本 木 雅弘。 27年前の恨み爆発!?本木雅弘が「東野幸治は相当いけ好かない男」と公開処刑

出演ドラマ一覧

本 木 雅弘

モデルのような体型ではないから シャッター音とともに変わるポージングや表情、ファインダーの奥をぐっと見据える視線。 ファッション撮影は久しぶりだというさんがロンドンのスタジオに入ってきたときの印象は、どちらかといえば穏やかで控えめなものだった。 スタッフと談笑しながら衣装に着替える様子は気さくですらある。 だが、いざ撮影となりカメラの前に立つと、空気感が一変した。 被写体として最高のパフォーマンスをしようとする姿、その集中力に圧倒される。 彼の言葉を借りるなら、これはコンプレックスのなせる業だと言う。 「モデルのような見事なバランスの体型ではないし、どうしたら姿良く、かつ服がきれいに見せられるかを意識してしまうんです」 コンプレックスというよりももっとポジティブな、理想を追い求める強い思いというべきではないだろうか、とそれを聞いて思う。 「外見内面含め、人間未完成でいいと思いたいけれど、ありのままを受け入れつつも欲深く求めてもがいてしまうんです。 だから理想と現実のギャップに傷つき反省もする。 後悔しないなんて絶対に言えません(笑)。 それでも、うまくいかなかった分は次への糧にしていますが……これって言い訳ですよね!? 」 芸歴はすでに30年を越える。 トップアイドル時代を経て、今や日本を代表する俳優のひとりとして映画やドラマで活躍する。 数々の主演男優賞を受賞した『シコふんじゃった。 』やアカデミー賞外国映画賞を受賞した『おくりびと』など、年輪を重ねるとともに着実にステップを踏んできている。 作品を多数こなすタイプではないから、じっくり時間をかけて作品に取り組む。 役者という仕事と正面から向き合うようになって四半世紀、そんな独特のスタンスがますます際立ち、稀有な存在感を放っている。 「役者としては、いつでも現場主義でありたい。 事前に演技のイメージを抱えて現場に入るけれど、いざその場に立ったときの空気感や光、相手役のバイブレーションなど、そのもろもろに反応、共鳴することによって波打つ自分の感情を大切にできればと。 だいたい、脚本や原作を読んで、文字だけのなかで自分なりに映像化している段階では、縦横無尽に想像を働かせることができるので、そのときイメージする絵は自由で大きい。 でも、そういうイメージを現場で作品中のフレームに収めようとしても、概ねうまくいかない。 限界が見えるんですね。 そこで、自由にできないからこそできる表現というものを見つけて、そのフレームからはみ出すような演技をすることが理想です。 でも、思い通りにいかず言い訳をするときもあれば、想像以上にうまく枝葉の伸びる絵を描けるときもある。 賭けですね」と、演技をめぐる葛藤を語った。 2008年、アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『おくりびと』では、人の死と向かい合い葛藤しつつ人として成長していく納棺師を、この夏に公開された『日本のいちばん長い日』では、降伏か本土決戦か、に苦悩する昭和天皇を、それぞれ演じた。 さらに9月12日に公開されたばかりの『天空の蜂』では、テロに遭遇する原発の設計士になった。 いずれの作品も、日本、そして現代社会が抱える現実的な問題を浮き彫りにするものばかりだ。 考えてみれば、われわれが直面する社会問題に向き合う骨太な作品のキャストには、必ずといっていいほど彼が名を連ねている。 「毎回、役ごとにまったくの別人になりたいとは思っても、自分が醸し出せるニュアンスなんて一色二色しかありません。 基本的にはその人の持っている資質、生き方そのものが役を通して映し出されてしまうものなんじゃないかな」 「服を着るのも自己表現のひとつですよね。 シンプルでTPOに沿い、はみ出さない、というのが自分のなかでのルールです。 ラフに着崩したり、モードでアバンギャルドを気取ったりした時代もあったけれど、今は小綺麗でいたい。 そこから汚せる自信はあるので、そういうマインドさえあれば、不必要なところでアピールはいらないかなと。 普段は自分の世界をそれほどはっきり表現しなくても、必要なときにできればいい、と思うようになりました。 キャパシティは大きく、ドアはいつでも開けられるよう、ロックはしない。 空の引き出しも用意しておきたいんです、今は」 余分な存在感はできるだけ薄くしてその場にとけこみつつ、ただそこを去るときは強い印象を残せる人になりたい、という。 プライベートでは内田也哉子さんと結婚し、3人の子供を育てる父親である。 役では決して体験できない、リアルな育児経験も人生の大きな糧となっている。 「思い通りにならないし、翻弄されます。 子育ては試練と発見の日々。 それによって視野も広がり、いろいろなことを許せるようになったと思いますよ。 何事も新鮮に捉え、直感的な子供の感性に触れていると、一緒に季節を味わうことでも、新たな刺激を受けることがあるので、自分の感性を肥やすことにつながっている気がします」 散らかしてきた前半の人生をどう片付けていくかが50代からの仕事 そんな彼も今年の12月で50歳になる。 人生の折り返しと言われる節目の年齢を目前に控え、役者、夫、父親の顔すべてをひっくるめた人間・としては、いったいどんな50代の航海図を描こうとしているのだろうか。 「若い頃、周囲の50代の人たちがそうだったように、自分の言葉で自身を語れるようになりたいですね。 自分の人生に裏付けされた自分だけの言葉、を持てるようになれたらいいなと思います。 そして折り返しにきているので、いろいろと散らかしてきた前半をどう片付けていくのか、それが人生後半の作業かなと。 そのためには、時間の経過とともに、ときに劣化であり、ときに進化でもある変化する自分を、客観的にとらえなければ。 自分の性質とあらためて向き合いながら、そんなことをうっすら脳裏で考えていきたい」 さらに語る。 「職業上、自分を晒す覚悟はできています。 晒せば、自分のダメさも露呈することになる。 それでもそれを批判されたり、笑ってもらえる余裕があれば、自分が強くあれると信じています」 今回の撮影を行ったのは初夏のロンドン。 彼の好きな街だ。 「古い建造物がそのまま残っていて、深い歴史を感じる街です。 そして、慎ましさと大胆な革新が同居しているスリルもある。 どんよりとした雲が急に割れて日が差し込んだり、突然雨が降り出したり、そんなドラマティックな天候も好きです。 寒く暗い冬が長くて、夏が短い。 英語も上達せず、苛酷さも孤独も感じる生活だけれど、それだからこそむしろ、素直になれる自分がいる。 感謝できる。 それになにより、誰も自分のことを知らないという自由さがいい。 街行く人々の国籍も入り交じっている。 バスにも地下鉄にも平気で乗り、ときには公園で昼寝をする……。 そんなささやかさが特別なんです」 ロンドンは「これまでの」から「これからの」を引き出す触媒のようだ。 「自意識の高い自分を少しずつ解放しはじめているところです(笑)。 人生って積み重ねていくものだけれど、同時に身軽にしてもいくものでもあるのかな、と」 「積み重ねつつ身軽になっていく」という矛盾して、しかし含蓄ゆたかな表現に、50代を越えるの、人生の後半戦に臨むしたたかでしなやかな戦略を見る思いがするのであった。 俳優 1965年埼玉生まれ。 92年『シコふんじゃった。 』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。 2008年『おくりびと』に主演し、米アカデミー賞外国語映画賞を受賞。 映画、ドラマで活躍中。 『日本のいちばん長い日』に続き、『天空の蜂』が9月12日に公開された。 ALL RIGHTS RESERVED. gqjapan. gqjapan. jp","requestIp":"2. socialNetworks. socialNetworks. socialNetworks. socialNetworks. socialNetworks. gqjapan. analytics. analytics. analytics. relatedSites. relatedSites. relatedSites. relatedSites. sharingLinks. sharingLinks. sharingLinks. gqmagazine. socialNetworks. socialNetworks. facebook. socialNetworks. socialNetworks. instagram. socialNetworks. youtube. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. gqjapan. We also share information about your use of our site with our social media, advertising and analytics partners. locale. locale. newsletter. newsletter. relatedSites. vogue. relatedSites. wired. relatedSites. voguegirl. relatedSites. gqjapan. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. secondary. secondary. secondary. secondary. commercial. commercial. social. social. social. social. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. secondary. secondary. secondary. secondary. gqjapan. commercial. commercial. social. social. facebook. social. social. instagram. com. com. globo. globo. gq-magazine. gq-magazine. com. com. revistagq. revistagq. gqmagazine. gqmagazine. gq-magazin. gq-magazin. gqindia. gqindia. gqitalia. gqitalia. gqjapan. gqjapan. gqkorea. gqkorea. gqmiddleeast. gqmiddleeast. com. com. com. com. gqthailand. gqthailand. com. com. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. sharingLinks. sharingLinks. sharingLinks. gqjapan. gqjapan. ads. article. adInsertionIntervals. ads. article. ads. article. adInsertionIntervals. ads. article. adInsertionIntervals. ads. article. adInsertionIntervals. ads. ads. article. ads. Auden","dek":"50歳という人生のターニングポイントを迎える本木雅弘。 gqjapan. tags. tags. tags. gqjapan. gqjapan. gqjapan. gqjapan. gqjapan. gqjapan. tags. tags. tags. ファッション撮影は久しぶりだという本木雅弘さんがロンドンのスタジオに入ってきたときの印象は、どちらかといえば穏やかで控えめなものだった。 スタッフと談笑しながら衣装に着替える様子は気さくですらある。 だが、いざ撮影となりカメラの前に立つと、空気感が一変した。 被写体として最高のパフォーマンスをしようとする姿、その集中力に圧倒される。 彼の言葉を借りるなら、これはコンプレックスのなせる業だと言う。 「モデルのような見事なバランスの体型ではないし、どうしたら姿良く、かつ服がきれいに見せられるかを意識してしまうんです」コンプレックスというよりももっとポジティブな、理想を追い求める強い思いというべきではないだろうか、とそれを聞いて思う。 「外見内面含め、人間未完成でいいと思いたいけれど、ありのままを受け入れつつも欲深く求めてもがいてしまうんです。 だから理想と現実のギャップに傷つき反省もする。 後悔しないなんて絶対に言えません(笑)。 それでも、うまくいかなかった分は次への糧にしていますが……これって言い訳ですよね!? 」芸歴はすでに30年を越える。 トップアイドル時代を経て、今や日本を代表する俳優のひとりとして映画やドラマで活躍する。 数々の主演男優賞を受賞した『シコふんじゃった。 』やアカデミー賞外国映画賞を受賞した『おくりびと』など、年輪を重ねるとともに着実にステップを踏んできている。 作品を多数こなすタイプではないから、じっくり時間をかけて作品に取り組む。 役者という仕事と正面から向き合うようになって四半世紀、そんな独特のスタンスがますます際立ち、稀有な存在感を放っている。 「役者としては、いつでも現場主義でありたい。 事前に演技のイメージを抱えて現場に入るけれど、いざその場に立ったときの空気感や光、相手役のバイブレーションなど、そのもろもろに反応、共鳴することによって波打つ自分の感情を大切にできればと。 だいたい、脚本や原作を読んで、文字だけのなかで自分なりに映像化している段階では、縦横無尽に想像を働かせることができるので、そのときイメージする絵は自由で大きい。 でも、そういうイメージを現場で作品中のフレームに収めようとしても、概ねうまくいかない。 限界が見えるんですね。 そこで、自由にできないからこそできる表現というものを見つけて、そのフレームからはみ出すような演技をすることが理想です。 でも、思い通りにいかず言い訳をするときもあれば、想像以上にうまく枝葉の伸びる絵を描けるときもある。 賭けですね」と、演技をめぐる葛藤を語った。 2008年、アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『おくりびと』では、人の死と向かい合い葛藤しつつ人として成長していく納棺師を、この夏に公開された『日本のいちばん長い日』では、降伏か本土決戦か、に苦悩する昭和天皇を、それぞれ演じた。 さらに9月12日に公開されたばかりの『天空の蜂』では、テロに遭遇する原発の設計士になった。 いずれの作品も、日本、そして現代社会が抱える現実的な問題を浮き彫りにするものばかりだ。 考えてみれば、われわれが直面する社会問題に向き合う骨太な作品のキャストには、必ずといっていいほど彼が名を連ねている。 「毎回、役ごとにまったくの別人になりたいとは思っても、自分が醸し出せるニュアンスなんて一色二色しかありません。 基本的にはその人の持っている資質、生き方そのものが役を通して映し出されてしまうものなんじゃないかな」毎回違う誰かを演じつつも、つねに自分を問われるのが役者である。 自問を繰り返し、年齢とともに変化する自分と向き合い続けるのはタフな作業ではある。 しかし彼は、そんな役者稼業を楽しんでいるかのようだ。 超ベーシックなスタイルのワケここで「素」の本木雅弘について話を振ってみる。 「服を着るのも自己表現のひとつですよね。 シンプルでTPOに沿い、はみ出さない、というのが自分のなかでのルールです。 ラフに着崩したり、モードでアバンギャルドを気取ったりした時代もあったけれど、今は小綺麗でいたい。 そこから汚せる自信はあるので、そういうマインドさえあれば、不必要なところでアピールはいらないかなと。 普段は自分の世界をそれほどはっきり表現しなくても、必要なときにできればいい、と思うようになりました。 キャパシティは大きく、ドアはいつでも開けられるよう、ロックはしない。 空の引き出しも用意しておきたいんです、今は」余分な存在感はできるだけ薄くしてその場にとけこみつつ、ただそこを去るときは強い印象を残せる人になりたい、という。 プライベートでは内田也哉子さんと結婚し、3人の子供を育てる父親である。 役では決して体験できない、リアルな育児経験も人生の大きな糧となっている。 「思い通りにならないし、翻弄されます。 子育ては試練と発見の日々。 それによって視野も広がり、いろいろなことを許せるようになったと思いますよ。 何事も新鮮に捉え、直感的な子供の感性に触れていると、一緒に季節を味わうことでも、新たな刺激を受けることがあるので、自分の感性を肥やすことにつながっている気がします」散らかしてきた前半の人生をどう片付けていくかが50代からの仕事そんな彼も今年の12月で50歳になる。 人生の折り返しと言われる節目の年齢を目前に控え、役者、夫、父親の顔すべてをひっくるめた人間・本木雅弘としては、いったいどんな50代の航海図を描こうとしているのだろうか。 「若い頃、周囲の50代の人たちがそうだったように、自分の言葉で自身を語れるようになりたいですね。 自分の人生に裏付けされた自分だけの言葉、を持てるようになれたらいいなと思います。 そして折り返しにきているので、いろいろと散らかしてきた前半をどう片付けていくのか、それが人生後半の作業かなと。 そのためには、時間の経過とともに、ときに劣化であり、ときに進化でもある変化する自分を、客観的にとらえなければ。 自分の性質とあらためて向き合いながら、そんなことをうっすら脳裏で考えていきたい」さらに語る。 「職業上、自分を晒す覚悟はできています。 晒せば、自分のダメさも露呈することになる。 それでもそれを批判されたり、笑ってもらえる余裕があれば、自分が強くあれると信じています」今回の撮影を行ったのは初夏のロンドン。 彼の好きな街だ。 「古い建造物がそのまま残っていて、深い歴史を感じる街です。 そして、慎ましさと大胆な革新が同居しているスリルもある。 どんよりとした雲が急に割れて日が差し込んだり、突然雨が降り出したり、そんなドラマティックな天候も好きです。 寒く暗い冬が長くて、夏が短い。 英語も上達せず、苛酷さも孤独も感じる生活だけれど、それだからこそむしろ、素直になれる自分がいる。 感謝できる。 それになにより、誰も自分のことを知らないという自由さがいい。 街行く人々の国籍も入り交じっている。 バスにも地下鉄にも平気で乗り、ときには公園で昼寝をする……。 そんなささやかさが特別なんです」ロンドンは「これまでの本木雅弘」から「これからの本木雅弘」を引き出す触媒のようだ。 「自意識の高い自分を少しずつ解放しはじめているところです(笑)。 人生って積み重ねていくものだけれど、同時に身軽にしてもいくものでもあるのかな、と」「積み重ねつつ身軽になっていく」という矛盾して、しかし含蓄ゆたかな表現に、50代を越える本木雅弘の、人生の後半戦に臨むしたたかでしなやかな戦略を見る思いがするのであった。 本木雅弘 俳優1965年埼玉生まれ。 92年『シコふんじゃった。 』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。 2008年『おくりびと』に主演し、米アカデミー賞外国語映画賞を受賞。 映画、ドラマで活躍中。 『日本のいちばん長い日』に続き、『天空の蜂』が9月12日に公開された。 『天空の蜂』「日本の原発すべてを8時間以内に破棄せよ」。 小学生の命を人質に、福井県の原子力発電所を占拠する史上最悪のテロリストから要求が届く。 原発設計士の三島(本木雅弘)、ヘリ設計士の湯原(江口洋介)は日本消滅の危機をくい止めようと奔走するが……。 gqjapan. gqjapan. gqjapan. gqjapan. gqjapan. gqjapan. gqjapan. gqjapan. gqjapan. amazonaws. amazonaws. amazonaws. gqjapan. スタッフと談笑しながら衣装に着替える様子は気さくですらある。 だが、いざ撮影となりカメラの前に立つと、空気感が一変した。 被写体として最高のパフォーマンスをしようとする姿、その集中力に圧倒される。 彼の言葉を借りるなら、これはコンプレックスのなせる業だと言う。 "],["p","「モデルのような見事なバランスの体型ではないし、どうしたら姿良く、かつ服がきれいに見せられるかを意識してしまうんです」"],["p","コンプレックスというよりももっとポジティブな、理想を追い求める強い思いというべきではないだろうか、とそれを聞いて思う。 "],["p","「外見内面含め、人間未完成でいいと思いたいけれど、ありのままを受け入れつつも欲深く求めてもがいてしまうんです。 だから理想と現実のギャップに傷つき反省もする。 後悔しないなんて絶対に言えません(笑)。 それでも、うまくいかなかった分は次への糧にしていますが……これって言い訳ですよね!? 」"],["p","芸歴はすでに30年を越える。 トップアイドル時代を経て、今や日本を代表する俳優のひとりとして映画やドラマで活躍する。 数々の主演男優賞を受賞した『シコふんじゃった。 』やアカデミー賞外国映画賞を受賞した『おくりびと』など、年輪を重ねるとともに着実にステップを踏んできている。 作品を多数こなすタイプではないから、じっくり時間をかけて作品に取り組む。 役者という仕事と正面から向き合うようになって四半世紀、そんな独特のスタンスがますます際立ち、稀有な存在感を放っている。 "],["p","「役者としては、いつでも現場主義でありたい。 事前に演技のイメージを抱えて現場に入るけれど、いざその場に立ったときの空気感や光、相手役のバイブレーションなど、そのもろもろに反応、共鳴することによって波打つ自分の感情を大切にできればと。 だいたい、脚本や原作を読んで、文字だけのなかで自分なりに映像化している段階では、縦横無尽に想像を働かせることができるので、そのときイメージする絵は自由で大きい。 でも、そういうイメージを現場で作品中のフレームに収めようとしても、概ねうまくいかない。 限界が見えるんですね。 そこで、自由にできないからこそできる表現というものを見つけて、そのフレームからはみ出すような演技をすることが理想です。 でも、思い通りにいかず言い訳をするときもあれば、想像以上にうまく枝葉の伸びる絵を描けるときもある。 賭けですね」と、演技をめぐる葛藤を語った。 "],["p","2008年、アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『おくりびと』では、人の死と向かい合い葛藤しつつ人として成長していく納棺師を、この夏に公開された『日本のいちばん長い日』では、降伏か本土決戦か、に苦悩する昭和天皇を、それぞれ演じた。 さらに9月12日に公開されたばかりの『天空の蜂』では、テロに遭遇する原発の設計士になった。 いずれの作品も、日本、そして現代社会が抱える現実的な問題を浮き彫りにするものばかりだ。 考えてみれば、われわれが直面する社会問題に向き合う骨太な作品のキャストには、必ずといっていいほど彼が名を連ねている。 "],["p","「毎回、役ごとにまったくの別人になりたいとは思っても、自分が醸し出せるニュアンスなんて一色二色しかありません。 基本的にはその人の持っている資質、生き方そのものが役を通して映し出されてしまうものなんじゃないかな」"],["p","毎回違う誰かを演じつつも、つねに自分を問われるのが役者である。 自問を繰り返し、年齢とともに変化する自分と向き合い続けるのはタフな作業ではある。 しかし彼は、そんな役者稼業を楽しんでいるかのようだ。 gqjapan. gqjapan. "],["p","「服を着るのも自己表現のひとつですよね。 シンプルでTPOに沿い、はみ出さない、というのが自分のなかでのルールです。 ラフに着崩したり、モードでアバンギャルドを気取ったりした時代もあったけれど、今は小綺麗でいたい。 そこから汚せる自信はあるので、そういうマインドさえあれば、不必要なところでアピールはいらないかなと。 普段は自分の世界をそれほどはっきり表現しなくても、必要なときにできればいい、と思うようになりました。 キャパシティは大きく、ドアはいつでも開けられるよう、ロックはしない。 空の引き出しも用意しておきたいんです、今は」"],["p","余分な存在感はできるだけ薄くしてその場にとけこみつつ、ただそこを去るときは強い印象を残せる人になりたい、という。 "],["p","プライベートでは内田也哉子さんと結婚し、3人の子供を育てる父親である。 役では決して体験できない、リアルな育児経験も人生の大きな糧となっている。 "],["p","「思い通りにならないし、翻弄されます。 子育ては試練と発見の日々。 それによって視野も広がり、いろいろなことを許せるようになったと思いますよ。 何事も新鮮に捉え、直感的な子供の感性に触れていると、一緒に季節を味わうことでも、新たな刺激を受けることがあるので、自分の感性を肥やすことにつながっている気がします」"],["h3","散らかしてきた前半の人生をどう片付けていくかが50代からの仕事"],["p","そんな彼も今年の12月で50歳になる。 gqjapan. "],["p","「若い頃、周囲の50代の人たちがそうだったように、自分の言葉で自身を語れるようになりたいですね。 自分の人生に裏付けされた自分だけの言葉、を持てるようになれたらいいなと思います。 そして折り返しにきているので、いろいろと散らかしてきた前半をどう片付けていくのか、それが人生後半の作業かなと。 そのためには、時間の経過とともに、ときに劣化であり、ときに進化でもある変化する自分を、客観的にとらえなければ。 自分の性質とあらためて向き合いながら、そんなことをうっすら脳裏で考えていきたい」"],["p","さらに語る。 "],["p","「職業上、自分を晒す覚悟はできています。 晒せば、自分のダメさも露呈することになる。 それでもそれを批判されたり、笑ってもらえる余裕があれば、自分が強くあれると信じています」"],["p","今回の撮影を行ったのは初夏のロンドン。 彼の好きな街だ。 "],["p","「古い建造物がそのまま残っていて、深い歴史を感じる街です。 そして、慎ましさと大胆な革新が同居しているスリルもある。 どんよりとした雲が急に割れて日が差し込んだり、突然雨が降り出したり、そんなドラマティックな天候も好きです。 寒く暗い冬が長くて、夏が短い。 英語も上達せず、苛酷さも孤独も感じる生活だけれど、それだからこそむしろ、素直になれる自分がいる。 感謝できる。 それになにより、誰も自分のことを知らないという自由さがいい。 街行く人々の国籍も入り交じっている。 バスにも地下鉄にも平気で乗り、ときには公園で昼寝をする……。 gqjapan. gqjapan. "],["p","「自意識の高い自分を少しずつ解放しはじめているところです(笑)。 gqjapan. gqjapan. 92年『シコふんじゃった。 』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。 2008年『おくりびと』に主演し、米アカデミー賞外国語映画賞を受賞。 映画、ドラマで活躍中。 『日本のいちばん長い日』に続き、『天空の蜂』が9月12日に公開された。

次の

本木雅弘 プロフィール

本 木 雅弘

本木雅弘,日本著名演员,出身豪农家族。 原本是涩柿子队成员,当时是由本木、布川、药丸三人组团出道,在当时算是男子三人偶像团体。 后来涩柿子队解散,他才开始完全投入于演员的工作。 私立浦和学院高等学校,明治大学付属中野高等学校夜间部退学。 1981年凭借电视剧《B组仙八先生》出道。 他入赘给内田家,岳父是摇滚音乐家内田裕也,岳母是实力派演员树木希林,妻子是内田也哉子。 身为日剧第一代偶像,在中国台湾以及东南亚有较高的知名度和很好的口碑。 在我国日剧迷当中... 本木雅弘,日本著名演员,出身豪农家族。 原本是涩柿子队成员,当时是由本木、布川、药丸三人组团出道,在当时算是男子三人偶像团体。 后来涩柿子队解散,他才开始完全投入于演员的工作。 私立浦和学院高等学校,明治大学付属中野高等学校夜间部退学。 1981年凭借电视剧《B组仙八先生》出道。 他入赘给内田家,岳父是摇滚音乐家内田裕也,岳母是实力派演员树木希林,妻子是内田也哉子。 身为日剧第一代偶像,在中国台湾以及东南亚有较高的知名度和很好的口碑。 在我国日剧迷当中也有很高的评价。 从80年代开始便红极一时,90年代迅速成为有口皆碑的演技派演员,曾夺得东京国际电影节,以及日本国内各大电影奖项,最夸张的是曾经3次夺得日本电影学院奖影帝 其实是4次得,第一次是最佳新人奖)。 在电影《夜。 上海》中与赵薇、郭品超等的合作被许多内地观众熟知。 本木雅弘表演深沉稳重,注意对人物心理活动的刻画,在性格化表演上达到了较高水平,本木雅弘所创造的银幕形象线条清晰,浓淡相宜,具有男子汉的气质。

次の

内田也哉子の学歴がすごい!本木雅弘との子供の学校も海外で教育?

本 木 雅弘

DRAMA 2020年 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」 【総合】毎週日曜 夜8時 【BSプレミアム】毎週日曜 午後6時 【BS4K】毎週日曜 午前9時 再放送 土曜日【総合】午後1時5分 日曜日【BS4K】午前8時 詳しくは NEW• CM 株式会社LIXIL 詳しくは NEW• CM 「株式会社ゆうちょ銀行」 詳しくは• CM サントリー「伊右衛門」 詳しくは• OTHER ほぼ日刊イトイ新聞 ウェブサイト 「はたらきたい展。 」 本木の登場は、6月10日 水 です。 予告ページは NEW 2016. 14 主演映画「永い言い訳」西川美和監督 2015. 12 「天空の蜂」堤幸彦監督 2015. 08 「日本のいちばん長い日」原田眞人監督 2013. 25 「ライフ・オブ・パイ 虎と漂流した227日」日本語吹き替え 2008. 01 「おくりびと」第81回米国アカデミー賞外国語映画賞受賞作品 2007. 01 「夜の上海」 2006. 01 「鉄コン筋クリート」 アニメーション 声の出演 2003. 02 「巌流島」 2003. 01 「スパイ・ゾルゲ」 1999. 01 「双生児」(東宝洋画系) 1998. 01 「中国の鳥人」 1996. 01 「トキワ荘の青春」 1995. 01 「GONIN」(松竹) 1994. 02 「RAMPO」(松竹) 1994. 01 「ラストソング」(東宝) 1992. 02 「魚からダイオキシン!!」(松竹) 1992. 01 「シコふんじゃった」(東宝洋画系) 1991. 02 「遊びの時間は終わらない」(アルゴプロジェクト) 1991. 01 「陽炎」(松竹) 1990. 01 「ふうせん」(東映) 1989. 04 「ファンシイダンス」(大映) 1989. 03 「べっぴんの町」(東映) 1989. 02 「ラッフルズホテル」(松竹洋画系) 1989. 01 「226」(松竹) DRAMA 2020. 19 2020年 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」 【総合】毎週日曜 夜8時 【BSプレミアム】毎週日曜 午後6時 【BS4K】毎週日曜 午前9時 再放送 土曜日【総合】午後1時5分 日曜日【BS4K】午前8時 詳しくは NEW 2019. 01 フジテレビ開局55周年特別番組「抱きしめたい!Forever」(声の出演) 2012. 15 TBS 日曜劇場「運命の人」主演 2011. 04 NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」第3部 第10回「旅順総攻撃」 第11回「二〇三高地」 第12回「敵艦見ゆ」 最終回「日本海海戦」 2010. 28 NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」第2部 第6回「日英同盟」 第7回「子規、逝く」 第8回「日露開戦」 第9回「広瀬、死す」 2009. 29 NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」第1部 第1回「少年の国」 第2回「青雲」 第3回「国家鳴動」 第4回「日清開戦」 第5回「留学生」 2009. 23 WOWOW 「独占生中継!第81回アカデミー賞授賞式」 2009. 20 2月20日 日本テレビ 「日本アカデミー賞 授賞式」 2008. 22 3月22日 NHK総合 「坂の上の雲 メイキング」 2005. 03 TBS「今夜ひとりのベットで」 2005. 01 TBSテレビ 「夏目家の食卓」 2003. 02 日本テレビ 「幸福の王子」 2003. 01 NHK 「よみがえる源氏物語絵巻~平安絵師が掛けた謎」 2001. 03 NHK 「聖徳太子」 2001. 02 フジテレビ 「水曜日の情事」 2001. 01 TBSテレビ 「ブラックジャック3」 2000. 03 テレビ朝日 「スタイル!」 2000. 31 TBSテレビ 「ブラックジャック2」 2000. 01 TBSテレビ 「ブラックジャック」 1999. 04 日本テレビ 「隣人は秘かに笑う」 1999. 03 フジテレビ 「抱きしめたいスペシャル世紀末」 1999. 02 NHK 「日輪の翼」 1999. 01 テレビ東京新春ドラマ 「恍惚の人」 1998. 01 NHK大河ドラマ 「徳川慶喜」 1996. 01 TBSテレビ 「君と出逢ってから」 1995. 02 NHK 「涙をたたえて微笑みせよ」 1995. 01 フジテレビ 「最高の片思い」 1994. 02 日本テレビ 「お玉幸造夫婦です」 1994. 01 NHKお正月ドラマ 「坊ちゃん」 1993. 02 日本テレビ40周年番組 「西遊記」 1993. 01 TBSテレビ 「いつか好きだといって」 1992. 03 日本テレビ 「ニュースなあいつ」 1992. 02 フジテレビ 「あなただけ見えない」 1992. 01 日本テレビ 「新春スペシャルおめでとう!」 1991. 02 フジテレビ 「聖夜に抱きしめて」 1991. 01 NHK 大河ドラマ「太平記」 1990. 01 フジテレビ「恋のパラダイス」 1989. 02 フジテレビ「抱きしめたいスペシャル」 1988. 01 フジテレビ「抱きしめたい」 1987. 01 フジテレビ「キスより簡単」 CM 2020. 29 株式会社LIXIL 詳しくは NEW 2018. 01 「Yahoo! JAPANアプリ」 詳しくは 2017. 01 「Yahoo! JAPANアプリ」 2016. 01 「株式会社ゆうちょ銀行」 詳しくは 2016. 01 「Yahoo! JAPANアプリ」 2015. 27 トヨタ「アルファード」 2014. 31 NHK BSプレミアム「にっぽんプレミアム」CM 2011. 09 シャープ株式会社 2011. 01 トヨタホーム株式会社 2011. 01 富士フィルム株式会社 2011. 26 サントリー「伊右衛門」 詳しくは 2006. 01 マンダム「ギャツビー」 2005. 01 財務省「個人向け国債」 2004. 01 ユニクロ 2004. 02 東京電力「TEPCO ひかり」 2003. 01 東雲コンフォートマンション 2001. 02 NTT DOCOMO北海道 2001. 01 リコー 2000. 02 IQ3 2000. 01 ディレクティービー 1999. 01 ネスレ ゴールドブレンド 1998. 05 トヨタ自動車 プログレ 1998. 04 九州セルラー電話 1998. 03 中国セルラー電話 1998. 02 宝酒造 1998. 01 レノマジャパン 1997. 01 コカコーラ デイリーケアー 1996. 04 日立 1996. 03 マンダム ギャッツビー 1996. 02 キリン大黒茶 1996. 01 JRA 1995. 02 明星うまつゆラーメン 1995. 01 トヨタ自動車 エクシブ 1994. 02 資生堂 ミネラルウォーターシャンプー 1994. 01 ツーカーセルラー 1993. 06 富士銀行 1993. 05 マイクロソフト社 1993. 04 松下電器 パナソニック乾電池 1993. 03 サントリーリザーブウォーター 1993. 02 日産 ローレル 1993. 01 JR東日本ビューカード 1992. 02 資生堂 アウスレーゼ 1992. 01 三共 リゲイン 1991. 02 SONY PLACIDO 1991. 01 MDI レオパレス21 1990. 02 リコー 1990. 01 TDK SA 1989. 04 学生援護会 サリダ 1989. 03 大塚 ジャワティー 1989. 02 ツムラ PROCESS 1989. 01 スズキ ADDRESS OTHER 2010. 01 【ALBUM】 イカルスの恋人~rambling boat 2009. 26 TBSラジオ 「竹中直人~月夜の蟹~」ゲスト 2009. 19 TBSラジオ 「竹中直人~月夜の蟹~」ゲスト 2008. 12 9月12日 TBSラジオ 「大沢悠里のゆうゆうワイド」 2008. 12 9月12日 TBSラジオ 「荒川強啓のデイキャッチ」 2008. 01 「ほぼ日刊イトイ新聞」毎日連載 2004. 01 篠山紀信「人間関係」写真展 アークヒルズ内特設会場 2003. 01 「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライブ」 2003. 01 TBSラジオ 「竹中直人のハードボイルドソーセージ」 2003. 01 【SINGLE】 夏の雪 1996. 01 【ALBUM】 月の窓 1996. 01 【SINGLE】 グルグル 1992. 01 【ALBUM】 D+F+M~東へ西へ 1992. 01 【SINGLE】 東へ西へ 1992. 05 NHK「紅白歌合戦」 1992. 04 フジテレビ「ミュージックフェア 92」 1992. 03 【VIDEO】 TIME FRICTION PARTY(徳間ジャパン) 1992. 02 NHK BS2「ハリウッド映画スペシャル」 1992. 01 【SINGLE】 最後に涙は見たくない 1992. 01 TBS「素敵な恋をしてみたい」 1991. 01 【SINGLE】 真夏の夜のタンゴ(徳間ジャパン) 1991. 01 【ALBUM】 WATER DRAGON(徳間ジャパン) 1991. 04 TBSテレビ「鎌倉恋愛委員会」 1991. 03 【VIDEO】甦りヴァイブ AARDVARK TOUR ツチブタ単独行動 1991. 02 テレビ朝日「君といつまでも」 1991. 01 【VIDEO】 Out of control circus(徳間ジャパン) 1990. 01 【ALBUM】 LIZARD~dream after nightmare 1990. 01 LF「Be my venus」 1990. 01 【VIDEO】MORE KICKS 4DAYS GIGS 1989. 02 FM「ロマンティカリー・ユアーズ」 1989. 02 【VIDEO】 私のサンタボーイ(ポニーキャニオン) 1989. 01 MBS「ヤングタウン」 1989. 01 毎日放送「4時ですよ~だ」 MAGAZINE 2018. 20 「TSUTAYA CLUB MAGAZINE」フリーペーパー 2016. 16 「2nd セカンド 」12月号 VOL. 117 枻 エイ 出版社 2016. 15 「シアターカルチャーマガジン「T.」34号」 TOHOシネマズ 2016. 14 「J Movie Magazine」vol. 16 リイド社 2016. 14 「シティリビング」 サンケイリビング新聞社 2016. 13 「週刊文春」 文藝春秋 2016. 11 「週刊女性」 主婦と生活社 2016. 10 「TOKYO HEADLINE」フリーペーパー ヘッドライン 2016. 10 「くらしの知恵」10月発行号 447号 共同通信社 2016. 08 「AERA」 表紙&インタビュー 朝日新聞出版社 2016. 07 「InRed」11月号 宝島社 2016. 07 「大人のおしゃれ手帖」11月号 宝島社 2016. 07 「LEE」11月号 集英社 2016. 07 「Precious」11月号 小学館 2016. 07 「CREA」11月号 文藝春秋 2016. 07 「ami」名古屋の女性向けフリーマガジン ゲイン 2016. 05 「キネマ旬報」10月下旬号No. 1729 表紙 キネマ旬報社 2016. 01 「婦人画報」11月号 ハースト婦人画報社 2016. 01 「STORY」11月号 光文社 2016. 01 「家庭画報」11月号 世界文化社 2016. 01 「サンキュ!」11月号 ベネッセコーポレーション 2016. 28 「VOGUE JAPAN」 11月号 コンデナスト・ジャパン 2016. 28 「CLASSY. 」11月号 2016. 28 「GLOW」11月号 宝島社 2016. 28 「25ans ヴァンサンカン 」11月号 ハースト婦人画報社 2016. 24 「OCEANS 」 11 月号 ライトハウスメディア 2016. 24 「UOMO」11月号表紙 集英社 2016. 24 「スカパー!TVガイド BS+CS」10月号 東京ニュース通信社 2016. 24 「スカパー!TVガイド プレミアム」10月号 東京ニュース通信社 2016. 23 「SAVVY サヴィ 」11月号 京阪神エルマガジン社 2016. 20 「madame FIGARO japon 」 11月号 CCCメディアハウス 2016. 16 「2nd セカンド 」11月号 Vol. 116 エイ出版社 2016. 15 「BRUTUS」No. 832 マガジンハウス 2016. 01 「FQJAPAN秋号」表紙・インタビュー 株 アクセスインターナショナル 2016. 01 フリーマガジン「FQJAPAN DIGEST」表紙・インタビュー 株 アクセスインターナショナル 2015. 24 「GQ JAPAN」 11月号 表紙&インタビュー 2015. 05 「MEN'S EX」10月号 世界文化社 2015. 01 「eclat エクラ 」10月号 集英社 2015. 01 「家の光」10月号 一般社団法人家の光協会 2015. 12 「BAILA 」 9月号 集英社 2015. 10 雑誌「いきいき」 9月号 いきいき株式会社 2015. 06 「キネマ旬報増刊 戦後70年目の戦争映画特集 No. 1696」キネマ旬報社 2015. 28 「GLOW」 9月号 宝島社 2015. 22 「anan」1964号 マガジンハウス 2015. 19 「CINEMA SQUARE vol. 75」日之出出版 2015. 10 「文藝春秋」7月号 2015. 01 「家庭画報」7月号 2015. 24 ハースト婦人画報社 「MEN'S CLUB 6月号」表紙&中4ページ 2014. 24 ハースト婦人画報社 「メンズクラブ11月号」表紙・カバーストーリー(6ページ) 2012. 01 マガジンワールド「BRUTUS」No. 741 2012. 24 集英社「UOMO」9月号表紙 2011. 25 小学館「ビッグコミック」表紙(イラスト)11月25日発売 2011. 25 小学館「ビッグコミック」表紙(イラスト) 11月25日発売 2010. 01 「NHKウィークリーステラ」表紙 2010. 27 「honeyee.mag ハニマグ」 2010. 26 「GENROQ」 2010. 25 「流行通信・WWD」100周年企画 冬号 2010. 10 文部科学時報 2009. 01 「FQ JAPAN」表紙 12月1日発売 2009. 25 文部科学省 月刊「生涯学習」12月号表紙 2009. 24 「月刊デジタルTVナビ」創刊号表紙 11月24日発売 2009. 24 「月刊デジタルTVガイド」1月号表紙 11月24日発売 2009. 21 「プレジデント」11月21日発売 2009. 24 幻冬舎「GOETHE(ゲーテ)」10月24日発売 2009. 01 日本経済新聞出版社「REAL Nikkei Style」11月号表紙 2009. 01 「文藝春秋」12月臨時増刊号 2009. 01 「Switch」11月号 2009. 01 「文藝春秋」十月号 2009. 01 「GQ JAPAN」6月号 表紙 2009. 01 角川学芸出版「the 寂聴」第4号 2009. 01 「MOKU」6月1日発売 2009. 01 「シネ・フロント」367号 2009. 01 「coyote」 2009. 01 「いきいき」3月号 ユーリーグ株式会社 2009. 05 「キネマ旬報」表紙 2月5日発売 決算特別号 2009. 02 朝日新聞社「AERA」表紙 2009. 01 「Baecon Fire」 2009. 01 「くれあとーれ」 2009. 01 「Switch」VOL. 27 NO. 9 2009. 01 「月刊 歴史読本」 2008. 21 「東京カレンダー」1月号表紙 11月21日発売 2007. 01 「東京カレンダー」12月号 6周年記念 表紙 2007. 26 「Golden min」 9月26日発売 2007. 05 「ROCKS」 9月5日発売 2007. 26 「神戸エルアイ」 8月26日発売 2007. 24 「TVTaro」 8月24日発売 2007. 22 「TVガイド」 8月22日発売 2007. 20 「TSUTAYA VA」 8月20日発売 2007. 18 「TVBros」 8月18日発売 2007. 01 「Numero TOKYO」 扶桑社 2月号 男の利き手 2007. 01 「野生時代 」 角川書店)1月号 Cover Interview 2005. 01 「東京カレンダー」 2004. 05 東京カレンダー別冊「The Bar」 2004. 04 「書好」第五巻 2004. 03 「メンズEX」 2004. 02 「SWITCH」 2004. 01 日経BP社「モノクル」 2004. 01 「メイプル」8月号(集英社) 2003. 04 「この映画がすごい!」 2003. 03 「DVDビデオぴあ」 2003. 02 「時代劇マガジン」 2003. 01 「Weekly ぴあ」 1991. 01 White ROOM(朝日出版社) 1990. 01 PRESSURE(徳間コミュニケーションズ) RADIO 2017. 15 第71回毎日映画コンクール 男優主演賞「永い言い訳」 2016. 04 第39回日本アカデミー賞 最優秀助演男優賞 2016. 27 第58回ブルーリボン賞 助演男優賞 「日本のいちばん長い日」「天空の蜂」 2016. 07 第89回キネマ旬報ベスト・テン 助演男優賞「日本のいちばん長い日」「天空の蜂」 2015. 25 第28回 日刊スポーツ映画大賞 助演男優賞 「日本のいちばん長い日」「天空の蜂」 2015. 26 第40回報知映画賞 助演男優賞「日本のいちばん長い日」「天空の蜂」 2012. 22 第38回放送文化基金賞 演技賞 受賞 NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」 1992. 00 第17回報知映画賞 主演男優賞 「シコふんじゃった。 」 DVD 2020. 28 NHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀」 2020. 07 NHK土曜スタジオパーク「麒麟がくる」 2020. 10 NHK総合「鶴瓶の家族に乾杯」 2016. 30 NHKBSプレミアム「ネクストブレイカー 竹原ピストル」 2016. 20 テレビ東京系 「和風総本家」 2016. 16 日本テレビ「行列のできる法律相談所」 2016. 15 TBS「王様のブランチ」 2016. 14 NTV「スッキリ!!」 2016. 14 NHK 「ニュースシブ5時」 2016. 11 日本テレビ 「火曜サプライズ 4時間SP」 2016. 11 テレビ東京 「なんでも鑑定団」 2016. 08 フジテレビ「めざましどようび」「テンションMAX ハイ&ロー」のコーナー 2016. 08 TBS 「サワコの朝」 2016. 07 フジテレビ 「さんまのまんまSP」 2015. 27 NHKスペシャル「山崎 豊子 戦争と人間を見つめて」 2015. 12 TBS「王様のブランチ」 2015. 11 TBS「ぴったんこカン・カン」 2015. 05 テレビ朝日「モーニングバード」「日本のいちばん長い日」完成披露試写時インタビュー 2015. 14 NHK BSプレミアム ザ・プレミアム 「京都 ふしぎの宿の物語」 2014. 30 NHK BSプレミアム「にっぽんプレミアム」ナビゲーター 2013. 12 フジテレビ「僕らの音楽 」 2008. 13 TBS「王様のブランチ」 2012. 14 TBS「チューボーですよ! 」 2012. 14 TBS「王様のブランチ」 2012. 13 TBS「みのもんたの朝ズバッ!」 2012. 13 TBS「Nスタ」 2012. 13 TBS「はなまるマーケット『はなまるカフェ』」 2012. 13 TBS「ひるおび!」 2012. 13 TBS「ぴったんこカン・カン」 2012. 13 TBS「A-Studio」 2010. 21 NHKにっぽん紀行「殻を破るシャッター 鳥取・少年カメラマンの挑戦」ナレーション 2009. 05 NHK総合「土曜スタジオパーク」 2009. 14 NHK総合「音楽で巡る『坂の上の雲』の世界」 2009. 04 NHK総合「メイキング映像でみる "坂の上の雲"」 2009. 02 NHK総合 「坂の上の雲」PR番組 2009. 03 TBSテレビ 「キミハ・ブレイク」 2009. 31 NHK「第59回NHK紅白歌合戦」審査員 2008. 28 フジテレビ「ボクらの時代」 2008. 21 フジテレビ「ボクらの時代」 2008. 13 TBS「王様のブランチ」 2008. 12 TBS「ピンポン!」 2008. 12 TBS「2時っチャオ!」 2008. 06 日本テレビ「プレミアムスウィッチ」 2007. 20 フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」 2004. 01 NHKハイビジョン「200歳では足りまへん」ナレーション.

次の