大村 知事 任期。 大村知事の任期はいつまで?発言がやばいと波紋!意外な画像も入手!|SANI LESSONS

愛知・大村知事、3選出馬を正式表明「日本リードする」:朝日新聞デジタル

大村 知事 任期

あいちトリエンナーレの件で批判殺到の大村知事、リコール(解職請求)をとの声も県内県外ともに多い。 2016年のCoCo壱番屋事件での大村知事の対応・発言など、知事としての評価は著しく落ちていたのハズですが、2019年の知事選挙でも立候補者は大村知事か共産党推薦の人だけだったので、県民の選択としてもやむを得ずというところでしょうか。 知事のリコール成立は前代未聞という難しさで、必要な署名数は愛知県で100万名分あまりにも登り、更にリコール受付けには選挙日から一年以上経過している必要があり、愛知県知事選は今年2月に終わったばかりなので、リコールの署名活動が可能なのは2020年2月以降となっています。 この一年間はリコールできないというルールにより、半年以上も先であればあいちトリエンナーレの話題も風化しているとみて大村知事は強気の発言・行動に出ているのでしょう。 それでも、大村知事に更に3年の任期があることを考えると、是が非でもリコール運動が巻き起こる事に期待したいという県民は多いのではないでしょうか。 知事・市町村長のリコール(解職請求権)要件については以下の記事でも書いています。 メディアは頼りにできない 現在の大村知事擁護報道を見て頂ければわかるように、愛知県内の主流オールドメディアは全く当てにならないです。 残念ながら、左派メディアばかりな上に、やはり以前より慰安婦問題に言及していたりする河村たかし市長に風当たりが強いです。 名古屋市義会も頼りにならない 河村たかし市長率いる減税日本は名古屋市議等の議員報酬削減で争い続けている事もあり、なかなか敵対する議員が多いと思われる。 それでも大村知事のリコールは成立させるべき そもそも、県知事のリコールが成立した事例が見つからないくらい知事のリコールというのは難しい事であると思われ、仮にメディアの協力を得られても難しいことでしょう。 それでも、現段階で署名に必要な人数の愛知県民が大村知事のリコールに賛成しているのは間違いなく、成立に向かっていくべきだと思います。 逆に前代未聞とされる知事のリコール成立を愛知県で成し遂げる事で大きく報道される可能性はあります。 リコール署名は正確・慎重に書く 奇しくも、名古屋市の河村たかし市長の減税政策などを支持する市民団体が平成22年に議員報酬削減に反対する市議会のリコール(解散請求)運動を行なった事例から署名に厳密さが必要とされる事が予想されます。 当時の名古屋市議会のリコール運動に関する署名は、不可能と言われつつも住民投票に必要な署名36万人分を大幅に上回る46万人分の署名を集めながら、異常な割合の署名が無効とされ住民投票に必要な署名数として受理されなかった経緯があります。 その後、住民による異議申し立てが相次ぎ、有効票とされた署名数が規定数に達した。 署名を集める際は、無効となる署名数も加味して集める事が一般的ではありますが、この様にチェック側が中立でないと思われる場合、想定以上に無効票と判断される可能性があります。 名古屋市議会のリコール運動の署名において無効とされた事例 衆議院のサイトで、その市議会リコール署名に関する質問主意書というものがあったので参考にします。 文字を訂正書きしたのものを全て無効• 部屋番号を先に書いてしまいマンション名を書き加えたものを全て無効• 二~三ミリの試し書きをした署名を全て無効• 修正テープあるいはホワイトで修正したものを全て無効• 他の区で使うため、二本線で抹消訂正し区名を書き込んだものを全て無効• 請求代表者の印鑑が一つでも薄かったり、一人の印影が半分しか見えなかったりしたものを全て無効• 印刷機の具合で解散請求の用紙と請求代表者証明書の印刷がやや二重写しになっていた署名用紙(判読可能でも)を全て無効• 誕生日の年の勘違い、元号の記載漏れ、誤記の訂正あるものを全て無効• 同一マンション内で署名を集めるためにマンション名をまとめて書いていたら、棟や部屋番号、氏名などが全て明らかに筆跡が違っても全員分を無効• 自署した署名であっても、似た筆跡は同一筆跡とし、全員を無効• 家族に頼まれて代筆したものでも代理人印がないとの理由で全て無効• 町名、マンション名があれば住所確認できるが、番地が抜けていれば無効• 通常通りUR団地と住所に書いたもの(正式には公団なので無効)• 同居家族が住所を「〃」と書いたものを無効• 押印が判読可能でも薄い・濃すぎるもの、欠けているものを無効• 同姓の人が同じペンを使って署名したものを筆跡が違っても無効• 選挙人名簿の名前が平仮名であったために漢字で書いた表記を無効• 住所が枠内に書ききれなかったので、はみ出して書いたものを無効 全部読まれる方も少ないかもしれませんが、異常な判断でことごとく無効署名にしており、なにがなんでも必要数に達しないようにしていた事が伺えます。 集まったリコール署名をチェックする人たちが中立でなかったり、圧力があったりするとせっかく大村知事のリコール署名が集まっても無効とされる可能性を懸念すると、名古屋市義の解散リコールの時のように異議申し立てにて覆せない可能性もあるので署名する時から徹底して正確に書いていく必要がありそうです。 (彼らならメディアも味方している事もあり、やりかねず、常識が通じないのは確認済みですよね) リコール署名時の注意点 上記の無効にされた内容から、署名時に徹底した注意を払う部分をまとめておきます• 訂正はしない、新たに書き直す• 家族でもそれぞれが書く、筆跡が似ていたら嫌でも違う感じに• 同一住所でも「〃」で省略しない• 住所は正確に(住民票確認してでも)• 住所は長くても、読める字で一行で枠内に入れる• 署名用紙が印刷ブレしているものは破棄する• 押印は正確無比に・・• 同一マンション名でも部屋番号だけでなくマンション名から各々が書く• 家族・同性でもできれば違うペンで とまあ、いかに市議会リコール署名のチェック体制が如何に酷かったのかわかるだけでしたが、大村知事サイドの事を思えば徹底しておくにこしたことはないでしょう。 2020年2月までは充電 来年、2020年2月になれば、どなたかが解職請求代表者による証明書の交付申請を行ってくれると思われます。 それまでは、いつでも署名できる様に充電期間になりますです。 県民の多くがどれだけリコールに賛成していても、県全体で100万人分あたりの署名を集めるのは非常に大変でしょう。 その際、時間に余裕があるのならば署名集めにも協力できると良いですね。

次の

大村知事の任期はいつまで?2023年2月14日だけどリコール運動開始?

大村 知事 任期

愛知県の大村秀章知事(58)は27日の県議会本会議で、次期知事選に3選を目指して立候補する意向を表明した。 自民党県議団の坂田憲治幹事長による代表質問で今後の考えを問われた大村氏は、「任期をまっとうし、さらに日本をリードする未来の愛知の発展にも責任を担いたい」と答弁した。 大村氏はその後記者団の取材に応じ、知事選の公約について「しっかりと煮詰めていきたい。 県民福祉の向上を含め、県民に訴えられるような政策を練り上げてお示ししたい」と話した。 大村氏は衆院議員を経て、2011年の知事選で初当選。 前回15年の知事選では自民党県連や民主党(当時)などの支援を受けて再選した。 来年2月に2期目の任期満了を迎える。 次期知事選を巡り、立候補の意向を表明するのは大村氏が初めて。 (北上田剛、堀川勝元) 大村県政2期の主な出来事 〈2011年2月〉 愛知県知事選に初当選。 減税日本代表の河村たかし名古屋市長と連携し、「中京都構想」「市民税・県民税10%減税」を共通公約に掲げた。 〈15年2月〉 知事に再選。 自民県連との関係を修復し、民主や維新などの支援も受けた。 〈15年3月〉 19年ラグビーワールドカップ日本大会の開催地の一つに愛知県豊田市が決定。 〈16年2月〉 中部空港島(愛知県常滑市)に約6万平方メートルの国際展示場を建設すると発表。 〈16年9月〉 26年アジア競技大会の開催地に愛知県と名古屋市が決定。 〈17年6月〉 スタジオジブリ作品をモチーフにした「ジブリパーク」を愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)に整備する構想を表明。 〈17年12月〉 運転席にドライバーが乗らない自動運転の実証実験を実施。 一般車両の通行を制限せずに遠隔制御の自動運転車が公道を走るのは全国初。

次の

都道府県知事

大村 知事 任期

吉村知事と大村知事(公式サイトより) この国のマスコミやネットはいったいどういうリテラシーをしているのか。 吉村洋文大阪府知事と大村秀章愛知県知事のバトルのことだ。 しかし、ほんとうにそうなのか。 改めてバトルの経緯を検証してみたところ、まったく違う実態が見えてきた。 まず、メディアでは「大村知事が先に吉村知事に絡んだ」などと批判されているが、大村知事は別に、吉村知事に絡んだわけではない。 定例会見で、第二波が来たとき医療崩壊を絶対に避ける必要があると主張するなかで、「病院に入れないということと、それから救急を断るという、この二つはやっぱり医療崩壊ですよ。 それが東京と大阪で起きているわけですから、それはですね、よその国の話ではないんですね」と発言しただけだ。 しかも、その内容はしごく当然のものだ。 東京と大阪では実際に救急受け入れを停止する病院が複数にのぼり、明らかに通常の医療や救急医療に支障が出ていた。 第二波が来たとき愛知がこうした事態に陥ることのない体制を整えたいと表明するのは、県のトップとしては、むしろ評価すべき態度と言っていい。 また、大村知事は別の日の会見で、「愛知県は病院で受け入れ困難だった感染者数や救急件数などを情報公開しており、全国で同様の検証が必要」と語っていたが、これも、正論だろう。 ところが、この大村発言に吉村知事と松井一郎大阪市長が反発。 27日に、吉村知事はツイッターで〈大阪で医療崩壊は起きていません。 何を根拠に言っているのか全く不明です。 受け入れてくれた大阪の医療関係者に対しても失礼な話です。 東京もそうですが。 根拠のない意見を披露する前に、県は名古屋市ともう少しうまく連携したら?と思います。 〉と反論。 これ、コロナで多数の感染者を出している自治体の首長がするツイートなのか。 「医療関係者に対しても失礼」などと話をすり替えているが、失礼なのは、医療関係者が危機的状況と闘っているのに、そんな事態は起きていないかのようにふるまうあんたのほうだろう。 しかし、大村知事はこれにひるむことなく28日の会見で吉村知事に対してこう返した。 「違うんであれば違うということを、データをもって言われなければいけない。 (吉村知事は)ただ単に言い訳をしているに過ぎない。 自宅待機が2百何十人もいるというのは、病院に入りきれていないということですよね。 救急をお断りになっているということも、それぞれの病院が発表がされておられますから。 それが報道になっているのを、私は4月に拝察したので」 すると、吉村知事が28日、ツイッターでこんな反論を連投したのだ。 〈大村知事「ただ単に言い訳」って酷いね。 確認したら、大阪の3次救急の4病院で一部救急停止したことを「医療崩壊」と言ってるらしいが、全く違う。 これは4月21日救命センター長会議において、3次救急、特定機能2次救急 65病院 で救急受け入れ余力可能数を算定し 215名 、〉 〈その範囲で公立4病院の救急を一時停止し、コロナ重症患者の治療に専念したもの。 よって、役割分担をしてコロナの重症者にも、その他の救急にも対応した計画的措置。 救急を断るものでも、「医療崩壊」でも何でもない。 大村知事が事実関係も調査せずに、「大阪や東京は医療崩壊!」って謝罪もんだよ。 〉 〈公立4病院でコロナ重症患者の治療の為に一部救急停止を決めたのは、4月7日〜順次段階を追って進めていったが、4月21日のセンター長会議で、受け入れ可能数を算定、大阪全体でのコロナ重症患者の治療と他の救急との受け入れ可能数を総合調整。 重症者の救急断り、オーバーフローは起きていないよ。

次の