スプレー 缶 名古屋 市。 名古屋市:発火性危険物の分け方・出し方(暮らしの情報)

ごみの出し方 清須市ホームページ

スプレー 缶 名古屋 市

目次(クリックすると読みたいところにとびます)• スプレー缶の捨て方 スプレー缶は使いきった状態でゴミに出す スプレー缶を処分する時は、 「使いきった状態でゴミに出す」これが基本です。 使いきっていないままごみに出すと、ゴミ収集の際にガスに引火して 爆発することがあるんです。 作業員の方が ケガをすることもあって、とても 危険です。 また、スプレー缶を捨てる時に 穴を開けてゴミに出すように指定されている自治体もありますが、うっかり火のそばで中身の残ったスプレー缶に 穴を開けてしまって 火事が起きたという例もあります。 このように、 中身が残ったままゴミに出したり、穴を開けようとするのはとても危険です! でも、中身を出すと言っても、 「どうやって出せばいいの?」「空気中に噴射して大丈夫なの?」 そうですよね。 スプレー缶の中身をどうやって出せばいいのか、分からないから 処分に困るんですよね。 ごく少量なら、空気中に噴射して出し切ることもできますが、「けっこう残ってるなぁ…」と感じるものを空気中に噴射するのは気が引けます。 環境的にもあまりよくない気がしますよね。 大きめのゴミ袋やレジ袋• ボロ布、新聞紙、トイレットペーパーなど(スプレー缶の中身を染み込ませるための物)• マスク(あれば)• 手袋(あれば) それでは、詳しい手順です。 ゴミ袋などの中にボロ布等を入れます。 あればマスク、手袋をします。 新聞紙は軽く丸めるか、細かく割いて袋に入れます。 トイレットペーパーの場合は、ロールを引き出して袋に入れます。 ゴミ袋の中の布や紙にスプレー缶の中身を吹き付けます。 ガスが出なくなるまで噴射します。 (シューという音がしなくなります) この作業は、 必ず、火気のないところで! 戸外のできるだけ風通しが良い所で 行ってください。 風が強ければ、自分にかからないように、 風上に立って噴射してくださいね。 それと、中身を噴射するときは、袋にガスが溜まってしまうといけないので、 袋の口を広げた状態で行ってください。 スプレー缶の中身を噴射したゴミ袋を、燃えるゴミに出します。 ちなみに、この作業はゴミ収集日の前日がおすすめです。 塗料などはゴミ袋をしばってもやっぱり少しにおいます。 それに、子供が誤って開けたら大変なので、家に保管しているのは、できるだけ短い期間の方がいいですね。 以上の方法で、スプレー缶の中身は捨てることができますので、やってみてください。 中身を出し切った缶に 穴を開けるかどうかという ゴミの出し方については、 各自治体の処分方法に従って行ってください。 ゴミの出し方については、各自治体のホームページや、配布されている「ごみの出し方」などのリーフレットで確認できます。 もしリーフレットが手元にない場合は、市役所等の窓口で聞けばもらえますよ。 私は今回、45リットルのゴミ袋に 古いバスタオルを入れてスプレー缶の中身を出し切りましたが、一番染みこみやすいのは トイレットペーパーですね。 トイレットペーパーを使う場合は、紙の量が少ないとスプレー缶の中身の液体でベチョベチョになってしまいます。 ちょっともったいない気もしますが、多めに使ってください。 そして、そのために、残った中身は安全に出し切ることが大切です。 万一、当ブログ内の情報を利用することでトラブル(直接、間接を問わず)が生じたたとしても、当方では責任を負いかねます。 あらかじめご了承の上、読者様の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。 商品ご購入、ご利用の最終的な判断は読者様の責任でお願いいたします。 また、引用文の著作権は引用元に所属します。 全体一部を問わず無断使用はできません。

次の

愛知県名古屋市で「発火性危険物」の分け方・出し方

スプレー 缶 名古屋 市

目次(クリックすると読みたいところにとびます)• スプレー缶の捨て方 スプレー缶は使いきった状態でゴミに出す スプレー缶を処分する時は、 「使いきった状態でゴミに出す」これが基本です。 使いきっていないままごみに出すと、ゴミ収集の際にガスに引火して 爆発することがあるんです。 作業員の方が ケガをすることもあって、とても 危険です。 また、スプレー缶を捨てる時に 穴を開けてゴミに出すように指定されている自治体もありますが、うっかり火のそばで中身の残ったスプレー缶に 穴を開けてしまって 火事が起きたという例もあります。 このように、 中身が残ったままゴミに出したり、穴を開けようとするのはとても危険です! でも、中身を出すと言っても、 「どうやって出せばいいの?」「空気中に噴射して大丈夫なの?」 そうですよね。 スプレー缶の中身をどうやって出せばいいのか、分からないから 処分に困るんですよね。 ごく少量なら、空気中に噴射して出し切ることもできますが、「けっこう残ってるなぁ…」と感じるものを空気中に噴射するのは気が引けます。 環境的にもあまりよくない気がしますよね。 大きめのゴミ袋やレジ袋• ボロ布、新聞紙、トイレットペーパーなど(スプレー缶の中身を染み込ませるための物)• マスク(あれば)• 手袋(あれば) それでは、詳しい手順です。 ゴミ袋などの中にボロ布等を入れます。 あればマスク、手袋をします。 新聞紙は軽く丸めるか、細かく割いて袋に入れます。 トイレットペーパーの場合は、ロールを引き出して袋に入れます。 ゴミ袋の中の布や紙にスプレー缶の中身を吹き付けます。 ガスが出なくなるまで噴射します。 (シューという音がしなくなります) この作業は、 必ず、火気のないところで! 戸外のできるだけ風通しが良い所で 行ってください。 風が強ければ、自分にかからないように、 風上に立って噴射してくださいね。 それと、中身を噴射するときは、袋にガスが溜まってしまうといけないので、 袋の口を広げた状態で行ってください。 スプレー缶の中身を噴射したゴミ袋を、燃えるゴミに出します。 ちなみに、この作業はゴミ収集日の前日がおすすめです。 塗料などはゴミ袋をしばってもやっぱり少しにおいます。 それに、子供が誤って開けたら大変なので、家に保管しているのは、できるだけ短い期間の方がいいですね。 以上の方法で、スプレー缶の中身は捨てることができますので、やってみてください。 中身を出し切った缶に 穴を開けるかどうかという ゴミの出し方については、 各自治体の処分方法に従って行ってください。 ゴミの出し方については、各自治体のホームページや、配布されている「ごみの出し方」などのリーフレットで確認できます。 もしリーフレットが手元にない場合は、市役所等の窓口で聞けばもらえますよ。 私は今回、45リットルのゴミ袋に 古いバスタオルを入れてスプレー缶の中身を出し切りましたが、一番染みこみやすいのは トイレットペーパーですね。 トイレットペーパーを使う場合は、紙の量が少ないとスプレー缶の中身の液体でベチョベチョになってしまいます。 ちょっともったいない気もしますが、多めに使ってください。 そして、そのために、残った中身は安全に出し切ることが大切です。 万一、当ブログ内の情報を利用することでトラブル(直接、間接を問わず)が生じたたとしても、当方では責任を負いかねます。 あらかじめご了承の上、読者様の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。 商品ご購入、ご利用の最終的な判断は読者様の責任でお願いいたします。 また、引用文の著作権は引用元に所属します。 全体一部を問わず無断使用はできません。

次の

愛知県名古屋市で事業系一般ごみ(事業系一般廃棄物)の処分

スプレー 缶 名古屋 市

中身が有るのに不要になったスプレー缶の処分、 スプレー缶に穴を開ける器具に、 カニの足の様に挟んで穴を開ける や 尖った先端を押し付けて穴を開ける など色々有りますが、手持ちの物で簡単に行えます。 上の注意事項を良く守って行いましょう。 『可燃性のガスを使っているタイプもあるので、必ず周囲に火気の無い所で行う事』 ・・・・・・・・・・・・・・ 私のやり方を記載します。 容易する物。 A,ボロ布やタオルなど捨ててもよいもの。 敷くのと、吸い取る用の二枚必要です、敷くのは新聞紙でもOkですが、 B,尖った釘・先端が鋭角なハサミ・果物ナイフ・など。 尖っている固い金属なら、何でもOKです C,液体を染み込ませて不要になったA,を入れるポリ袋。 排出方法。 作業する場所は、ベランダなど通気の良い箇所で行う。 ベランダなどの外部でできない場合は、換気扇の近くで行います、 必ず火の気の無い所で。 1,Aを床などに広げる。 2,B,を片手に持ち、広げた生地の上に立てる。 3,スプレー缶の胴の部分を、Bに叩きつけて穴を開ける。 4,穴から勢い良くガスと液体が噴出します、直ぐにAで軽く押さえて 吸い込ませます。 終われば、Aの新聞紙や布などをポリ袋に入れ封をして完了です。 換気扇の場合は、暫く回し続けておく方が良いかと思います。 私は、こんな感じで行いました。 スプレー缶などは、ノズルを押さえて排出も出来ますが、数が有ると 結構手間が掛るので、穴を開けてなら数秒で終わりますね。 上の注意事項を守れば、安全に確実にガスや内容物が排出できます、 あまり関連性が有りませんが私は、 危険物免許所持、管理経験者でしたから知識はあります。 どうぞ、ご参考に。 たかが防水スプレーです。 引火性の液体では無いので釘で穴あけるか穴あける専用工具で穴あけて金属ゴミに出しとけばよいです。 私は、カセットコンロのガスボンベ使ってますが空になっても何の迷いもなく専用工具で穴あけしてゴミ出ししますが破裂なんかしません。 穴あけしたとき残留ガスが出ますが引火爆発の心配はありません。 穴あけしないでゴミ出しする方がかえって危険です。 補足 70代の年金・生活保護受給者のおじいさんがいますが満杯のカセットボンベに穴をあけて火を付ける人がいますのでたかが防水スプレーでおびえる必要はありません。 どうしても穴あけできない場合はコンビニやスーパーのゴミ捨て場の片隅に放置しとけば関係者の方が適正に処分してくれます。 (一応ゴミの不法投棄なので絶対ばれないようにしましょう!).

次の