君 に 届け 映画 キャスト。 映画『君に届け』作品情報(あらすじ・キャスト)

【画像付】漫画”ルーキーズ”の実写ドラマ・映画キャスト比較!あらすじと名言画像集も!

君 に 届け 映画 キャスト

他人の嫌がる掃除なども積極的にこなす爽子だが、見た目のせいで気味悪がられ、なかなか友だちができない。 7月、クラスの人気者の風早翔太の提案で、肝試しに行くことに。 そこでお化け役を買って出た爽子は、吉田千鶴と矢野あかねというクラスメイトと仲良くなる。 そして、爽子が掃除する姿などをいつも見守っていた風早も、爽子を気遣って色々と話しかけてくれるようになる。 「君に届け」の解説 累計発行部数1200万部を超える椎名軽穂の人気少女まんがの実写化。 不器用で周囲に誤解されがちな女の子・黒沼爽子の初めての友情や恋を描く。 誰もが高校生の頃に感じたであろう、友人への大切な想いや、初めての恋に戸惑う気持ちを、若手俳優たちがまっすぐに演じている。 不器用で誤解されがちだが、内面は前向な爽子を演じるのは、『夜のピクニック』などで演技力に定評のある多部未華子。 「爽やかからできている」風早翔太を演じるのは、『恋空』の三浦春馬。 その笑顔は、まさに少女まんがの中から出て来たようだ。 高校生たちのまぶしく輝く学園生活を、やわらかな空気感まで見事に写し撮った熊澤尚人監督の手腕には敬意を表したい。

次の

君に届け実写キャストに怒りを感じているのは自分だけでしょうか? ...

君 に 届け 映画 キャスト

君に届けのネタバレあらすじ 【起】 - 君に届けのあらすじ1 黒沢爽子は高校1年生の少女です。 爽子は見た目が暗いという理由で、特に何もしていないのに周囲から〝貞子〟というあだなで呼ばれ、呪われるとか霊力があるとかと言われて恐れられています。 しかし爽子は本当は、見た目とは異なり実はけなげないい子でした。 周囲のことを優先して考えるため浮いてしまって、他人にうまく意思疎通が図れないだけでした。 爽子と同じクラスに、風早翔太という男の子がいました。 翔太は爽子とは対照的で、誰とでも明るく接することができる少年です。 爽子に対しても皆と変わりなく明るく接してくれるので、爽子は翔太に憧れと尊敬の念を抱いていました。 【承】 - 君に届けのあらすじ2 翔太は、爽子の風貌に惑わされることなく、爽子が実はいい女の子なのだということに気づいています。 そして翔太は、爽子に特別な感情を抱いていました。 ある日、肝試しをきっかけに、爽子はクラスメイトの千鶴とあやねと親しくなります。 千鶴は義理と人情に厚いのですが、涙もろい一面を持つ少女です。 そしてあやねは常に沈着冷静で、礼儀正しい女の子でした。 千鶴と幼馴染みの龍も、爽子に声をかけてくるようになります。 女友達が2人もでき、自分の気持ちを話せることができて爽子は嬉しい時間を過ごしました。 しかしある時、他のクラスメイトが交わす会話を聞きます。 爽子といることで、千鶴やあやねや龍の株が下がるというのです。 【転】 - 君に届けのあらすじ3 自分のせいで3人に迷惑をかけていると思った爽子は、千鶴やあやねや龍と距離を置こうと考えました。 爽子の急な態度の変化に千鶴とあやねは戸惑います。 さらに爽子が自分たちの悪口を言っているという噂も流れたため、真偽を問おうとしました。 その頃、爽子は千鶴やあやねの株が下がると言った同級生とトイレで出くわし、彼女らの悪口を取り消せと口論しました。 翔太がこれを千鶴とあやねに知らせ、2人はトイレに行きます。 これで2人と爽子の仲は元通りになりました。 そして爽子は翔太に恋をしていることを自覚します。 そんな爽子の前にライバルが出現しました。 翔太のことを中学時代から好きな女の子・胡桃沢梅、通称・くるみです。 【結】 - 君に届けのあらすじ4 くるみは爽子への牽制の意味で、翔太が好きなので協力してほしいと持ちかけます。 くるみは爽子になれなれしく接し、翔太と引き離そうとしました。 千鶴とあやねはくるみの画策に気付きます。 くるみに詰め寄った2人によって、くるみが爽子の噂や悪口のすべての元凶だと分かりました。 それでも爽子はくるみのことを嫌いになれません。 爽子は翔太に告白されますが、断ります。 自分に自信がないからです。 それを知った龍は「自分を信じないということは、爽子を好きだという他の者を信じないのと同じことだ」と言い、爽子は揺れました。 爽子の誕生日である大晦日、爽子は翔太に会いに行って気持ちを伝え、付き合うことになりました。

次の

映画『君に届け』予告編

君 に 届け 映画 キャスト

君に届け映画化決定!! キャストは爽子役多部未華子 風早役、三浦春馬 どう思いますか? 私は実写化自体 ありえないし爽子のちょっとズレタ健気さや見た目 風早の爽やかさは誰もできないと思います 多部さんは 思い込みが激しい役がにおうと思うんですよ 年齢もありえないと思います 高1の役とか20以上はやらないで欲しい 真央ちゃんもやりましたけど、多部さんって顔が大人っぽいじゃないですか ガッキーじゃないかって噂もありましたがガッキーは某映画を最後に制服は着ないといっていたので分かってはいたんですが ガッキーと比べると月とすっぽんにしか思えません 可愛すぎたんでしょうね、ガッキーは・・・ 春馬君だって爽やかじゃないし どちらかといえば熱い役の方がにおうかなーっておもいます もし岡田君のほうが爽やかかも・・・・と思ってみたり 君届ファンとしてはすごく悲しいですがもし皆さんなら誰にやってほしいですか? PS どうして実写化するか不思議で溜まりません 人気なのは分かるけど合うキャストすらいないのに ムカつきます 激しく同感です。 漫画で感じ取り、興奮したり悲しくなったりしたことが この映画を見ることによってぶち壊しになる気がします。 まだきちんとした情報はあがっておりませんが、 彼らに漫画の中の風早くん・爽子を演じきれることは絶対に無いと思いますし、 実写化自体私はどうかと思っております。 アニメや漫画を実写化して失敗した例は数知れないほどありますし、 酷く言えば、毎回ドキドキしながら読んでいた読者を侮辱しているとも取れます。 ですが、彼らが君に届けという漫画をどこまで表現しきれるかというところも見物ですね。 大きな期待はしていませんが、残念なものだったらそこまでの演技者。 みんなを喜ばせる作品だったら、私達の予想を遥かに超える人だったということになりますね。 長々と偉そうに失礼しました。 私も映画化決定!を知ったときは正直いやでした。 原作が好きで実写になったものを見てがっかりしたことが何度かあるので、 また「君に届け」は大好きな作品なので、怖かったんです。 爽子も風早くんもだれがするのか想像できませんでした。 でも今回キャストが多部さん、三浦くんに決まったと知って、ちょっと意外でしたが、誰がいいかといわれると答えられません。 私のイメージ通りの人を思いつきません・・・。 でも製作側はとても真剣にファンのことを考えて作ってくれるだろうと感じました。 二人とも演技に定評がありますし・・・・・。 多部さんも今までのぶっ飛んだ元気なイメージを 一新できるのではないでしょうか。 三浦くんもこれまで幅広い役を演じてこられたので、 爽やかな風早くん役にも期待したいです。 もちろん私のイメージとは違ったものになると思いますが、 人それぞれイメージは違うと思うし、 100人いたら100通りのイメージがあるはずです。 だから漫画と映画は別物と考えて、 多部さんの爽子、 三浦くんの風早くんも 楽しみに待ちたいと思います。

次の