リブート ドラマ。 名作ドラマ『逃亡者』を『SCORPION』クリエイターが大幅に変更してリブート!

miwa、新曲「リブート」が黒木華主演ドラマ『凪のお暇』主題歌に

リブート ドラマ

リメイクとリブートの違い リメイクという言葉は、「Re」「Make」つまり「再度作る」「作り直し」という意味です。 つまり、 過去に作られた映画を元に作り直されたものです。 その場合、 基本的な設定やストーリーは元の映画とさほど変わりません。 それに対し、 リブートとは、 過去の作品を元に、 核となる要素はそのままで新しい視点から作品を作ることです。 リメイクより自由度が高く、設定やストーリーが大きく違う作品になります。 リブートは「 再起動」という意味ですから、一度終了したプログラムを新しく立ち上げる、つまり中心部分以外は全く新しい作品ですよ、ということですね。 リメイクの例 リング 和製ホラー映画の代名詞のような作品ですね。 ハリウッドでもリメイクされ「ザ・リング」がヒットし続編の「ザ・リング2」も好評でした。 知らなかったのですが、『 リングス』として第三弾が作られていたんですね。 日本での公開情報がないので、今のところ未公開みたいです。 さすがに「ビデオテープ」はもう普及していないので、サマラ オリジナルでいう貞子 は動画ファイルで被害者を増やすようです。 以前の「ダビングして手渡し」より簡単に呪いが広まっちゃいそうです。 リブートの例 『ゴーストバスターズ』 これは記憶に新しいですね! 1984年のオリジナルを2016年にリブートさせました。 オリジナルでは男性4人だったのが、リブート版では女性4人。 オリジナルの個性的な受付嬢はリブート版では男性に。 私はリブート版は見ていないのですが、オリジナル公開時は小学生で楽しく見ていたため、リブート版もぜひ見てみたいです! 『ハムナプトラ』シリーズ リブート版で大成功した例ですね!元は『ミイラ再生』です。 シリーズ第三弾まで作られました。 2017年7月には、トム・クルーズ主演で『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』がダーク・ユニバースシリーズ第一弾として再度リブートされます。 なぜリブート版を作るのか 映画の制作には莫大な制作費がかかりますが、 認知度がある作品は話題になりやすく安全パイと考えられます。 現在の製作者たちが子供の頃に見た大作を自分たちの手で再生させるというのも夢を叶えているのかもしれません。 でも、本当に「安全」かはわかりません。 上記で例にあげた『ゴーストバスターズ』も賛否両論ですものね。 オリジナルに思い入れがある分、評価が厳しくなることもあると思います。 Sponsored Link 2017年公開リブート版映画 日本での公開がいつかはわからないものもあります。 『オリエント急行の殺人』 仮題 原題は『Murder on the Orient Express(原題)』で、リブートというか アガサ・クリスティの同名小説を原作に映画化されるのが2回目です。 キャストが豪華ですよ! ジョニー・デップ、ペネロペ・クルス、ミシェル・ファイファー、ウィレム・デフォー、などなど。 『ジュマンジ』 主演の ドウェイン・ジョンソンは「 リブートではない、続編だ」という発言をしているそうなので、リブートとして紹介してはいけないのかもしれませんが、制作サイドからの発表ではないし、どういう位置づけなのかはっきりしません。 興味のある映画はありましたでしょうか。

次の

『アシガール』はジュブナイルドラマの傑作! 黒島結菜が中心にいることで生まれた説得力|Real Sound|リアルサウンド 映画部

リブート ドラマ

リメイクとリブートの違い リメイクという言葉は、「Re」「Make」つまり「再度作る」「作り直し」という意味です。 つまり、 過去に作られた映画を元に作り直されたものです。 その場合、 基本的な設定やストーリーは元の映画とさほど変わりません。 それに対し、 リブートとは、 過去の作品を元に、 核となる要素はそのままで新しい視点から作品を作ることです。 リメイクより自由度が高く、設定やストーリーが大きく違う作品になります。 リブートは「 再起動」という意味ですから、一度終了したプログラムを新しく立ち上げる、つまり中心部分以外は全く新しい作品ですよ、ということですね。 リメイクの例 リング 和製ホラー映画の代名詞のような作品ですね。 ハリウッドでもリメイクされ「ザ・リング」がヒットし続編の「ザ・リング2」も好評でした。 知らなかったのですが、『 リングス』として第三弾が作られていたんですね。 日本での公開情報がないので、今のところ未公開みたいです。 さすがに「ビデオテープ」はもう普及していないので、サマラ オリジナルでいう貞子 は動画ファイルで被害者を増やすようです。 以前の「ダビングして手渡し」より簡単に呪いが広まっちゃいそうです。 リブートの例 『ゴーストバスターズ』 これは記憶に新しいですね! 1984年のオリジナルを2016年にリブートさせました。 オリジナルでは男性4人だったのが、リブート版では女性4人。 オリジナルの個性的な受付嬢はリブート版では男性に。 私はリブート版は見ていないのですが、オリジナル公開時は小学生で楽しく見ていたため、リブート版もぜひ見てみたいです! 『ハムナプトラ』シリーズ リブート版で大成功した例ですね!元は『ミイラ再生』です。 シリーズ第三弾まで作られました。 2017年7月には、トム・クルーズ主演で『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』がダーク・ユニバースシリーズ第一弾として再度リブートされます。 なぜリブート版を作るのか 映画の制作には莫大な制作費がかかりますが、 認知度がある作品は話題になりやすく安全パイと考えられます。 現在の製作者たちが子供の頃に見た大作を自分たちの手で再生させるというのも夢を叶えているのかもしれません。 でも、本当に「安全」かはわかりません。 上記で例にあげた『ゴーストバスターズ』も賛否両論ですものね。 オリジナルに思い入れがある分、評価が厳しくなることもあると思います。 Sponsored Link 2017年公開リブート版映画 日本での公開がいつかはわからないものもあります。 『オリエント急行の殺人』 仮題 原題は『Murder on the Orient Express(原題)』で、リブートというか アガサ・クリスティの同名小説を原作に映画化されるのが2回目です。 キャストが豪華ですよ! ジョニー・デップ、ペネロペ・クルス、ミシェル・ファイファー、ウィレム・デフォー、などなど。 『ジュマンジ』 主演の ドウェイン・ジョンソンは「 リブートではない、続編だ」という発言をしているそうなので、リブートとして紹介してはいけないのかもしれませんが、制作サイドからの発表ではないし、どういう位置づけなのかはっきりしません。 興味のある映画はありましたでしょうか。

次の

名作ドラマ『逃亡者』を『SCORPION』クリエイターが大幅に変更してリブート!

リブート ドラマ

リメイクとリブートの違い リメイクという言葉は、「Re」「Make」つまり「再度作る」「作り直し」という意味です。 つまり、 過去に作られた映画を元に作り直されたものです。 その場合、 基本的な設定やストーリーは元の映画とさほど変わりません。 それに対し、 リブートとは、 過去の作品を元に、 核となる要素はそのままで新しい視点から作品を作ることです。 リメイクより自由度が高く、設定やストーリーが大きく違う作品になります。 リブートは「 再起動」という意味ですから、一度終了したプログラムを新しく立ち上げる、つまり中心部分以外は全く新しい作品ですよ、ということですね。 リメイクの例 リング 和製ホラー映画の代名詞のような作品ですね。 ハリウッドでもリメイクされ「ザ・リング」がヒットし続編の「ザ・リング2」も好評でした。 知らなかったのですが、『 リングス』として第三弾が作られていたんですね。 日本での公開情報がないので、今のところ未公開みたいです。 さすがに「ビデオテープ」はもう普及していないので、サマラ オリジナルでいう貞子 は動画ファイルで被害者を増やすようです。 以前の「ダビングして手渡し」より簡単に呪いが広まっちゃいそうです。 リブートの例 『ゴーストバスターズ』 これは記憶に新しいですね! 1984年のオリジナルを2016年にリブートさせました。 オリジナルでは男性4人だったのが、リブート版では女性4人。 オリジナルの個性的な受付嬢はリブート版では男性に。 私はリブート版は見ていないのですが、オリジナル公開時は小学生で楽しく見ていたため、リブート版もぜひ見てみたいです! 『ハムナプトラ』シリーズ リブート版で大成功した例ですね!元は『ミイラ再生』です。 シリーズ第三弾まで作られました。 2017年7月には、トム・クルーズ主演で『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』がダーク・ユニバースシリーズ第一弾として再度リブートされます。 なぜリブート版を作るのか 映画の制作には莫大な制作費がかかりますが、 認知度がある作品は話題になりやすく安全パイと考えられます。 現在の製作者たちが子供の頃に見た大作を自分たちの手で再生させるというのも夢を叶えているのかもしれません。 でも、本当に「安全」かはわかりません。 上記で例にあげた『ゴーストバスターズ』も賛否両論ですものね。 オリジナルに思い入れがある分、評価が厳しくなることもあると思います。 Sponsored Link 2017年公開リブート版映画 日本での公開がいつかはわからないものもあります。 『オリエント急行の殺人』 仮題 原題は『Murder on the Orient Express(原題)』で、リブートというか アガサ・クリスティの同名小説を原作に映画化されるのが2回目です。 キャストが豪華ですよ! ジョニー・デップ、ペネロペ・クルス、ミシェル・ファイファー、ウィレム・デフォー、などなど。 『ジュマンジ』 主演の ドウェイン・ジョンソンは「 リブートではない、続編だ」という発言をしているそうなので、リブートとして紹介してはいけないのかもしれませんが、制作サイドからの発表ではないし、どういう位置づけなのかはっきりしません。 興味のある映画はありましたでしょうか。

次の