょうか? そこが志麻さんらしいのですが。 冒頭で紹介した「沸騰ワード10」以外にも様々なメディアに引っ張りだこの志麻さん。 是非志麻さんの料理に対するプロ魂を見てみて下さい。

次の