茅乃舎 だし うどん。 久原本家の茅乃舎だしは店舗と通販どちらで買う?おすすめギフトと口コミは?

【初回限定】茅乃舎だし(焼あご入り)送料無料お試しセット|久原本家通販サイト(公式)

茅乃舎 だし うどん

ライター 藤沢あかり 晴れの日も、雨の日も。 ご機嫌な日も、ちょっと仕事で疲れた日も、私たちは毎日ごはんを作ります。 それは、誰かの誕生日のようなお祝いや、季節の行事ごと、そんな特別なものではありません。 家族や自分のために作る、日常の一片である「普段のごはん」です。 とっておきの材料を揃えて、じっくり時間をかけて作る料理もいいけれど、毎日のことだから肩ひじ張らずに気楽にいきたいもの。 だって、料理のおいしさや愛情の深さは、かけた時間に比例するというものでもないはずです。 毎日食べるごはんは、限られた時間の中で、手間なくおいしく仕上げたい。 そんな思いに新たな気づきを投げかけてくれたのが、家庭で気軽においしいだしを味わえる、久原本家(くばらほんけ)の「茅乃舎(かやのや)だし」でした。 前回のお取り組みでは、簡単に豊かな香りとうまみを味わえるだしパックを使ったレシピに加え、その「だしがら」をふりかけにするアイデアもご紹介。 すると、お客さまから「いろんなレシピが知りたい」「だしがらをもっと使いこなしたい」と、たくさんのご感想をいただきました。 そこで今回は、さらに「茅乃舎だし」を使いこなすべく、愛用するスタッフ宅を訪問。 前編は、もうすぐ2歳になる子どもと暮らすスタッフ渡邉のキッチンからお届けします。 (この記事は、クライアント企業さまのご依頼で制作する「BRAND NOTE」という記事広告コンテンツです) 子どもとの夕飯は、帰宅後20分以内に「いただきます!」が目標 2歳になる男の子と、夫との3人で暮らすスタッフ渡邉。 育休から復帰して1年、お客様係として奮闘する毎日。 退社後は保育園へお迎えに行き、帰宅するのはいつもだいたい18時半過ぎでしょうか。 渡邉: 「帰宅後の夕飯作りは、毎日本当に時間との戦いで、息子がひとりで遊んでくれているわずかな時間が勝負。 『ママー、抱っこー!』と寄ってくることもしょっちゅうで、キッチンに立てるのは、15~20分くらいが限界ですね。 子どもが離乳食の頃は、ストックを作って冷凍しておけたのでラクだったんです。 この日のメニューは、野菜がたっぷり入った焼きうどんと、豆腐とわかめのお味噌汁。 焼きうどんは、「茅乃舎だし」公式サイトのレシピを参考にアレンジを加え、渡邉家の定番となりました。 渡邉: 「平日の夜や週末のお昼は、うどんやチャーハンなど、パッと食べられて野菜も採れるメニューを選ぶことが多いです。 うどんは、おだしで作るあったかいものや、今回のような焼きうどんだったり……子どもがよく食べてくれるから登場回数も増えちゃいますね」 だしパックは、煮出しすぎないのがおいしさのコツ まずは、お味噌汁のだしを取りましょう。 ここで、おいしいだしを引き出すポイントをひとつ。 それは、火をつける前に、だしパック全体を水によく浸すこと。 うまみがじっくりとしみ出します。 さらに、「茅乃舎だし」は、沸騰後中火で2~3分煮出したら、すぐに取りだします。 つい、もったいない……!と長時間煮出してしまいそうですが、実は反対に雑味が出る原因に。 長時間煮出しているわけではないのに、キッチンからは濃厚なだしの香りが立ち込めました。 そうそう、この香り。 理屈ではない、記憶の片隅や胃袋に直接訴えかけてくる香りは、誰もがホッとする温かな力を秘めています。 渡邉: 「あとは味噌をといたらできあがり。 今日は豆腐とわかめにしました」 次に、焼きうどんを作ります。 豚肉を入れ、軽く色が変わり始めたらざく切りにしたキャベツ、玉ねぎ、にんじんを加えてさらに炒めます。 うどんを入れて麺がほぐれてきたら、ここで味つけを。 袋は手で簡単に破けます。 渡邉: 「茅乃舎だしを、ここでは煮出さずに袋を破って、中身を調味料として使います。 うどん2玉に対して、1袋が目安です」 最後に、お好みで醤油少々を加え、味をととのえて完成! ここまで15分ほど。 あっという間です。 醤油のかわりにソースで仕上げても、もちろんおいしくなりますよ。 サッと使えて、パッと味が決まる。 だから使い続けています。 渡邉: 「茅乃舎だしは、だしのうまみがしっかりとしているし、薄く味つけがされているから、手間いらずで味が決まるのがありがたいです。 帰宅してから、寝かしつけまでの短い時間に食事を作ってお風呂に入れて……って、夕飯はスピードが命です。 でも、おいしいものを食べたいし、手作りだってしたい。 だから、簡単にできて、大人も子どももおいしく食べられる安心感に救われています。 粉末調味料として使う時にも、味の調整がしやすいから便利なんですよね。 子ども用には茅乃舎だしを控えめに入れて先に取り分けたり、味噌汁のだし汁として使う時にも、少し薄めにしています」 渡邉: 「使い始めて、かれこれ2年くらいになるでしょうか。 義母から薦められたのがきっかけなんです。 うちは、子どもが和食党。 うどんや味噌汁など、だしを効かせた味つけだと、すごくよく食べてくれるから、かなり重宝していますね。 でも、洋風の料理も、もちろん作りますよ。 すぐ手が伸びる場所にストックしてあります。 どうして「入れるだけ」で味が決まるの? 「だし」というと、取り方にコツが必要だったり、メニューによってかつおや昆布などのだし素材を変えたりと、ちょっと難しそうなイメージがあるかもしれません。 茅乃舎だしは、国産の焼きあご、かつお節、うるめいわし、真昆布を独自のバランスでブレンド。 2~3分煮出すだけで、しっかりとだしが出るよう、素材それぞれの粉砕具合にもこだわっています。 だから、いつでも誰でも、変わらず安定したおいしさをキープできるのです。 さらに、海塩と醤油で、ほんのりと味わいをプラス。 これが、「入れるだけ」で味がばっちり決まる隠れたポイント。 上品で控えめな風味だから、お好みの調味料で味をととのえることもできます。 渡邉: 「以前は私も、かつおぶしからまとめてだしをとって冷凍していたんです。 でも、どのくらいの期間で使い切ったらいいのか分からず……。 茅乃舎だしの手軽さと美味しさを知ってからは、乗り換えてしまいました」 おいしい「だし」だからこそ、「毎日の食卓」に使いたい 仕事や子育てをしながら、毎日変わらずごはんを作り続けることは、時にとても大変です。 品数や調理法にこだわるのもひとつですが、ちょっと視点を変えて、料理の基本となる「だし」から、食卓を見直してみませんか? 「ママ、抱っこ~!」と駆け寄る子どもに、「おいしいごはん、すぐできるよ!」と、応える笑顔と、温かなだしの香り。 毎日の何気ない風景が、いつか思い出す我が家の味の記憶となっていくのかもしれません。 「だしパック」は、「煮出す」だけが使いみちではありません。 原料にこだわった茅乃舎だしだからこそ楽しめる、バリーエション豊かな活用術をお届けします。 大学卒業後、文房具や雑貨の商品企画を経て、雑貨・インテリア誌の編集者に。 出産を機にフリーとなり、現在はインテリアや雑貨、子育てや食など暮らしまわりの記事やインタビューを中心に編集・執筆を手がける。 本日の編集部recommends! 当店のボトムスはこれからの季節にも!スタッフ3名のコーデをご紹介 とことん気軽に使える樹脂食器シリーズや、オリジナルキッチンリネンなどが揃いました! 販売中のバックナンバーの一部は、当店アプリなら無料でご覧いただけます!• テーブルウェア• キッチンウェア• インテリア雑貨• ファブリック• 日用品、生活雑貨• ファッション小物• キッズアイテム• 過去の取扱商品•

次の

茅乃舎だしで作る美味しい鍋焼きうどんレシピ|食材は何でも使いましょう。

茅乃舎 だし うどん

ライター 藤沢あかり 晴れの日も、雨の日も。 ご機嫌な日も、ちょっと仕事で疲れた日も、私たちは毎日ごはんを作ります。 それは、誰かの誕生日のようなお祝いや、季節の行事ごと、そんな特別なものではありません。 家族や自分のために作る、日常の一片である「普段のごはん」です。 とっておきの材料を揃えて、じっくり時間をかけて作る料理もいいけれど、毎日のことだから肩ひじ張らずに気楽にいきたいもの。 だって、料理のおいしさや愛情の深さは、かけた時間に比例するというものでもないはずです。 毎日食べるごはんは、限られた時間の中で、手間なくおいしく仕上げたい。 そんな思いに新たな気づきを投げかけてくれたのが、家庭で気軽においしいだしを味わえる、久原本家(くばらほんけ)の「茅乃舎(かやのや)だし」でした。 前回のお取り組みでは、簡単に豊かな香りとうまみを味わえるだしパックを使ったレシピに加え、その「だしがら」をふりかけにするアイデアもご紹介。 すると、お客さまから「いろんなレシピが知りたい」「だしがらをもっと使いこなしたい」と、たくさんのご感想をいただきました。 そこで今回は、さらに「茅乃舎だし」を使いこなすべく、愛用するスタッフ宅を訪問。 前編は、もうすぐ2歳になる子どもと暮らすスタッフ渡邉のキッチンからお届けします。 (この記事は、クライアント企業さまのご依頼で制作する「BRAND NOTE」という記事広告コンテンツです) 子どもとの夕飯は、帰宅後20分以内に「いただきます!」が目標 2歳になる男の子と、夫との3人で暮らすスタッフ渡邉。 育休から復帰して1年、お客様係として奮闘する毎日。 退社後は保育園へお迎えに行き、帰宅するのはいつもだいたい18時半過ぎでしょうか。 渡邉: 「帰宅後の夕飯作りは、毎日本当に時間との戦いで、息子がひとりで遊んでくれているわずかな時間が勝負。 『ママー、抱っこー!』と寄ってくることもしょっちゅうで、キッチンに立てるのは、15~20分くらいが限界ですね。 子どもが離乳食の頃は、ストックを作って冷凍しておけたのでラクだったんです。 この日のメニューは、野菜がたっぷり入った焼きうどんと、豆腐とわかめのお味噌汁。 焼きうどんは、「茅乃舎だし」公式サイトのレシピを参考にアレンジを加え、渡邉家の定番となりました。 渡邉: 「平日の夜や週末のお昼は、うどんやチャーハンなど、パッと食べられて野菜も採れるメニューを選ぶことが多いです。 うどんは、おだしで作るあったかいものや、今回のような焼きうどんだったり……子どもがよく食べてくれるから登場回数も増えちゃいますね」 だしパックは、煮出しすぎないのがおいしさのコツ まずは、お味噌汁のだしを取りましょう。 ここで、おいしいだしを引き出すポイントをひとつ。 それは、火をつける前に、だしパック全体を水によく浸すこと。 うまみがじっくりとしみ出します。 さらに、「茅乃舎だし」は、沸騰後中火で2~3分煮出したら、すぐに取りだします。 つい、もったいない……!と長時間煮出してしまいそうですが、実は反対に雑味が出る原因に。 長時間煮出しているわけではないのに、キッチンからは濃厚なだしの香りが立ち込めました。 そうそう、この香り。 理屈ではない、記憶の片隅や胃袋に直接訴えかけてくる香りは、誰もがホッとする温かな力を秘めています。 渡邉: 「あとは味噌をといたらできあがり。 今日は豆腐とわかめにしました」 次に、焼きうどんを作ります。 豚肉を入れ、軽く色が変わり始めたらざく切りにしたキャベツ、玉ねぎ、にんじんを加えてさらに炒めます。 うどんを入れて麺がほぐれてきたら、ここで味つけを。 袋は手で簡単に破けます。 渡邉: 「茅乃舎だしを、ここでは煮出さずに袋を破って、中身を調味料として使います。 うどん2玉に対して、1袋が目安です」 最後に、お好みで醤油少々を加え、味をととのえて完成! ここまで15分ほど。 あっという間です。 醤油のかわりにソースで仕上げても、もちろんおいしくなりますよ。 サッと使えて、パッと味が決まる。 だから使い続けています。 渡邉: 「茅乃舎だしは、だしのうまみがしっかりとしているし、薄く味つけがされているから、手間いらずで味が決まるのがありがたいです。 帰宅してから、寝かしつけまでの短い時間に食事を作ってお風呂に入れて……って、夕飯はスピードが命です。 でも、おいしいものを食べたいし、手作りだってしたい。 だから、簡単にできて、大人も子どももおいしく食べられる安心感に救われています。 粉末調味料として使う時にも、味の調整がしやすいから便利なんですよね。 子ども用には茅乃舎だしを控えめに入れて先に取り分けたり、味噌汁のだし汁として使う時にも、少し薄めにしています」 渡邉: 「使い始めて、かれこれ2年くらいになるでしょうか。 義母から薦められたのがきっかけなんです。 うちは、子どもが和食党。 うどんや味噌汁など、だしを効かせた味つけだと、すごくよく食べてくれるから、かなり重宝していますね。 でも、洋風の料理も、もちろん作りますよ。 すぐ手が伸びる場所にストックしてあります。 どうして「入れるだけ」で味が決まるの? 「だし」というと、取り方にコツが必要だったり、メニューによってかつおや昆布などのだし素材を変えたりと、ちょっと難しそうなイメージがあるかもしれません。 茅乃舎だしは、国産の焼きあご、かつお節、うるめいわし、真昆布を独自のバランスでブレンド。 2~3分煮出すだけで、しっかりとだしが出るよう、素材それぞれの粉砕具合にもこだわっています。 だから、いつでも誰でも、変わらず安定したおいしさをキープできるのです。 さらに、海塩と醤油で、ほんのりと味わいをプラス。 これが、「入れるだけ」で味がばっちり決まる隠れたポイント。 上品で控えめな風味だから、お好みの調味料で味をととのえることもできます。 渡邉: 「以前は私も、かつおぶしからまとめてだしをとって冷凍していたんです。 でも、どのくらいの期間で使い切ったらいいのか分からず……。 茅乃舎だしの手軽さと美味しさを知ってからは、乗り換えてしまいました」 おいしい「だし」だからこそ、「毎日の食卓」に使いたい 仕事や子育てをしながら、毎日変わらずごはんを作り続けることは、時にとても大変です。 品数や調理法にこだわるのもひとつですが、ちょっと視点を変えて、料理の基本となる「だし」から、食卓を見直してみませんか? 「ママ、抱っこ~!」と駆け寄る子どもに、「おいしいごはん、すぐできるよ!」と、応える笑顔と、温かなだしの香り。 毎日の何気ない風景が、いつか思い出す我が家の味の記憶となっていくのかもしれません。 「だしパック」は、「煮出す」だけが使いみちではありません。 原料にこだわった茅乃舎だしだからこそ楽しめる、バリーエション豊かな活用術をお届けします。 大学卒業後、文房具や雑貨の商品企画を経て、雑貨・インテリア誌の編集者に。 出産を機にフリーとなり、現在はインテリアや雑貨、子育てや食など暮らしまわりの記事やインタビューを中心に編集・執筆を手がける。 本日の編集部recommends! 当店のボトムスはこれからの季節にも!スタッフ3名のコーデをご紹介 とことん気軽に使える樹脂食器シリーズや、オリジナルキッチンリネンなどが揃いました! 販売中のバックナンバーの一部は、当店アプリなら無料でご覧いただけます!• テーブルウェア• キッチンウェア• インテリア雑貨• ファブリック• 日用品、生活雑貨• ファッション小物• キッズアイテム• 過去の取扱商品•

次の

茅の舎(かやのや)の昆布だしで鍋焼きうどん 作り方&レシピ

茅乃舎 だし うどん

ライター 藤沢あかり おいしさは最優先。 でも、手軽さは譲れない、というのが毎日のごはん作りへの本音ではないでしょうか。 おいしさと手軽さは同時に叶うもの?という疑問に、「だしから食卓を見直そう」と新しい提案をくれた「茅乃舎(かやのや)」とのお取り組みが、今回のBRAND NOTE。 では、スタッフ渡邉の夕食作りを通して、茅乃舎だしを使い15分で仕上げる食卓をご紹介しました。 後編では、お客様から「もっと知りたい!」とのお声が多かった、茅乃舎だし、野菜だしのパックを破って調味料として使うレシピ、そしてだしを取ったあとの「だしがら」をおいしく活用するアイデアをお届けします。 茅乃舎だしを初めて知る人はもちろん、すでに使ったことがあるという人も「だし」の新たな可能性に気づいてもらえるはずです。 (この記事は、クライアント企業さまのご依頼で制作する「BRAND NOTE」という記事広告コンテンツです) 破って使えるだしパック? もっと知りたい、その魅力 「友人が結婚祝いに贈ってくれたのが、茅乃舎だしを使い始めたきっかけなんです」 そう話すスタッフ中居は、夫と3歳の男の子との3人暮らし。 子どもの決定的瞬間を逃さないよう、愛用のカメラもここに。 中居: 「茅乃舎だしは、公式サイトでまとめ買いして、両実家への手土産に使うことも。 自分が実際に使っていて絶対においしい、って自信があるので、贈るときにも安心感がありますね。 海外にいる友人が一時帰国したときにも、お土産に持って帰ってもらいました」 愛用歴は、すでに5年以上。 かなりのベテランです。 でも「本当は、もっと使いこなしたい!」とのこと。 中居: 「茅乃舎だしは、うどんのつゆや煮物など、おだしの味をしっかりきかせたいときに使っているんですが、袋を破って使うレシピもたくさんありますよね。 せっかくならもっとチャレンジしてみたいと思っていました」 そこで今回はスタッフ中居に「茅乃舎だし」だからこそ味わえる、簡単なおすすめレシピを試してもらうことにしました。 計量いらずで味が決まる! 茅乃舎だし「まるごと」活用術 今回作るのは、この3品。 茅乃舎だしを使った「黄金チャーハン」「ブロッコリーのだしがら和え」、そして野菜だしを使った「野菜の肉巻きソテー」です。 Recipe01 卵をまとったパラパラごはんが簡単に! 「黄金チャーハン」 【材料(2人分)】 ・ごはん…茶碗2杯分 ・卵…2個 ・茅乃舎だし…1袋 ・ごま油…適量 ・ねぎやしらす、刻みのりなどお好みで 【作り方】 1.ボウルに卵を割りいれ、袋を破った茅乃舎だし、ごはんを入れてよく混ぜる。 2.フライパンにごま油を熱し、1を流し込み炒める。 ある程度火が通ったら、しらすやねぎなどお好みの具材を入れ、さらにパラパラになるまで炒める。 3.お好みで、ねぎや刻みのりをトッピングして完成。 些細ながらもスッキリする小技、ぜひお試しを。 中居: 「チャーハンってパラパラに作るのが難しいイメージでしたが、これは卵かけごはんのように、先に卵とごはんを混ぜるんですね。 私はしらすと青ねぎを具材として混ぜ込んでみました。 好きな具材でアレンジできるのがいいですね。 フライパンをしっかり熱して、最初から最後まで強火で作るとくっつかず、パラパラに仕上がりました!」 早速、できたてを一口頬張った中居、ちょっとびっくり顔の様子です。 中居: 「これはおいしい!!!! 茅乃舎だしの中に醤油と塩が入っているから、これだけで仕上げられるんですね。 だしの味もしっかりきいています。 子どもも大好きな味ですね~。 パラパラ仕上げが命のチャーハンだから、粉末で味つけできるのもいい。 醤油だと、ちょっとべチャッとしてしまうことがあるんです。 計量の手間なく、ばっちり味が決まるから失敗しらずなのも嬉しいです」 Recipe02 だしのうまみと栄養を残さずキャッチ! 「ブロッコリーのだしがら和え」 【材料(作りやすい分量)】 ・ブロッコリー…1株 ・茅乃舎だしのだしがら…1袋 ・金ごま(白いりごまでも)…適量 ・塩…適量 【作り方】 1.ブロッコリーを茹でて、水分を切っておく。 2.すり鉢で金ごまを軽くすりつぶし、だしがらを加えて混ぜる。 3.小房に分けたブロッコリーに2を加えて和える。 塩気が足りなければ塩で調整し、完成。 これなら、味噌汁やうどんなどのだしを取ったあとに同じタイミングで使いきれるし、食べ応えのある副菜になります。 ほうれん草や小松菜などの青菜、インゲンなど、好きな旬の野菜で作れますよ」 「うんうん、やっぱりこの味好き~」と、つまみ食いをしつつニコニコ顔の中居。 3歳の息子も、この味つけだと野菜をもりもり食べてくれるんだそう! だしがらでも味わい深いのは、良質な国産素材を厳選しているから。 一度試せば、捨ててしまうのが惜しくなるほど風味をしっかりと感じます。 Recipe03 作り置きやお弁当にも! 「野菜の肉巻きソテー」 【材料】 ・お好みの野菜…適量 (今回は、ズッキーニ、レンコン、エリンギ) ・豚バラ薄切り肉…適量 ・野菜だし…1袋 ・オリーブオイル…大さじ2 【作り方】 1.野菜をスティック状に切る。 2.豚肉を広げて、袋を破った野菜だしをまぶし、その面を内側にして野菜に巻きつける。 3.オリーブオイルを熱したフライパンに、まず巻き終わりを下にして入れ、転がしながらこんがりと焼く。 (レンコンは火が通りにくいので、酒大さじ1くらいを加えて蓋をし、蒸し焼きにしています) 中居: 「公式サイトではズッキーニのレシピが紹介されているんですよね。 今回は、秋らしくレンコンとエリンギも加えてみましたが、厚揚げもおいしかったです。 肉巻きは下ごしらえをしておきやすいから、作り置きやお弁当にもよく登場しています。 野菜も一緒に食べられる、日々のお助けレシピです」 中居: 「これ、内側に味がついているから噛むごとにじゅわっと野菜のうまみがしみ出してくるんです。 豚バラの脂とも相性がいいし、野菜だしひとつで味つけしたとは思えない奥行きのある味。 おもてなしに出したら、何で味つけしたの?って聞かれそうですね。 なんだか料理上手になれた気がします(笑)」 洋風メニューは、野菜の甘さとうまみが凝縮した「野菜だし」におまかせ 「だし」というと、和のイメージが大きいかも知れませんが、野菜をコトコト煮込んだときの深みのある甘い味わいも、いわば野菜の「だし」です。 茅乃舎だしの姉妹品「野菜だし」は、玉ねぎの甘さをベースに、にんにくやセロリ、にんじんなどの国産野菜に、まろやかなコクと味わいの海塩をプラス。 長時間煮込んだような豊かな甘みとうまみが手軽に味わえます。 そしてこちらも、もちろん破って調味料として使えるのも大きなポイント。 中居は、コンソメ代わりとしてポトフやポタージュなどのスープ、カレーの隠し味、野菜炒めなど、あらゆる料理に入れているそう。 手間はかけられない、でも手料理のおいしさはあきらめたくないから 中居: 「私は料理が好きな方ですが、毎日のこととなると、やっぱり楽しいだけではありません。 もう考える気力すらない……というときも正直あります。 でも、家族のためにごはんは毎日作りたい。 手軽でおいしい方法を知ることは、手抜きや愛情不足ではなく、ご機嫌に料理を続けていくためのスマートな選択のひとつ。 「もっとちゃんとごはんをつくりたいのに」と感じることがあるのなら、それは家族や自分のために、食事作りに真摯に向き合っている気持ちの表れです。 仕事や家事に忙しい、子育てに追われている。 そんなときこそ、ふっと心がほどけるような茅乃舎だしの食卓で、心を温めてみませんか。 お腹の底からほかほかした気持ちになれる食卓は、だしパックを入れて2~3分。 袋を破って、さらさらと。 意外とお手軽に叶うのかもしれません。 大学卒業後、文房具や雑貨の商品企画を経て、雑貨・インテリア誌の編集者に。 出産を機にフリーとなり、現在はインテリアや雑貨、子育てや食など暮らしまわりの記事やインタビューを中心に編集・執筆を手がける。 本日の編集部recommends! 当店のボトムスはこれからの季節にも!スタッフ3名のコーデをご紹介 とことん気軽に使える樹脂食器シリーズや、オリジナルキッチンリネンなどが揃いました! 販売中のバックナンバーの一部は、当店アプリなら無料でご覧いただけます!.

次の