キメラ ウイルス。 愛媛県における地域流行から検出された新規キメラウイルスGII.P21

「キメラウイルス」に関するQ&A

キメラ ウイルス

植物 [ ] では、異なる遺伝情報を持つ細胞が縞状に分布するものを区分キメラ、組織層を形成して重なるものを周縁キメラと呼ぶ。 それらは成長点細胞の突然変異やで生じる()ことがある。 動物 [ ] にはがあるため、成体でキメラを作ることはできない。 ・では、2個以上の胚に由来する細胞集団(キメラ胚)から発生した個体を指す。 例としては、とのキメラがある。 また、キメラ胚由来ではないが、一個体が異なった個体由来の細胞を同時に持っている状態を血液キメラという。 1つ胚に由来しているが異なる遺伝情報を持つ細胞が部分的に入り交じるものをと呼び、キメラと区別する。 モザイクはキメラよりはるかに頻度が高い。 ヒトキメラ [ ] 多くは血液キメラである。 の胚はしばしば胎盤における血液供給を共有しているため、がもう一方の胚へ移動可能で、移動した血液幹細胞が骨髄に定着した場合、持続的に血液細胞を供給するようになり血液キメラが作られる。 双生児でない場合の血液キメラも知られているが、これは妊娠初期に双生児の一方が死亡し、生存している方に吸収されて血液キメラが生じたと考えられている。 初めてヒトのキメラは、イギリスの血液型学者が1953年3月に発見した。 ある女性が供血のために血液検査を受けた所、抗B型血清では凝集なし、抗A型血清では不完全な凝集が起きた。 通常ならA型と判定されるが、顕微鏡で見ると凝集そのものが弱いのではなく「凝集する血球」と「凝集しない血球」が混在していた。 さらによく調べたところA型血球とO型血球が混ざっていた。 A型遺伝子はO型遺伝子に対し優性遺伝するので、仮に両方の遺伝子を持っていても普通のA型であり、このようなことにはならない。 ABO式以外の方式による血液型を調べたところ以下のようになった。 現在ではルセラン型とダフィ型はAとBそれぞれの抗体で調べるが、ルセランのB抗体は1956年発見のため当時は知られておらず、ダフィー式はB抗体発見が1951年と間もないため、1953年当時は両方A抗体の反応の有無のみで行っていた。 ) 一か所だけなら体細胞の突然変異(上記の「モザイク」に当たる)とも考えられる。 しかし、ABO・ケル・キッドの血液型はいずれも遺伝子の位置が異なるので3か所も同時に突然変異が起きる必要があり考えにくい事、さらに1945年に牛の血液キメラの報告があり、この時点で「牛の双子は血球の元になる細胞が血管の吻合を通じて双子の相手に流れ込む現象が起きる」という説がまとまっていたことから、この女性に対しても同様の仕組みを疑い双子の存在を尋ねたところ、彼女は双子で生まれ相方は男児だったことから二卵性双生児であることは確実だった。 この男児は生後3か月で死亡していたため血液型を確認することができなかった。 なお、唾液による血液型鑑定はO型と出たため、彼女自身の血球はO型でA型が相方のものの可能性が高いとされた。 また、ウシの雌雄双子の血液キメラの場合といって雌がほぼ確実に不妊になる。 唾液による確認では女性がO型・男性がA型だった。 2つの受精卵が子宮内で融合して1つの胚となった場合に作られる真のヒトキメラは1994年のイギリスで生まれた少年の例 などわずかしか知られていない。 なお、この少年は体外受精で生まれている。 生殖系列キメラ [ ] 生殖系列(と)が置き換えられたキメラ。 胚盤葉細胞キメラまたは始原生殖細胞キメラから作られる。 骨髄移植 [ ] 治療のため、骨髄移植を受けた患者も医学用語でキメラと呼ばれている。 骨髄移植は同一の血液型でなくても可能である。 血液型が異なるドナーから骨髄移植を受けた場合、元々の造血幹細胞で造られる血液と移植された造血幹細胞で造られる血液型は異なることからそのように呼ばれる。 また、血液型が変わっても、、、等といった身体の一部分に関しては、骨髄移植をする前の血液型のままとなっている。 脚注 [ ].

次の

「キメラウイルス」に関するQ&A

キメラ ウイルス

双子はしばしば、分ち難い絆で結ばれる。 しかしテイラーの場合、彼女と二卵性双生児のきょうだいは、ひとりの人間になっているのだ。 非常に珍しい遺伝学的事象が発生し、テイラーさんは子宮のなかで、二卵性双生児のきょうだいと融合した。 そしてその結果、彼女は2セットのDNAを持つことになった。 自分自身ときょうだいのDNAを1セットずつだ。 この珍しい現象は「キメラ」と呼ばれている。 テイラーがこの事実を知ったのは、健康上の問題で病院を訪れたときのことだった。 『People』誌のインタビューのなかでテイラーは、彼女の母は身ごもったときに超音波検査を受けておらず、子宮内で双子が融合してしまっていることを知らなかったと。 テイラーは2017年、Instagramへの投稿で、自身が「キメラ」であることを。 医療系トーク番組「 The Doctors」にも。 彼女は自身のブログでこう。 「私の体は双子です。 私は、子宮のなかできょうだいと融合した二卵性双生児の片方であり、そのきょうだいの遺伝子構造を体のなかに持っているのです」 ニューヨーク大学ランゴンヘルス医療センターの臨床遺伝科で責任者をつとめるはBuzzFeed Newsの取材に対して、「簡単な言葉で説明すると、キメラとは、2つの異なる個体のゲノムを持った個体のことです。 つまり、キメラの体のなかには、異なった細胞や組織が入り交じって存在しているのです」と語った。 キメラという遺伝子現象は、二卵性双生児が子宮内で融合するときに起こる。 「一卵性双生児が融合する場合は、キメラではありません。 一卵性双生児は同じゲノムを持っているからです」とパパス博士は説明する。 二卵性双生児の場合、2個の精子が2個の卵子を受精させて、2個の受精卵が生まれ、その後、それぞれが分裂して2つの胚へと成長する。 テイラーのようなキメラの場合、これら2個の胚が融合してひとかたまりになり、1人の人間になる。 「これが起こるのは、胚期の早い段階です。 通常は、胚期の最初の数日、つまり、それぞれの胚が2個の細胞からなるかたまりのときです」とパパス博士は言う。 この融合が胚発生の後期に起こると、双子の片方がもう片方を「吸収」することがある。 このような場合、後者は奇形腫の原因になるという。 奇形腫は腫瘍の一種で、良性の場合と悪性の場合がある。 「この融合がごく初期に起こると、場合により、それぞれのゲノムの貢献度はほぼ半々になります。 遅ければ遅いほど、もう片方の胎児のDNAは少なくなります」と、パパス博士は言う。 融合の発生時期が早ければ早いほど、胎児の生存率も高くなるという。 キメラ現象が起こることはめったにない。 「正確な数字はわかりませんが、おそらく確率は10万分の1以下ではないでしょうか」とパパス博士は言う。 以前のテイラーは、この色のちがいを、ただの変わったアザだと思っていた。 ところがそれは、実は彼女がキメラであることを示す身体症状のひとつだった。 「2つのゲノム的背景を持っている場合、皮膚の色合いが場所によって異なる人もいます。 その異なった色合いが、もう一方の個体を起源としているからです」とパパス博士は言う。 テイラーの体には、ほかにもいくつか変わった点が見られる。 「右側とくらべると、体の左側のほうが全体的に少し大きいんです。 口のなかにも、左側に1本、癒合歯(結合した2本の歯)が生えています」と彼女は書いている。 キメラのなかでも、テイラーのケースはかなり特殊だ。 というのも、キメラのほとんどには、これほど明らかな身体的特徴の相違は見られないからだ。 「私には免疫系と血流が2つあるそうです」と彼女は書いている。 そのせいで、これまでにテイラーはさまざまな健康問題に悩まされてきた。 そもそも彼女が病院に行き、自分がキメラであることを知ったのものそのためだった。 「私の体は、双子のきょうだいのDNAや細胞を異物として認識し、免疫系を傷つけています。 そのせいで私は、不幸にも自己免疫疾患などの健康上の問題で苦しんでいます」と彼女は書いている。 体のなかに別のDNAがあるということは、一部の細胞が若干異なったタンパク質を生成するということであり、そしてさらには、体がそれを異物として認識し、免疫系の問題を引き起こすおそれがあるということを意味する、とパパス博士は言う。 さらにテイラーは、さまざまな食べものや薬、金属、昆虫などに対してアレルギーなどの過敏症も抱えているという。 キメラに起因するさらに深刻な健康問題が生じるのは、融合する2つの胚の性別が異なる場合だ。 そうなるとその人は、XX型とXY型の染色体をどちらも持つことになってしまう。 「このようなケースでは、生殖腺(卵巣・精巣)の結合により、外性器異常(性器の性別があいまいな状態)が生じます。 生殖腺にがんができるリスクも高まります」とパパス博士は言う。 キメラは理論上、2つの異なった免疫系や血液型を持つことが可能であり、それが親子鑑定や法医鑑定に問題を引き起こすことにもなりかねない、とパパス博士は言う。 実際これまでにも、キメラの親と実の子どもが親子鑑定を行った結果、共通するDNAがわずかしかないことが明らかになったケースが(それはまるで、その子のおばやおじであるかのような割合だった)。 その子どもが、生まれることのなかったおじやおば(親の二卵性双生児のきょうだい)からDNAを受け継いでいたからだ。 なお、DNA検査の結果は、サンプルがとられた場所(たとえば血液や髪の毛、唾液、爪など)によって変わることがある。 それぞれの組織や器官が、異なった遺伝子型を持つ細胞で構成されている可能性があるためだ。 検査はとても複雑で、費用も相当かかるため、自分がキメラであることを知らないでいる人もいるかもしれない。

次の

ヒトロタウイルスの人工合成に成功―ヒトロタウイルスの病原性発現機構解明に大きく前進―新規ワクチン開発、治療薬開発を加速

キメラ ウイルス

新型肺炎 中国現地リポート「疫病都市」はこちら(画像をクリックすると週刊東洋経済プラス緊急リポートのページにジャンプします) 外部からの疑惑と非難に直面した石正麗は、2月2日、微信(WeChat)のモーメンツで怒りに燃えて次のように反応した。 「2019年の新型コロナウイルスは大自然が人類の愚かな生活習慣に与えた罰だ。 私、石正麗は自分の命をかけて保証する。 実験施設とは関係がない。 不良メディアのデマを信じて拡散する人、インドの科学者の信頼できないいわゆる学術的な分析を信じる人にご忠告申し上げる。 お前たちの臭い口を閉じろ」と。 その後、石正麗は財新記者に対して、専門的な問題を専門家ではない人々とは議論したくないと説明し、「話が通じない」「無益で、時間の浪費だ」と語った。 彼女はまた「私があなたに言えるのは、私たちが合法的にルールにのっとって実験活動を行ってきたということです」と述べた。 ソーシャルメディアにおける疑惑の声 最も早く石正麗の実験施設と新型コロナウイルスとを関連づけた言説の1つは、1月下旬のものだ。 中国中央電視台(CCTV)で2018年に、武漢ウイルス研究所が主導する科学技術チームがコウモリに起源を持つ新型コロナウイルスの一種(SADS-CoV)を発見した、と報道されていたのをある人物が見つけ、新型コロナウイルス(2019-nCoV)との関連性があるのではないかと臆測した。 実際には、2018年に発見されたのは「豚急性下痢症コロナウイルス」で、新型コロナウイルスとは分類学上異なる種類のウイルスだ。 それに続いて、別の人物が国際医学誌の『Nature Medicine』で2015年11月9日に発表された石正麗が関与している研究論文を見つけた。 当該研究論文は中国馬蹄コウモリで見つかったSARSに似たコロナウイルスの一種(SHC014-CoV)が疾病を引き起こす可能性に関するもので、研究者はSARSの遺伝子をリバースジェネティクス(逆遺伝学)の手法を活用して一種のキメラ・ウイルスを生成ならびに同定した。 簡単に言えば、このキメラ・ウイルスはSHC014の表面タンパク質とSARSウイルスの骨格によって構成されている。 キメラ・ウイルスは人体の呼吸器細胞に感染できたので、人体細胞のキーとなるレセプターと結合して感染するのに必要な仕組みを、SHC014の表面タンパク質が備えていることが証明された。 キメラ・ウイルスはネズミの疾病を引き起こしたが、死に至らしめることはなかった。 研究論文では、コウモリの間で現在流行しているウイルスがSARS-CoV(SARSウイルス)の感染拡大を再び引き起こす潜在的なリスクについて述べられている。 指摘する必要がある点は、この論文には全部で15名の執筆者がいることだ。 執筆者たちはそれぞれアメリカのノースカロライナ大学、アーカンソー州やジェファーソン市の食品薬物管理局国家毒物学研究センターなどに所属しており、そのうちの2名が中国科学院武漢ウイルス研究所の研究者である葛行義と石正麗なのだ。 執筆者の中で、葛行義は偽型実験を担当し、石正麗はSHC014の棘突起タンパク質のDNA配列とプラスミドを提供している。 実験の計画と実施はどちらもノースカロライナ大学チャペルヒル校の実験施設で進められた。

次の