サトシ リーグ 優勝。 【速報】サトシ選手、22年目にして初優勝

サトシ

サトシ リーグ 優勝

なんと、グラジオのルガルガンはこんらん状態を解くためにわざと自分の手にかみついていたのです! グラジオとルガルガンが編み出した勝利への方程式。 涼しい顔をしながらこんな無茶を通してくるのがグラジオらしい気がします。 なんとか立ち上がるサトシのルガルガンですが、もはや立っているのがやっとといった状態です。 すでに意識が飛びかけていたサトシのルガルガンですが、この声で覚醒。 次回はどうなってしまうのか……! ひとまず、本企画としてはもう少し余韻に浸りましょう! サトシの優勝フラグがいくつもあったことで「今度こそは」と思っていたアローラポケモンリーグですが、それでもどこかで「また優勝できないのかも……」と思ってしまうこともありました。 ですが、サトシは優勝してくれました。 ファンとして本当に待ち望んだ光景です。 そしてその相手がグラジオだったのもすごく良かったですね。 トレーナーどうしはもちろん、ポケモンどうしもすごくいいライバル関係で、決勝戦は本当にアツい戦いを見せてくれました。 サトシ優勝の根拠ともしていたロイヤルマスクとのエキシビションマッチがどんな内容になるのかも非常に気になるところです。 きっとニャヒートとガオガエンの再戦があると思いますが、どんなバトルになるのでしょうか。 その前に、アクジキング襲来がどうなるかですね。 次回、「アクジキング襲来!Zワザ大決戦!!」は9月22日(日)放送です。 本企画はサトシの優勝によって今回で終了となりますが……ぜひ来週以降もアニポケをいっしょに楽しみましょう! おまけ.

次の

サトシはアローラポケモンリーグで優勝できるか?【アニメポケモンサンムーン】※8月19日追記あり

サトシ リーグ 優勝

サトシ優勝時の手持ちパーティは何? サトシが優勝したアローラポケモンリーグでの手持ちパーティとして使用していたポケモンはこちら。 ピカチュウ 言わずと知れたサトシのパートナーポケモンのピカ様である。 モクロー アローラ地方で初めてゲットしたポケモン。 「かわらずのいし」を飲み込んだため進化できない。 グラジオが使用した手持ちポケモンはこちら• ルガルガン• ブラッキー• シルヴァディ• ゾロアーク 厨二病ごころをくすぐるパーティとなっている。 決勝戦の戦いの内容は? 飯を食いながらアニポケサトシの思い出を語るもこう。 サトシがポケモンリーグ優勝してしまったこと、また次のアニポケのタイトルが「ポケットモンスター」というシンプルな名前になっていること、などからサトシが主人公でなくなってしまうのではないかという懸念があると語る。 サトシの目標はポケモンリーグ優勝であった。 またちょうどゲームも「ポケットモンスター ソード・シールド」からハードの変更や過去作互換切りが行われ、区切りのポイントであることも、サトシが主人公を降りる良いタイミングである可能性を高める要因となっていそうだ。 サトシが主人公でなくなってしまうかもしれないということで、もこうはアニポケ全体の思い出を語っていく。 ニャースが喋れるようになったエピソードがおススメらしく、特に深く語っていた。 あゆみん.

次の

アニメ『ポケモン』振り返り記事「誕生! アローラの覇者!!」

サトシ リーグ 優勝

サトシ ポケモンリーグ初優勝がヤバい!! 1997年に放送開始され、22年間に渡って大人気のうちに放送され続けてきたアニメ「ポケットモンスター」。 このアニメではポケモンマスターを目指す主人公のサトシが、相棒のピカチュウをはじめとした「ポケモン」と呼ばれる生き物たちと共に成長していく物語が描かれています。 主人公のサトシは、様々な地で出会うライバルや様々なポケモンたちとの出会いと別れの中で、共に切磋琢磨しながら強くなり、各地でのポケモンリーグでの優勝を目指してきました。 アニメの放送開始から22年間でサトシが旅をした地は7地方となっています。 各地方ではそれぞれにポケモンリーグが開催され、現在のアローラリーグ以前では、サトシの戦績は以下のようになっています。 9月15日に放送された第139話では、サトシはアローラリーグの決勝戦に進出します。 決勝戦ではグラジオとのバトルに挑みますが、見事に勝利して22年越しに初優勝を飾りました。 ついに悲願のポケモンリーグ王者に輝いたサトシに対し、子供だけにとどまらず、昔からポケットモンスターを視聴してきた多くのファンからも歓喜の声が上がることとなっています。 サトシ ポケモンリーグ初優勝 22年越しに悲願のチャンピオンで歓喜の声続出!? サトシのポケモンリーグ初優勝に対して、子供から大人まで多くのファンから歓喜の声が上がるのには理由があります。 ポケットモンスターが始まったのが22年前で、今も衰えぬ人気を誇るとともに、大人になってもポケモンを愛しているファンが多いことが非常に大きな影響を与えていると言えます。 この、大人になってもポケモンを愛しサトシの優勝に喜びを感じることの大きな理由としては、ポケットモンスターの物語の中に理由が隠されていると言えます。 これまでサトシは相棒のピカチュウと共にポケモンマスターを目指して旅を続けてきました。 各地でポケモンリーグに挑戦し、幾度となく優勝を逃してきました。 新たな地方へ渡るたびに相棒のピカチュウのみを連れ、また新たな仲間を探しながら強くなる努力を続けますが、どれだけの実践と努力を重ねポケモンたちとの絆を深めても、アローラリーグ以前の6地方では優勝を果たすことはできていませんでした。 これにより、サトシとゲッコウガの心がシンクロして「サトシゲッコウガ」という特殊な力が開花したことで、ついにカロスリーグで優勝するのでは?との期待の声も飛び交うこととなっていました。 しかし結果は準優勝に終わり、「サトシは優勝しない」「優勝しないから度が続き、アニメが続く」という声が飛び交うこととなっていました。 そんなファンもあきらめムードの中でついに悲願の初優勝を果たしたことは、「努力しても報われない」という定説を覆し、「努力は報われる」ということが証明された瞬間でもあることで、より多くのファンの心を動かしたといえるでしょう。 最後に、サトシがアローラリーグで優勝したシーンを含む映像がありますので見てみましょう。 ポケットモンスターの歴史に刻まれた「サトシ優勝」の感動の後に、今後のアニメがどのような展開を見せるのかにも注目が集まることとなっています。 サトシ ポケモンリーグ初優勝 世間の反響は? アニメ「ポケットモンスター」の主人公であるサトシが、22年越しに悲願のポケモンリーグ初優勝を果たしたことについて、世間では非常に大きな反響の声が寄せられることとなっています。 特にヤフーニュースでは非常に大きな反響の声が寄せられることとなっていますが、中でも、 「自分が小さい頃に見てた、やってたことが当分見てなくて最近子供がハマって見始めたが、今回の話は少しうるっとした。 自分が子供のころに始まって自分の子供が小学校に入ってポケモンにハマリ、サトシがとうとう優勝して。 感動した。 サトシおめでとう。 yahoo. 予選も誰でも参加できる総当たり戦ではなく、やはり各地のジムを巡って参加資格を得て集まったトレーナーのトーナメント戦での勝ち残りである方がリーグらしいのではと個人的には思いました。 時代と共に新しいことに馴染めないだけかと思いますが、何か違うとモヤモヤしましたのでこちらでコメントさせていただきました。 yahoo. ここまで長かったことでしょう。 僕が印象に残っているのは、ポケモンリーグのセキエイ大会、草のフィールドで、サトシの対戦相手のカオルコが出したマダツボミ、実際にアニメを見て、それを当時VHSで録画したので何度も見たのですが、こんなに強かったけ?というのが率直な感想です。 最終的にはサトシが出したベトベトンにやられて、カオルコが敗北した訳なんですが、子供の頃何度も見たのでとても印象深いです。 20年前の話なので、覚えてない人も多いと思いますが。 yahoo. 当時は小3くらいで、アニメだし親の言うことも一理あると思ってしまった。 でも翌週サトシは負けてしまって、「勝ってないじゃん!!」と思い、主人公は必ず勝つという親の読みはアテにならないと学んだ。 それ以来、主題歌の「いつもいつでも上手くいくなんて 保証はどこにもないけど」は、心の引き出しの、いつでも取り出せる位置に置いてある。 yahoo. それぐらいポケモンで育ってきたのでほんとに自分のことのように嬉しく思いました!この気持ちが、次の子供たちが大人になって、親になった時に同じように思う日が来るのかなとしみじみ思います。 yahoo. サトシとピカチュウがいるからこそのポケモン。 なぜこのタイミングでのリーグ優勝なのか、世代交代ならなぜこのタイミングなのか。 もっと早くても遅くてもよかったんじゃないのか。 色々と気になるところはありますね。 yahoo. エキシビションマッチにロイヤルマスクとの試合が設定されているということは、サトシが勝つということと分かってはいましたが、毎週毎週子ども達と大騒ぎしながら楽しませてもらいました。 来週以降もまだまだ重ためストーリーで楽しみです。 yahoo. 小学生の頃、地元のテレビ局での放送時間変更以降、観なくなったけど、ここ最近、知っている子供達に触発されてから再びハマり出して、AGからDVDを借りて観てた。 いつも、良いところでサトシがリーグ戦を敗退するところを見てきただけに、今回の優勝は見ていた世代として、何か思うことがある。 yahoo. あわせて読みたい。 関連記事:.

次の