炭治郎 逃げるな。 ヤンデレ炭治郎

炭治郎のプロフィール全部見せます・グッズ情報大量UP!【鬼滅の刃】

炭治郎 逃げるな

「いいかい、炭治郎……呼吸だ。 「息の仕方があるんだよ。 どれだけ動いても、疲れない息の仕方」 父さんは身体が弱いのに、なぜヒノカミ神楽を踊れるのか聞いた時。 そう答えたのを、覚えている。 「炭治郎。 だけど、すごい大事なものだということは、なぜか理解できた。 「わかった、父さん」 だから炭治郎は、その日からすぐに、「 疲 ・ れ ・ な ・ い ・ 呼 ・ 吸 ・」をし始めた。 父、炭十郎は亡くなり、炭治郎は母親と兄弟、家族六人で暮らしていた。 「炭治郎」 「っ! 母さん……」 「顔が真っ黒じゃないの。 拭いてあげるから、こっちにおいで」 籠に炭を一杯に入れて背負ったとき、炭治郎は母さんに呼ばれて顔を拭かれた。 「雪が降って危ないから、今日は行かなくてもいいのよ」 「正月になったらみんなに腹一杯食べさせてやりたいし、少しでも炭を売ってくるよ」 「……ありがとう、炭治郎」 顔の汚れが落ちたのか、母さんはそう言って布巾を仕舞う。 その時、茂と花子が近づいてきた。 「兄ちゃん! 今日も街に行くの!?」 「私も行くー!」 子供ながらに炭を売るのを手伝いたい、ついでに街で遊びたいという匂いを、炭治郎は感じ取った。 「ダメよ、炭治郎みたいに速く走れないでしょ」 母さんはそれをわかっていながらも、二人にそう言う。 「えー、母ちゃん!」 「ダメ。 今日は雪で荷車を引いていけないから、乗せて休めないのよ」 茂と花子はまだ幼く、雪がない道でも街に行くまでには疲れてしまう。 「じゃあ兄ちゃんにおんぶしてもらう!」 「それもダメ。 炭治郎は今日、籠を背負ってるの」 籠がなかったら、大丈夫というように母さんは言った。 事実、炭治郎だったら茂と花子、二人を背負ってる状態でも荷車を引ける。 だが今回は、すでに炭治郎の背中には炭がたくさん入った籠が背負われていた。 背負って走れるぐらいの力があっても、物理的に背負えないのであれば不可能だ。 仕方なく茂と花子も諦める。 炭治郎は茂に、美味しいものをいっぱい買ってくると約束し、花子にも帰ってきたら本を読んでやると約束した。 二人は子供ながらの切り替えを見せ、とても嬉しそうに笑った。 「竹雄、出来る範囲で構わないから、少し木を切っといてくれ」 「そりゃやるけどさ……一緒にやると思ったのにさ」 「ふふっ、よしよし」 一緒に木を切れないと知っていじけている竹雄の頭を、炭治郎が撫でる。 恥ずかしそうに「やめろよっ」と言う竹雄を無視して、めいいっぱい撫でてやった。 四人に見送られて、炭治郎は街へと向かう。 その最中、家から少し離れて六太を寝かしつけていた禰豆子とすれ違う。 「お兄ちゃん、気をつけてね。 早く帰ってきてね」 「ああ、日が暮れる前に帰ってこれると思うよ」 禰豆子と手を振りながら別れ、炭治郎はいつも通り 呼 ・ 吸 ・をする。 もう何も意識もせずに、疲れない呼吸が出来ている。 呼吸をして吸い込んだ酸素を、身体の中に巡回させる。 意識して脚に力を入れ、雪が被った地面を蹴る。 炭治郎が蹴った地面、そして雪は抉れてそこに跡を残す。 常人では影しか見えないような速度で、炭治郎は山を降りていく。 茂や花子は炭治郎の背中に乗り、こうやって走るととても興奮したようにはしゃぐ。 (帰ったらそうして遊んでやろうかな) そう思いながら、信じられない速さで街に辿り着く炭治郎だった。 街で炭を全て売った炭治郎。 炭を売ってる最中、誰が壺を割ったのかという事件を、炭治郎が自慢の鼻で解決した。 そんなこともあったが、まだ日が落ちるのには早い。 あと数時間は、ずっと日が出たままだろう。 「炭治郎、帰るのか」 「うん、みんな待ってるから」 三郎という爺さんが、険しい顔をしながら一度空を見て、頷く。 「まだ夜にはならないと思うが、気をつけて帰れ。 夜は鬼が出るぞ」 「鬼……? わかった、ありがとう」 鬼という言葉に引っ掛かりを覚えながらも、炭治郎は別れを言って街を後にした。 そしてまた「疲れない呼吸」を使い、すぐに山に入って家に帰った。 家に帰ると、入り口に六太を背負っている禰豆子が見えた。 「禰豆子」 「あっ、お兄ちゃん! おかえりなさい」 「ああ、ただいま」 それから兄妹達も炭治郎が帰ったことに気づき、それぞれ嬉しそうに炭治郎に絡んだ。 だが人生には、空模様があるから。 移ろって、動いていく。 ずっと晴れ続けていることはないし、ずっと雪が降り続けることもない。 夕飯を食べ終わり、そろそろ寝ようとしたとき……。 家の戸が、コンコンと叩く音がした。 こんな夜遅くに人が訪ねてくることなんて、ほとんどない。 あったとしたらそれは、この山で遭難した人ぐらいである。 「はーい」 禰豆子が声をかけて、戸を開けようとするが……。 「禰豆子! 待て!」 炭治郎が禰豆子の腕を掴み、引き止める。 いつもの優しい雰囲気が全く消えて、怒ったような雰囲気をしている炭治郎の様子に、禰豆子だけじゃなく家族全員が驚く。 「お兄ちゃん、どうしたの?」 「ドアの向こうにいる人から、とても濃厚な血の匂いがする……俺が出る」 炭治郎は立ち上がり、戸の方へと歩き出す。 「母さん、禰豆子。 俺が戻って来るまで、家から出ないようにしてくれ」 「炭治郎、どうしたの……?」 「お兄ちゃん……?」 炭治郎はそれに答えず、戸のところに立て掛けていた斧を持つ。 「外で何か聞こえても、何が起きても……絶対に、外に出ないでくれ。 お願いだ、母さん、禰豆子」 「……炭治郎、大丈夫なの?」 「ああ、俺は大丈夫だから」 「お兄ちゃん……」 炭治郎は最後に、家族全員に笑みを見せて……戸を開けて外に出て、すぐに閉めた。 しかしこんな山の中に入った覚えはなく、ましてやこんな子供に会ったことは一度もないはず。 目の前にいる男の、耳飾りが目に入った。 忘れようもない。 自分を唯一、追い詰めた男。 そう思い出した瞬間、目の前にいる男がその継国縁壱に見えてきた。 頭の後ろで一つにまとめ上げた髪型。 額にある大きな痣。 それらが全て、あの化け物と重なって見える。 瞬間、鬼舞辻無惨は血鬼術を発動し、全力で目の前の男を始末しようとした。 身体の至る所から触手を出し、十本以上の触手がその男目掛けて振るわれた。 まだ年齢が15にも満たないような少年。 少年が持っているのは、ただの斧。 鬼殺隊の隊士が持っている鬼を殺すための日輪刀ではなく、木を切るための斧。 「お前から……夥しいほどの、血の匂いがする」 鬼舞辻無惨は呆然としていたが、目の前の少年が怒りに声を震わせながらそう言ったのが聞こえた。 敵が己を殺す技はない、己を殺すのは太陽の光のみ。 陽も落ちたばかりで、夜が明けるのは遠い。 ずっとこちらが攻撃を仕掛け続ければ、いづれ人間なのだから体力は尽きる。 しかしいいのだ。 幻日虹 げんにちこうは、視覚の優れたものほどはっきりと残像を捉える。 鬼舞辻無惨の目からだと、少年がその場にいたはずなのに、いつの間にか消えてしまったように見えた。 だが、鬼舞辻無惨は死なない。 日輪刀でもないただの斧で斬られても、たとえ日輪刀で斬られても。 しかし……。 「傷が……!?」 明らかに、治るのが遅かった。 いつもなら一瞬でくっつく首も、いつまで経ってもくっつかない。 よく少年の斧を見ると……持っているところまでが、金属で作られている。 普通の斧ならば、持っているところは軽くするために木で作られているはずなのに。 炭治郎は「疲れない呼吸」をし始めてから、自分の筋力が大幅に上がった。 だからなのか、普通の斧を握ると壊してしまうのだ。 それで街に降りた時に、握るところも金属で作られている斧を買った。 しかしそれでも本気で握ったことは、今まで一度もなかった。 それが今、炭治郎は目の前の男を殺すために、本気で斧を握っていた。 鬼舞辻無惨は、やはり思い出す。 自分の身体に何百年も前に傷をつけて、いまだにその傷は治らない。 その傷をつけたあの化け物も、同じように刀を赫くしていたのだ。 だが目の前の少年は、刀ですらない。 それなのに、自身の身体の傷を治すのを遅らせるほどの力。 首を落としたのに、死ななかった男。 何千人殺せば、あれほどの血の匂いを漂わせることができるのか。 「……鬼、なのか。 あれが」 三郎の爺さんが言っていた、鬼。 あれがもしかしたら、そうなのかもしれない。 最後に誰かの名前を叫び、いきなり障子の戸が開いてその中へ消え、障子の戸も一緒に消えた。 本当に近くにはいないことを匂いで確認して、炭治郎は家の中へ入った。 「っ! 炭治郎!」 「お兄ちゃん!」 炭治郎が家に戻ると、全員が涙目で炭治郎に抱きついてきた。 「兄ちゃん、大丈夫……!?」 「怪我してない……?」 茂と花子が抱きつきながら、怪我を確かめるように身体に触ってくる。 「あははっ、二人とも、くすぐったいぞ。 大丈夫だ、怪我一つしてない」 炭治郎の笑顔に、みんなは安心した。 そしてもう夜も更けているので、小さい子達はすぐに寝てしまった。 寝かしつけた母さんも、一緒に寝ている。 最後まで起きていたのは、炭治郎と禰豆子。 「お兄ちゃん、本当に大丈夫?」 「大丈夫だ、禰豆子。 怖い人はもういなくなったから」 確かに禰豆子が戸の隙間から見えた人は、怖い雰囲気を持った人だった。 その人がいなくなったのならば、安心である。 しかし大丈夫なのか確認したのは、そういうことではない。 「お兄ちゃんは、本当に怪我ないの?」 一番心配なのはそこだった。 お兄ちゃんの身体が、一番だった。 少し驚いたのか炭治郎は目を見開き、そして安心させるように目を細めて微笑む。 「大丈夫だ。 腕にほんの か ・ す ・ り ・ 傷 ・だけだから」 炭治郎は禰豆子にその傷の部分を見せる。 本当に小さな傷で、よく木の切れ端とかで引っ掻いたような感じだ。 「これくらい、舐めとけば治る」 「うん……わかった。 お兄ちゃん、いつもありがとうね」 「ああ、俺こそ。 「くっ……!!」 炭治郎は全員が寝静まった頃、家の外に出ていた。 「身体が、痛い……!」 男の攻撃をちょっと躱しきれず、ほんの少しだけ受けた傷。 それを受けてから、体内に猛毒か何か入ったのか、身体の中で猛獣が暴れているかのように痛い。 「大丈、夫だ……! 俺は、長男だから……! このくらい、我慢できる……!」 そう言って炭治郎は、家族には打ち明けずに痛みを我慢し続けた。 次の話はこちらです。

次の

【鬼滅の刃195話ネタバレ】炭治郎と伊黒は縁壱が付けた無惨の傷から突破口を開くことができるのか?|ワンピースネタバレ漫画考察

炭治郎 逃げるな

「いいかい、炭治郎……呼吸だ。 「息の仕方があるんだよ。 どれだけ動いても、疲れない息の仕方」 父さんは身体が弱いのに、なぜヒノカミ神楽を踊れるのか聞いた時。 そう答えたのを、覚えている。 「炭治郎。 だけど、すごい大事なものだということは、なぜか理解できた。 「わかった、父さん」 だから炭治郎は、その日からすぐに、「 疲 ・ れ ・ な ・ い ・ 呼 ・ 吸 ・」をし始めた。 父、炭十郎は亡くなり、炭治郎は母親と兄弟、家族六人で暮らしていた。 「炭治郎」 「っ! 母さん……」 「顔が真っ黒じゃないの。 拭いてあげるから、こっちにおいで」 籠に炭を一杯に入れて背負ったとき、炭治郎は母さんに呼ばれて顔を拭かれた。 「雪が降って危ないから、今日は行かなくてもいいのよ」 「正月になったらみんなに腹一杯食べさせてやりたいし、少しでも炭を売ってくるよ」 「……ありがとう、炭治郎」 顔の汚れが落ちたのか、母さんはそう言って布巾を仕舞う。 その時、茂と花子が近づいてきた。 「兄ちゃん! 今日も街に行くの!?」 「私も行くー!」 子供ながらに炭を売るのを手伝いたい、ついでに街で遊びたいという匂いを、炭治郎は感じ取った。 「ダメよ、炭治郎みたいに速く走れないでしょ」 母さんはそれをわかっていながらも、二人にそう言う。 「えー、母ちゃん!」 「ダメ。 今日は雪で荷車を引いていけないから、乗せて休めないのよ」 茂と花子はまだ幼く、雪がない道でも街に行くまでには疲れてしまう。 「じゃあ兄ちゃんにおんぶしてもらう!」 「それもダメ。 炭治郎は今日、籠を背負ってるの」 籠がなかったら、大丈夫というように母さんは言った。 事実、炭治郎だったら茂と花子、二人を背負ってる状態でも荷車を引ける。 だが今回は、すでに炭治郎の背中には炭がたくさん入った籠が背負われていた。 背負って走れるぐらいの力があっても、物理的に背負えないのであれば不可能だ。 仕方なく茂と花子も諦める。 炭治郎は茂に、美味しいものをいっぱい買ってくると約束し、花子にも帰ってきたら本を読んでやると約束した。 二人は子供ながらの切り替えを見せ、とても嬉しそうに笑った。 「竹雄、出来る範囲で構わないから、少し木を切っといてくれ」 「そりゃやるけどさ……一緒にやると思ったのにさ」 「ふふっ、よしよし」 一緒に木を切れないと知っていじけている竹雄の頭を、炭治郎が撫でる。 恥ずかしそうに「やめろよっ」と言う竹雄を無視して、めいいっぱい撫でてやった。 四人に見送られて、炭治郎は街へと向かう。 その最中、家から少し離れて六太を寝かしつけていた禰豆子とすれ違う。 「お兄ちゃん、気をつけてね。 早く帰ってきてね」 「ああ、日が暮れる前に帰ってこれると思うよ」 禰豆子と手を振りながら別れ、炭治郎はいつも通り 呼 ・ 吸 ・をする。 もう何も意識もせずに、疲れない呼吸が出来ている。 呼吸をして吸い込んだ酸素を、身体の中に巡回させる。 意識して脚に力を入れ、雪が被った地面を蹴る。 炭治郎が蹴った地面、そして雪は抉れてそこに跡を残す。 常人では影しか見えないような速度で、炭治郎は山を降りていく。 茂や花子は炭治郎の背中に乗り、こうやって走るととても興奮したようにはしゃぐ。 (帰ったらそうして遊んでやろうかな) そう思いながら、信じられない速さで街に辿り着く炭治郎だった。 街で炭を全て売った炭治郎。 炭を売ってる最中、誰が壺を割ったのかという事件を、炭治郎が自慢の鼻で解決した。 そんなこともあったが、まだ日が落ちるのには早い。 あと数時間は、ずっと日が出たままだろう。 「炭治郎、帰るのか」 「うん、みんな待ってるから」 三郎という爺さんが、険しい顔をしながら一度空を見て、頷く。 「まだ夜にはならないと思うが、気をつけて帰れ。 夜は鬼が出るぞ」 「鬼……? わかった、ありがとう」 鬼という言葉に引っ掛かりを覚えながらも、炭治郎は別れを言って街を後にした。 そしてまた「疲れない呼吸」を使い、すぐに山に入って家に帰った。 家に帰ると、入り口に六太を背負っている禰豆子が見えた。 「禰豆子」 「あっ、お兄ちゃん! おかえりなさい」 「ああ、ただいま」 それから兄妹達も炭治郎が帰ったことに気づき、それぞれ嬉しそうに炭治郎に絡んだ。 だが人生には、空模様があるから。 移ろって、動いていく。 ずっと晴れ続けていることはないし、ずっと雪が降り続けることもない。 夕飯を食べ終わり、そろそろ寝ようとしたとき……。 家の戸が、コンコンと叩く音がした。 こんな夜遅くに人が訪ねてくることなんて、ほとんどない。 あったとしたらそれは、この山で遭難した人ぐらいである。 「はーい」 禰豆子が声をかけて、戸を開けようとするが……。 「禰豆子! 待て!」 炭治郎が禰豆子の腕を掴み、引き止める。 いつもの優しい雰囲気が全く消えて、怒ったような雰囲気をしている炭治郎の様子に、禰豆子だけじゃなく家族全員が驚く。 「お兄ちゃん、どうしたの?」 「ドアの向こうにいる人から、とても濃厚な血の匂いがする……俺が出る」 炭治郎は立ち上がり、戸の方へと歩き出す。 「母さん、禰豆子。 俺が戻って来るまで、家から出ないようにしてくれ」 「炭治郎、どうしたの……?」 「お兄ちゃん……?」 炭治郎はそれに答えず、戸のところに立て掛けていた斧を持つ。 「外で何か聞こえても、何が起きても……絶対に、外に出ないでくれ。 お願いだ、母さん、禰豆子」 「……炭治郎、大丈夫なの?」 「ああ、俺は大丈夫だから」 「お兄ちゃん……」 炭治郎は最後に、家族全員に笑みを見せて……戸を開けて外に出て、すぐに閉めた。 しかしこんな山の中に入った覚えはなく、ましてやこんな子供に会ったことは一度もないはず。 目の前にいる男の、耳飾りが目に入った。 忘れようもない。 自分を唯一、追い詰めた男。 そう思い出した瞬間、目の前にいる男がその継国縁壱に見えてきた。 頭の後ろで一つにまとめ上げた髪型。 額にある大きな痣。 それらが全て、あの化け物と重なって見える。 瞬間、鬼舞辻無惨は血鬼術を発動し、全力で目の前の男を始末しようとした。 身体の至る所から触手を出し、十本以上の触手がその男目掛けて振るわれた。 まだ年齢が15にも満たないような少年。 少年が持っているのは、ただの斧。 鬼殺隊の隊士が持っている鬼を殺すための日輪刀ではなく、木を切るための斧。 「お前から……夥しいほどの、血の匂いがする」 鬼舞辻無惨は呆然としていたが、目の前の少年が怒りに声を震わせながらそう言ったのが聞こえた。 敵が己を殺す技はない、己を殺すのは太陽の光のみ。 陽も落ちたばかりで、夜が明けるのは遠い。 ずっとこちらが攻撃を仕掛け続ければ、いづれ人間なのだから体力は尽きる。 しかしいいのだ。 幻日虹 げんにちこうは、視覚の優れたものほどはっきりと残像を捉える。 鬼舞辻無惨の目からだと、少年がその場にいたはずなのに、いつの間にか消えてしまったように見えた。 だが、鬼舞辻無惨は死なない。 日輪刀でもないただの斧で斬られても、たとえ日輪刀で斬られても。 しかし……。 「傷が……!?」 明らかに、治るのが遅かった。 いつもなら一瞬でくっつく首も、いつまで経ってもくっつかない。 よく少年の斧を見ると……持っているところまでが、金属で作られている。 普通の斧ならば、持っているところは軽くするために木で作られているはずなのに。 炭治郎は「疲れない呼吸」をし始めてから、自分の筋力が大幅に上がった。 だからなのか、普通の斧を握ると壊してしまうのだ。 それで街に降りた時に、握るところも金属で作られている斧を買った。 しかしそれでも本気で握ったことは、今まで一度もなかった。 それが今、炭治郎は目の前の男を殺すために、本気で斧を握っていた。 鬼舞辻無惨は、やはり思い出す。 自分の身体に何百年も前に傷をつけて、いまだにその傷は治らない。 その傷をつけたあの化け物も、同じように刀を赫くしていたのだ。 だが目の前の少年は、刀ですらない。 それなのに、自身の身体の傷を治すのを遅らせるほどの力。 首を落としたのに、死ななかった男。 何千人殺せば、あれほどの血の匂いを漂わせることができるのか。 「……鬼、なのか。 あれが」 三郎の爺さんが言っていた、鬼。 あれがもしかしたら、そうなのかもしれない。 最後に誰かの名前を叫び、いきなり障子の戸が開いてその中へ消え、障子の戸も一緒に消えた。 本当に近くにはいないことを匂いで確認して、炭治郎は家の中へ入った。 「っ! 炭治郎!」 「お兄ちゃん!」 炭治郎が家に戻ると、全員が涙目で炭治郎に抱きついてきた。 「兄ちゃん、大丈夫……!?」 「怪我してない……?」 茂と花子が抱きつきながら、怪我を確かめるように身体に触ってくる。 「あははっ、二人とも、くすぐったいぞ。 大丈夫だ、怪我一つしてない」 炭治郎の笑顔に、みんなは安心した。 そしてもう夜も更けているので、小さい子達はすぐに寝てしまった。 寝かしつけた母さんも、一緒に寝ている。 最後まで起きていたのは、炭治郎と禰豆子。 「お兄ちゃん、本当に大丈夫?」 「大丈夫だ、禰豆子。 怖い人はもういなくなったから」 確かに禰豆子が戸の隙間から見えた人は、怖い雰囲気を持った人だった。 その人がいなくなったのならば、安心である。 しかし大丈夫なのか確認したのは、そういうことではない。 「お兄ちゃんは、本当に怪我ないの?」 一番心配なのはそこだった。 お兄ちゃんの身体が、一番だった。 少し驚いたのか炭治郎は目を見開き、そして安心させるように目を細めて微笑む。 「大丈夫だ。 腕にほんの か ・ す ・ り ・ 傷 ・だけだから」 炭治郎は禰豆子にその傷の部分を見せる。 本当に小さな傷で、よく木の切れ端とかで引っ掻いたような感じだ。 「これくらい、舐めとけば治る」 「うん……わかった。 お兄ちゃん、いつもありがとうね」 「ああ、俺こそ。 「くっ……!!」 炭治郎は全員が寝静まった頃、家の外に出ていた。 「身体が、痛い……!」 男の攻撃をちょっと躱しきれず、ほんの少しだけ受けた傷。 それを受けてから、体内に猛毒か何か入ったのか、身体の中で猛獣が暴れているかのように痛い。 「大丈、夫だ……! 俺は、長男だから……! このくらい、我慢できる……!」 そう言って炭治郎は、家族には打ち明けずに痛みを我慢し続けた。 次の話はこちらです。

次の

竈門炭治郎の痣はいつから?耳飾りの意味・覚醒について調査【額の痣と耳飾り】

炭治郎 逃げるな

2020年2月24日 月 発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の鬼滅の刃 きめつのやいば 本誌195話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 では伊黒が戦線に復帰、炭治郎と一緒に無惨に立ち向かいます。 無惨は珠世の薬によって老化が進み、縁壱に付けられた傷が次々と体中に現れました。 縁壱から受けた傷は治っておらず、ずっと体を焼き続けていたようです。 珠世の薬によって、無惨が弱体化しましたが、炭治郎たちは無惨を倒すことができるのでしょうか? 今回は「【鬼滅の刃 きめつのやいば ネタバレ最新話195話本誌確定速報】炭治郎と伊黒は縁壱が付けた無惨の傷から突破口を開くことができるのか?」と題し紹介していきます。 鬼滅の刃195話ネタバレ 2期やん!絶対2期やん! — ゆーきーお。 🐽 TSJgJG1m3riYCLV 鬼滅の刃最新話195話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 無惨の体に出現した複数の傷 扉絵で甘露寺の近くに茶々丸がいて、血清を加えています。 無惨は前に縁壱と遭遇して、バラバラに斬り刻まれトラウマと言っていいほどに鮮明に記憶に残っていました。 縁壱は無惨には最初弱い男だと認識されてました。 それは覇気、闘気、憎しみ、殺意すべてを縁壱から感じられなかったためです。 そのような男に自分がやられるはずはないと思い込んでいました。 しかし実際にはその男に圧倒されて、無数の傷をつけられ、何百年もの長いその傷口は灼き続けられているようです。 そんな縁壱を無惨は鬼よりも化け物だと思い、自分の体をこんなにしてしまった縁壱を思い出して怒ります。 無惨の老化 その間にも炭治郎と伊黒は攻撃を緩めず無惨を攻めます。 無惨はこの二人の攻撃にしつこいと怒ります。 そして自分が二人の攻撃を受けているときに息切れしていることに気が付き疑問を持ちます。 鬼である無惨は不死で、体力は無限のはず。 しかし息切れしているということは体力が残っていないということで、珠世の薬のせいで老化しているのでしょう。 そのことに無惨はさらに怒ります。 無惨が逃げる 息切れをするという、無惨にとっては想定外の事態に無惨は逃げようとします。 炭治郎と伊黒は無惨が逃げることに気が付き、この無惨を倒すことができる機会を逃して貯まるかと追いかけます。 ですが、無惨のスピードの方が速く追いつくどころか、徐々に引き離されていきます。 炭治郎はこの無惨の逃げるという行動で、無惨は生きることだけしか考えていなくて、逃げることに抵抗がないと考えました。 ここまで無惨を追い詰めたのにと悔しそうにする炭治郎。 ですが、炭治郎、伊黒はあきらめず無惨を追いかけます。 そこで炭治郎は愈史郎の姿を消すお札を取り出し、伊黒と鏑丸用に2枚投げます。 鏑丸がそれを受け取り、炭治郎、伊黒、鏑丸は姿を消します。 2人はこのまま無惨を倒そうと決意します。 195話への感想・予想ツイート 最近ジャンプ巻末での 鬼滅次号煽りが ループしてんのかなあ~~???てぐらい 進展してねぇ。 何も言えねぇなんだよな。 編集部も。 下手に予告つけれんのよな。 — もえぎまや EndlessBBA 以下が鬼滅の刃195話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。 それを弱点ととらえた炭治郎と伊黒はその場所を狙って攻撃しようと試みます。 最新話確定速報として195話のネタバレをお届けしました。 無惨は自分が不利な状況に追い込まれていることがわかると一目散に逃げていきます。 それを炭治郎と伊黒が追いますが、伊黒が追い付き無惨の首に日輪刀を突き刺します。 さらに街の近くには禰豆子が来ており、右目が人間に戻っていました。 珠世の薬が効いたのでしょうか? 無惨が逃げる中、禰豆子が到着。 これからどのような展開になっていくのでしょうか? 以上、「【鬼滅の刃 きめつのやいば ネタバレ最新話195話本誌確定速報】炭治郎と伊黒は縁壱が付けた無惨の傷から突破口を開くことができるのか?」と題しお届けしました。

次の