産後うつ 相談。 産後クライシスがつらい…相談&カウンセリング窓口はある?

産後うつの原因と解決方法、体験談まとめ

産後うつ 相談

産後うつの原因と解決方法、産後うつになった体験談のまとめページ 産後うつで悩んでいるママさんの為のサイトです。 産後うつの状態は、暗い暗闇の中にポツンと1人取り残されたような孤独感に襲われます。 本当に辛かった、、、。 そんな私がこのサイトを立ち上げた想いなどが書かれています。 産後うつとは? 産後うつとは、出産後に女性がうつ状態になってしまうことを言います。 一般的なうつ状態と変わりありません。 時間とともに解決する問題ではありますが、放置すると悪化したり、再発の可能性も高く、子育てにも支障が出てきてしまいます。 早期発見と、早期対応がとても大事です。 詳しくはこちらの記事にまとめていますので、気になる記事からご覧ください。 産後うつの原因 なぜ産後うつになってしまうのか。 原因は何か。 まとめてみました。 スポンサーリンク 産後うつの解決方法 実際に産後うつ状態になった時に、どうにかこの状態を解決したいと思い私が実際に実践してみた事をまとめています。 産後うつの体験談 実際に産後うつを経験した方のエピソードをまとめています。 出産後、産後うつになる方は以外といらっしゃいます。 自分だけと苦しむ必要はありません。 産後うつ雑談 本当に雑談です笑 暇つぶし程度にみてください。 あなたの体験談お待ちしております! 産後クライシスや産後うつの際の経験談やエピソードを募集いたします。 こちらのメールフォームから直接掲載される事はありません。 メッセージで確認してからの掲載となります。 [contact-form-7 404 "Not Found"].

次の

産後の育児が辛い理由|孤独で辛い産後の育児から抜け出すには

産後うつ 相談

気分が落ち込む・浮き沈みが激しくなる• 突然泣いてしまう• 赤ちゃんを可愛いと感じない• パパや家族を避けてしまう• 食欲がなくなるor食べ過ぎてしまう• 寝付けなくなる• 布団から起きれなくなる• ひどく疲れて元気がなくなる• 以前は楽しんでいたものが楽しめなくなる• イライラしたり、すぐ怒ったりする• 良いママではないと不安になる• 無気力、羞恥心、罪悪感、自分に価値がないと思う感情に陥る• 集中力がなくなる• 物事への対応力が落ちる• 重度の不安に陥りとパニック発作が起きることがある• ママ自身や赤ちゃんを傷つけるような衝動に駆られる• 死や自殺について繰り返し考える これらの症状が 2週間以上続く・ 育児や家事が難しい・ 症状が改善しないなどがあると産後うつになっている可能性があります。 産後うつは誰でもなる可能性がある 産後うつは特別な病気ではなく誰にでもなる可能性があります。 根が真面目、人に頼れないなどなりやすい性格というのはあるかもしれませんが、それ以上に 産後のママの身体の状態や側にいる人の理解や協力体制、赤ちゃんの性質(なかなか寝ない・抱っこをやめると泣くなど)そういったものにもかなり左右されます。 また、産後うつは初めての出産の時だけなるというわけでもなく、2人目以降の出産時でもなる可能性があります。 子どもと離れて休むことに罪悪感を感じなくていい 根が真面目な方によくあるのですが子どもを預けるて自分が休んだり好きなことをするのに罪悪感を感じることがあります。 先ほどもお伝えしましたが ママにこそ一人でゆっくり休む時間は絶対に必要です! 初めての時などは特に預ける時に子どもが泣いてしまうと「子どもに申し訳ない。。 」と思ってしまうと思いますがママと離れてお友達や保育士さんと過ごすことは子どもにとってもきっと良い経験になります。

次の

産後うつの症状チェックリストや相談窓口は?診療科や治療方法も!

産後うつ 相談

出産後の女性は、休む暇もなく新生児の育児がスタートします。 産後の育児は、初産婦さんにとって初めての経験の連続になります。 新生児の育児期間中に、大きなストレスを感じ産後うつになる人も少なくありません。 産後うつは、出産を経験した人なら誰でも発症する恐れのある病気です。 この記事では、産後うつの兆候や相談窓口などについてわかりやすく紹介します。 産後うつにはどんな特徴があるの? 産後うつの多くは、産後2週間~1カ月くらいに発症することが特徴です。 産後うつになりやすい人の傾向として、育児書通りに完璧に育児をしなければと思い込んでいる人や神経質な性格の人などが挙げられます。 発症している人の悩みのなかには「子どもの声を聞くと不安を感じる」「子どもが可愛いと感じられない」などの訴えがあります。 産後うつを発症する原因には、3時間おき程度の授乳による睡眠不足やホルモンバランスの乱れによるものなどがあります。 里帰り出産ができず、出産後すぐに自身で家事や育児に向き合わなければならない人も産後うつを発症しやすい傾向があります。 また、出産直後には新生児の身体を守るためにも、家にこもりきりになる女性が多いことが特徴です。 外界から隔離された生活になり、絶えず新生児のお世話をする負担から産後うつは発症するといわれています。 産後うつのセルフチェックをしてみよう 赤ちゃんのお世話をするなかで気分の落ち込みを感じるようになったら、産後うつのセルフチェックをしてみましょう。 セルフチェックの項目には、「自分を責めるようになった」「笑えなくなった」「理由もないのに不安になった」などが挙げられます。 項目のなかでも「理由もなく涙が出る」というものがありますが、当てはまる場合には産後うつの可能性が高いといえます。 さらに「自分自身を傷つけたくなる」の項目に「はい」と回答する人は、注意が必要です。 この項目に該当する場合には、産後うつが重症化し自身や赤ちゃんを傷つけてしまう恐れもあります。 セルフチェックの項目に多くの「はい」が付いた人は、精神科を受診することを検討しましょう。 家族も赤ちゃんとの新しい暮らしに慣れることで精一杯になり、産後の母親のメンタルの状態まで気を配れないケースもあります。 産後うつから自身と赤ちゃんを守るためにも、自身のメンタルの状態をチェックしてみましょう。 産後うつを改善するための治療や家族の関わり 産後うつを発症したことが疑われる場合には、自身が通っていた産院を受診することが大切です。 自身の精神面の状態を説明することで、精神科へ紹介状を書いてもらえることもあります。 産後うつを改善するためには、抗うつ薬を服薬することが必要です。 母乳育児を望む場合には、抗うつ薬の服用について担当医に必ず相談するようにしましょう。 自身のなかにため込んでしまっている悩みを吐き出すためにも、抗うつ薬の服薬とともにカウンセリングも併用すると良いです。 不安な思いや苦しい感情を言葉にすることで、自身の精神状態は整いやすくなります。 また、家族の温かな関わりや言葉は、産後うつの回復に大きな影響を与えます。 育児や家事を代わり、母親が1人きりで過ごせる時間を積極的に増やしてあげましょう。 赤ちゃんから短時間でも離れることで精神的にもリフレッシュし、また新たな気持ちで育児に向かえるようになります。 家族が労いの言葉や感謝の言葉を積極的にかけることも、効果的な方法です。 産後うつで気分の落ち込みが激しい時期に、しっかりと言葉で伝えコミュニケーションを増やすように心がけましょう。 また、一時保育を利用するのも、産後うつを改善するためには有効な方法です。 産後うつはどこへ相談すればいいの? 産後うつを抱えていても、ひきこもりがちな生活のなかでは相談もできないという人もいるでしょう。 育児を楽しんでいる友人に相談しても、産後うつを理解してもらえないと感じる人も少なくありません。 産後うつはデリケートな問題であるため、安心して相談できる場所へ相談するようにしましょう。 日本保育協会のママさん110番では、全国の産後うつに悩む人から電話相談を受け付けています。 女性健康支援センターや日本助産師会の子育てなども、相談できる窓口があります。 1人きりで産後うつを抱え込んでしまう前に、相談するようにしましょう。 食欲低下や慢性的な寝不足によって気分の落ち込みが持続しているときには、公共機関へ電話相談をするだけでなく早めに病院を受診することが重要です。 産後うつは1人きりで治すものではなく、周りのサポートや医師、カウンセラーなどの手助けが必要となります。 赤ちゃんの育児を負担に感じているときには、自分自身を責めず周りに頼り甘える気持ちをもつことも産後うつの改善を後押しするでしょう。 産後うつに悩んだら早めに相談をして抱え込まないようにしよう 産後うつに悩んだときには、1人きりで抱え込んでいても解決の糸口はつかめません。 気分の落ち込みを自覚しているときには、通い慣れた産院や相談できるサービスを積極的に活用するようにしましょう。 早期に対処することは、産後うつの早期回復にも繋がります。 赤ちゃんの新生児期はとても短く、家族にとってかけがえのない時間です。 新生児期の育児に笑顔で向き合えるよう、産後うつは早めに相談することがポイントです。 うつ病ライブラリー うつ病の症状・原因や治療の流れなどうつ病の基礎知識をわかりやすく解説します 精神症状・身体症状という二つの面からうつ病の症状について解説します。 注目記事• 原因や症状の出方などによって異なる、うつ病の代表的な種類についてご紹介します。 注目記事• うつ病で受診をする前に、治療について知っておきたいことや心構えをお伝えします。 注目記事• 遺伝的要因や性格など、うつ病になってしまう様々な原因についてご紹介します。 注目記事• うつ病の正しい知識を持ち、患者に寄り添っていくためにその心構えをご提案します。 注目記事• うつ病ライブラリー•

次の