年末 の 挨拶 文。 年末の挨拶 例文

年末年始の挨拶【ビジネス編】|送る時期・お客様・社内宛のメール例文

年末 の 挨拶 文

少し長くなるの嫌だなと感じる方は、冒頭の挨拶、1年間お世話になった御礼、会社の年末年始の営業予定日、締めの挨拶だけでも大丈夫です。 簡単に言ってしまえば、『今年一年ありがとうございました。 来年もよろしくお願いします』を文章にしてるだけ。 普段の感謝の気持ちを込めて、相手に伝わるようにするのがポイントです。 年末の挨拶メール送る時期とは? メールの受取主の予定が分かる場合 メールの受取主の予定が分かる場合は、年内最後の出社日から逆算して1週間から3日前にメールを送りましょう。 例えば、最終日にメールを送って見たものの、メールを見てもらえないなかったり・・・。 逆に、メールを早すぎれば受け取り主にとって迷惑となる場合があります。 なので、メールをする時は、受取主の年内最後の出社日から逆算して1週間から3日前にメールを送ると丁度良いと思います。 メールの受取主の予定が不明の場合 多くの会社の年末の仕事納めは12月28日の場合が多く、年内最後の営業日から逆算して1週間から3日前の12月20日から12月25日の間にメールを送りましょう。 もし、受取主と営業最終日までメールのやりとりがある場合は、その中で年末の挨拶メールを送れば良いと思いますし、前もって12月24日頃にクリスマスメールを兼ねて、年末の挨拶メールを送るのも一つの方法です。 社内や上司に送る年末の挨拶文の例文 昨年はお世話になりました。 お互いにとって実りの多い一年になるといいですね。 近いうちにまた会いましょう。 来年もよろしくお願い申し上げます。 友人への新年の挨拶を送るのも何だか少し恥かしくなりますが、不思議と送ってしまうものです。 しばらく会ってない友人やしばらく連絡を取ってなかったら、これを機会に連絡取ってみるのも良いかもしれませんね。 年末の挨拶文をさらに良くするコツとは? 季語と結語を入れる 年末挨拶文の基本的な文章はわかりましたが『もっと良い文章を送りたいな。 』何ていう方も多いかと思います。 確かに、取引先やお客様や社内で感謝の気持ちを伝える時に、丁寧に文章を書いてあると、好印象を持たれます。 なので、年末の挨拶文を更に良くしたい場合は、季語と結語を入れましょう。 季語と結語を組み合わせて入れるだけでだいぶ丁寧な挨拶文に変わります。 なので、丁寧に文章を送りたい場合は、是非試してみてくださいね。 12月の季語 ・忙しい年末ですが、体に気をつけてお過ごしください。 ・ご家族健康で新年を迎えられるようにお祈り申し上げます。 ・来年も素晴らしい年でありますように、心よりお祈り申し上げます。 ・来年もご指導・ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。 ・時節柄一層のご自愛の程お祈り申し上げます。 ・健やかなる新年を迎えられるように、心よりお祈り申し上げます。 まとめ 今回は、年末の挨拶メールについて詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか? 普段お世話になっている取引先やお客様はもちろん、普段一緒に働いている社内の上司にも失礼の無い様に、これらの言葉を参考にきちんとした年末年始の挨拶をしましょう。 そうすることで、仕事上での信頼関係も保つこともできますし、恥をかかなくて済みます。 きちんと挨拶をして、良い年末を過ごしましょう。 よく読まれている記事• 465,366件のビュー• 376,057件のビュー• 130,859件のビュー• 119,326件のビュー• 118,219件のビュー• 89,756件のビュー• 78,696件のビュー• 77,402件のビュー• 76,972件のビュー• 75,733件のビュー• 74,276件のビュー• 64,326件のビュー• 60,838件のビュー• 59,623件のビュー• 55,582件のビュー• 49,734件のビュー• 48,402件のビュー• 46,712件のビュー• 44,606件のビュー• 42,662件のビュー• 39,893件のビュー• 39,232件のビュー• 38,730件のビュー• 37,978件のビュー• 36,848件のビュー• 32,423件のビュー• 31,481件のビュー• 31,031件のビュー• 31,014件のビュー• 25,831件のビュー.

次の

年末年始の挨拶【ビジネス編】|送る時期・お客様・社内宛のメール例文

年末 の 挨拶 文

今年も残すところわずかとなりました。 最終営業日が近づくにつれて慌ただしくなり、つい後回しになりがちな、年末の挨拶。 中には「ご挨拶メール」を送付したいけれど、どのようなことを書けばいいかわからず、時間ばかり経っている方もいるかもしれません。 そこでこの記事では、何かと迷いがちな挨拶文の例文をいくつか紹介します。 合わせて、読んでもらいやすくなる「ご挨拶メール」のポイントや、年末の挨拶用に粗品を送る際などに添付できる手紙の例文も掲載。 これらを参考にして、クライアントの心に残る挨拶状を作成してみましょう。 年末の挨拶は、新年の仕事に繋がる可能性もあります。 年末作業だと思わず、相手の顔を思い浮かべながら丁寧に書いていくようにしましょう。 それだけで、伝わる内容が変わってくるはずです。 年末のご挨拶メールはいつ頃送る? まず、クライアントの年内最終営業日と、できれば担当者の予定をさりげなく伺っておいた方がいいでしょう。 担当者が有給を使い早目に休みをとっている場合もあります。 クライアントの最終営業日よりも数日前に送るようにしましょう。 もし事前にきいておくタイミングを逃したならば、2019年の場合は最終営業日を27日と考えておくと無難です。 年末のご挨拶メールの件名は? メールの件名欄はわかりやすい内容とします。 本文も伝えたいことを整理した上で、記していくことが大切です。 それでは例文を見ていきましょう。 年末のご挨拶メール例文(社外向け) まずは、一般的なご挨拶メール例文を紹介します。 手紙では「拝啓」「敬具」のビジネス文章が基本ですが、メールではあまり使われていません。 「拝啓」と時候の挨拶のかわりに「お世話になっております」が一般的です。 しかしそれでは味気ないと感じる場合は、「早いもので本年も残すところ、あとわずかとなりました。 」などの一文を加えると良いでしょう。 早いもので本年も残すところ、あとわずかとなりました。 〇〇様には1年間大変お世話になり、心より感謝しております。 なお、弊社の年内の営業は12月00日までとなり、新年は1月00日から営業開始となります。 来年も本年同様のご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。 参考: 一般的なメール用挨拶文は「メール例文1」のような構成となります。 最初に「感謝」を告げ、「要件」を伝え「締めの言葉」で終わります。 年末の挨拶メールで気持ちを伝えたい場合は、「メール例文1」の「感謝」の部分を、しっかりと記し今後の展望にも触れると良いでしょう。 具体的には「メール例文2」のようになります。 〇〇様のご支援により、同プロジェクトは円滑に進めることができました。 来年は、さらにその内容を充実させていく所存ですので、より一層のご支援のほどよろしくお願いいたします。 なお、弊社の年末年始の休業期間は、下記の通りです。 年末年始休業期間:2019年12月00日(〇)~2020年1月00日(〇) 時節柄、ご多忙のこととは存じますが、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。 来年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。 参考: 次に、もう少し堅めの印象の年末の挨拶メールを紹介します。 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら、弊社は、下記の期日を年末年始休業とさせていただきます。 年末年始休業期間:2019年12月00日(〇)~2020年1月00日(〇) 年末年始休業期間は何かとご迷惑をおかけいたしますが、 何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。 この例文を使う場合は、次の「社内向け年末のご挨拶メール 例文1」にもあるように「追伸」を加え、エピソードを交えながら感謝を伝える方法もあります。 来年も何かとご迷惑をおかけするかもしれませんが、 ご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。 本日の業務はまだ残っておりますが、取り急ぎ年末のご挨拶とさせていただきます。 それでは、良いお年をお過ごしください。 忘年会の際は、色々とありがとうございました。 ご提案いただいたお店は、とても雰囲気がよくプライベートでも、ぜひ使わせていただきます。 私にはちょっと分不相応かもしれませんが、ランチ時ならどうにかなりそうです……。 このように、社内の人間にあてるメールの場合は「追伸」の部分で、相手の気持ちを温かくするような言葉を加えると良いでしょう。 上司や先輩に対して褒めるフレーズを並べすぎると、逆に信頼をなくす恐れがあります。 ほどほどとし、感謝したいポイントを思い浮かべながら、あまり飾り過ぎない言葉でエピソードを入れたご挨拶メールとしましょう。 次はエピソード中心の挨拶メール例文を紹介します。 ありがとうございます。 来年はそうしたミスを減らしていく所存ですので、引き続きご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 それでは良いお年をお迎えください。 次は取引先に粗品と共に送る挨拶状の際に使える例文を紹介します。 手紙の場合は「拝啓」から始まる文章が基本です。 お歳暮を贈る際にも使えるので、フォーマットとして持っておくと便利です。 【番外編】挨拶状(手紙)を送る場合 拝啓 歳末の候、ますますご清栄とお喜び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、心よりお礼申し上げます。 お陰様で弊社も無事に年の瀬を迎えることができました。 これもひとえに〇〇様のお力添えによるものと感謝しております。 来年も変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。 敬具 参考: 挨拶は基本を抑え、相手を思い浮かべながら書こう 年末は繁忙期のため、ご挨拶メールのタイミングを逃しがちです。 忘れないようにしっかりと用意しておきましょう。 また件名は「年末のご挨拶」や「年末年始のお知らせ」などにして、他のメールに埋もれさせない工夫をすると読んでもらいやすくなります。 そして何よりも相手の顔を思い浮かべて、丁寧に気持ちを伝えていきましょう。 そうすれば受け取った相手も、きっと喜んでくれるはずです。 年始の挨拶の文例を見てみる.

次の

【年末の挨拶】社内や取引先に使えるビジネスメールや手紙の文例

年末 の 挨拶 文

年末になってくると、本当にどこもかしこもバタバタするものです。 働いている方であれば、なおのことバタバタと慌ただしくなってしまうことでしょう。 今の時代、仕事納めを穏やかに迎えられる方のほうが少ないかと思います。 仕事納めも大切ではあるのですが、仕事納めの慌ただしさの中で忘れてほしくないのが 年末の挨拶です。 「終わり良ければ総て良し」という言葉もありますので、やはり年末の挨拶を済ませて綺麗な形で終わらせておきたいものです。 ただ、この年末の挨拶を メールで済ませるという方も多いかと思うのですが、そのときの文面で困る方も少なくありません。 ここでは、 年末の挨拶をメールで済ませる場合、社内宛てと上司宛てでどう文面を使い分けるかについてお話ししていきたいと思います。 社内宛ての年末の挨拶メール まずは、 社内宛てに年末の挨拶メールを送る場合です。 基本的には、 件名、宛名、前置き、メイン、締めの言葉、自分の名前といった流れで OK です。 今年 1 年、本当にいろいろなことがありました。 無事に乗り越えることができましたのも、多大なるご支援のおかげです。 本当にありがとうございます。 来年も無事に過ごせるよう頑張ってまいりますので、ご協力のほどお願いいたします。 年明けにはまた元気なお顔でお会いできることを楽しみにしております。 どうぞよいお年をお迎えください。 個人宛てにメールを送信する場合には、 ところどころに相手の名前を入れておくといいでしょう。 もし一斉送信で 複数人にメールを送信する場合には、 個人の名前を入れず、「皆様」といった表現を使うといいでしょう。 例は少しかたい印象ですが、関係性によってはもう少しフランクな文面になっても問題はないでしょう。 ただ、ビジネスメールであることは忘れないようにしておきましょうね。 上司宛ての年末の挨拶メールはどうする? 先では社内宛ての年末の挨拶メールについてお話ししましたが 今度は 上司宛ての年末の挨拶メールについてご紹介していきたいと思います。 基本的な流れとしては、 件名、宛名、前置き、メイン、締めの言葉、自分の名前といった感じで変わりありません。 ただ、上司宛てになる場合には、よりビジネスメールの色が濃くなってきますので 社内宛てのものよりは簡素になります。 本当にありがとうございます。 来年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 どうぞよいお年をお迎えください。 注意しておきましょう。 もし仕事のミスを上司にフォローしてもらったといった印象深い出来事があったなら それについて触れておくのもいいかもしれません。 ただ、その際には最終的には前向きな言葉で締めるようにしておきましょう。 年末の挨拶をメールで済ますというのは今の時代であればよくあることなのですが だからこそ「メールにて失礼いたします」といった一言があると印象もアップするのではないでしょうか。 本来であれば年末の挨拶は直接するのがベスト! 今回は年末の挨拶をメールで済ますという前提でお話ししているのですが メールでの挨拶というのは正式なやり方ではありません。 やはり年末の挨拶というのは できることなら直接するのがベストです。 直接の挨拶というのは普段はなかなか会えないような上役の方に顔を覚えてもらうチャンスでもあるのです。 ただ、年末というのはどうしてもバタバタしてしまいますし 仕事納めだからといって全員が同じ時間に仕事を終えるわけではありません。 それに忙しいときの直接の挨拶というのは相手の負担になってしまう可能性もあります。 相手に迷惑がかからないようであれば直接、難しいようであればメールという感じで考えておくといいかもしれません。 まとめ 年末の挨拶をメールで済ませる場合には、 社内宛てと上司宛てとで文面をしっかりと使い分けていきましょう。 ただ、可能であれば相手の迷惑にならないようにしつつ直接挨拶するようにしたいものです。

次の