石原 健太郎。 石原都知事ってやっぱり在日なんですか?

石原健太郎とは

石原 健太郎

石原都知事ってやっぱり在日なんですか? 厳密には、親などの段階で帰化しているため本人は在日ではないが正しいとはいえるでしょうが、在日の家系ですか? 日本人にはない火病的気質もモロありますし、息子の石原良純の言動でもかなり変でちょっと日本人には思えません。 いろいろな問題でも、結局、日本の利益につながることはしていない。 二重スパイ的な立場で保守を装って、日本の立場を悪くしているのでは?と思えることばかり。 天皇陛下や見下し、皇太子様を呼び捨てにしたり、君が代を嫌いと公言したり、とても日本人には思えません。 石原都知事=在日朝鮮人の家系 は真ですか? 補足信者は意味不明のことしか書けないってこと? 日本語が苦手みたいだが、こいつも在日か? そんな話は聞いたことがないし、嘘ですね。 彼の父は、戦前に山下汽船に勤務してました。 彼は、父の勤務先の神戸市須磨区大手町で誕生してますがね。 気候は温暖で、明光風靡な、華族の別荘地月見山からも近い場所でしたよ。 戦前は、まともな大手の会社では、身元調査が厳しいので、在日の人は、まず就職が厳しかったですよ。 今から30年以上も前の役所では、生年月日と名前がわかり、印鑑さえあれば、他人の住民票を簡単に見ることができましたよ。 戦前の大手会社に職の際は、住民票や戸籍抄本も見せる時代でしたよ。 あなたも在日出身だとネットで嘘の噂を流されたらどうでしょうか? 即、あなたは在日だとまことしやかに噂される世界ですからね。 ついこの間まで橋下氏や石原氏を日本の救世主のようにあなたやあなたの同業者は誉めちぎっていたはずですけど、自分とほんのちょっぴり意見が違えば取りあえず在日ですか。 もう少し自分の発言に責任を持ちましょう・・・石原一族自は日本の各分野で大なり小なりそれなりの地位についています。 何より石原都知事が在日としたら自民党の現幹事長であり、下手をすると次期総裁=総理大臣の目もあるご子息、石原伸晃氏も在日の尖兵・・・という理屈になります。 つまり次の総選挙で自民党が圧勝し、政権復帰した瞬間、在日の日本征服計画は完了です・・・石原一族を在日と思っているなら、今のうちに爆弾を体に巻きつけて自民党本部に特攻するか、韓国語を勉強して将軍様にお世辞を言う練習でもしていなさい。 おっと、質問の回答がまだでした。 答えは貴方が在日と思うなら100%在日ですよ。 仮に石原氏が家系図や戸籍謄本を公表しても「成りすまし」か「泥棒市で戸籍を入手した」「戸籍を偽造した」といったものになるはずですから(笑).

次の

石原 健太郎 院長の独自取材記事(いしはら総合歯科)|ドクターズ・ファイル

石原 健太郎

石原都知事ってやっぱり在日なんですか? 厳密には、親などの段階で帰化しているため本人は在日ではないが正しいとはいえるでしょうが、在日の家系ですか? 日本人にはない火病的気質もモロありますし、息子の石原良純の言動でもかなり変でちょっと日本人には思えません。 いろいろな問題でも、結局、日本の利益につながることはしていない。 二重スパイ的な立場で保守を装って、日本の立場を悪くしているのでは?と思えることばかり。 天皇陛下や見下し、皇太子様を呼び捨てにしたり、君が代を嫌いと公言したり、とても日本人には思えません。 石原都知事=在日朝鮮人の家系 は真ですか? 補足信者は意味不明のことしか書けないってこと? 日本語が苦手みたいだが、こいつも在日か? そんな話は聞いたことがないし、嘘ですね。 彼の父は、戦前に山下汽船に勤務してました。 彼は、父の勤務先の神戸市須磨区大手町で誕生してますがね。 気候は温暖で、明光風靡な、華族の別荘地月見山からも近い場所でしたよ。 戦前は、まともな大手の会社では、身元調査が厳しいので、在日の人は、まず就職が厳しかったですよ。 今から30年以上も前の役所では、生年月日と名前がわかり、印鑑さえあれば、他人の住民票を簡単に見ることができましたよ。 戦前の大手会社に職の際は、住民票や戸籍抄本も見せる時代でしたよ。 あなたも在日出身だとネットで嘘の噂を流されたらどうでしょうか? 即、あなたは在日だとまことしやかに噂される世界ですからね。 ついこの間まで橋下氏や石原氏を日本の救世主のようにあなたやあなたの同業者は誉めちぎっていたはずですけど、自分とほんのちょっぴり意見が違えば取りあえず在日ですか。 もう少し自分の発言に責任を持ちましょう・・・石原一族自は日本の各分野で大なり小なりそれなりの地位についています。 何より石原都知事が在日としたら自民党の現幹事長であり、下手をすると次期総裁=総理大臣の目もあるご子息、石原伸晃氏も在日の尖兵・・・という理屈になります。 つまり次の総選挙で自民党が圧勝し、政権復帰した瞬間、在日の日本征服計画は完了です・・・石原一族を在日と思っているなら、今のうちに爆弾を体に巻きつけて自民党本部に特攻するか、韓国語を勉強して将軍様にお世辞を言う練習でもしていなさい。 おっと、質問の回答がまだでした。 答えは貴方が在日と思うなら100%在日ですよ。 仮に石原氏が家系図や戸籍謄本を公表しても「成りすまし」か「泥棒市で戸籍を入手した」「戸籍を偽造した」といったものになるはずですから(笑).

次の

【GolferWeb】コミュニティ

石原 健太郎

【法政大学体育会ゴルフ部卒業生のPRページ】 第2回は、平成12年卒の石原健太郎をご紹介。 当部卒業のプロゴルファーの中では異色で、唯一海外で活動しているプロゴルファーだろう。 2001年から本格的にツアーに参戦し、アジア近辺やインドのツアー迄色々な国を転戦。 インドツアーではシードも獲得し活躍。 現在はシンガポールでゴルフレッスンを行っている傍ら、再度ツアープロとして返り咲くべく、 The Golfing Machine(ザ・ゴルフィング・マシーン)理論の追求と共にスイング改造を行い、 日々奮闘中である。 そして法友会の皆様ご無沙汰しております。 今回このような機会をいただき感謝しております。 まず始めに・・・。 大学在籍中は、井上信(平成9年卒)先輩率いる強豪チームで 揉まれながらゴルフをさせて頂けた事を本当に感謝しています。 在学中に培ったメンタルの強さが 今の自分を支えていると言っても過言ではありません。 さて、今回はなぜ海外でゴルフをしたかの経緯について お話させていただきたいと思います。 私は大学卒業後に研修生として1年強過ごしました。 その当時からプロゴルファーと自覚して、 賞金を稼いでいるのがプロだ!とJGTOの予選会や 試合にも積極的に出場していました。 その当時は、PGAとJGTOが別れて間もない時代でしたので、 コースにいると研修生、試合に出るとメーカーさんや周りの人からは、 プロと呼ばれていていたギャップに戸惑っていたのを記憶しています。 その当時はPGAライセンス資格テスト合格者がプロで、 それ以外は研修生として認識されていました。 今では2ndを通ればプロとして認識されるそうですが、 その当時はいくら説明しても周りにはプロと 認めてもらえないジレンマがありました。 しかも日本のPGAライセンス資格テストは年に1回のみです。 自分にとってはテストまで長すぎて待っていられませんでした。 ですので積極的に海外に目を向け試合に出かけることにしました。 そこでは、見たものはすべてが新しく新鮮で、 皆ライセンスがどうのとか言わずにプロと名乗り 試合に出て稼いでいました。 実力があれば食べていける世界がそこにはあったのです。 海外の試合に出ている最中にタイミングよく、 シンガポールでプロテストがある!との情報をえて、 早速挑戦し、PGAの資格を取得しました。 晴れて日本でいうプロゴルファーになったのです。 そして当時のアジアは物価も安くゴルフ料金も安いので、 腕を磨いていくにはいい環境でした。 そこに移り住むしかない!と一大決心し、 移住先をシンガポールに決め、そこで生活するすべを模索し、 無事移り住むことができたというわけです。 その当時ろくに英語もしゃべれずによく決心したと思います。 それからは、食中毒、その他諸々予想も出来ないことが多々起こり ゴルフをする以前に生活することも非常に困難で 生きていくのが精一杯という時期もありました。 ただそこでも諦めずに、自分の夢に向かって ひたすら走り続けていたことを思い出します。 夢を見ながらそれに全力でぶつかると、 必ず夢は現実のものとなる事を自分自身で経験してきました。 私の好きな言葉に、【成せばなる】と【Impossible is nothing】というものがあり、 まさにその言葉に従って進んできた道が今の自分にとって自信となっています。 これからも人生をダイナミックに生きて、 自分という人間が存在したという軌跡、存在意義を 後世に残せていけるように邁進して行きたいと思います。 石原健太郎.

次の