お 見舞い 包み 方。 お見舞いののし袋の書き方・お金の包み方・名前の書き方

入院見舞い金額の相場や書き方、お金の包み方は?お見舞いのマナーは?

お 見舞い 包み 方

紅白の『結びきり』か『あわじ結び』の水引が付いた袋• 赤い帯の入ったお見舞い用の封筒(冒頭の画像)• 白無地の封筒 のいずれかを使用します。 水引とは、金封などについている飾り紐のことです。 冠婚葬祭で使われる水引には、蝶結び(花結び)・結び切り・あわじ結びがありますが、それぞれきちんと意味があります。 意味がわかると、袋の水引選びを間違うことがなくなるので、お見舞いに適したものかどうか、水引の意味をひとつずつお伝えしますね。 「 何度も繰り返されてほしい」 という意味があるので、一般的なご祝儀や慶事などのお祝いごとなどに使われます。 病気のお見舞いに使用すると、「不幸や病気を繰り返す」という意味になってしまうので、お見舞いには NGです。 「 繰り返すことのないように」 「 今回一度で終わる」 という意味を持ちます。 結びきりは、一度きりであってほしい入院には適しています。 輪の部分が鮑(あわび)を表しているので、鮑結びとも呼ばれます。 結びきりと同様に、 「 繰り返すことのないように」 「 今回一度で終わる」 という意味を持つので、 あわじ結びは入院のお見舞金を包むのに適しています。 入院のお見舞いの袋に熨斗マークはダメ! お見舞いの際は、病気や怪我が2度とないようにと願い、紅白の『結びきり』か『あわじ結び』を使用するのがわかったところで、ひとつ注意してほしいことがあります。 それは、 入院のお見舞いに使う袋では、 熨斗(のし)が付いたものはNGということ。 熨斗というのは、袋の右上にある折形で出来ている飾りです。 熨斗は「 あわび」を表しています。 海で採れる、あの高級なあわびです。 熨斗は、昔の人があわびを薄く伸ばして加工した「熨斗鮑(のしあわび)」を縁起物として贈り物にしていたことに由来します。 昔から、美味しい上に、保存性の良いあわびは高級品でした。 高級品だけに、毎回贈り物にはできなかったので、 「熨斗鮑の代わりの品で失礼します」 といった意味でついています。 他にも熨斗には、 「熨斗鮑で美味しいお酒を召し上がってください」 といった意味もあるので、熨斗がついた祝儀袋はお祝い事にしか使えないのです。 お見舞いはお祝いごとではないですよね。 なので、 お見舞い金の袋は水引のみで、熨斗がないものを使うのが正しいマナーになるわけです。 なぜお見舞いに紅白の水引? 病気や怪我で入院している人をお見舞いするのに、紅白の祝儀袋を使うのはどうなのか、という意見もあります。 相手の不幸をお祝いしているといったイメージをいだくのかもしれません。 ですが、 紅白の水引を使うのには、「入院している相手の全快を願う」という気持をこめてのことなので、全く問題がない正しいマナーです。 それでも、紅白の水引に抵抗がある場合は、赤い帯の入ったお見舞い用の封筒か、白無地の封筒を使用するといいですね。 入院お見舞いに使うのし袋の書き方は? お見舞い用の袋や封筒の準備が出来たら、表書きと名前を記入します。 表書きには「御見舞」と、「自分の名前」を書きます。 目上の方へのお見舞いの場合には「御伺」とすることもありますが、「御見舞」が一般的に広く使われています。 ご祝儀袋・不祝儀袋の筆記具は、ボールペンや万年筆は、マナー違反になります。 毛筆や 筆ペンが一番望ましく、それらが無い場合は黒い太めのフェルトペンやサインペンでも大丈夫です。 プリンタの印刷もOKです。 最近はパソコンで印刷する人も多いようです。 封筒の上部の中心には「御見舞」あるいは「御伺」の表書きを書き、下部の中心に自分の名前をフルネームで書きます。 「御見舞」を「御見舞い」にするのはNGです。 「御見舞い」は4文字。 4文字は『死』を連想するため、古くから縁起が悪いとされているので、気をつけてくださいね。 連名になる場合は? 連名になる場合は、目上の人が1番右になるように書きます。 夫婦で連名にする場合は、夫の名前をフルネームで書き、名前の部分の左側に妻の名前を書き添えます。 妻の苗字を書く必要はありません。 4名以上の連名になる場合は? 4名以上での連名になる場合は、中心に代表者の名前だけをフルネームで書き、その左側に一回り小さな文字で「外一同」と書き添えます。 連名者全員の名前をフルネームで別紙に書いて、袋の中包にお金と一緒に入れます。 お見舞金に使うのし袋や封筒に金額は記入すべき? お見舞いで包む金額は、書いても書かなくてもかまいません。 書いたほうが、のちのち相手がお返しをする際に役立ちます。 結婚式など、大勢の人がご祝儀袋を受付に渡す場合は、わからなくならないように住所や名前、金額なども書きますが、お見舞いの場合は表書きの名前のみでも失礼にはあたりません。 祝儀袋によっては、金額を書く欄が設けられているものもありますね。 中袋が付いている祝儀袋を使用する場合は、中袋の表の中央に「金伍千円」などと縦書きで書き、裏面には名前と住所を書きます。 スポンサードリンク お見舞いのお金は新札? 袋が用意できたら、あとはお金を入れるだけです。 ・ お見舞いのお金は新札と旧札のどちらを使う? 結婚や出産などのお祝いごとは、祝儀を渡す相手への心遣いを現す意味で新札を包みます。 葬儀の時は、不幸な出来事にあらかじめ用意していたように感じられないために旧札を包みます。 冠婚葬祭には一般的なマナーがあるのですが、実はお見舞い金については、明確なマナーがありません。 「 気持ちをこめて新札で」 という考えの人もいる一方、 「 事前に準備していたと思われるような新札はダメ」 という考えの人もいます。 お見舞いは相手の病状が心配で行くわけですから、用意しておいたとイメージされる新札は不向きというのも納得ですし、新札も受け取る側としては、悪い気がしないような。 わたしが入院した時は、新札でいただいたのが殆どでした。 きれいなお札はそれはそれで、気持のいいものなので、わたし自身は親戚や友人など近い関係の場合は、新札を包んでいます。 新札を一折りしてから包むという方法もあります。 一度折って、折り目をつけるわけです。 「 気持のこもったきれいなお札を包みたいけど、用意していたとは思われたくない」 といった心遣いですね。 新札が良いのか、旧札がよいのか。 自分ならどちらが嬉しいか、で判断するのも良いかと思います。 それでも 新札か旧札かで迷ったら、お財布の中から比較的きれいめなお札を包むのが無難です。 お見舞いの袋のお金の入れ方は? お見舞い金のお札の入れ方にも特に決まりはありません。 一般的にお祝いごとは、お札の肖像がある方を表にし、人物(肖像)が上側に来るようにして入れることが多いです。 お札の肖像を裏側にして入れるのは不祝儀のみ。 なので、祝儀袋に入れるのと同じように、人物の面を上にして表向きに入れるのがおすすめです。 入院お見舞いでお金を包むのし袋マナー! 書き方と入れ方 新札は必要?まとめ お見舞いのお金を入れる袋は、• 紅白の『結びきり』か『あわじ結び』の水引が付いた袋• 赤い帯の入ったお見舞い用の封筒(冒頭の画像)• 白無地の封筒 のいずれかを使用します。 水引が付いた袋を使う場合は、熨斗(のし)が付いたものはNGです。 封筒の上部の中心には「御見舞」あるいは「御伺」の表書きを書き、下部の中心に自分の名前をフルネームで書きます。 新札か旧札かで迷ったら、お財布の中から比較的きれいめなお札を包むのが無難です。 入院中の相手に包むお見舞金には、明確なルールやマナーはありませんが、大切なのは受け取った側が気持ちのいいものにすることです。 あなたの優しい気持が伝わるお見舞いになりますように。

次の

お見舞いののし袋の書き方・お金の包み方・名前の書き方

お 見舞い 包み 方

ご祝儀袋の上包み・中包み(中袋)とは? ラト — stock. adobe. com 市販のご祝儀袋は多くの場合、「上包み」と「中包み(中袋)」がセットで販売されています。 このうち、ご祝儀袋の表になるの包みのこと上包みといい、それに対して 中包みは、半紙サイズの紙を折った包みのことを指し、お金を直接包むものになります。 その他にも、中包みを封筒にしたタイプがあり、これを中袋といいます。 もし、中包み(中袋)が用意できない場合は、半紙を折ることで代用ができます。 このように、上包みと中包みを使って、ご祝儀を包みます。 adobe. com ご祝儀を用意するのに気をつけたいのが、ご祝儀の包み方です。 ここでは、ご祝儀の包み方のマナーについてご紹介します。 折り方もマナーとしての決まりがあるため、まずは基本を確認しておきましょう。 札の向きに気をつける ご祝儀袋の中包みの表面に、1万円の人物の肖像がある面を表にし、上にくるように入れます。 お札を複数枚入れる際には、表裏と向きをそろっているか確認してから入れてください。 また、2万円を包む場合には、 割り切れる数だと縁起が悪いとされているため、 1万円札を2枚用意するのは避けるようにします。 代わりに、1万円札を1枚と5千円札を2枚用意してください。 お札の種類が複数になるのであれば、金額の大きいお札を前にして入れるようにしましょう。 中包み(中袋)の書き方・折り方 中包み(中袋)の表の面にはご祝儀金額を記入し、裏の面には住所と名前の記入をおこないます。 金額の記入の仕方は1万円の場合は壱萬円(壱萬圓)と記入し、2万円の場合は弐萬円(弐萬圓)、3万円の場合は参萬円(参萬圓)、5万円の場合は五萬円または伍萬円 (五萬圓または伍萬圓)と記入してください。 市販のご祝儀袋の多くは、中包み(中袋)も入っており、すでに折られています。 そのため、お金を包んだ後は、その通りに中包み(中袋)を包めば問題なく包めるので、簡単にできるでしょう。 上包みの裏側の折り返し方 お札を中包み(中袋)に入れて包んだ後、続いて上包みを包みます。 折り方は、たとう折りという方法でおこないます。 上包みの内側の面を上にし、その上に中袋み(中包み)置きます。 次に左を折り、その後、右を折ります。 その後、裏面に返して、上側を折るようにします。 最後に下側を上にして重なるように折ります。 表に返して、水引を通して完了です。 新札を入れる ご祝儀にお札を包む際には、新札を用意します。 新札には、「ふたりの新しい門出をお祝いする」という意味合いと、「結婚式を楽しみにしていました」という意味合いが込められています。 一方で、「綺麗なお札だから…」と、ピン札を入れる人も見受けられますが、マナーとして新札を用意するのが望ましいでしょう。 ご祝儀を包む際の注意点 yamasan — stock. adobe. com ご祝儀の包み方を理解したところで、続いてはご祝儀を包む際に、注意したい点も合わせて確認しておきましょう。 お札の入れ忘れに気をつける お札の入れ忘れは、まれに発生してしまうミスです。 「先に上包みや中包みの包み方の確認をしていて、そのままお金を入れずに渡してしまった…」などのミスがないようにしたいものです。 不安な人は念のため、ダブルチェックをしてから新郎新婦に渡すようにしましょう。 上包みの折り返し部分の間違いに注意 上包みを折る場合は、特に注意しなければいけません。 なぜなら、上包みの重ね方を反対にしてしまうと、不祝儀袋の意味合いと同じになってしまうからです。 ご祝儀袋の場合は、袋の上の折り返し部分に下の折り返し部分を重ねますが、不祝儀袋の場合には、下の折り返しに上の折り返しを重ねるため、その反対になりますので注意しましょう。 ご祝儀袋は包む金額に相応しいものを選ぶ 市販されているご祝儀には、様々な種類のものがあります。 ご祝儀服との選び方としては、包む金額が高いほど華やかなものを選ぶのがマナーとされています。 もし、出席できず、1万円を包む場合には、水引が印刷されたものを選ぶといいでしょう。 まとめ ご祝儀の包み方をマスターし、ハレの日をお祝いしよう! 新郎新婦へのお祝いの気持ちを形にするご祝儀。 ふたりへの気持ちがこもったご祝儀ですが、マナーを知らなかったばかりに失礼になってしまうのは残念なことです。 お祝いの気持ちが新郎新婦に伝えられるように、ご祝儀などの基本的なマナーは理解してから、当日を迎えましょう。

次の

お見舞い金お役立ち情報!正しい封筒の選び方と包み方を学ぶ

お 見舞い 包み 方

ご祝儀袋・お悔み金などの金封、ふくさの包み方・渡し方は? ご祝儀・不祝儀袋などの金封は、むき出しで持ち歩くのは非常に礼を欠くことであり、ポケットやバッグ、カバンに直接入れないのが基本のマナー。 贈る方への思い、心を伝えるものですから、汚さず折らず、相手にちゃんと手渡しできるよう必ず「ふくさ」で包みましょう。 そもそも、慶弔金を収めた金封を包むものを一般に「ふくさ」と言い、それらは「小(手)ふくさ」「小風呂敷」と言い分けられます。 本来、祝儀袋や不祝儀袋は切手盆(広蓋を小さくした塗り盆)にのせ、小ふくさ・小風呂敷に包んで持参し、包みをとって切手盆ごと相手に差し出したものでした。 最近では、塗り板や台紙の取り付けられた「台付きふくさ」や、金封を挟み入れる財布状になった「金封ふくさ(挟みふくさ)」も使われています。 ご祝儀袋やお悔み金などの金封、ふくさの色分けと男女の使い分け お祝い事用には、赤色・朱色・エンジ色などの明るい色を、お悔やみ事用には、緑色・藍(青)色・鼠色などを用います。 男女で分けて慶弔兼用する場合は、深めの色を選び、女性用にはえんじ色を、男性用には藍(青)色を用います。 紫色は男女を問わず、かつ慶弔兼用色となっています。 不祝儀袋をふくさ中央よりやや右の方へ寄せて置きます• 右を中に折り込みます• 下をたたみ、次に上をたたみます• 台は表裏で色を替えて慶弔に使い分けられるようになっていますので、お祝い事の場合は表(上)に赤色など暖色系の色がくるように、お悔やみ事の場合は表に緑色など寒色系の色がくるようにします。 間違って用いると慶弔が逆になり、先方に対して大変失礼になりますので注意が必要です。 台のない通常のふくさや金封ふくさを使用する場合は、金封の大きさくらいにふくさを折りたたみ、台代わりにしてその上に金封をのせて差し出します。 受付の方に挨拶を述べた後に、目前でふくさから金封を取り出し、先方が表書きを読める向きにして差し出します。 その際、出来れば片手ではなく両手で扱いましょう。 【関連記事】•

次の